気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

行動活発!

このファミリーは成長が早いようです。
午前中は、親鳥が餌を咥えて茂みから誘い出しをかけます。
お昼の休憩時間は茂みで休憩し、夕方の食事時間は4時過ぎから活発になります。
たいていは、2羽か3羽でかたまっていることが多いようです。
20110531153245(1).jpg 20110531171019(1).jpg 20110531171139(1).jpg
約半数(2~3羽)は既に餌を獲ることを覚えたようです。
練習でゴミらしきものを獲るのも見かけました。(上の2枚目写真の真ん中)
茂みの下の石垣は水面から30センチほどですから、どうやらそこで覚えたようです。
【今日のカワセミ】
20110531144204(1).jpg 20110531154459(1).jpg 20110531154550(1).jpg
20110531154550(2).jpg 20110531160807(1).jpg 20110531163447(2).jpg
20110531170113(2).jpg 20110531170417(2).jpg 20110531172145(1).jpg
20110531172530(1).jpg 20110531173037(2).jpg 20110531173115(2).jpg

スポンサーサイト
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

梅雨の晴れ間

晴れっていいね! そう思わせる梅雨の晴れ間になりました。
梅雨時のジメジメ、ムシムシ感が無く爽やかです。
DSC09232 (1)
台風2号の影響もあった昨日の雨天とはうって変わって、鳥や動物も生き生きと動き回っています。
20110530104110(1).jpg 20110530104408(1).jpg 20110530105120(1).jpg
20110530121717(1).jpg カメたちも久しぶりに甲羅干しです。
 左端に注目してください。
 周りのカメの頭や体の大きさと比較すると異様にデカイ!
 そうです! スッポンです。ここで始めて見ました。
【カワセミ情報】
昨日までとはうって変わって今日は動きが活発です。
親鳥は、餌を運んできてもすぐには与えず、対岸へ向かいます。
それに雛がついて行き、対岸の石垣で餌をもらっています。
どうやらそうして茂みから雛を誘い出しているようです。
20110530112920 (1) 対岸に親2羽(雄・雌)と雛3羽の姿が確認できます。
 茂みの中には、2羽の雛が残っており、やはり雛は5羽のようです。
 お父さんも晴れがうれしくて、元気ではりきっています。
 20110530111313(1).jpg 20110530112920 (2)
フィールドに散ったカワセミを追って見ました。
20110530114418(1).jpg 20110530114534(1).jpg 20110530115153(1).jpg
20110530133321(1).jpg 20110530133854(1).jpg 20110530134242(1).jpg
20110530135048(1).jpg 20110530135336(1).jpg 20110530141924(1).jpg
20110530150943(1).jpg 20110530151049(1).jpg 20110530151116(1).jpg
20110530151435(1).jpg 20110530152406(1).jpg 20110530152406(2).jpg
20110530152406(3).jpg 20110530162505(1).jpg 20110530170351(1).jpg
20110530170854(1).jpg 20110530170945(1).jpg 20110530172217(1).jpg
20110530172949(1).jpg 夕方5時半も過ぎて帰宅しようとした頃、カワセミのお母さんは、
 まだ働いています。
 なにせ、食べ盛りの子沢山ですから・・・ 「疲れるワ!」

未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

元気でした!

心配されていた台風2号は、昼前に一時雨、風ともに少し強くなってきましたが、午後には
四国沖で温帯低気圧になりました。
しかし、刺激された梅雨前線による雨が降り続いています。
昨日の雨降りの中で、大粒の水滴が当たるたびに上を見上げて不安げにしていた雛たちは、
どうしているでしょうか?
ツバメが低く飛ぶと「雨」とか、蟻が巣穴を盛り土で塞ぐと「大雨」とか人間は鳥や生き物
の様子で天気を知りますが、鳥や生き物達は自然界で生きるうえでそうした天気の変化を
いち早く知るようです。
夕方5時過ぎになって、レイングッズで身を固めフィールドへ出かけてみました。
水は周りの排水が流れ込み、泥水状態に濁っています。
いつも居るスズメやハト等の鳥達の姿も見えません。どこかで雨宿りしているのでしょう。
いつもの場所についてみると、ヒナたちが賑やかです。
どうやら、食事タイムのようです。
茂みを覗くと いました! 元気です! 集団でいます。
20110529172757(1).jpg 20110529173518(1).jpg 20110529172600(1).jpg
急いでカメラを構えましたが、少し暗いのと数えると1、2、3羽が揃っているのでワクワク!
ピントが合いません。そこへ親鳥が餌を運んでくる。
親鳥が飛び去った後でよく見ると、「ギョギョ!」5羽いるではありませんか!
親鳥が混じっている訳ではありません。正真正銘ヒナが5羽です。
一度に揃って見たのは3羽までですから新しい発見です。
この一連は、スライドショーに作成します。
後ほどアップしますのでお楽しみに!

