気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

自然界は敏感

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

お堀の周りを歩いていると、木の葉に秋の近いことをうかがわせる色が見えてきました。
堀の内の桜広場の桜もよく見ると、ほんのりと色づいているのが分かるようになりました。
今日で8月も終わり、暑い暑いといいながらも植物達は既に季節の変わりを感じ取っています。




西堀端の入り口付近に白い花が目立つように咲いている。
近寄ってみると「センニンソウ」のようです。
こんな所にいつの間に育ったのでしょうか、かなりたくさんの花をつけています。

センニンソウ1

センニンソウ2

センニンソウ3


【かわせみ日記】 141(8.30)いつもと違う場所で
センダンは今まで母ちゃんの定位置でした。
母ちゃんが来なくなってからは、父ちゃんも若も止まってもすぐに飛び立ちます。
珍しく今日(30日)は、父ちゃんも若もしばらく休憩してくれました。

父ちゃんセンダンで

若センダンで

若コーナーで

後はあちこちと動き回ったので、ピックアップでお届けします。

若の水浴び

父ちゃん茂み対岸

若・茂みで

若は排水口の上で陣取り色々なパフォーマンスを見せてくれました。

若・南排水口

若・南排水口

若・飛び込み


お食事ゲット!

咥え直して

一気呑み

食事後の休憩中に「セセリチョウ」が飛んできてちょっかいを出した。

セセリチョウが

何だこいつ!

うるさいやつ!

排水口から飛び立った若が西へ向かって飛んでいく、途中で南の石垣に居たと思われる
父ちゃんが合流し、南堀中央のフロート小屋の屋根に止まった。
近くまで行き、観察中に下のようなバトル(?)が始まった。

1

2

3


4

5

6


7

8

9


10

11

12

先に父ちゃんが茂み方向へ、後から若が同じく茂み方向へ飛んで行った。
この行動は何だったんだろうか?

スポンサーサイト
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

かわせみの世代交代

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

下の2枚の写真は、現在北(写真左)と東(写真右)に居る若鳥の雄です。
この子たちがここに縄張りを持つのでしょうか?

北の若

東の若

かわせみは、非繁殖期には単独で縄張りを構えて分散します。
春先になり3月上旬から縄張り争いが見られるようになります。
そして雌が雄の縄張りに入り込んで番が形成されます。
4月上旬には雌雄の間で求愛給餌や交尾が観察されるようになります。
北や東が来年も繁殖地になると仮定すると、ここに縄張りを構えるのは雄ということに
なります。
今、北や東にいる若鳥が雄であり、親鳥も雄であることから春先を待たずに親が縄張りを
譲るのか、春先に縄張り争いをしてどちらかが残るのか興味のあるところです。

【かわせみ日記】 140(8.29)今日の出会いは南コーナーの柳から
柳で休憩中はお父ちゃんのようですが、急に飛び立って対岸の排水口へ移動しました。

コーナー柳

ここから急に飛び発った

対岸排水口へ

外へ回ってみると、さっき止まっていた柳の下に「アオサギ」が来ています。
先日も、かわせみを追っかけまわして追っ払ったやつです。

柳の下にアオサギが

排水口の金網で

歩道の柵の間から

歩道の手すりの間からかろうじて姿が確認できるので、激写です。
次は、手すりの上からそっとカメラを出して撮影、少し移動しましたが同じようにして撮影
させてもらいました。

柵を越えてそっと

少し移動

ボルトの上で

お父ちゃんは、用をたして飛び立ち再び柳の枝へ帰って行きました。

ちょっと失礼

飛び出しの予感

再び柳へ移動

午後は、堀の内の放送局に用がありそれを済ませた後再び観察に訪れました。
流れ込み近くの石垣上に、父ちゃんを発見しました。

午後の流れ込み1

午後の流れ込み2

午後の流れ込み3

食事が済んでいるようで、時折水面凝視をしますが、飛び込むでもなく移動しません。
思い切って背後のつつじの植え込みの間から撮影してみました。
石垣が見渡せる場所に戻ったとき飛び立ち、センダン経由で茂みの方向へ飛んで行きました。
センダンから戻ると、同じような石垣上に若鳥が現れました。

背後の植え込みから

センダンの枝

代わりに若鳥出現

若鳥もなかなか動きそうにないので、時間切れ退散です。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

今日のサーカス

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

昨日の日曜日と比較すると、今日のサーカスのほうが入場者が多いようです。
そういえば、1回の公演では毎週月曜日の入場者が一番多いと聞いたことがあります。
日曜日は3回公演だし、人出が多いと予想して避けるためでしょうか?
公演終了時には、場外のテントでゾウさん2頭との記念撮影(800円)があります。
一般撮影は禁止ですから、正面や近くからは撮れません。
テントから覗く「ゾウさんの鼻」だけをかろうじて撮影しました。

サーカス入り口

ゾウの鼻だけが

ゾウの鼻


【かわせみ日記】139(8.28)今日も東はペア?
茂みの中を覗くと、外から見えない定位置に父ちゃんが居ます。
嘴に2枚も鱗を付けて、食事後でしょうか?

茂みで父ちゃん

近くで声が

誰か来たかな?

近くで声がしたような気がしたら、父ちゃんも気付いたのか振り返って小さな声で鳴きました。
近くの、これも定位置の小枝に別の1羽が止まっています。
よく見ると、母ちゃんではなく雄の若鳥のようです。

もう一羽が来た!

雄の若鳥です

後を鴨が行く


父ちゃん行っちゃった!

勇ましい若です

若も食事後?鱗が


後姿もいいよ!

羽根もきれいです

眼力鋭く


茂みから出て

石垣上で

対岸から

この後若鳥は茂み方向へ飛び去りました。
しばらくして、石垣上には父ちゃんがやってきました。

父ちゃんも来ました

父ちゃん石垣で

雨が降って来ました

雨がぽつぽつと降ってきて水面にも波紋が広がってきました。
今日は雨具の用意をしていませんので、早々と退散です。
それにしても今日は父ちゃんと雄の若だけです。
東にも世代交代の波が押し寄せているのでしょうか?
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

夏休み最後の日曜日

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

子供達の夏休みも最後の日曜日になりました。
宿題に追われてる(?)のでしょうか、堀の内公園の芝生広場やサーカスも子供の姿が少なく
なりました。
まだ暑いので、冷房効果を高めるためか赤テントにも散水しています。
キリン君も出番が終わり「暑いのへっちゃらさ!」といつものように悠々と散歩しています。

赤テント散水

マサイ君元気です

出番が終り悠々と

芝生広場にいくつもの集団がありました。
高校生達が、2学期のメインイベントの一つである「体育祭」の応援合戦の練習中です。
しばらくして、パラパラと雨が降り出しました。西の空は明るいが天守閣が少し靄ってます。

応援合戦練習1

応援合戦2

雨が来た!

夕食前の居間から、夕日に照らされて赤く染まるビルが見えました。
早速コンデジを持って最上階の階段踊り場へ向かいます。
北西には入道雲とかなとこ雲があり、昨夜のような雷が発生してもおかしくない状態です。

かなとこ雲

昨夜の雷再来?

西が曇っている


夕日が雲を抜けて

雲と雲の間に

雲の間に夕日

久し振りに、雲と雲の間にまん丸の夕日を見ることができました。

【かわせみ日記】138(8.27)東も北もお父ちゃんを遠目から
午後からビデオクラブ例会のため、フィールドへは午前中に出かけました。
10時頃には予定されていた消防設備点検のため、家を出たのは10時40分も過ぎてからです。
時間があまり無いのを見透かされたのか、遠い位置ばかりを移動して行きます。
でも姿だけは見せてくれました。(ホッ!)

東・南の石垣

南の石垣上から

東の茂み


センダンで

ボートの上

公園管理作業小屋


南排水溝トンボと

北・北の茂みで

北・北西の石垣


北・南の石垣

北・茂み近くの石垣

北・茂み近くの石垣

今日(27日)の東はお父ちゃんで、北も親鳥でお父ちゃんでした。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

自然の花火

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
今日は午後からビデオクラブの月例会でした。
出掛けの車中から見た空は、北から西にかけての遠方(広島・山口方面)には入道雲や、
巨大なかなとこ雲が見られ夏の空(雲)が再現されています。
これだけの積乱雲があるとどこかで雷が予想されます。
案の定、夕食後の北西の空に時々稲光が見えます。
今日は8月最後の土曜日で花火大会もある所がありますが、雷は嬉しくない自然の花火です。

かみなり1

かみなり2

かみなり3


かみなり4

かみなり5

かみなり6

おへそを獲られないように早く寝ようっと!

