気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

北の幼鳥独り立ち

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
6月29日
最近の北堀は、行動範囲が広くなったとはいえ必ず幼鳥に出会えたのですが、今朝は少々違っていました。
居そうな場所をかなり丹念に探したつもりですが、姿を見つけられません。
考えれば、巣立ちしたであろう日から12日目です。
女の子だしいつお嫁に行ってもいい状況ではあるので、もしかしてお堀を旅立った?ということが頭をよぎりました。
西堀・南堀をチェックして東堀に着くと、新君が茂みで水浴びと羽繕いをしています。
ジュニアはセンダン下の止り木に居ましたが直ぐに北へ向かってコーナーを曲がって行きました。
新君は羽繕い後休憩することなく南隅の桜をかすめて内土手に消えて行きました。(11:17)
そろそろ交替時間なのかもしれません。
しばらく待ってみましたが、お嬢は帰って来ず、ジュニアも流れ込み方向を探して見ましたが居ません。
ジュニアは、お嬢のお堀タイムによくある、西の網周辺へ移動したかもしれません。

茂みで新君

軽い水浴び

 

羽繕い

西の網へ移動してみると水浴びをしています。
が、よく見ると成鳥で新君です。まだ交替に入らず餌獲りしていたのかもしれません。
準備が整ったのか西角を曲がり北方向へ飛び去って行きました。(11:57)
ジュニアは西堀のデート桜に居ましたが、カメラを構える前に直ぐ前の内土手に飛び上がって行きました。

西網で新君

水浴び中

飛び込み

網着地


羽繕い

 

 

 

昼食帰宅時に北堀を除いて見ましたが、相変わらず幼鳥の姿はありませんでした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
午後の北堀も静かで、西入口から南の石垣を見ると、中程で小刻み移動しながらの飛び込み姿が見えます。
どうもジュニアのようで、食餌もしているようです。
内歩道を近くまで行ってみましたが既に姿はありませんでした。
南入口から南歩道を北岸をチェックしながら南の止り木まで来ると幼鳥がいました。
ジュニアだと思ったのですが、カメラを向けると飛び立ち、こちら側に向かって飛んでくると、電車通りを越えて、救急病院と家庭裁判所の間へ飛び去って行きました。(いったい誰だったのでしょう)
少し移動して茂み対岸を見ると幼鳥がいます。 これは間違いなくジュニアのようです。

北岸止り木幼鳥

こちらへ向かって

止り木に幼鳥

これはジュニア

神社下まで下りて見ていると、餌獲りをしています。
一旦センダン下の止り木に移動しましたが、また止り木に戻って来て飛び出しました。
桜の木に飛び込んだようなので、内側歩道に向かいましたが桜には居ません。
内側歩道を西の網周辺まで行ってみることにしました。
途中もしやで覗いた北岸の、松の木の下にある止り木にジュニアがいました。

止り木からダイブ

ゲット

飛び上がり

着地前

松の木の下の止り木から飛び出すと西へ飛んで行きました。
西の網まで行きましたが姿は無く、午前中と同じ桜の枝に居るのを発見しました。
これも午前中と同じように内土手に飛び込みました。
ジュニアも新君似で行動範囲が広く、移動も東堀と西堀をあっという間に移動します。

センダン下

止り木へ

飛び出し

南堀北岸松の木下


松の木の下

西堀の桜で

目が合った

 

気になる北堀の幼鳥を探して北堀に向かいます。
北の網まで行くと幼鳥がいました。
北堀にいる場合は、このように比較的簡単に出会えるのですが、今日は何処に居たんでしょうか? まだお嫁入りはしていなかったようですね。

北の網で幼鳥

 

 

 

網で寛いでいましたが北堀へ移動し、北側の新しい止り木に止まっています。

北の網で

新止り木北

新止り木北で

休憩中

ちょうど夕食時間帯で、ストレッチをするとあちこちと移動をして餌獲りを始めました。
途中でトイレ下に移動して行き、すぐ西側の石垣に移動したのですが、トイレ下へ止まるのは初めてだったので、トイレ下の石垣を窓から覗いてみました。
すると、10条以上はあると思われる糞跡が付いています。
この新しい糞跡の数からすると、今朝から相当の回数や時間ここに来ていたと思われます。
北堀で姿を見つけられなかった時はここに居たかも知れません。

新止り木北

位置を変えて

ストレッチ背伸び

北岸で食餌


北岸最上段

 

東端止り木

トイレ西側石垣


トイレ西側石垣

北歩道から新止り木

東歩道から

 

止り木に止まっている様子を撮影していると、カメラを持ったカップルの方が来られ撮影に加わりました。
その間も、センダンの枝、榎の枝、トウネズミモチと移動し再度トイレ下へ移動して行きました。
北歩道から見えない隅にいて、加えて幼鳥のため見つけ難い状況です。
これも、トイレ西側の石垣に移動しました。
結構長い休憩モードで、超接近の撮影もさせてもらいました。

新止り木北

センダンで

榎で

榎で


トウネズミモチで

トイレ西石垣で

超接近

さらに


 

見合い写真用

決めポーズ

 

トイレ西側から一直線に南岸東端の止り木へ移動します。
ここで食餌し、南の新しい止り木を経由してトウネズミモチに飛び込んだように見えましたが、姿を見つけられません。時間も時間で暗いこともあり本日終了です。(18:18)

トイレ西石垣

東端止り木で食餌

新止り木南で

新止り木南で

夕方までの状況から、お堀から出て嫁入りした記事が頭に浮かんでいましたが、今日はひとまずまだお堀に居たことの報告です。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<2013.06 | HOME | そこにかわせみが居るから>>

この記事のコメント

ジュニアにも何時までもいてほしいですね!
でも、そんなわけにはいかないのかな?
二番子も生まれたらやはり新君とお嬢は許さないのかもしれませんね。
自然界は厳しいですね!
みんな、仲良くお堀で暮らせたらいいのにね!
2013-07-01 Mon 14:06 | URL | 蛍 #-[ 編集]
蛍さんへ!
かわせみは平均寿命がわずかに2年です。
種の保存のために優秀な雄を残し世代交代して縄張りと共に残して行きます。
今のジュニアを見ていると、その資格は充分あると思いますが、カワセミ(新君)の目で見てどうかだと思います。 ジュニアを越える二番子なりが現れるかどうかで運命が決まりそうです。
父親新君も、兄弟の面倒を見て独り立ちへの役目を担い、送り出しの役目を果たしました。
その後自分も一旦旅立って行きましたが、御存知両親(若・マドンナ)が居なくなったと同時に帰って来て跡を継ぎました。 
2013-07-01 Mon 21:51 | URL | おやっさん #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。