スライドショーアップしました。
20110529173053(1).jpg ←サムネイルをクリックしてご覧下さい。
 雨天、茂みの中です。
 ピンボケ、暗いショットが多数あります。
 ご容赦下さい。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

Right place Right time

In the right place at the right time のように使う。
「いいタイミングでいい場所にいること」ということで、昨日のNHK番組「スタジオパークから
こんにちわ」で報道カメラマンの「宮嶋茂樹」さんがゲスト出演したときに出た言葉です。
彼は「フライデー」の専属カメラマンを経て「報道カメラマン」で活躍しており、
「東京拘置所の麻原 彰晃」や「モスクワ訪問の金正日」等数々のスクープ写真があります。
おやっさんの造語(のつもり)に「撮影旬(さつえいしゅん)」があって、写真でもビデオでも
対象物と場所に旬があり、その時その場所に行かなければ「偶然」や「たまたま」はそんなに
あるものではないと思っています。
連日マイブログで飽きもせず載せている「カワセミのヒナ達」もその部類だと思っています。
でも、今はそれを通り越して、何かカワセミの親になったような気持ちでいます。
梅雨入りして、おまけに台風2号が接近中なので、子供達が心配です。
DSC00440 (1)
親も(カワセミの)居合わせて、それぞれの場所で思い思いに雨宿り状態でした。
人間の親が心配するほど自然界で生きる者はヤワではありません。
でもやはり長雨は油断大敵のように思われます。
20110528160003(2).jpg 20110528162805(1).jpg 20110528164005(1).jpg
「あまやどり」風景をスライドショーにしました。
↓サムネイルをクリックしてご覧ください。
 レンズのくもりや、暗い茂み、ピンボケご容赦ください。
あまやどり

未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

今日のフィールド

昨日四国地方が梅雨入りしたとのニュースがありました。
平年より10日、昨年より18日も早く、統計が残る1951年以降、5番目の早さで、
2002年以降ではもっとも早いそうです。
ただ今日の朝は曇り状態で雨は降っていない。
ならばと、一応雨具の用意をして午前中にフィールドへそそくさと出かける。
フィールドに着くと、公園管理人が舟をだして見回り清掃中です。
しばらく見ていると、親鳥が餌を運ぶ方向が違う。
清掃の舟で定位置を飛び出したらしく、対岸に雛が居る。
双眼鏡で見ていると、親鳥の交尾を目撃した。また、誕生があるの?
20110527102336(1).jpg 20110527102434(1).jpg 20110527113456(1).jpg
清掃終了まで辺りを観察してみた。
20110527103325(1).jpg 20110527115604(1).jpg 20110527110003(1).jpg
20110527154048(1).jpg 20110527154107(1).jpg 20110527155301(1).jpg
清掃のために予期せぬ飛行が功を奏したのか、あれほど茂みから出なかった雛の行動
範囲が広がったが、まだ頻繁には飛ばない。(飛べない)
対岸に一日中居座った雛も見られた。
おまけに午前中、カラスが茂みに飛び込みあわてて飛び立つ雛も現れた。
今日は午後も出かけたので、一連の画像をスライドショーに作成中です。
20110527120915(2).jpg 20110527161451(1).jpg 20110527174051(1).jpg
お待たせしました。
↓サムネイルをクリックしてください。(5.28追加)
20110527112431(1).jpg

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

雨宿り

今日は雨、おまけに来客予定でフィールドへは出ずじまい。
いやいや!病にとり付かれたおやっさんはそんなことはありません!
来客を見送ったのが4時過ぎですが、1時間でも と今日の武器に身を固めていそいそと・・・
DSC09227.jpg DSC09229.jpg カワセミに似た雨具と防虫の「サラテクト」
 雨具が意外と防虫にも役立ちました。
 「サラテクト」はマイルドタイプなので、両手・
 首筋・耳・頬・額に塗れば完璧!
 結果的には、昨日ほど蚊はいなかった。
フィールドに着くと夕食中なのか雛の声が賑やかに聞こえてきます。
雨宿りを兼ねているためか、集団にはならずあちこちに点在。
20110526171313(1).jpg 20110526171515(1).jpg 20110526171957(1).jpg
20110526172041(1).jpg 20110526172245(1).jpg 20110526172325(1).jpg
3枚目と4枚目は同じ若カワですが、もう眠りの体勢に入ったのか4枚目のまま動かない。
親鳥が飛んで来たが、餌なしのためねだりが激しいのもいる。
20110526172551(1).jpg 20110526172647(1).jpg 20110526172804(1).jpg
↑ここは給餌場所なのか、若が入れ替わり立ち代り止る。
20110526173929(1).jpg DSC90427.jpg DSC90428.jpg
20110526174214(1).jpg かなり高い場所に止まった雛を観察しているうちに
 若と眼が合った。
 若もじっとこちらを観察している。たまらず、手を振ったが飛ばない。
 何も無かったかのようにまたキョロキョロとしだした。
20110526160852 (1)
 水辺に近い枝に止まった若を観察中に、視界に大きな白い影が
 入ってきた。 ここの主ともいえるハクチョウです。
 白鳥が白いので、カワセミがシルエットになる。 
20110526175404(1).jpg
 帰宅途中の北のフィールドには、この付近を縄張り化した1羽が
 いたが、すぐに飛び立って対岸へ。