いやいや一仕事残ってました。
【かわせみ日記】137(8.26)久々のツーショット
北のフィールドへ差しかかり、北の歩道から茂みを見ると、こちらを見ているカワセミに
出会いました。
これは、以前の親のようで気付くとすぐに西の網の方向へ鳴きながら飛び去りました。
北西の角から見渡して見ると、やはり網の上に止まっています。
しばらくして、石垣の上に移動しましたが、いかんせん対岸からだと距離があり雌雄等は
判別できません。

北の茂みに居た!

網の上に移動

東岸石垣上で

白鳥も暑いのか噴水で水浴びをしています。
それを見ながら、外回りで着いた東の茂みに、一羽休憩中です。

白鳥水浴び

白鳥水浴び

東の茂みで休憩中

一羽かと思って見ていると、おやおや二羽いますよ! 久し振りのペアショットです。

茂みで休憩中

おや!ここにも!

久方のペアです

横構図ではおさまり難いので、コンデジで縦構図に収めました。

ペア1

ペア2

ペア3

ペア4

下に居た母ちゃんが先に飛び出し北の方向に飛び去りました。
父ちゃんもやがて対岸の石標上に移動して、フィールドには父ちゃんだけが残りました。

茂みで父ちゃん

茂みで父ちゃん

コーナー石標へ移動

未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

かわせみ世代交代か?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今日もかわせみ日記から。
というのもまた気になった。
【かわせみ日記】136(8.25)

8.24撮影北の茂みで

8.24撮影榎の枝で

8.25撮影北の茂みで

上の写真は、左(8.24撮影)、中(8.24撮影)、右(8.25撮影)ともに北のフィールドです。
北では、24日から二羽が確認できていますが、左と右を見比べて見ると別個体のようです。
しかも、世代が違うように思えます。(足の色に注目、胸毛の色艶も)
中の写真と、torakoさんブログの写真も同じ場所ですが別個体と世代違いのようです。
光の具合や、解像度の違いで一概には言えませんが要観察ですね。
世代交代が始まっているのかもしれません。

24日に北のフィールドで二羽の姿を目撃したので、気になり午前中に出かけてみました。
北の茂みや周辺では姿を確認できないため、東へ向かいました。
東もボートで清掃中のため、定位置には出ていません。
内側を、南→西→北へと一回りしました。
途中の南から西へ曲がって直ぐの桜(北の二番子がよく居たところ)に姿がありましたが、
カメラを構える間もなく飛び去りました。
北へ着いて自転車を止め、茂みの確認へ向かうと、茂みに向かって盛んにシャッターを
切っている姿があります。 torakoさんだ! ということは、茂みの中に居る!。
そっと近づくと気付いて、黙って指差しです。 居ました! 若鳥のようです。

茂みの中で

茂みの中で

茂みの中で

東の駐車場が満杯で、やむなくこちらへ駐車して通りすがりに出会ったとのことで、興奮
ぎみです。 無理も無いですよね。
それにしてもさすが「鳥寄せtorakoさん」東に駐車しておれば出会いは無かった。
サーカスのキリンも目的とのことです。
サーカスは木曜のため休演日ですが、きりんは外で散歩中を確認していましたのでご案内。
これも、出番前後と夕方以外はきりん舎の中です。ラッキー!

【午後の東フィールド】
今日の東フィールドは、堀の掃除や流れ込み・センダン周辺に騒々しいことがあって、
センダンに現れたのは一回で、数分の滞在で後は茂みとコーナーを行ったり来たりで落ち
着きません。

センダンで

センダンで

コーナー石標上

コーナーの石垣上で羽繕い中に、これまた羽繕いしながら近寄って来た白鳥絡みで撮って
みました。

白鳥が寄って来た

水面の白鳥と

水面の白鳥と


未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

気になるきのこと子宝草

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

天気予報だとかなりの雨が降りそうなので、芝生のきのこをもう1度探してみました。
やっぱりまだありました。 一つは「ハラタケ」でしたがもう一つは名前がよく分かりません。
昨日の名前不詳と合わせてどなたか分かりますか?(最初の写真)

名前不詳

ハラタケ(たぶん)

ハラタケ


ハラタケ

ハラタケ

ハラタケ

【子宝草】
子宝に恵まれ過ぎて大変です。
ベンケイソウ科カランコエ属で通称「カランコエ」、もっと分かりやすい呼び名を「子宝草」
といいます。
我が家のベランダになん株もの子宝草があります。
葉の縁に沢山の子が並んで付き、その子を土に乗せるだけで簡単に増えます。
自然に落下したものがそのまま鉢の中やプランターで育っています。

子宝草1

子宝草2

子宝草3

面白い増え方をする植物ですが、子宝に恵まれ過ぎて大変です。

【かわせみ日記】135(8.24)北のファミリーは今
毎日東のフィールド情報がメインとなっていますが、かわせみ日記の始まりとなった北の
フィールドは、東へ向かう道筋なので毎日しばらく覗いてから東へ向かいます。
今日(24日)も東の角の茂みを覗いたら、「久し振り!」とこちらを見ています。

北の茂みで1

北の茂みで2

北の茂みで3

「久し振り!」とは言ったけど少し若いような気もします。
この後もう一羽、合計二羽いることが分かりました。

榎の枝にも

茂みへ移動

北の茂みで


網の上で(午後)

網の上で(午後)

網の上で(午後)

二羽同時は、7月29日以来です。 また続けて見られるんでしょうか?

東の出会いは今日も南のコーナーからです。

南コーナー1

南コーナー2

南の柳


茂みへ移動

茂みの中で

第二センダンへ


センダンへ

センダンで

センダンで

気になる北の様子を見るために、早めに東を切り上げました。
北にはやはり茂みの上の榎に姿がありました。

北の榎で

対岸の榎へ

対岸の榎で

まだ、北の父ちゃんと母ちゃんなのかは確定できていません。
北でもまた楽しみが増えたようです。
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

気になるきのこ

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

堀の内公園は、野球場・競輪場・プール・テニスコートが移転や撤去され、広大な街中の
公園に生まれ変わりました。
そのほとんどに芝生が植えられていますが、今そこに気になるものが目立ちます。
何かの花か、ゴミのように白いものが点々とあります。
よく見ると、マッシュルームのような形をした「きのこ」です。
名前を「ホコリタケ」といって芝生によく生えるきのこの一種で食べられるそうです。
探して見ると、その他に2種類くらいのきのこがあちこちに生えています。
「シバフタケ」と一種類は名前がよく分かりません。

ホコリタケ

シバフタケ

名前不明?

こんなにきのこが生えるのはどこから菌が運ばれて来たのでしょうか?
また、管理に問題があるのでしょうか? だとしたら、駆除が必要なのでしょうか?
気になるきのこです。

ホコリタケ1

ホコリタケ2

ホコリタケ3


シバフタケ1

シバフタケ2

何タケ?

芝生にはえるきのこは50種類くらいあるそうですから、探せばまだあるかもしれません。
みなさん「きのこ狩り」してみませんか?

【かわせみ日記】134(8.23)今日は人見知り!
今日(23日)から28日まで、NHK松山放送局のアートギャラリーで開催されている
「ときめきの自然」瀬戸内写真塾展のご案内をいただいたので出かけました。
堀の内といえば、まずは面会を済ませてから、と東フィールドへ。
昼前の土砂降りと、前日たまった堀のゴミ掃除の関係からか、流れ込みやセンダンには姿が
無く、最初の面会は、いつもと違ったコーナーの石標でした。

石標上に居た!

