気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

今日のコンデジ散歩

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今日の松本地方、降水確率70%のため近場のコンデジ散歩で目に付いたものを拾ってみた。
風も強く、アキアカネの集団もどこかで休憩中とみえ姿もまばらです。
「ちょっと君たち時期間違えた?」と思える物を中心にアップしてみました。

紫陽花

紫陽花つぼみ

ムクゲ


ムクゲ

ムクゲ

朝顔とキバナコスモス


彼岸花

彼岸花

胡桃の木


シロシキブ

アキアカネ

ツバメの集団

梅雨時の紫陽花や真夏のムクゲ、朝顔、もう終わりの彼岸花、そのほかにもタンポポも
あちこちに咲いています。
そんな中で、アキアカネの群れが飛び、南へ帰る準備中と思われるツバメの集団にも会い
ました。体力をつけるためでしょう、忙しそうに低空で虫を獲っていました。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:9 | トラックバック:0 |

安曇野「おひさま」ロケ地巡り

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

NHK朝の連続ドラマ「おひさま」は今週で最終回を迎えます。
今安曇野は「おひさま」ブームで、主なロケ地は観光バスが停まりお客様が絶えません。
今日はその中で、「百白花」のある「大王ワサビ農場」と安曇野のわらぶき屋根と水車小屋
(最近では陽子一家がお弁当を広げていた場所)がある「国営アルプスあづみの公園」へ
コンデジ散歩に出かけました。
(ワサビ農場までは車、穂高駅前からはレンタサイクルです。)
自転車は、高低差133m片道約10㎞のほぼ直線です。所々写真を撮りながらのゆっくりサイク
リングです。(本当を言うと、だらだら登りのためゆっくりしか走れません。)
2箇所の「おひさま」ロケ地と道中の目についた様子を一挙にアップします。

安曇野富士(有明山2268m)

百白花(陽子の店)

百白花


百白花

百白花

百白花


百白花

万水(よろずい)川

水車小屋脇


彼岸花

道祖神

道祖神


水車小屋

水車小屋

万水(よろずい)川


流れとアキアカネ

りんご

赤蕎麦の花


赤蕎麦の花

赤蕎麦の花

安曇野富士(有明山2268m)


安曇野富士遠景

烏川橋付近で

ススキと蕎麦畑


蕎麦の花

蕎麦の実

水車小屋・茅葺民家


水車小屋・茅葺民家

道祖神・茅葺民家

陽が傾き


山陰に

遠景

蕎麦の実


あたりは蕎麦畑

蕎麦畑の向こうに

アキアカネの群れ逆光

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

コンデジ散歩とご当地かわせみ日記

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今朝の最低気温8.8度 またも大露です。
コンデジ散歩に出かけました。

常念岳

コスモスとアルプス

コスモスと常念岳


朝日の中で

芋の葉に露

露を含んで

昼前からは、松本城へでかけました。
北アルプスがきれいに見える日は、松本城から常念岳の左奥に「槍ヶ岳」が顔を覗かせる。
「おひさま」の安曇野風景に出てくる「有明山(安曇野富士)」も右に見える。

常念岳と槍ヶ岳

有明山

松本城


松本城堀

松本城

松本城


池の睡蓮に西日

街路樹ナナカマド

ナナカマド


ナナカマド

陽が沈んだ

陽が沈んだ

【ご当地かわせみ日記】松山城から離れ、松本城で
コンデジ散歩で松本城を訪れましたが、お城やアルプス以外の目的が・・・
事前に松本城のお堀にもかわせみがいることを調べてあったので、勝手の分からない場所で
会えるかどうかは分からないが、調べて見ることにしました。
お城を横目にまずは外堀と内堀の分岐点へ向かいました。
内堀のコーナーの石垣に三本の誰かが挿したと思われる止まり木らしき物がある。
「たぶんここだな!」と思いカメラを準備して見回して見るが姿は無い。
ふと足元の植え込みに目をやると「カワセミの観察場所」と張り紙があり確信を得た。
5分もして鳴き声がした。止まり木には姿が無い。よく見ると内側の高い石垣の竹やぶ前に
姿がある。
何とタイミングのよいお出まし挨拶です。

