気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

自然現象で天気予報?

9月22日は旧暦の8月15日で、いわゆる仲秋の名月といわれ、「お月見」といえばこの月を
指しますが、日本には古来からもうひとつの月見があります。
それは、旧暦の9月13日に行う月見で十三夜と呼ばれています。
中秋の名月は中国で行われていた行事ですが、こちら十三夜の月見は日本独特の風習だそうです。
一説には宇多法皇が九月十三夜の月を愛で「無双」と賞したことが始まりとも、醍醐天皇の
時代(延喜十九年:西暦 919年)に開かれた観月の宴が風習化したものとも言われます。
十三夜の月見は、一月前の中秋の名月の月見に対して後の月見と呼びます。
またしても、十三夜も十四日も月見ができませんでした。
十五夜は、月が南中したころから暈(かさ)がかかっていました。
DSC06130.jpg DSC06132.jpg 「太陽や月に暈(かさ)がかかると雨が近い」という
 言い伝えが伝わっている地方は多く、低気圧の
 温暖前線の前方には暈(かさ)を発生させる巻層
 雲や巻雲などが存在し、暈(かさ)は低気圧の
 接近に伴って発生することが多いためです。
 明日の「花見(コスモス)」は大丈夫かな?
 案ずるより生むが安し、まずまずの天気で、コスモスを堪能。

今日は午前中から雨が降り出し一日中雨だった。
夕方遅くに西の空を見ると・・・
DSC06177-e.jpg
 当地方では、「西の空がすいてきたら天気が回復する」という
 この状態だと、明日は天気が回復か?


夜には月も雲間から見えるようになった。
DSC06180.jpg DSC06181.jpg 
 それでも、夜の天気予報では、降水確率50%
 のマークのまま
 どちらに軍配が上がるか見てみよ~っと!



スポンサーサイト
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

コスモスを見に

八幡浜市釜倉の棚田に咲くコスモスが満開を迎えており、24日はコスモスまつりがあるとの
新聞記事があった。
天気予報では当日から3日程度はお天気が芳しくないようなので1日早めに出かけた。
ここにあるコスモスは背丈が低いらしいが、今年は例年よりも背丈が長いとのこと。
DSC06135.jpg DSC06138.jpg DSC06149.jpg DSC06141.jpg
DSC06150.jpg DSC06153.jpg DSC06154.jpg DSC06157.jpg
DSC06162.jpg DSC06144.jpg
 近くにはみかん畑も多く、色づき始めたみかん
 が収穫を待っている。




コスモスの中には、ディスプレイとしてユニークな案山子が立っている。
DSC06163.jpg DSC06167.jpg DSC06168.jpg DSC06173.jpg
一面のコスモスに沿うように山腹を、JR予讃線が走っており特急の「アンパンマン列車」が通過する。
カメラマンの絶好の被写体であり、フォトコンテスト募集のチラシにも通過時刻が書いてある。
20101023132330(1).jpg 20101023121441(1).jpg 20101023121441(2).jpg
13:23上り「しおかぜ22号」    12:14 下り「宇和海7号」
そのほか、15:20頃下り「しおかぜ9号」 16:30頃上り「宇和海18号」の合計4本がチャンス
上りは左から右へ松山方面 下りは右から左へ宇和島方面となる。
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

秋の桜(コスモス)

ブログの更新を休んでしまいました。
その間、ブログとYouTubeの操作運用講習会2件があり、その資料(手順書)作りに追われて
いました。
おまけに、パソコンのトラブル対応と、修理を依頼され香川県まででかけたり・・・
結構多忙な2週間でした。
復活します!
そこで今日は、コスモスです。
コスモスは、「秋桜花」とも書きますよね。そう、秋の桜なんです。
近場での「花追い」となりました。
DSC06111-e.jpg DSC06114.jpg DSC06115.jpg DSC06116.jpg
DSC06117.jpg DSC06121.jpg DSC06123.jpg anpan.jpg
ここは、休耕地ですが去年まで整備され、一面にコスモスが咲いて新聞にも載り訪れる人も
多かったのですが、行ってみると雑草が一杯で荒れておりがっかりさせられました。
それでも、荒地にも強いコスモスは精一杯根を張って風に揺れていました。
ちょうどアンパンマン列車の通過時間でした。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

忙中閑あり

10月18日 知人のパソコン修理で香川県まで出かけた。
パソコンが修復走行している待ち時間に、近くの小川沿いに散歩に出かけた。
ちょっとした空き地に咲いたコスモスや、小川の中のミゾソバ、畑の土手の千日香にカメラを
向けてみた。
DSC06093.jpg DSC06095.jpg DSC06096.jpg DSC06098.jpg
DSC06099.jpg DSC06100.jpg DSC06103.jpg DSC06104.jpg
DSC06106.jpg
 
 帰路は高速道路を西日を受けて走るが、新居浜あたりでは
 きれいな夕日を正面に、脇見をせずに見ることができた。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

飛行場へ行こう!(松本空港編)