【番外編】 昨日の動画から
カワセミの給餌シーンですが、タイミングのよさに思わず笑ってしまいました。
下のサムネイルをクリックして動画をご覧下さい。(想像会話を吹き出しに入れてあります。)
こっち向いて

未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

いよいよ熱が!

どうも若い子に出会うと熱が出るらしい。
熱中・情熱・熱心などと呼ばれる熱らしい。
それで今日も病院通い。点滴を打ってきました。
20110525145204(2).jpg 20110525145251(1).jpg DSC90421.jpg
20110525145204(1).jpg 20110525150511(1).jpg 20110525150556(1).jpg
20110525150556(3).jpg 20110525151039(1).jpg 20110525151200(1).jpg
20110525151415(1).jpg 20110525151735(1).jpg 20110525155334(1).jpg
20110525160204(1).jpg 20110525155725(1).jpg 20110525155533(1).jpg
止まっている場所からはほとんど動いていないのですが、全体で何羽いるでしょう。
この場所で撮影していると「蚊」との闘いです。だいぶ注射されました。
今日は「蚊」にも負けず!でした。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

新しい家族?

まだ十分に飛べない(?)ようです。
枝に止まって、親鳥からの給餌待ちです。
近づいても、枝から枝へ移る程度で飛び出しては行きません。
20110524165237(1).jpg 20110524165237(2).jpg 20110524165237(4).jpg
右が親鳥、左雛です。
20110524165237(5).jpg 20110524165237(6).jpg 20110524165608(1).jpg
20110524165608(2).jpg 20110524165608(3).jpg 20110524165751 (2)
今まで見てきた家族とはどうも様子が違います。
新しい家族?でしょうか。
それだとまた楽しくなります。
でも、もうすぐ梅雨入りだと思いますし、天気が心配です。
未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

雨にも負けず!

とうとう伝染病が重病になったみたいです。
もともと病原菌は持っていたのだと思えてきました。
今日の降水確率は80%で、午前中に一時止みそうになりましたが、一日中雨です。
そんな中で、コンデジだけ持ってフィールドへ足が向いていました。
DSC09211.jpg DSC09214.jpg DSC09217.jpg
当然ながら、いつもの人通りは無い。
水面が煙り、ハクチョウも佇んだりさかんに毛づくろいをしています。
アヒルとカモも雨と冷え込みでおとなしく浮かんでいる。
東のフィールドでは、栴檀の花が雨に打たれ「鵜」が「何もすることが無い!」と言いたげ
に立っています。
東の茂みでカワセミの雛が餌をねだる声が盛んにしている。
よく見ると、排水口の上に親鳥がいる。
DSC09220.jpg DSC09222.jpg DSC09221.jpg
しばらく観察していると、小さい魚をゲットして茂みへ運んでいく。
20110523164653 (2) 20110523165718(1).jpg 20110523165827(2).jpg
その後も何回もダイビングと、エサ運びを繰り返している。
茂みの中に雛が数羽集まって雨宿りをしているようです。
20110523171110(2).jpg
 帰りの南口の柳にも一羽が雨宿り。
 西の石垣上には、夕食準備の親鳥も見かけ、北でも親鳥一羽を
 見かけました。
雨にも負けずのおやっさんとカワセミでした。
今日南九州が梅雨入りしたと発表があり、やがて四国も梅雨入り宣言がありそうです。
まだまだ雨にも負けずで行きましょうか!!
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