止まり木がある

生垣に表示

こんな表示


白鳥のあたり

左端に止まり木

一羽がやってきた

30分を過ぎてもそこから動かない。
内側の止まり木のある上へ回って対岸を見てみると雄のようです。
1時間ほどたって左方向へ飛んでいったが、行き先までは確認できない。
とりあえず飛び去った方向へ移動し、石垣を中心に探したが見つけられなかった。
元の場所に帰る途中で鳴き声が聞こえ、先ほどの石垣に姿が見えた。
小刻みに鳴くので、注意してみると少しはなれてもう一羽居る。
どうやら、雌を呼びに行ってきたようで、お客様に挨拶するように二羽でしきりにお辞儀
をするような動作をしている。
位置が変わったり小刻みな移動をして、またこの場を離れない。
どうやらここは、休憩場所のようで餌場や水浴び場ではないらしい。
2羽で飛び立ったあとしばらく待ったが帰ってきそうにないので、お城のまわりを一周し、
一時間ほどして帰っても姿が無い、外周道路へ帰った時下の堀を横切って行く声がした。
しばらくするとまた2羽で石垣の上に帰ってきた。
またここで長時間休憩モードに入った。ここのカワセミも午後4時頃になると、動きが活発
になってくるようです。

松本城・雄

松本城・雄

松本城・雄


松本城・雌

松本城・雄

松本城・雌


松本城・雄

雄・雌二羽います

松本城・雌


松本城・雄

松本城・雄

左雄・背中雌


松本城・雄

松本城・雄

松本城・雄


雄・飛び出し

松本城・雄別石垣

松本城・雄別石垣


未分類 | コメント:10 | トラックバック:0 |

開田高原(木曽馬)と奈良井宿(おひさまの世界)

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

9月26日 24日の運動会の振り替え休日で孫たちとお出かけしました。
当初の目的は、木曽森林鉄道が保存されている長野県木曽郡上松(あげまつ)町の「赤沢
森林鉄道」でしたが、途中道路の落石のため中止して「開田高原」へ向かいました。
開田高原は、御嶽山(おんたけさん)の東山麓に広がる標高千百~千三百の高原で、真夏でも
平均気温が18度程度といわれています。
四季を通じて、被写体も多くカメラマンも数多く集まる高原です。
貴重な日本の在来種の一つである「木曽馬」と蕎麦のふるさとです。
今日は「木曽馬の里」で、放牧風景と孫の「乗馬体験」を楽しみました。

木曽馬

白樺林に放牧馬

ノコンギク


ヨメナ

孫の乗馬体験

木曽馬放牧地


木曽馬・ぽっちゃりして

人なつっこい

すすき最盛期


御嶽山が現れた

御岳山剣が峰

蕎麦畑(花があれば)


蕎麦の実

新蕎麦いただきました

ホソバノヤマハハコ

帰りは奈良井川沿いにある、中仙道・木曽路の「奈良井宿」へ立ち寄りました。
ここは、今週で最終回を迎えるNHK朝の連続テレビドラマ「おひさま」の至る所で出て
きた安曇野や松本の町並みロケ地です。
陽子・真知子・育子が女学生時代の映像には必ず登場した街並みはここで撮影されました。
学校帰りに目を盗んで通った飴屋の「村上堂」はここの中村邸(資料館)が使われました。

奈良井宿(塩尻市)

奈良井宿

中村邸(資料館)

街並みは安曇野の街並みとして、時には松本の街並みとして撮影されました。
旧中仙道・木曽路の宿場町として馬籠(まごめ)・妻籠(つまご)とともに街並み保存され
タイムスリップしたような落ち着きで現代に引き継がれています。
じっくりと街並みを味わっていただけたらとアップしました。

玄関脇に写真が

奈良井宿家並み

奈良井宿家並み


鍵の手付近

振り返れば

家並みまだまだ続く


奈良井宿

奈良井宿

奈良井宿


再度振り返り

この画もよく見る景色

奈良井川にかかる木曽の大橋

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

次回予告(宿題)

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今日は、ある場所2箇所へ行ってきました。
持参したノートパソコンの処理能力の関係から、記事整理に手間取っています。
そのため記事は次回(明日)アップ予定ですが、それまで皆さんに宿題です。
ヒントの写真3枚からどこへ行ったか、特に3枚目の建物は何かを推理してみてください。

馬です

植物の実です

建物です

ヒント:松本市から南の方向です。
未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

コンデジ散歩(Ⅱ)

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今日は、散歩の途中に見かけた物を思いつくままにアップしてみました。
四国ではあまり見かけないのですが、寒さに強いために家の生垣などとしてよく見かけ
ます。ちょうど今頃は赤い実が緑の葉とコントラストよく目立ちます。
名前を「イチイ」と呼びますが、仁徳天皇の時代では高官(正一位)の用いる笏を造るのに
この木が使われ、和名のイチイ(一位)はこれに由来するという説もあるそうです。

イチイの実

実が多い木

イチイの生垣

ちょっと散歩がてらに歩いてみると、春・夏・秋色々な季節が混ざったような草花を見る
ことができます。そんな草花をランダムに。

?