下の石垣へ

コーナー柳へ

石垣に下りたので、餌獲りダイビング?それとも水浴び?と思ったが何もせず上の柳へ移動。
よく見ると、嘴に遠目でもわかる鱗が一つ付いている。

柳で休憩

内側から後へ

更に西の桜へ

内側から後へ回ったが、しばらくして休憩が終わったのか更に西の桜の木へ移動して行った。
写真展でゆっくりと写真を鑑賞して出ようとした時に「蛍さん」が来場し、再度写真展へ。
その後、蛍さんと共に東フィールドへ行くが、お気に入りのセンダン・第二センダンに姿が
無い。 今日一に出会ったコーナーへ外から行って見るが姿が無い。
しばらくすると、柳の木の横の桜の高い枝と思われる位置から中央付近へ飛び込みがあり、
茂みに飛び込んで行った。
茂みからの飛び込み(水浴び)が数度あり、ふと気が付くとコーナー石垣上に戻っている。

コーナー石垣で

羽繕い

抜け毛が落ちた

羽繕いをしばらくして、北の方へ飛んで行った。
北の流れ込みに着くと「スズメのお父さん」が居たが、「今日は全然姿が見えなかった」。
ここで蛍さんが帰っていったが、「スズメのお父さん」と立ち話中に、センダンに姿がある。
しかし、すぐに飛び立ってしまった。二人で「早やッ!」と言うくらいの滞在でした。
どうやら初対面の人には人見知り、いや鳥見知りをするようです。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

処暑

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今日は二十四節気のうちの処暑です。
暑さがやむ、の意味で朝夕の冷気が加わり涼風が感じられる頃とされています。
まだ昼間は暑い日が続きますが、朝夕は涼しい風が吹き渡わたり、気持ちのよい 時期です。
今年は、今日の昼前のように土砂降りになっても気温があまり下がりません。
今週末以降は広範囲で平年並みか平年を上回る暑さに戻るそうで、気温は相変わらず乱高下
気味になりそうです。
また、処暑の頃は二百十日や二百二十日と同じく台風の特異日ともされています。
元々暑さには強い熱帯アフリカ生まれのサーカスのキリン(マサイくん)は出番を終えて
涼しい顔をしてくつろいでいます。





【かわせみ日記】 133(8/22)晴れたら食べすぎちゃった。
昨日(8.21)は雨降りだったので、濁りも入り最小限の餌獲りでほとんどじっとしてしていました。
今日(8.22)は晴れて濁りが引いたので、嬉しくなって飛び込んだら少々食べすぎました。
おかげで休憩時間が長くなり、「おやっさん」に狙われてしまいました。
センダン食堂からもなかなか動きませんでした。

あ~あお腹いっぱい!

あまり動きたくないな!

だいぶ休憩したし


ここも飽きたし

流れ込みへ行こっ!

いけねぇ丸見え!

石垣の上を小刻みに流れ込みまできましたが・・・

もうちょっと動こっ!

移動はしたが

向こう岸へ行くか!

対岸の石垣もいつもより長くいましたが・・・

足場悪いなァ!

どこへ行こうか?

そうだ次は茂みだ!

茂みでも枝を替えながら休憩しています。

茂みの定位置

茂みの穴場

次はどこで休もうか?

第二センダンへ移動しましたが、居心地がいいのか30分近く居ました。
おやっさんの方が移動して、色々な方向から見てみました。

第二センダンへ

初めて下から

いつもの前から


坊ちゃん列車と

市内電車と

水面に電車が


電車と一緒に

相当休んじゃった!

最後は水浴び

最後はボートで水浴びと羽繕いをして居なくなりました。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

晴れたら秋の雲

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

昨日までの雨が上がり雲は大目ですが晴れてきました。
ぐるっと空を見渡すと、入道雲になりきれない積乱雲はありますが、夏雲は勢いが無く
なりつつあり、変わって上空には秋の雲が広がって来ました。

名残の夏雲1

名残の夏雲2

名残の夏雲3

秋の雲は、夏の雲よりも高い位置に発生し、上空の風で筋を引いたような形になります。
でも今夕からはまた雨が降り出しました。

秋の雲1

秋の雲2

秋の雲3


秋の雲4

秋の雲5

秋の雲6


【かわせみ日記】132(8.21)雨の日は省エネ休憩。
一日中雨模様です。
断続的に降ったり止んだりの状態です。
気温は幾分低めですが、雨具を着て出かけると蒸し暑く汗びっしょりとなりました。
前の晩からの降りで濁った水が流れ込んでおり、お堀も濁っています。
センダン食堂に様子見に現れて(母ちゃん?)も、ショーウィンドウが濁って中の陳列が
見えないのかそそくさと離れていきました。
こんな時は、じっとして体力を使わないのが一番と茂みで雨宿り兼休憩です。

センダン食堂様子見

雨が気になる

茂みの中で


向きを変えた

誰かが来た!

父ちゃんです

途中で気配を感じたのか、振り向いて小さな声で「ピッ!ピッ!」と鳴いた先を見ると、
父ちゃんが止まっています。
「もう少し休憩させて」と言ったのか言わないのか・・・ 父ちゃんはすぐに飛び去りました。
父ちゃんが飛び去ったあと茂みから飛び出しましたが対岸方向です。
南の歩道から探してみると、コーナーの柳で休んでいます。

行っちゃった!

柳に居ました!

柳の枝で

内側へ回り、後方から観察してみました。
あまり動きたがらずにじっと止まったままです。

後へ回ると

休憩中

しばらく居ようっと!

20分以上して柳の枝から出て行きました。
そしてフィールドには誰も居なくなりました。
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

今日は雨降り

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

昨夜遅くに雷を伴った雨が降り出し、今朝も雨雲が広がって雨が降っている。

西から北にかけての空模様


興居島も霞む

久万の台方向

総合公園

松山城

今日の降水確率は50~60%で一日中雨の予報で、おかげで幾分涼しい一日にとなりました。
堀の内公園のサーカスも今日は日曜日なのですが、お客さんも少ないようです。

抜け殻にも雫!

雨の赤テント

シマウマ出番です!


【かわせみ日記】131(8.20)
昨日(20日)は、孫達の帰省のスケジュール関係で行けなかったお盆の墓参りへ行きました。
野暮用予定のため6時までには帰宅と出かけましたが、5時には帰宅できたので、フィールドへ
出かける余裕ができました。
流れ込み近くに到着すると、「すずめのお父さん」が「そこに居ますよ!」と指差し。
流れ込みに近い石垣上に母ちゃんがいます。
餌を食べて、もう20分近く動いていないそうです。
少し南へ移動して、もう1度食事をして飛び去りました。

母ちゃんが居た!

少し移動

獲物見つけた!


ゲット丸呑み!

そろそろ休憩かな?

休憩に行こうっと!

休憩先の第二センダンで羽繕いをして長居の様子です。
まずは、コンデジで電車との記念撮影などです。

旧市内電車

新市内電車

センダン1

センダン2

センダン3

センダン4



第二センダンで

第二センダンで

第二センダンで


第二センダンで

第二センダンで

第二センダンで

午後6時前になると飛び立って行きました。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

この花は?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

さてこの花は何の花でしょう?

花アップ

花の右下に葉

ほぼ全形

正解:この花は「ハナオクラ」です。「トロロアオイ」とも呼びます。
   名前が示す通り「オクラ」の仲間です。(アオイ科トロロアオイ属)
オクラの花とそっくりですがオクラより数段大きく、大きいものは直径30cmにもなります。
実は小さくまずくて食べられません。 逆に花が食用になります。
この花の仲間(アオイ科)にはご存知の「ムクゲ」・「フヨウ」・「モミジアオイ」や
「ハイビスカス」(ともにアオイ科フヨウ属)があります。

ムクゲ

フヨウ

モミジアオイ

ハイビスカス

どの花も形やメシベ・オシベの格好がよく似ています。 同じ仲間だったんですね。

【かわせみ日記】130(8.19)少し違ったポイントから
今日(8月19日)の動きに合わせて、少し違った場所や角度から観察してみました。
まずは、午後の東で南のコーナーに母ちゃんを見つけました。

南コーナー

南コーナー

南コーナー

北の流れ込み近くの石垣では、若が食事と毛繕い後長い間休憩です。

若の食事

若毛繕い1

若毛繕い2

あまりにも同じ場所で動かないので、ツツジの隙間を探し背後から覗いてみました。

背後から1

背後から2

背後から3

満腹状態で体が重いのか動きそうにありません。
外回りで移動し、南のコーナーの母ちゃんの食事と、水浴びを観察しました。

ソレッ!飛び出し

獲物目がけて

ゲット!


石垣へ向かって!

石垣へ向かって!

石垣着地!


石垣着地!

水浴び

水浴び飛び上がり

水浴び3回後は、休憩のために茂みへ飛び込みました。
茂みの中へ入り、休憩状態の母ちゃんを観察してみました。

茂みの外から確認

定位置にいます

少し移動

以前の定位置は風で揺れるため、居心地の良い場所を求めて小刻みに移動しました。
最後に少し離れた太い枝で休憩し、やがて飛び出して行きました。

いい場所見つけた!