松本空港(まつもとくうこう Matsumoto Airport)は長野県松本市と塩尻市にまたがる地方管理
空港です。
愛称は信州まつもと空港(しんしゅうまつもとくうこう Shinshu-Matsumoto Airport)。
日本の空港では最も標高の高い場所に位置している(標高657.5m)。
そのため「日本で一番空に近い空港」がキャッチフレーズとなっているが、利用客の減少から
現在は「松本-福岡」「松本-札幌」の各1往復のみで、フジドリームエアラインズ(FDA)
と日本航空インターナショナル(JAL)の共同運航(コードシェア)で、機材はFDAを使用。
20101007143541(1).jpg 20101007144341(1).jpg
飛行場で見ることができるのは、朝1回、昼1回のFDAジェット旅客機(エンブラエル170
=ブラジル)と県警ヘリ(AS365N3JA110E)、山小屋等への荷物運搬等を行うヘリ、セスナ等
軽飛行機やBeechcraft King Air B200、King Air 350のE社社有機などです。
20101007130204(1).jpg 20101007130204(2).jpg 20101007131918(1).jpg
20101007134911(1).jpg 20101007140353(1).jpg 20101007141411(1).jpg
まつもと空港で特筆すべきは、空港をすっぽり緑で囲んだ松本平広域公園「信州スカイパー
ク」があること。まるで、公園の中に空港があるようだ。
areamap.jpg
さまざまな自然に包まれ、スポーツ、文化、情報の交流の拠点として数多くの多機能な施設
が「ファミリースポーツゾーン」「競技施設ゾーン」「みどりの交流ゾーン」
 「野と花のゾーン」「花のプロムナードゾーン」「ターミナルゾーン」
 「みどりのプロムナードゾーン」に分かれて設けられています。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

コスモス・りんご・赤とんぼ

気の向くままに、目だったものをピックアップしてみました。
20101007123711(1).jpg 20101007124107(2).jpg 20101006093101(1).jpg
DSC06049.jpg DSC06011.jpg DSC06055.jpg DSC06038.jpg
DSC06030.jpg DSC06020.jpg DSC06040.jpg DSC06035.jpg
DSC05839.jpg DSC05999.jpg DSC05824.jpg
人なつっこそうな(?)トンボを見つけて手なずけてみた?!
DSC05803.jpg DSC06062.jpg DSC06003 (1)
(おまけ)ディスプレイの赤とんぼと公園で拾った栗

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

秋の装い

公園で見つけた秋色に染まる木の葉を並べてみました。
秋色ってなに色?
20101008130244(1).jpg 20101008130311(1).jpg 20101008130333(1).jpg
20101008133416(1).jpg 20101008133438(1).jpg 20101008134531(1).jpg
20101008135107(1).jpg 20101008135329(1).jpg 20101008135353(1).jpg
黄色? 赤色? 「秋色の雲」という言葉もあるし、ファッションにも「秋色の・・・」???です。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

虹が出た

今日は、朝から雨が降ったり止んだりのあいにくの天気模様。
遠出を控えて、松本での滞在先周辺を雨の合間に散策して秋を探してみる。
近くのぶどう園の辺りにもアキアカネの群れが目立つが、雨がパラつき出すととたんに姿が
見えなくなる。 どこかで雨宿り?
DSC05940.jpg DSC05943.jpg DSC05944.jpg
ぶどう園からは、熟したぶどうの香りが漂ってくる。
袋掛けした出荷前のぶどうがぶら下がっている中で、袋が無い房が見えた。
やはり、袋が無いと傷むらしい。品種は「ナイアガラ」
DSC05942.jpg DSC05946.jpg 公園の植木に、赤い実を無数に付けたのを
 見つけた。5~6月頃にハナミズキに似た白い花
 を付ける「ヤマボウシ」で、実は熟すと食べられ
 る。果実酒にも向く。
 通りがかりのお宅の庭先にキウイの棚にアケビ
 が生っている。食べ時はもう少し先のようだ。

午後4時頃から、まとまった降りになった雨だが日没前に上高地・乗鞍方面の雲にポッカリと
穴が開いて太陽がちらりと顔を見せた。まだ小雨が降っている状況なので「もしやっ!」で
外に出て東の空を見ると・・・
DSC05957 (1) DSC05959 (1) DSC05960 (1) DSC05966 (1)
大きな虹の橋ががかかっている。
時には二重になったり、薄くなったり濃くなったりと30分程度見ることができた。
デジカメ写真できれいに撮るのはなかなかむつかしい。
DSC05973.jpg DSC05980.jpg DSC05982-1.jpg DSC05985 (1)
雨も完全にあがり、太陽が沈んだ直後は上高地・乗鞍方面は茜色に染まり、常念岳も雲の上に顔を見せた。

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

アキアカネ(赤とんぼ)