麦秋の頃

麦秋(ばくしゅう)とは、麦の穂が実り、収穫期を迎えた初夏の頃の季節のことです。
稲が実る頃が秋ですので、それに対して麦が黄金色に実る頃を麦秋と呼びます。
20110522152506(1).jpg 20110522152652(1).jpg 20110522153215(1).jpg
愛媛県で作られている麦は「裸麦」が主で、焼酎や味噌の原料となります。
愛媛県が生産量日本一で(連続24年)、なかでも西条市は 県内最大産地として有名です。
平成21年度の作付け面積1550ha、収穫量4290tは、2位大分の988ha、2320tを大きく引き離し
全国の約40%近くにもなっています。
東温市周辺でも収穫時期を迎えており、刈り取ったあと水田に変わって行きます。
近くを流れる「重信川」は天井川で、その伏流水を利用する泉が点在しています。
20110522154402(1).jpg 20110522154142(1).jpg 20110522154303(1).jpg
この「三ケ村泉」もその一つで、重信川の中心付近まで暗渠を掘り水を引き入れています。
最近改修されて、以前の面影が失われつつありますが、きれいな水が流れています。
20110522154814(1).jpg 20110522154914(1).jpg 20110522155049(1).jpg
この頃になると、河原や道路の法面いっぱいに黄色の花を咲かせる「オオキンケイギク」です。
咲いている景色はきれいなのですが、じつは厄介者の「帰化植物」特定外来生物なのです。
栽培・保管・運搬・輸入・植栽が原則的に禁止されており、もちろん個人での栽培はできません。
過去記事もご覧下さい。 こちら

【野鳥だより】
今日は、東の一家をご紹介します。
20110522170457(1).jpg 20110522171731(1).jpg 20110522171731(2).jpg
20110522171804(1).jpg 20110522171954(1).jpg 20110522172027(1).jpg
20110522172212(1).jpg 20110522172256(1).jpg 20110522172601(1).jpg
東の一家のスゴ技発見!
 ・高所からのダイビング
 ・高所・長時間(4秒弱)のホバリング(運と腕があれば撮れる。私は2度失敗!)
   水が汚れているためか?
 ・高速低空飛行しながら水面近くの獲物をゲットしそのまま飛行(ツバメ技)
  これも水が濁っているためか?
獲物ゲット これは、給餌用獲物の処理シーン動画です。
 獲物ゲット後、餌打ちし、しっぽから飲み込み、
 咥えたまま飛び去ります。
 自分で食べる場合は、頭から飲み込みます。
 咥えたまま飛んで行ったことからも給餌用と分かります。
大画面にして観察してください。

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

小満(しょうまん)

今日5月21日は24節気のうち小満(しょうまん)です。
24節気とは、陰暦の季節の区分で使われるもので、1年を24に分けそれぞれの季節に
ふさわしい名前をつけたものです。
春分・夏至・秋分・冬至等と同じで天気予報のコーナーや、季節のニュースでよく使われます。
小満とは、秋に蒔いた麦などの穂がつく頃で、ほっと一安心(少し満足)すると言う意味です。
その他に、1節気を3つに区切って72候というのがあって、小満には
 ・蚕起食桑(かいこ おこって くわを くらう) :蚕が桑を盛んに食べ始める
 ・紅花栄(こうか さかう) : 紅花が盛んに咲く
 ・麦秋至(ばくしゅう いたる) 麦が熟し麦秋となる
があります。
DSC00633.jpg 愛媛の裸麦は24年連続、生産量日本一です。
 今年は少し遅いようですが、それでも昨日お見舞いに訪れた
 病院からは、色づいた一面の麦畑が見渡せました。
 東温市から伊予市に至る穀倉地ではこれから刈り取りが
 盛んになります。
午前中に、自転車で買い物に出かけた途中に、塀沿いに
手入れされたたくさんの花を見つけました。
その中に、早咲きのアジサイ「隅田の花火」の八重を見つけました。
DSC09190.jpg DSC09194.jpg DSC09193.jpg
初夏へまっしぐらの感です。
【クワガタがビルに噛みついた】
斜め前のビルの取り壊しが始まった。
大きなビルに、クワガタムシが噛みつくように。
20110521142655(1).jpg 20110521142725(1).jpg 20110521142859(1).jpg
そういえばどこかのブログで、トノサマガエルを小さなザリガニがはさみではさんで
引っ張っているのを見たのに重なった。

【野鳥だより】
昨日、今日とフィールドの外回りをしてみたが、石垣上には全く姿が見えない。
暑さを避けて木の枝に止まっているのか、集団移動をしたみたいに姿が消えた。
だが、午後4時も過ぎて東で1羽発見、すぐダイビングで飛び去った。
飛び去った先で、雛の声が聞こえる。餌をもらっているようだ。(姿見えず)
北へ戻ると、木の枝に、土管2箇所に姿を発見。
20110521173655(1).jpg 20110521174241(1).jpg 20110521175318(1).jpg
時間切れで帰宅しようとさしかかった公衆トイレの下に姿発見!(日陰で暗いです)
20110521175855(1).jpg 20110521180156(1).jpg 20110521180504(1).jpg
スライドショーにしました。
20110521180156(2).jpg
 ←サムネイルをクリックして
   スライドショーをご覧下さい。