コスモス

背景アルプスは雲の中


栗の実

山椒の実

山椒の実


りんご黄林?

キバナコスモス

エノコログサ


りんごフジ?

りんごフジ?

アキアカネ


ハナオクラ

アキアカネ

タンポポ

未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

今朝のコンデジ散歩

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今朝の最低気温は6.1℃で、10月中旬並のの温度だそうです。
急激な冷え込みになったため、日の出直後には草花にたくさんの露が付いてまるで霜が
おりたようでした。

朝日に照らされて

斜光コスモス

エノコログサ


朝日

コスモスに露

エノコログサ

久々の早朝散歩でした。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

空撮松山→セントレア

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

松山空港から中部国際空港(セントレア)までの空の旅で、撮影可能なのは30分強です。
飛び上がって最初に撮影できるのは川内上空あたりからです。
航路は、松山空港→高知上空→室戸岬上空→紀伊半島南部を越えて伊勢湾を北上します。
所々の目ぼしい場所を空撮してみました。
紀伊半島上空から見ると、日置川・熊野川はまだ濁りがひどく、山は至る所に土砂崩れの
傷跡が見えます。

DHC-8(Q300)

川内町上空

西条市(旧東予・丹原)


南国IC・南国市

雲との境に剣山

海部川と海陽町(徳島)


牟岐大島・蒲生田岬

阿南市・蒲生田岬

白浜が見える


紀伊白浜

白浜・紀伊田辺市

紀伊半島・日置川


日置川上流合川ダム

那智勝浦上空

中央道・内津峠SAで


松本着

陽が沈む

アルプスに陽が落ちた

ということで、長野県松本市までやってまいりました。

未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

台風一過秋風が

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

台風一過、朝方は寒さを感じて目が覚めました。
日中もひんやりとした風が吹き、青空には秋の雲が風に流れて筋状になっています。

天高く秋の雲

秋の雲

キリン君またね!

フィールドの状況を見て廻ると、泥の濁りは西入り口まで達しています。
東は流れ込みがあるので、笹濁り状態になってきました。
東の状況をコンデジで撮影している時に、第二センダンで一羽を発見しコンデジで撮影。

流れ込みから南方

東コーナーから南方

第二センダンに居た

東フィールドは運悪く(?)土手のツツジの植え込み内の雑草除去掃除が行われており、5名程
が作業をしています。
おまけに水面のゴミ掃除がボートを使って始まりました。
こんな時かわせみは、水辺を避けて避難してしまいます。
流れ込みに帰ると、うまく退避しながら石垣の中間辺りに一羽が来ています。
あちこち退避してお腹が空いているのでしょう、笹濁り状態でも上手に餌を見つけて飛び
込みをして食事にありついています。

水面凝視

いたぞっ!あそこだ!

行くぞ!ソレッ!


それっ!

ゲット!

いただきま~す!

食事のあとは、体に付いた鱗や血を洗い落とすために水浴びは欠かせません。
何回も水浴びした後は、丁寧に羽繕いをして休憩します。
距離があり、水面反射で逆光と条件は悪いのですが・・・

食後の水浴び

食後の水浴び

食後の水浴び

ボートでのゴミ掃除で茂みを飛び出した一羽が、足場の安定しない東の石垣に避難して
次の逃げ場をうかがっています。

東歩道下の石垣で

足場が悪いし

次はどこ行こうか?

岸のツツジの植え込みの掃除と、ボートでのゴミ掃除に追われていつもと違う場所に退避
して様子をうかがっているところを注意深く探して撮影です。

梅の枝で

桜の枝で

梅に葉隠れ

茂みの奥深く

ツツジの植え込みの雑草除去が南側の1/3位まで進んでいるため、前を通って西方向へは
退避できず、水面はボートでゴミ掃除のため東フィールド内であっちへこっちへウロウロ
して落ち着いて休む暇がなく、おやっさんも落ち着いて撮影ができませんでした。
明日からは10日間フィールド巡回に来られません。10日間元気でなッ!