居心地いいよ!

そろそろ帰ろかな

その後のフィールドには、若も母ちゃんも居なくなりました。
若はねぐらへ、母ちゃんは山へ帰ったのでしょうか?

本日(20日)は、お盆にできなかった墓参りのため徳島へ行きました。
連続遭遇記録は130で途切れた! いえいえそんなことはありません。
帰宅後にしっかり会ってきましたよ。

未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

夏ネタ夏バテ?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今日もかわせみ日記からです。
というか、今日はかわせみ日記だけです。夏ネタが夏バテなんです。
16日同様に、昨日(18日)のかわせみ情報が蔵の中のままなので蔵出しです。
【かわせみ日記】129(8.18) 今日はほとんど動かず。
午前中の東フィールドは、内側歩道に公園管理の落ち葉清掃が入り、熊手やほうきで作業中
です。
センダンや柳は歩道に近いので、避難して姿はありません。
下の石垣には、歩道から見えない中間よりに1羽雄の姿が見えます。
落ち葉を集めて行ってしばらくした11時前になって、やっとセンダンへ移動しました。

内石垣に若?

父ちゃんでした

センダンで

夕方も、午前中の余韻なのか西の石垣上から動きません。
今日は初めて、榎の木の下の石垣近くまでそっと下りてみました。

父ちゃんが居ます

動かないので石垣まで

石垣上から

この後、少し南よりに移動したので榎の木まで行きましたがもうすでに姿はありませんでした。
北→西→南と回ってきた「スズメのお父さん」と出会いましたが「どこにもいなかった」との
情報です。
約1時間、二人で流れ込み付近で観察しましたが、姿を現しませんでした。
最近は、北の情報の記事がありません。
姿は見かけるのですが、近づいて観察をさせてくれません。
今日の帰りも、網の上で水浴びを目撃しましたが、対岸からカメラを構えたらすぐに移動
していきました。

北の親・網の上

北の親・網の上

南の楠の下へ

今日は、動きのほとんど無い一日でした。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

風が変わった?気のせい?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

数年前から「緑のカーテン」という言葉が聞かれるようになりましたが、福島原発事故を
受けて節電が叫ばれるようになり、人気が急上昇しています。
「緑のカーテン」とは、
アサガオやヘチマのように、ツルが伸びて何かに巻き付いて伸びる種類の植物(ツル性植物)
で作る自然のカーテンの事で、野菜が取れることもあり、今ゴーヤーが一番人気です。
その他、フウセンカズラ、きゅうり、キウイ、ひょうたんなどがあります。
人間様ばかりじゃない!ペットも暑い! で 犬小屋にも緑のカーテンを作ったお家も
ありました。

緑のカーテン犬小屋編

素材はゴーヤー

緑のカーテン犬小屋編

効果があって寝ているのかいつもは通りすがりに吠えるワンちゃんも静かです。
今日も新居浜では最高気温が36.6度で今年の記録更新です。
かわせみフィールドでは、ツクツクボウシの勢いが増し、赤トンボも出てきました。

赤トンボ1

赤トンボ2

赤トンボ3

魚達は、水温が1度に3度C変化すると死んでしまうそうですが、お堀ではそんなことは
無関係とばかりに、鯉やオイカワ(ショウハチ)、大きなブラックバスまで逞しく泳いでいます。


かわせみ好物オイカワ

誰が放流ブラックバス

この暑さももう少しで今年の夏も終わりです。
夕方にはちょっと涼しい風が通って行きました。

【かわせみ日記】128(8.17) 最近は移動(飛行)時にもあまり鳴きません。
まずは、コンデジで撮った今日のカワセミから紹介します。(16:9縦サイズ)

南の柳で1

南の柳で2

南の柳で3

センダンで1

センダンで2

センダンで3


午前
内側のポイントのどこにも姿がありません。
こんな時は、若頼みで茂みの裏から覗いて見ることにしました。
やはり、以前の低位置に姿が見えましたが、すぐに対岸へ飛んで行きました。
対岸ならここ と コーナーの柳へ行ってみるとやはり止まっていました。

茂みの若

柳で若

柳で若

しかし若といっても1人前、迂闊に近寄り過ぎたために対岸(南岸)へ移動してしまった。

対岸(南岸)の若

対岸(南岸)の若

対岸(南岸)の若

この後ちょっと目を離した隙にいなくなってしまった。
内側のどこにもいなかったことから、また茂みに帰ったのかもしれない。
午後
午後は、流れ込みの母ちゃんと東岸の若をご覧下さい。

母ちゃん流れ込み

小魚ゲット!

持ち上げて!


咥えて一呑み!

流れ込みへ寄る!

センダンへ飛び立ち

センダンに移った母ちゃんです。コンデジでも撮ってみました。(3枚目)

センダンの母ちゃん

センダンの母ちゃん

センダンで(コンデジ)

ここからは、東岸へやってきた若です。
場所変えをしてダイビングをし、小魚を咥えて西岸で一呑みしました。

東岸若

東岸若

場所変え飛び立ち


東岸若2

飛び込み飛び出し

ダイビング!

かわせみの頭上から狙えるのは、このフィールドだけかも知れません。
腕がよければ、ダイビングの水絡みも上から撮れるのでしょうが・・・




未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

夏はいつ終わるの?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今日の最高気温が新居浜で今夏最高の35度超を記録したという。
朝方の雨で、蒸し暑さも加わって今日も暑~い一日でした!
フィールドでは、ツクツクボウシが盛んに鳴きだし、東では5時前には日陰になって、
5時半頃には東の歩道まで木陰が延びるようになりました。
草花にも夏の終わりが感じられるのだが、いつまでこの残暑は続くんでしょう。

クマゼミ抜け殻

抜け殻に抜け殻

ひまわり終了

ひまわりの花も終わり、実も熟れ始めています。
園芸用のひまわりは100種以上あるようですが、こちらは赤とオレンジのひまわりです。

赤いひまわり

赤いひまわり

オレンジひまわり



【かわせみ日記】127(8.16) 
いつもの時間帯と違う午後の早めの時間(2時過ぎ)に出かけてみました。
センダンの枝には見当たらないので、第二センダンを覗いてみました。
いつもとは少し違う場所に雄がいました。
しばらくして、流れ込み方向に飛んでいったのでそちらへ回ります。
内側の石垣が見渡せる場所に着くと父ちゃんがいます。
父ちゃんを観察していてふと見ると、センダンの下あたりの石垣にももう一羽姿が見えます。

第二センダン♂

父ちゃん石垣上で

二羽いる!

向こう側の一羽が東の石垣へ移動した。
父ちゃんは相変わらず石垣上で動きそうにないので、東の石垣を確認するために移動しました。

東の石垣

若のようです

飛び出し!

父ちゃんはまだ西の石垣上でいましたが、しばらくして東の石垣へ移動しました。

父ちゃん石垣

そろそろ行こか!

飛び出し!

東の歩道から見下ろすと、下の水中に小魚がいるのがよく見えます。
ダイビングをして父ちゃんはまたにしの石垣へ帰って行きました。

上から見ると

水中に小魚が!

西の石垣へ

その後の若は、茂みの方向へ移動して行きました。
茂みに入ってみると、以前の定位置→シュロ→南内コーナーへと移動して行きました。

以前の定位置

シュロから飛ぶ

コーナーで食事

流れ込みに帰った時には父ちゃんの姿は無く、センダン・第二センダンにも姿はありません。
コーナーまで行きましたが、若は南の石垣へ移動しています。
気が付くと、コーナーの柳に姿があります。
近づくと、これはこれは!母ちゃんです。

柳で母ちゃん

柳で母ちゃん

柳で母ちゃん

センダンまで帰ると、いつの間にか若が移動してきていました。
そして流れ込み近くの石垣でゴミ拾いをして暇つぶしです。

センダンで若

石垣で若

若のゴミ拾い(?)