未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

今日の野鳥

広いフィールドを歩いてみると
20110519133432(2).jpg 20110519140708(1).jpg DSC99269 (1)
足元にはスズメの赤ちゃんがうずくまっていたり、東にいた鵜が西へ来て羽根を広げて日光浴
東では白鷺が獲物をゲットしたりと、のんびりした光景が目に入ります。
さてさて、今日の【カワセミ】はというと
日差しを避けているのか、はたまた行動範囲が広がったのか石垣上には影が見当りません。
北や、西の木の枝に居ることが多くなりました。
DSC99332.jpg DSC99333.jpg
    北の親(雄)        北の親(雌)
初めて、南へまわったら鳴き声と足元のツツジの植え込み(石垣)から2羽の飛び立ちを目撃。
木の枝を中継して、最終の柳へ飛び込んだ。
DSC99298.jpg 注意して見ると、
 柳の木の中に3羽の幼鳥が確認できる。
 (同時に撮れたのは、2羽)
 1羽は柳の枝が邪魔をして撮れない。
DSC99300 (1) DSC99303.jpg DSC99304.jpg
DSC99309.jpg DSC99311.jpg DSC99314.jpg
DSC99326 (1) 20110519150429(1).jpg 20110519150531(1).jpg
20110519150647(1).jpg 20110519150735(1).jpg 20110519150735(2).jpg
柳の葉や枝が邪魔をして中々ピントが合わない。
ボケボケですが、アップします。
だけど、この子達はどこの子???
東から来たの? 北から来たの? それともここに居たの?
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

十六夜月三昧・カワセミ三昧

昨日の満月の月の出方向から、2.1度南へずれる。
月の出時刻は、17日19:04・18日20:10
城山から出たのは、17日20:00頃 18日21:13頃
DSC09186 (1)
20110518211937(1).jpg 20110518212002(1).jpg 20110518212047(1).jpg
20110518212113(1).jpg 20110518212136(1).jpg 20110518212336(1).jpg
20110518212443(1).jpg 20110518212301(1).jpg 20110518212654(1).jpg
構図的な狙いは、昨日よりも今日の月でした。

【今日のカワセミ】止まり・飛び・飛び込みです。
20110518151234(1).jpg 20110518151234(2).jpg 20110518151358(1).jpg
20110518155744(1).jpg 20110518163007(1).jpg 20110518163735(1).jpg
20110518163829(1).jpg 20110518163910(1).jpg 20110518165634 (1)
20110518165634(1).jpg 20110518165720(1).jpg 20110518165820(1).jpg
20110518165928(1).jpg 20110518170942(1).jpg 20110518170942(2).jpg
20110518172502(1).jpg 20110518172555(1).jpg 20110518175214(1).jpg
20110518175432(1).jpg DSC09172 (1) DSC90408.jpg

静止画枚数が少々多いので一覧できるスライドショーを作成しました。
下のサムネイルをクリックしてご覧下さい。
20110518175214(1).jpg


未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

5月の満月

そうだ!今日は満月!
夕食を済ませてお城と絡ませる場所探しに出かけた。
市内は高いビルが多いため、月の出の方向と松山城とが一致する場所がなかなか・・・。
やっと、見つけた場所から。
DSC90395 (1) DSC90396.jpg DSC90397 (1)
DSC90398.jpg DSC90407 (1)-1 月の表情とお城の明るさのバランスが
 むつかしい。節電で照明を落としている。
 月を生かせば、城が暗い。
 城を生かせば月が明るい。

【今日のお堀で】
20110517162823(1).jpg 20110517165746(1).jpg 20110517170037(1).jpg
西の堀のアヒル2羽は仲がいい。いつも一緒に泳いでいる。
東の堀に珍しく「鵜」がやってきた。カワセミも複数いるようです。
20110517170938(1).jpg 20110517170938(2).jpg 20110517170938(3).jpg
足元で「グァッ!グァッ!」「ガー!ガー!」と騒々しい。
アヒルとカモが大バトルを展開中です。
バトルの原因は、動画をアップします。
20110517172009(1).jpg
 ←サムネイルをクリック

20110517170938(3).jpg
 ←サムネイルをクリック
  その後、しつこいカモにアヒルが反撃
  取っ組み合いになりました。

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

今日のカワセミ

幼鳥が集まってダイビングの練習中に出会いました。
20110516160722(1).jpg 20110516160722(3).jpg 20110516162250(1).jpg
休憩中に親鳥が小魚を咥えて飛んできましたが、見せびらかして自分で食べてしまいました。
「自分でお獲り!」と言っているようでした。
DSC90384.jpg 20110516161538(2).jpg 20110516161538(1).jpg
まだ警戒心が薄い今のうちは、かなり近づくことができるようですが、ある程度距離を置いて
観察しています。
でも、すぐ足元にいたりします。こんなこともあと数日かもしれません。
DSC90386.jpg DSC90388.jpg DSC90390.jpg