アキアカネは俗に赤とんぼと呼ばれ,夏に一旦低地から姿を消し、秋に大挙して出現する。
DSC05732.jpg DSC05733.jpg DSC05735.jpg
DSC05736.jpg DSC05739.jpg DSC05740.jpg
DSC05746.jpg DSC05748.jpg DSC05753-1.jpg
その行動と理由は、
5月末から6月下旬にかけて夜間に羽化し、羽化後1-2日間草に止まったまま体が十分固まるのを待つ。
その後4-5日間を費やして様々な小昆虫を空中で捕食し、長距離飛翔に必要なエネルギーの蓄積を行う。
十分体力がついた個体は単独で、あるいは群れを成して日中の気温がせいぜい20-25℃程度の3000mぐらいまでの標高の高い高原や山岳地帯へ移動して、7月-8月の盛夏を過ごす。
暑さに弱く、気温が30℃を超えると生存が難しくなるためである。
今年の夏は、アキアカネにとっても厳しかったに違いない。
通常秋雨前線の通過を契機に大群で山を降り、平地や丘陵地、低山地へと移動する。
夕方は単独行動を行うが朝になると雌雄が連結して生殖活動に移る。
成虫は11月まで見られ、中には12月上旬まで生き延びるものもいる。
何気なく撮った風景写真にも、よく見れば何匹か写り込んでいる。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

秋ですね!

9月まで続いた今年の猛暑の影響も、彼岸過ぎになって急に秋めいてきました。
10月にもなると、風や空気、道端の植物や生き物もすっかり秋色です。
DSC05893.jpg DSC05895.jpg DSC05904.jpg DSC05902.jpg
DSC05910.jpg DSC05935.jpg

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

道すがら

。今回の信州行きは、大阪(寝屋川)を昼過ぎに出発して平日夜間割引利用で、塩尻北IC
午後8時到着を目標に走行したために、時間調整しながらというかなり余裕のペースとなった。
何時もは通り過ぎるSA・PAや、トイレ休憩程度しか停まらないSA・PAもゆっくり停まり
周りの風景も楽しみながらの旅となった。
【名神多賀SA】
DSC05827 (1)-1
多賀SAは道中で唯一上り線と下り線が陸橋で行き来できる。
下り線には、仮眠可能なレストハウスと、大きな入浴施設がある。
平日の午後なので、駐車車両は少なく、陸橋から見る名神高速も通行車両は少ない。
DSC05813=1.jpg DSC05819.jpg DSC05821.jpg
SAの展望所から眼下の田園を見下ろすと、相当な広さの蕎麦畑が広がっている。
ここは滋賀県、多賀、伊吹、箱館は近江蕎麦の産地だと知ると納得。
【岐阜羽島・小牧付近】
DSC05828.jpg DSC05834.jpg
長良川を越えると、岐阜羽島で東海道新幹線と交差し、しばらく並行して走る。
この間で、新幹線を見ることができる。(ほぼ1回、運がよければ2回 今日は2回)
小牧に近づくと、右手の小高い山に小牧城が見え出す。もうすぐ中央道への分岐
小牧ジャンクションが近づく。
【中央道・恵那峡SA】
「トイレの花子さん」は怖~いお話ですが、「トイレの神様」は話題ソング。
最近のSA・PAはお掃除が行き届いていて快適です。
下は「トイレの花」と、休憩エリアで目に付いたもの。
DSC05837.jpg DSC05838.jpg DSC05839-1.jpg DSC05841.jpg
【恵那山トンネル】
Enasan_Tunnel.jpg DSC05847.jpg
恵那山トンネルに差し掛かろうとしています。
上り線が8,649m、下り線が8,489m。1975年の開通当初は道路トンネルの中で日本一の長さでした。
現在は関越トンネル、山手トンネル、飛騨トンネル、アクアトンネルに続き第5位の長さです。
開通当初は、現在の下り線トンネルにおいて対面通行(暫定2車線)で供用され、当時の制限
速度は40km/hでした。
約10年後の1985年に現在の上り線トンネルが完成し、上り線・下り線が別々トンネルとなり
2車線(完成4車線)になりました。
4車線である現在でも、トンネル内は事故防止等の観点から車線変更禁止であり、制限速度も
70km/hに規制されています。
【駒ケ岳SA】
飯田市に入ってからは、高速周辺にりんご畑、梨畑が広がってくる。
道路の法面にススキが多く目立つのもこの辺から。
穂が出揃って、みずみずしい。感想は?と聞かれたら「おいしそう!」と答えそうな感じ。
中央道上り駒ケ岳SAは、背後に南駒ケ岳の連峰を従え、下りSAからは、南アルプスの
北岳、仙丈ケ岳、駒ケ岳等の山を一望できる。ピカピカマシーンを見かけた。
DSC05862.jpg DSC05868.jpg DSC05872.jpg DSC05874.jpg
【長野道・みどり湖PA】
岡谷JCで分岐して長野道に入った最初で、塩尻北までの最後の休憩(時間調整)でみどり湖
PAに入る。
DSC05876.jpg 
 7時55分にPAを出て、塩尻北インター料金所を8時4分通過
  通常料金 8、400円が 深夜割 5、900円
  標準 4時間11分  今回 7時間(休憩込み) 
 のんびり、エコ旅でした。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。