今日(16日)の滞在は少し長かったのでよく移動しました。
水分補給は、市役所別館地下の自動販売機で、アクエリアス1本特価100円です!。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

かわせみ日記126

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今日はいきなりかわせみ日記です。
というのも、昨日(15日)のかわせみ情報が蔵の中のままなので蔵出しです。
【かわせみ日記】126(8.15) センダン食堂は大繁盛!
ご存知センダン食堂が繁盛する訳は・・・。
下の写真のように、この食堂は水面に張り出し、食材が眼下に大量に並んで選り取り見取り
です。 おまけに格好の椅子とテーブルがあり、いざというときの避難経路も整っています。

センダン食堂遠景

センダン食堂全景

椅子とテーブル

テーブルには、食事した跡(うろこ ○印)がたくさん残っています。
その他周りには、水上喫茶店(第二センダン・桜 )や、理容・美容院(柳)、保育園(茂み)、
大型スーパー(流れ込み)もあります。
8月15日 所用のため市内へ出かけました。行きも帰りもフィールド経由です。
行きは、第二センダンで休憩中の母ちゃんに出会いました。(食後のコーヒー?)

母ちゃん第二センダンで

母ちゃん第二センダン

母ちゃん第二センダン

やおら立ち上がり、センダン(食堂)へ向かいました。
センダンに着いた母ちゃんは、嘴にうろこをつけたまま次の食材を物色中です。
いつも母ちゃんは余り動きませんが、食欲は旺盛なようです。

センダン食堂で

食材物色中

食材物色中

このあとダイビングをして、対岸へ行きましたがすぐに食堂下の石垣へ戻りここで食事です。
所用の後の帰りは、流れ込みで父ちゃんを発見しましたが、食事は終わっているようです。
しばらくして、茂み近くのボートへ向かって飛んでいきました。
ボートの見える位置に移動すると、水浴びをしています。
よく見ると、二羽いるではありませんか! 母ちゃんも一緒? 遠くてわかりません。

父ちゃん流込みで

ボートで水浴び

茂みの若

ボートで父ちゃん

毛繕い後の一羽が珍しく茂みの中へ飛び込みました。
久し振りに茂みの中まで行くと、そこにいたのは若です。
父ちゃんは、ボートに揺られて休憩中でした。

未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

今月の月は惨敗

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今月の月、十四・十五・十六惨敗でした。
十四:ライトアップの松山城と月の出は、低い位置には雲があり、月が見えたのはかなり
   上がってから。
十五:これまた雲に覆われて、おまけににわか雨が降り雲の切れ間を走る月が見えたのは
   夜中の一瞬。
十六:今日も雲が多いので諦めていたが、ふと見ると「しまった!」すでに高く上がって
   きれいに見える。
変わり映えの無い月だけを並べてみました。

十四夜

十五夜

十六夜


【かわせみ日記】125・126
14日コンデジで撮った父ちゃん復活記念です。

センダン1

センダン2

センダン3

柳1

柳2

14日の夕方にもう1度東フィールドへ行ってみました。
センダンの枝に姿が見えるので直行です。
今度待っていたのは母ちゃんです。

センダンで母ちゃん

センダンで

食材物色中

母ちゃんは、ここからあんまり動きません。
それよりも、枝から下の食材(小魚)を物色中です。
よく見ると、嘴にうろこが付いています。
まだ満腹ではないようで、夜勤前にもう少し食べたいようです。

嘴に何かが

食材物色

嘴にやっぱり鱗が

このセンダンの枝は、水面に突き出ていて、どちらの方向にも飛び出せる格好の止まり木で
お家からも近いし、父ちゃん、母ちゃんの行きつけの食堂みたいなものです。
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

夜あるき

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

各家庭にクーラー・エアコンが無かった時代は、打ち水をして縁台を出して夕涼みという
光景があちこちに見られた。
香取線香や蚊帳が常備品の時代で、今は夕涼み風景など見かけなくなりました。
虫対策も、今は一吹き○○チョールか電気式○ープなどですね。
外出でも「どこでも○ープ」や虫除けグッズで、今年も随分とお世話になりました。
13日の夜も、「どこでも○ープ」と○○テクトで防備して夜の公園へ出かけました。

夜の赤テント

夜の公園から

松山城ライトアップ


天守閣と月
 
浮かぶ城
 
キリンも月見

旧7月14日の月


昨日紹介したベランダのバラは4輪(白2、オレンジ2)が開きました。
今のうちに写真に撮っておかないと、開ききったバラは見えないのです。

白バラ1

オレンジ1

白2

オレンジ2

オレンジ2は開きすぎて命拾いしました。
その他は、いつものように家内の鋏の餌食になり、シリカゲルの中に埋もれています。
(原色)ドライフラワーになって甦るのが我が家のバラの宿命です。

【かわせみ日記】(8.14)父ちゃん復活?
昼前の東フィールドの様子です。
到着時は、流れ込み、センダン、柳、第2センダン、桜、南排水口と見て回りましたが、
姿はありません。
流れ込みに戻って10分程して、鳴き声とともに外から飛んで来て一直線にセンダンへ
向かいました。
雄です。父ちゃんかい? だとしたらモヒカンからオールバックに整髪しています。
スーツの汚れなどからすると、昨日の若者とはちがうようです。

センダン到着

センダンで

センダンで


センダン飛び出し

やっぱり父ちゃん?

流れ込み飛び出し

よくよく見ると、そりこみだった部分が少し色が違うような・・・

第2センダン

センダン飛び出し

飛び出し茂みへ


茂みから柳の枝へ

柳の枝で

柳の枝で

母ちゃんの場合はあまり動かないが、父ちゃんはよく動く。
今日の動き 外→センダン→流れ込み→第2センダン→茂み→柳 (茂みへは久し振り)
父ちゃん復活! か
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

秋はまだなの?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

昨日、発熱から復活した孫(6歳)は、ベーブレードを持って郊外のショッピングセンター
へ、帰って昼食もそこそこにサーカスへ、夜はくるりんと電車と大活躍。
そして、夜中には松本へと帰って行った。

夜のくるりん

夜のくるりん

十三夜の月


暦の上で立秋が過ぎたといっても、そんなに秋は見えるようにはやってこない。
今朝は全天雲ひとつ無い青空が広がっているが、暑さは収まりそうに無い!。

雲ひとつ無く


西にも

東にも

展望台もくっきり

人間様が「暑い!暑い!」と言っている中で、植物は健闘しています。
春過ぎに葉が枯れて落ちてしまい、あわや枯死かと思われたベランダの3本のバラが、
この暑さの中で花を咲かせ出しました。
嫁入りして来た黄色の花を咲かせる「孔雀サボテン」も新しい芽を何本も伸ばしています。

白いバラ

オレンジのバラ

孔雀サボテン


【かわせみ日記】(8.13)雷鳴っても行くときは行く!
暑さを避けて、午後に予定していたフィールド行きの身支度中に、雨が降り出した。
遠くで雷の音も聞こえる。ベランダから見ると南東方向は真っ黒でかなり降っていそう。
西の空は明るいので様子見の間に、太陽がチラチラと顔を見せて来た。
虹が見えるか!の期待で構えたが、隣のマンションの陰に少しだけ見えてすぐに消えた。
雨が止んだ頃合をみて出かけたのは5時も過ぎてから。
出遅れた感はあるものの行くときは行く!
北のフィールドで1羽発見! 後にいるサギと絡めてと欲張り過ぎて飛び立たれてしまった。
時間が無いので深追いせずに東フィールドへと急ぐ。
東の定位置センダンに着いたが、姿は無い。 柳、第2のセンダンと見て回るがいない。
北の流れ込み周辺にも姿は見当たらない! 
センダンを遠目で透かして見ると・・・ おお!いつの間に来たのか姿が見える。

北・撮影失敗の図

センダンに来た!

センダンで

夕食は終わったのか、入念に毛繕いを始めた。

上が気になるが

身だしなみ!

身だしなみ!

何かに驚いたように、急に飛び出して、対岸の石垣へ移動した。
後を追ってそっと歩道上から覗いてみる。
ここは、足場が悪いのか、いつも長居はしないでダイビングかまたは西側へ戻る。
今日もすぐに飛び出して、対岸の流れ込み付近へ移動した。

東の石垣上で

飛び出し気配

飛び出した!

流れ込みに着いて気がついた。どう見ても雄です。
例のモヒカン父ちゃんとは違うようです。(頭がきれいし、若そうに見える)

西の石垣1

西の石垣2

西の石垣3


西の石垣4

西の石垣5 鯉が!