手ぶれ補正前で画面が揺れますが、ダイビング練習の様子をご覧ください。
defaultCA2FV7KS.jpg
 ←「ダイビング練習」
    サムネイルをクリック 


未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |

5月15日のあかちゃん

昨日(5/15)はクラブの撮影会に出かけました。
出かける前に、ちょこっとカワセミフィールドへ。
いつもの場所に姿が見えません。
やっと、離れた場所で発見し、観察。しばらくして、いつもの場所へ寄ってきました。
20110515070250 (1) 20110515072114 (1) 20110515072613 (1)
20110515072712 (1) DSC00380 (1) 20110515171205 (2)
巣立ちばかりの雛は、親鳥とちがって警戒心が薄いのか意外と近くから観察できます。
撮影会で出かけた「砥部動物園」の幼子・新顔・人気者・野鳥です。
20110515113522 (1) 20110515115106 (1) 20110515145032 (1)
20110515145957 (1) 20110515151100 (1) 20110515142228 (1)
順番に アミメキリン(1歳) アフリカゾウ(1歳) ニホンザル(3週間)
      コツメカワウソ(4月新入) 白熊・ピース シジュウカラ 
未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |

カワセミ巣立ち

様子見に立寄ったところ、なにやら鳴き声がいつもと違う!
「ツィッピー!ツィッピー!」「ピーッ!ピーッ!」と鳴きあっているようで、それも複数
いるようです。
見つけた先では、給餌中で「また 求愛!」と思いきや様子が違う。
片方が餌を咥えたままで、片方が一生懸命に引っ張って食べている。
毛色をよく見ると、一方は雛のようです。
どうやら巣立ちして、このフィールドに来たらしい。(巣は他の場所にあります。)
よく観察してみると、雛は3羽いるようです。
昨日はいなかったので、今朝巣立ちしたようです。
20110514155505 (1) 20110514155505 (4) 20110514153901 (1)
20110514154939 (1) 20110514155145 (1) 20110514155145 (2)
DSC90368.jpg DSC90370 (1) DSC90375.jpg
しばらく眼を離せない状態ですが、明日はクラブの撮影会がありどうしよう!!
defaultCANNT81I.jpg
  ←サムネイルをクリックして動画もごらん下さい。

未分類 | コメント:5 | トラックバック:0 |

雨あがる

ちょっとまとまって降った雨は、恵の雨となったようです。
貯水率が心配された、松山市の水がめ「石手川ダム」の貯水率が95.1%まで回復した。
明日(14日)の午前9時には全ての取水制限が解除されます。
雨後の堀の内公園も初夏の装いに変わったように見える。
DSC90324.jpg DSC90330.jpg DSC90335.jpg
城山も緑を増し、ツツジも終盤を迎えほとんど雨で散ってしまった。
DSC90340.jpg DSC90344.jpg DSC90346.jpg
遠足でしょうか、何校かの小学生がクローバーの咲く広場ではしゃいでいます。
堀の周辺の木々も雨で洗われてみずみずしさを取り戻したようです。

【野鳥情報】
20110513140511(1).jpg 20110513154328(1).jpg 20110513154955(1).jpg
頭上に現れたペアの「ヤマガラ」も繁殖期を迎えているらしい。
撮り損ねたが、交尾シーンが見られた。
カワセミは、子育てに入ったと思われていたが、いつもの場所で休憩中の♀に、魚を咥えた
♂が飛んできて、求愛給餌シーンを展開。これからが恋の始まりなのか?
育児休暇への慰労なのか?
 動画追加します。ここをクリックしてください
未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |

涙雨

昨日昼過ぎに1本の電話があり、親しくさせていただいている知人が亡くなったという
奥様からの知らせ。
取る物も取り敢えず自宅へ駆けつけた。68歳 ちょっと早すぎるお別れになりました。
今日はお通夜、明日葬儀になります。
今日は朝から雨が降っています。
あたかも、涙雨のように花を濡らせています。
DSC00309.jpg DSC00311.jpg DSC00314.jpg
DSC00320.jpg DSC00323 (1) DSC00318 (1)-1