注意:9月26日~9月28日の毎日、午前5時から午前8時まで堀の内の樹木の消毒作業が
   あります。消毒液が飛び散りますのでご注意下さい。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

堀の内からやがて赤が

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

散々迷走した台風15号(ロウキー)は、偏西風を掴んだようで、少しづつ東寄りに進路
を変え速度を速めて遠ざかって行きました。
とはいえ、浜松市付近に上陸し列島を東北地方に向かって進んでいます。
進行方向に当たる地域、とりわけ震災被災地の皆様に更なる被害の無き事を祈って止みま
せん。 くれぐれもご注意下さい。
東フィールドの彼岸花はこの台風に耐えてほとんどが咲きました。
これからは枯れて行きそうなので三度登場願いました。

彼岸花1

彼岸花2

彼岸花3


7月30日から公演されてきた木の下大サーカスも今日を含めてあと1週間です。
今日の午後の部が終了した後、記念撮影したゾウが引き上げて行きます。
キリンも松山での残りわずかを惜しむように帰っていくお客様に首を振っています。
赤テントの夜を彩っていたイルミネーションの撤去が団員によって行われていました。

ゾウが帰る

キリンのマサイ君

キリンのマサイ君


イルミ撤去開始1

イルミ撤去開始2

イルミ撤去開始3


【かわせみ日記】9.21 台風無事通過でかわせみ元気
さすがに昨日の台風による雨と風ではフィールドに出られません。
出たとしても、カワセミたちは茂みの奥深いところで風雨をしのいでいたでしょうから、
姿確認はできなかったものと思います。
一枚目は北フィールドです。
石垣の中間くらいに姿が見えますが、これでも気配を感じると飛び去りました。
一昨日のことを考えると、若ではなく親鳥なのかもしれません。

北の石垣上で

東の茂み

東の茂み

東のフィールドの流れ込みは濁りが治まっていますが、東堀は泥で濁ったままです。
濁りは、南の入り口近くまであります。
おまけに、内側のツツジの植え込みの間の雑草を取り除く清掃中です。
こんな時かわせみ達は高い枝や、茂みに避難中です。
茂みを覗くと、やはり一羽が居ます。ちょっと暗いので確認が難しいのですが、マドンナ
のようです。
少し近付いてみました。

マドンナか?

マドンナか?

マドンナか?

対岸が清掃中のため飛立つ気配が見られないので、南入り口の柳へ向かいます。
柳では一羽、いつもの雌が休憩していました。

南入り口柳で

南入り口柳で

南入り口柳で

やがて飛立った方向は西方向で、どうやら土手の内側へ行ったようです。
その後は外側歩道経由で北フィールドまで帰りましたが姿の確認無しで本日終了です。
未分類 | コメント:7 | トラックバック:0 |

彼岸花雑記

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

♪赤い花なら 曼珠沙華 阿蘭陀屋敷に 雨が降る・・・♪
「長崎物語」のように今日も雨が降っています。
あちこちのブログでも一斉に咲き出した彼岸花ですが、雨上がりが似合う花でもあります。
しかし、雨に弱い花でもあり、この雨で今咲いている花のほとんどが傷んでしまいそうです。
群生地では、きれいな花と傷んだ花が混じり画が創りにくくなってしまいます。
今年は雨前の撮影を逸したので、昨年のコンデジで撮った写真とそのスライドショーを
引っ張り出してみました。

彼岸花1

彼岸花2

彼岸花3

彼岸花4


彼岸花赤

彼岸花ピンク

彼岸花白


higanbana.jpg ←サムネイルをクリックしてください。
 コンデジ写真のスライドショーです。
 撮影:2010年9月28日
 場所:松山市窪野町 一遍上人閑室跡前

【彼岸花雑学】
一般的には真っ赤な花を思い浮かべるが、上の写真のように「白」「ピンク」また「黄色」もあります。 開花終了の後、晩秋に長さ30 - 50cmの細い葉を出します。
葉は冬中は姿が見られるが、翌春になると枯れてしまい、秋が近づくまで地表には何も生えてきません。
つまり開花期には葉がなく、葉があるときは花がない。
韓国では花と葉が同時に出ることはないから「葉は花を思い、花は葉を思う」という意味で「相思花」と呼ぶことが多い。
畦や墓地周辺に多く見られるのは、アルカロイドという強い毒性を持つため、モグラ、鼠、その他の動物から穀物や死体を守るため植えたといわれています。
別名の曼珠沙華は、マンジュシャゲ、またはマンジュシャカと読みます。
これはサンスクリット語の「manjusaka」を仏典記載時に音を漢字に当てたもの。
ちなみに、山口百恵の「曼珠沙華」は後者、マンジュシャカと歌う。
おまけ:森昌子は彼岸花で「♪彼岸花咲けば 秋深く~」と歌います。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

北の若・東の若

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

台風15号(ロウキー)の迷走のおかげで(?)きょうも午前中は晴れ間が広がった。
午後一番も雲が広がってきたが、夕方からは雨予報なのでフィールド巡回に出かけました。
あちこちのブログを彼岸花が飾っていますが、お堀の土手にも随分目立ってきました。
群生ではなく、1本2本と咲いているのですが、今の時期それなりに存在感があります。
ヤブラン(これは植栽したものと、群生)も目立っています。

彼岸花にクロアゲハ

彼岸花

彼岸花 水滴欲しい!