西の石垣6


あんまり見るから

さいなら!飛び出し

再び東の石垣へ

そういえばあれ以来(8月7日ペア目撃)モヒカン父ちゃんの姿が見えない。
この若いのと争って負けたのか? だとしたら母ちゃんは?
ここのところ、暑さを避けて短時間の観察続きなので東の様子が良く分からない!
もう少し、細かく見る必要がありそうです。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

孫と居た日

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

孫(特に弟4歳)は松山へ来ると、必ず市内電車に乗りたいといいます。
1日1回は乗りたいらしい。
乗れなかった日は、「見るだけ!」といいながら近くの駅へ出かけます。
今日は、サーカスのチケット半券で「くるりん」(デパート屋上の大観覧車)に乗れること
から、行きも帰りも市内電車でお出かけです。もちろん全てに爺がお供です。

夜の駅で

電車の中から

坊ちゃん列車すれ違い

観覧車くるりんは最高部85mで、4人乗りのゴンドラ数32台が1週15分で回ります。
夜間は、コンピュータ制御のイルミネーションで春夏秋冬特長ある彩りがされます。
観覧車からは道後平野が360度眺められ、地上では味わえない景色が楽しめます。

松山城と夕日撮影方向

東方 中之川・銀天街

北・松山城方面


最高点・松山城

松山城遠景

南西・武道館・野球場


北西遠景・堀の内・和気

堀の内・赤テント

今日の赤テント

今日のサーカスは昨日の休演日・お盆時期でもあり、第一回目の開演1時間以上前から
入場待ちの行列がテントに溢れていました。

【かわせみ日記】(8.12)123は孫と一緒!
「くるりん」乗車後は「坊ちゃん列車」見物を釣り餌に、孫と東フィールドまで歩きました。
東では定位置のセンダンの枝に母ちゃんを発見、カメラを取り出しながら、孫に場所を教え
ると、さすがに今日はすぐ目についたらしく「葉っぱの無い木でしょっ!」と指差した。

センダンの枝で1

センダンの枝で2

孫にも見えた!

「ジイジのパソコンにあった鳥だ!」
あまりはしゃいだので、気配を感じて移動してしまった。「飛んじゃったよ!」
それでも、飛んだ方向から少し離れた大きなセンダンで発見しました。

第二のセンダンの枝で1

第二のセンダンの枝で2

第二のセンダンの枝で3

大体の方向を示して「探してご覧」 しばらくして「いたっ!ジイジあそこ!」

いたよ!

孫にも見えた!

第二のセンダンの枝で4


第二のセンダン5

第二のセンダン6

第二のセンダン7


第二のセンダン8

第二のセンダン9

 

連続123日目は、孫と一緒に記録更新日でした。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

立秋過ぎても

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

みなさん!残暑お見舞い申し上げます。
それにしても立秋を過ぎてからの方が暑さが厳しいですね!。
松本から帰省した息子が「日中の温度は変わらないけど、松山の方が暑い!自転車で通勤
しても汗をかかないけど、こっちは動いただけで汗をかく!」と言っています。
松本と松山の差は湿度の違いで、寒さも暑さも体感が随分違います。

今日は、サーカスの休息(休演)日です。
テント村も静かで人影も見えません。

赤テント裏

赤テントと松山城

赤テント表

昨日(10日)3歳の孫と二人で赤テントの中に入りました。(6歳の兄は発熱で留守番です)
場内撮影禁止ですから、画像はお届けできませんが、孫はもう1度行きたいと言っています。
ゾウやキリンやシマウマがどんな芸をするのか、またライオン(ホワイト4、通常4)は?と
興味深く見てきました。
団員は、演技者含め全員が効率よく動いていることにも感心しました。
テント内には、無数のロープがあり、演技に合わせて使い分け、上げ下げや撤収もスタッフ
と演技者が共同で動くし、切符切りの女性は着替えてレビューのダンサーになったりと
サーカス団は少数精鋭部隊だとの感想を持ちました。

今日から3日間「松山まつり」で、きょうは「野球サンバ」があります。
市民会館横の駐車場には、先導の山車に使う車両が勢ぞろいして準備に余念がありません。

まつり準備1

まつり準備2

まつり準備3

うだるような暑さがまだまだ続く堀の内公園で、涼しげな芝生への散水風景を見かけました。
太陽が高く、人工虹は見られませんでしたが、おかげで芝生も生き生きしています。

うだる天守閣

散水風景

天守閣まで届け


【かわせみ日記】
8月10日
サーカスの11時開演に余裕を持って出かけました。
運が良ければ、孫にもかわせみを見せてやろうとの魂胆がありました。
北のフィールドの木陰で一休みです。
孫がセミの抜け殻と、地上に出てきた跡の穴に夢中になっているとき、榎の高い枝に姿を
発見しました。
孫に「いいもの見せてやる!」と誘い、居場所を指差して教えている最中に気配を感じ、
鳴きながら飛び立ちました。
孫に「見えた!声が聞こえたでしょう。」と聞くと「わかんな~い!」の返事。
無理も無いが「せ~がなっ!」(せいが無い) でサーカス見物へ。
8月11日
孫達が「ベーブレード」(今風べーごま)に夢中になっている間にコンデジだけポケット
に入れてフィールドへ自転車で向かいました。(遭遇記録維持のため)
サーカス・まつり準備・散水を撮りながら東フィールドへ着いた時は11時半過ぎです。
運良くセンダンの枝に止まっていました。

センダンの枝でお待ち

センダンの枝で

柳へ移動

コンデジのため、近寄り過ぎたのか横の柳へ避難移動し、更に東岸の石垣へ移動していった。
東の歩道から見下ろして間もなくダイビングして小魚をゲットし、西の石垣上で餌打ちを
始めたが、さすがにコンデジでは物にできないのでやむなく退散することとしました。

東の石垣から

獲物を狙って

ダイビング

<連続遭遇記録 122日目> 
 

未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

長崎原爆忌

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今日8月9日は、1945年(昭和20年)8月6日の広島に続き、長崎に原子爆弾が投下された日
です。
昨年の2月に亡くなった母は当時、長崎の大村海軍病院で日赤徳島班の看護婦として働いて
いました。

大村海軍病院

無口な母でしたが、晩年になって当時の恐怖・悲惨さを時々話してくれました。
爆心地から直線で16.8kmの位置に病院はありましたが、閃光のあと爆風が届き病院の
窓ガラスが割れたこと。
長崎市内では収容しきれない被災者を病院のトラック等で搬送し手当てを行ったこと。
手当てといっても戦争末期のことで、資材も不足しがちだが、ほとんどがやけどの応急
手当てだったこと。
その後の患者の悲惨な状況等について語り「恐ろしかった、あれは地獄そのもの、2度と
あってはならん!」がいつもの結びでした。
(被爆者救護に携わっていたため「被爆者手帳」を持っていました。)
その後「大村海軍病院」の跡地には「国立病院長崎医療センター」ができ、2004年から
「独立行政法人国立病院機構長崎医療センター」の名称になっている。

【かわせみ日記】(8.9)北の親
北の親は最近警戒心が強く見かけてもすぐ飛び去ってしまう。
今日は孫達が帰省してくるので、あまり時間が取れそうにないことから一番近い北の対岸
へ行く。
網の上に姿を確認して歩道から面会を求めたが、気配があるのかすぐに移動してしまう。
移動先だと思われる北の内側へ回ると高い枝の上に止まっていた。
ただこれも、目が合ったとたんに再移動していったが、追い掛け回しになるので中止した。

網の上にいた!

高い枝に移動

高い枝(ここも定位置)


未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

立秋

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

残暑お見舞い申し上げます。
今日は暦の上で立秋です。
夏が終わり秋へ向かう季節の変わり目ですが、連日の暑さからまだまだの感があります。
地球温暖化の無かった頃の先人達は、季節の移り変わりを自然界の様子から判断して来た
と思います。
昨夜は、夏の風物詩「花火」を見に出かけました。
この花火、夏の終わりというより松山の「夏祭り」の始まりです。
高知の「よさこいまつり」、徳島の「阿波踊り」も今週始まります。
暦の上はそっちのけに、まだまだ暑い夏は続きそうです。

松山空港

カメラの放列

ANAモヒカンと花火

花火は、去年初めて孫達と見物に来た飛行場の南公園です。
道路寄りの前面はカメラの三脚がずらりと並んでいます。

花火1

花火2

花火3


花火4

花火5

花火6


花火7

花火8

花火9


花火10

花火11

花火12


【かわせみ日記】(8.8)ちょっとだけよ!
午後から所用で出かけ帰りが午後6時前となりました。
帰りに寄った東フィールドでは、運良くいつものセンダンにお母ちゃんを見つけました。
向こう向きで背中しか見えませんが、少し枝を移動して横顔が見える位置に来ました。
食事も、水浴びも終わったのか毛繕いをしています。

背中ではね・・・

母ちゃん身だしなみ

えっ!もうさよなら?