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

花見散歩

今日は汗ばむくらいの陽気だった。
自宅のベランダからスタートして、近所の花を眺めて回ってみました。
春から夏へ移る今の時期にはいろいろな花が咲いているが、目立つのは、やはりバラ。
そんな中の一部を並べてみました。
DSC09042.jpg DSC09044.jpg DSC09045.jpg
DSC09048.jpg DSC09050.jpg DSC09053.jpg
DSC09076.jpg DSC09058.jpg DSC09059.jpg
DSC09063.jpg DSC09067.jpg DSC09068.jpg
DSC09079.jpg DSC09081.jpg DSC09084-1.jpg
DSC09085.jpg DSC09086.jpg DSC09077.jpg
【野鳥情報】
お堀に着いて、ハクチョウを眺めていると、足元で「コツコツ」と音がする。
こんな低いところに「コゲラ」がいました。すぐに木の裏へまわり高い枝へ飛び上がった。
北のハクチョウは、ここ2~3日の状況から判断すると、少なくとも3個の卵を取り上げられ
たようで、今は巣から離れています。
20110508164244(2).jpg DSC09040.jpg
卵を抱いていた西のハクチョウも、どうやら孵化に失敗(無精卵?)したようで巣から離れて
水辺で休んでいる。
DSC09070.jpg DSC09071.jpg
カラスも孵化に失敗したのか「空巣」になっている。
カワセミは、雄の二羽はよく見かけるが、雌の姿をあまり見かけなくなった。
雄の捕食後の行動で、謎解き要の行動が・・・

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

自然界の悲劇

立夏(5月6日)が過ぎ、黄砂が消えてすがすがしい風が吹いている。
堀の内のツツジも咲きそろい、穏やかな風景が広がっている。
この堀で初めて見かける「ササゴイ」の若鳥が抜き足差し足で獲物をさがしている。
20110507165350(1).jpg 20110507165435(1).jpg 20110507164942 (1)
ハクチョウが静かに泳ぐ近くで悲劇は起こっていた。
20110507172521(1).jpg 20110507172645(1).jpg 20110507172713(2).jpg
堀に着いた時に、カラスに襲われたのか、誤って落ちたのか原因は分からないが、一羽のハト
がまるでアヒルのように水面に浮いていた。
自分では飛び立てないようだが、水面までは距離があり助けるすべもない。
そのまま対岸までまわり、前出の「ササゴイ」をしばらく見て移動して驚いた。
20110507170408(1).jpg 20110507170938(1).jpg 20110507171133(1).jpg
対岸近くで、バシャ!バシャ!と水面が騒々しい。
双眼鏡を覗くと! 水面に浮いていたハトに数匹のカメが襲い掛かり格闘中である。!
しかし、飛べないハトは多勢に無勢で、噛み付かれたり、水中に引きずり込まれたりで、
しばらくして力尽きてしまった。
後は、カメの世界。鯉や無数の小魚が周りを取り囲んで集まっている。
こちら側に近づいて来た時には、翼しか確認できない。
ビデオカメラを回してはみたが、公開できる内容ではない「自然界の悲劇」だった。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

緊急!白鳥情報

北堀の白鳥が昨日の夕方から、朝の間に卵を生んだようです。
ただ、今朝の公園管理担当者の見回りで、卵を取りあげられてしまいました。
いつもは、午後に訪れていましたが、初めて朝9時過ぎに行って目撃しました。
20110505093341(1).jpg 20110505093409(1).jpg DSC09030 (1)
理由を聞いてみると、「お堀に水を入れると、完全に水没する場所なので、有精卵か無精卵か
は分からないけど、雛が孵った後に水かさが増しても死んでしまうのでやむを得ない。」
とのこと。親鳥ごとフロート小屋に移す手は無かったのでしょうか?
お堀一の暴れん坊で、噛み付く、蹴るが災いしたのかもしれません。
興奮冷めやらぬ親鳥は、威嚇体勢のまま、また落ち葉を集めだしました。
20110505101947(1).jpg 20110505101914(1).jpg 20110505102022(1).jpg
西出入り口に近いフロート小屋の白鳥には、もうすぐ孵化が見られそうだとのことです。
こちらは大人しいので、居心地の良いワラ一杯の巣を与えられています。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

花替わり

モッコウバラが満開を過ぎ、散り始めました。
替わりに同じフェンスに「テッセン(クレマチス)」が咲き始めました。
DSC09027.jpg DSC09028.jpg DSC09024.jpg
テッセンは蔓が針金(鉄線)のように強いことから付いた名前で、キンポウゲ科の蔓性多年草。
中国原産で、花は白または紫です。
「テッセン」は「クレマチス」の仲間で「テッセン」を「クレマチス」「クレマチス」を「テッセン」
と呼ぶこともあるが、本来、「テッセン」は中国原産種に限られるそうです。

堀の内公園内のクローバーも花期は長いのですが、最盛期はもうすぐです。
DSC90294.jpg DSC90297.jpg DSC90304.jpg
クローバーは、マメ科の植物で、葉は通常三葉。希に四、五および七葉のものがあります。
押し葉にしたときに葉が重ならず、きれいに見え、希にしか発見できないことから
「四葉のクローバー」は幸せ(四遇わせ)を呼ぶといわれ人気があります。
また、重要な蜜源植物であり、クローバーの蜂蜜は世界で最も生産量が多い。