2011_08_08kawa.jpg 
 ←サムネイルをクリックして
  動画をご覧下さい。

未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

夏の終わり

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

連日の暑さやセミの大合唱が続いていますが、明日(8日)は暦の上で立秋です。
夏が終わり秋へ向かう季節の変わり目です。
「夏雲は岩の如く、秋雲は砂の如く」正岡子規
夏の雲は垂直に湧き上がるのが特徴で、代表格が「入道雲」です。
一方秋の雲は砂をすっと、刷毛で掃いたような水平方向の雲が特徴です。
「巻雲」(けんうん:すじ雲とも呼ばれます)で、雲の中で一番高いところにできる雲です。

雲1北

雲2上空

雲3南東


雲4西

雲5南上

雲6北

夏の雨は、入道雲の周辺でにわか雨的に降ることが多く、秋の雨は低気圧の接近に伴い
すじ雲が発生し、やがてしとしととした雨になることが多いようです。

【かわせみ日記】(8.7)今日もペアから始まりました。
昨日より早めに東フィールドに着いた。
やはりセンダンの枝に姿が見える。
枝の前についてみると、父ちゃん、母ちゃんが揃っています。
これで3日連続でペアと出会ったことになります。
タイミングがいいのか、三番子が失敗したためなのかまだわかりません。

ペアでいました

羽が傷んでいます

父ちゃん

この後、母ちゃんを見ていてカメラを振り戻すと、いつの間にか父ちゃんの姿がありません。
このあとフィールドに居る間、父ちゃんの姿は見かけませんでした。
母ちゃんは飛び立ち、少し離れた別の大きなセンダンの高い枝に移動しました。
このセンダンに止まっているのを見たのは初めてです。

母ちゃん

初めてのセンダン

セミが気になる

父ちゃんを探すために、北の流れ込みへ移動したとき、東の石垣へ向かって飛ぶ姿を見つけました。
上まで行って見ると、母ちゃんです。
この高い石垣から、一気に飛び込み獲物をゲットして対岸で食事を終えました。

東の石垣で

ここから振り向きざまに

獲物ゲットで食事中

食事が終わったので水浴びか?と思いきや、頭上のセンダンの枝に上がりました。

センダンの母ちゃん1

センダンの母ちゃん2

センダンの母ちゃん3


センダンの母ちゃん4

センダンの母ちゃん5

センダンの母ちゃん6

ここからは移動せずに止まったままです。構図を考える余裕ができました。
もうすぐ6時になる時間です。
すると、これでいつもの定位置での宿直待機の体勢になったのかな?

未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

広島原爆忌とおこり地蔵

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今日8月6日は、広島に原爆が投下されて66年目となります。
戦争の悲惨さ、原爆の恐怖を子供達に伝えようとして生まれた有名な物語と、漫画が
あります。
■漫画は『はだしのゲン』(原作:中沢啓治)で、原作者自身の原爆の被爆体験を元にした
 漫画でアニメ映画化もされました。
 原作者の中沢啓治さんは、ご自身の抗がん剤投与を目前にして、今年初めて平和式典に
 出席されました。
■物語は『おこりじぞう』(原作:山口勇子)で、小学校の教科書に載ったり絵本等になり
 広く多数の方に読まれました。
 物語といいながら、モデルのおじぞう様は実存するし、今は松山の龍仙院に安置されて
 います。
19年前に姪の子供の読書感想文用に作成し、昨年の夏どこを回ってきたのか私の手元に
DVDになって帰ってきた「おこりじぞうにあいました」のビデオ作品を再度紹介します。
原発事故が起こった今年、被災地の復興の早からんことと、戦争と平和利用という正反対
の利用目的ですが同じ『核』です。
電気の生産コストの高い安いだけの問題ではないことを考えさせられます。


龍仙院から松山市街

おこりじぞう

おこりじぞう

okorijizou.jpg
 ←サムネイルをクリックして
  動画「おこりじぞうにあいました」
  を再生してご覧下さい

【かわせみ日記】(8.6)今日もペアだよ!
いつも確実に出会える東へ足が向く。(もちろん途中の北にも目配りはするんですが)
きょうは少し早かった(午後4時過ぎ)が、センダンの枝に居るようです。
目の前のベンチに人影があるので、急いで直行。
枝に居たのは、珍しくお父ちゃん。
しばらくすると、またもやペンギンポーズになって鳴き出しました。
ふと見ると、下の枝に雌が小さ目の魚を咥えて止まっている。

父ちゃんです!

ペンギンポーズだ!

母ちゃんが小魚持って

母ちゃんが一気に呑み込んだのを見て、父ちゃんは流れ込みの方へ飛び立ちました。
流れ込みに戻ってみると。
父ちゃんが小刻みに場所を変えて、ご馳走の物色中です。
でも、やっぱり頭の毛だけは何か変ですね。

1ご馳走いるぞ

2あそこにも!

3これは近すぎる


4行こうか!

5隠れてしもた!

6やっぱり頭髪が


7上から見てみて

8横からも

9離れて見てて!


10後に来ないで!

11やっぱり気になる

12失礼します!



未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

ゾウさんテレビ出演?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今夕のNHK「いよ×イチ」の番組の中で「サーカスの裏舞台」というのがありました。
そのための撮影用でしょうか、場外のテントにゾウが2頭いました。
近くによっての撮影はできませんので、全体ゾウまでは撮れませんでした。

ゾウが場外テントに

赤テント正面付近

正面ゲート


【かわせみ日記】久し振りのペアショット(8.5)
東フィールドの母ちゃんは、いつもの定位置のセンダンの枝から下りて、流れ込みに近い
石垣の上で「父ちゃんまだかな?」の表情で待っています。

母ちゃん待機

もう来てるのかな?

父ちゃんまだかな?

母ちゃんの様子を観察中に、母ちゃんが嬉しそうに鳴き出しました。
見ると、いつの間に来たのか父ちゃんが到着しています。
それも今まで見たことの無いペンギンポーズで立っています。

父ちゃん到着

待たせたかな?

父ちゃんペンギン?

久し振りにペアショットになりました。
でも、父ちゃんのご自慢の頭がなんか変ですね。
巣穴を慌てて掘ったので、少々出入り口が小さかったのかな?
頻繁に出入りするうちに、頭の毛がだんだんと・・・ それともお年?(そんなバカな!)

ペアショット1

ペアショット2

母ちゃん


父ちゃん頭が!

あんまり見るから

飛んじゃった!

頭をじろじろ見られるから、母ちゃんと二人でセンダンの木の方へ逃げて行きました。
おや、まだ帰らないんですか?
センダンの枝でも父ちゃんはペンギンポーズで立っています。

父ちゃんが居た!

ペンギンポーズ!

ペンギンポーズ!

父ちゃんの居る枝に、下に居たと思われる母ちゃんが上がってきました。
「私の定位置よ!」と母ちゃん。 「ええから先に帰れッ!」と父ちゃんは柳の中へ
「一緒に帰ろうよ!」と呼びかけていますが、今日はまだまだ帰らない様子です。

どこに居るの!

もう帰ろうよ!

飛んじゃった!

おやっさんの方が先に帰っちゃうよ!

昨日大失敗のテスト機で再撮影

テスト機!

テスト機!

テスト機!

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

自然界は先取り傾向

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今日は、6月に亡くなった砥部の先輩宅へ。
新盆行事はお墓のある徳島で行うため、早めのお伺いです。
女性達の話の輪が延々続く中で、近くの散策に出かけました。
近くの川の橋の上から見ると、川筋の上空におびただしいトンボの群れが飛び交っています。
「アキアカネ」のように色は赤でなく黄色であることから、夏の終わりごろから群を成して
出現する「ウスバキトンボ」の群れのようです。
フィールドでは昨日からツクツクボウシが鳴き始めました。
自然界の動きは、人間の感覚より先取りで夏の終わりに向かっているようです。

ウスバキトンボ

トンボの群れ

トンボの群れ

太陽が沈む時間もだんだん早くなって来ています。
夏至(6月22日)日の入りが19:23で、43日目の今日は19:08でした。
たった15分ですが、日差しの関係で感覚的にはもっと早くなったように感じます。
夕焼けの始まりは、松山城が赤く照らされます。

夕日の松山城

西の空に沈む太陽が消えると、松山城は元にもどります。

陽が沈む

夕焼けが残った

夕焼け


【かわせみ日記】失敗編
夕方の1時間、テスト借用のカメラを持ってカワセミ確認へ勇んで出かけた。
40倍ズーム(35㎜換算で45.6mm~1824㎜)の簡単ビデオカメラのズーム倍率に惹かれた
のだが。
北のフィールドの網の上に姿を発見した。
対岸の西の歩道から、40倍で狙ってみる。なるほどでかい!。
ところが、ピントが合わない。(オートフォーカス)
手持ちでぶれる。(手ぶれ補正機能はあるが、甘い!)
フォーカスのマニュアル設定がややこしいので、急ぐ間に合わない。
結果はご覧のとおりさんざんです。

かわせみ1

かわせみ2

かわせみ3

おまけに画質設定が高画質設定ではなく、通常設定のため切り替え設定中に、飛び立って
しまった。
カワセミ遭遇記録は途絶えなかったが、消化不良となりました。
誰でも簡単に撮れるカメラは、マニュアル設定に機動性不足が隠されている。


未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

気分転換

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今日は少し前から予定していた気分転換日。
7月6日に有ったJA関係の総会でもらった「温泉無料利用券」の有効期限が8月6日まで
だったので、誕生日の今日利用することにしました。
午後から予定していた散髪に行き、そのまま温泉へ直行です。
ホテル附属の「ジャングル温泉と露天風呂」ですが、開場当初は物珍しさもあって、時々
入浴したことはありますが、普段は行くこともありませんでした。
平日の午後早い時間帯のため、入浴客はまばらで、露天風呂は貸切状態でした。

露天風呂

ホテルロビー

露天風呂からの眺め

サウナ・各種薬草湯でのんびりしたあと、再び露天風呂から眼下の渓流の大きな淀みを眺め
ていると、やはりムクムクと病気が頭を持ち上げてきました。

【かわせみ日記】(8.3)顔だけは見ないと
午後の予定を考えて、朝通勤ラッシュ後の北フィールドへ。
クマゼミの大合唱と、それを狙うカラスとムクドリの群れに「これじゃかわせみも落ち着け
ない!」とフィールド風景を撮影中に、水面すれすれに横切る姿を確認しました。
「顔」までは見えないまでも姿は確認できたので納得。

北フィールドの朝

東歩道から対岸

西の石垣(遠い)

温泉から帰り、時間は無いがとりあえず東へ。
外周りで流れ込み方面へ向かう途中で、対岸に1羽確認し流れ込みの上から見るが、中央
付近で距離がある。
少し移動してきたところでアップで捉えるが、デジタルズームのため荒い画となった。
帰りに念のためと思って寄った北の網の上に雄が止まっている。
きたの雄もハードな子育てで痩せています。

東雄デジタルズーム

北の雄

北の雄

今日は時間が遅かったために、交替完了後らしくフィールドに残っているのは雄だけで、
雌の姿は見ることができなかった。

今日の夕暮
遠くには雲があり、全天グラデーションは見えなかったが、久し振りにきれいな夕焼け
空をみることができました。

陽が沈む

日が沈む2

夕焼け



未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

にわか雨後

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

午後外出しようとしたが雲行きが怪しい。
すでに南や東の遠くは雨が降っているように見えます。
思案中にポツリ、ポツリ、ザー、ドシャでにわか雨が来ました。
外を見ると、もうすでに道路は水浸しで、車が水しぶきを上げて走っています。
雲は広いが、にわか雨のようなのでしばらく様子をみることにしました。

天守閣の背後に入道雲

天守閣の背後に入道雲

天守閣の背後に入道雲

雨があがったようなので、故障して時々元に戻らないトイレのフロータンクレバーを修理
するための部品をホームセンターへ、プリザーブドフラワー用の器(これは家内用)を100円
ショップへ買いに出かけました。
行きに目に付いていた、3箇所の「サルスベリ」をコンデジで撮りながらの帰宅。

淡いピンク1

淡いピンク2

濃い赤


ピンク1

ピンク2

雨で散った花びら

先程降った雨の雫を溜めたものや、散ってしまった花びら等三色のサルスベリをピックアップ
してみました。マクロを使いたい場面もありましたが、コンデジではここまでです。

【カワセミ日記】(8.2)今日の交替劇は早かった!
危うくカワセミ画像がボウズになるところでした。
買い物後にそそくさと出かけたフィールドですが、雨で濁りが入っています。
時間が早いのか、センダンの枝に姿がありません。
しばらく待ちましたが、また雨が降り出しました。
やむなくトイレ休憩を兼ねて雨宿りのために避難することにしました。
小降りになった頃合を見計らってセンダンの枝の見えるベンチへ戻りました。
すると下の石垣の方から鳴き合いをする声がしています。
急いで石垣の見える流れ込みの上に移動してみると番が居て言い合わせたように飛び立ち
ました。
向かいの石垣に止まるかと思いきや、2羽揃って山の方へ飛んで行ってしまいました。
「濡れたら体に悪いぞ!一緒に早く帰ろう!」と話し合ったかどうか?

定位置栴檀 濁りが

キリン

西口の網に

もう戻らないだろうと、定位置のセンダンの枝と濁った堀の水、サーカスのキリンを撮って
帰宅途中の西口北の網の上に姿が見えます。
こちら向きに止まっているようで、迂闊には近寄ることができません。
しばらく観察しましたが、背後を傘を差して通って行った通行人に気付いて飛び立ちました。

こちら向き

近寄れません

通行人に気付いて

これが無ければ今日で連続遭遇113日の内の数少ない「画像無し」の日になるところでした。
明日は、6○回の誕生日です。気分転換で散髪して、温泉旅行(?)に出かける予定です。
でもやっぱりかわせみの顔は見に行くんだろうなぁ。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

入道雲

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

夏の空にムクムクと盛り上がる入道雲は、正式には積乱雲といいます。
発生した強い上昇気流によって積雲からむくむくと成長して山のように立ち上ります。
雲の種類の中でも最大であり、最高部から最低部までの高さは1万メートルを超えることも
あります。
入道雲という呼び名の他には、雷雲(らいうん)と呼ばれることもあり、雲の内外で雷が発生
するのが特徴です。
航空機の飛行の妨げになることもしばしばで、飛行機に乗っているとき「積乱雲を避ける」
等のアナウンスを聞いたことがある方もいらっしゃると思います。
松山(道後平野)から見える入道雲は、東よりの方角か、南東寄りの方角が多く、北よりの
場合は遠くに見えることが多いようです。
これは、地形によることが大きく瀬戸内海や平野部で熱せられた空気の流れが南や東の山に
沿って強い上昇気流になるためと思われます。
城山より西の地域では、松山城の背後に沸きあがる入道雲が夏の景色の定番です。

天守閣の背後に入道雲

城山と入道雲

サーカス村からも

雲をよく見ると、湧き上がる様子や刻々と形を変えていく様が手に取るように分かるのも
この雲の特徴です。

【かわせみ日記】東のフィールドから(8.1)
センダンの枝に雌を発見しました。
この位置は、雌が雄との交替待機の場所になりつつあります。(北はパイプ)
しかし、よく見てやって下さい。
日陰のせいばかりではありません。
痩せてしまって「これがあのカワセミ?」と思えるほどに色艶がありません。

1交替待機中(雌)

2交替待機中(雌)

3交替待機中(雌)

雄が現れたのを見て、雄のそばへ飛んで行きました。

4交替待機中(雌)

雄が現れた

雄飛び立ち石垣へ

二羽が揃ったのが見える場所へ移動した直後に、引継ぎ完了か雌が飛び立ち、一旦東の石垣
に移動しましたがすぐに山の方へ飛んで行きました。

石垣上の雄

東の石垣上(雄)

東の石垣上(雄)

流れ込み上の石垣に移動した雄もかなり痩せています。
雌ほどではありませんが、心なしか色艶もあせています。
東の石垣に移動後に餌を確保し、西側で食事後また雌の後を追うように山の方へ飛んで
行きました。
痩せてぼろぼろになったかわせみを「ボロセミ」といって敬遠するカメラマンもいると聞き
ますが、あんまりだと思いませんか?
これからこの暑さの中で40日余り、寿命を縮めるような子育てを続けるかわせみです。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。