堀の内の北入り口付近にある「ニセアカシア」が花を咲かせています。
DSC90306.jpg DSC09037.jpg DSC09035.jpg DSC09039.jpg
北米原産のマメ科の落葉高木で和名はハリエンジュ(針槐)。
日本には1873年に渡来しました。
用途は街路樹、公園樹、砂防・土止めに植栽されます。
このニセアカシアも、有用な蜜源植物で甘い花の香りを漂わせています。
花をホワイトリカーにつけた「アカシア酒」は花の芳香とともに精神をリラックスさせる
効果があります。
ただし、花以外は毒性があり新芽等を食用にすることは控えたほうがいいようです。 

【動画でお知らせ野鳥情報】
 野鳥情報は、下のサムネールをクリックしてください。
 20110504153420(1).jpg
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

庚申庵のノダフジ

味酒野の地(松山市味酒町2丁目6-7)に、俳人栗田樗堂が建てた庵「庚申庵」の庭園には
現在、シャガ・ヤブデマリ・コデマリ・オガタマ・ノダ藤が咲いています。
特に、庚申庵といえばフジと言われるくらいの「ノダフジ」(推定樹齢200年)はちょうど
見頃を迎えています。
DSC08988.jpg DSC09007.jpg DSC09016 (1)
5月3日には「庚申庵史跡庭園開園記念イベント」が行われ、「庚申庵よもやまばなし」(三題)
煎茶席・ハンドベル演奏等が行われました。
DSC08989.jpg DSC08990.jpg DSC08991.jpg DSC09006-1.jpg
DSC09004.jpg DSC08996.jpg DSC09005.jpg DSC08993.jpg
動画も撮りましたが、急遽手持ちのため不安定ですが、ご覧下さい。
ノダフジ



未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

公園界隈

昨日から黄砂がひどい。
DSC08984 (1)
DSC08981 (1) DSC08982 (1) DSC08985.jpg
黄砂 午後6時の黄砂の状況
 予報によると、こんな状態がまだ3日くらい続きそうです。 
 おまけに連休は天気が芳しくない。
 皐月晴れの季節なのに憂鬱な空です。

それでも、城山のヤマフジがきれいに咲いているのが見える。
二の丸庭園脇まで登ってみると、結婚式の前撮りに出会った。
DSC08973.jpg DSC08974.jpg DSC08979 (1) DSC08970.jpg
お堀の白鳥の、昨日の行動の訳がわかった。
続白鳥 集めた落ち葉をさらに高い場所にかためて、枯れ枝で囲い、
 やはり巣作りをしていました。
 今日は1度水浴びの散歩に出かけただけで、作った巣で
 お休みでした。
 左のサムネイルをクリックしてください。

20110502161637(1).jpg  頭上には、カラスの巣があります。
 よく見ると、クリーニング店でも始めるのでしょうか?
 相当数のハンガーがあります。
 でも、「カラスの行水」では汚れが落ちませんよ!
カワセミ20110502
 やっと姿を見せた雌のカワセミは、身重なんでしょうか、
 動きが重い。
 短い移動をしてたどり着いた場所も、覗き込みながら近づいた
 通行人に気づき慌てて飛びたった。
 通行人も気づき驚いた様子が対岸から覗えました。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

今日のできごと

今朝新聞でこんな記事を読みました。
20110501140506(1).jpg 今回の東日本大震災で発生したがれきの撤去に3年もかかる
 というものです。
 大きな要因は、撤去後の1時保管場所の確保が非常に困難なことに
 よるものらしい。
特にリアス式海岸が広がり、平地の少ない岩手県では、600万トンのがれきを5mの高さに積め
ば300万平方㍍の用地が必要で、確保の見通しが立つのは120万平方㍍で半分にも満たない
そうです。がれきの量には、船舶・自動車は含まれておらず仮置き場の確保が大きな課題
となりそうです。

defaultCA5BY7T3.jpg きょうのお堀で見かけた白鳥の行動です。
 白鳥の習性はよく分かりませんが、いったい何をしているのでしょう。
 ←サムネイルをクリックしてください。
 一生懸命に池の落ち葉を片付けています。

今朝の新聞記事から、被災地で働く建設機械と重なって見てしまいました。

今日のかわせみ
いつもあまりとまっているのを見かけない場所に何度となくとまってポーズ取りです。
いつも石垣ばかりで味気ないのでサービスしてくれたかな。
20110501163221(1).jpg 20110501163250(1).jpg 20110501163514(2).jpg
20110501163550(1).jpg 20110501163622 (1) 20110501163634(1).jpg
20110501163712(1).jpg 20110501164055(1).jpg 20110501165122(1).jpg
20110501165246(1).jpg 20110501165441(1).jpg 20110501171419(1).jpg
20110501171501 (2) そういえば今日は雄ばかりで、雌の姿を見かけない。
 ひょっとして、子育てに入ったのかな?
 就寝前の水浴びも、ロープの上から繰り返していた。

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。