お堀の外周に建っている御影石の石柱に街中では珍しい「ゴマダラチョウ」が1頭下向きに
止まっています。
お堀を飛び越えてきたのでしょうが、木と間違えたのでしょうか?。

彼岸花

ゴマダラチョウ

ゴマダラチョウ


【かわせみ日記】9.19 今日はせがまれて北の若と東の若
かわせみたちはおやっさんのブログを見ているのでしょうか?
(そんな訳無いよ!は陰の声ですが)
最近は東フィールドの情報と、東のニューフェースとなったニューマドンナのアップが多い
のとフィールド巡回を暫く休むという記事に、それを見た若達からのご要望がありました。
まず北の若ですが、いつものように東フィールドに向かう前の北フィールドです。
茂みや高い木の枝を見てみましたが姿がありません。
すると、どこに居たのか1羽が飛んできて、足元のツツジの植え込みの向こうに降りました。
石垣が見渡せる場所に移動すると、目の前のパイプに移動してきました。
「最近ここの記事が少ないけど、ボクも紹介してよ!」

北の若です

モデル気取りです

決めポーズも

滑りそうなパイプから二度小刻みに移動して、最後には足元2~3mまで寄って来ました。
20分近くその場所にいて今度は西角コーナーで呼んでいます。
これも3~4m程の距離からの撮影です。
これだけ頼まれれば紹介しないわけにはいきません。
↓動画で紹介しますので、距離感と近くで観察している気分を味わってください。
kitanowaka1.jpg いつもは警戒心バリバリで気配を感じるとすぐに
 逃げてしまうのですが、今日は若の方から近付いて来ました。
 やっぱりブログを見ているの?
 そんな訳無いよね!

こちらは、東フィールドの若です。
こちらも最近ニューマドンナばかりアップ写真がブログに載るので面白くないらしい。
ニューマドンナが止まる場所でお出迎えです。
移動はしても同じようにアップが撮れる場所ばかりです。
そこまですれば、紹介してやらねばと・・・

南歩道下排水口網

南歩道下排水口網

南歩道下排水口網


排水口ボルトで

南歩道下土管

南歩道下土管


再び土管へ

網付き排水口

網付き排水口

今日のアップでの画像は全部載せちゃったよ!
東の若君どう?満足した?。

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

台風迷走中 フィールドでは

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

迷走の台風15号(ロウキー)はぐるりと円を描き、南下しだしました。
その影響なのか朝から晴れ間が広がりました。
しかし、午後には雨も予想されるため午前中にフィールドへでかけました。
昨日雨の中で咲いた彼岸花にはまだ水滴が残り、雨宿り(?)をしていたバッタ(オンブ
バッタ?)も滞在中です。 新しい花も咲き始めました。

バッタもまだいた

新しい花が

彼岸花


【かわせみ日記】9.18 今日は活発です!
東フィールドの南コーナーの柳に姿が見え、食事後の水浴びが終わったのか、羽繕中です。

柳で羽繕い中

まだ濡れています

後へ廻りました

柳の内側まで行き観察しましたが、飛立って行きました。
内側遊歩道を通り、南入り口の柳まで行くと定番の枝に姿がありました。 
雄ですが、これも飛立ち西方向へ移動して行きました。
再度、時々石垣上を覗きながら、南歩道を通り東へ向かいます。
途中のこれも定番の土管上に姿があるためそっと近付きました。
ニューマドンナです。時々「ピピピピッ!」と呼ぶように鳴いています。
対岸の柳をみると雄の姿が見えます。

南入り口柳で

土管にニューマドンナ

柳に雄の姿

土管から網のある排水口に移動してまだ鳴いています。
やがて、柳の木の横の桜の枝へ移動して行きました。

排水口の網の上で

桜の枝の中

桜の枝(バックは県庁)

やがてマドンナは茂みへ、雄(若)は南の土管へ移動しました。

桜の枝で

南歩道下石垣(雄)

茂みの中マドンナ

帰宅途中の北フィールドでは、対岸の石垣上に姿を確認しましたがそのまま帰宅しました。

【予告】9月23日~10月2日 フィールド巡回を休みます。
    どなたか巡回してみませんか?

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

この雨いつまで?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
台風15号(ロウキー)が迷走しています。
台風は、自分では動けないため偏西風頼みなのですが、太平洋高気圧が台風16号
(ソンカー)の影響で張り出してこず、大陸高気圧が停滞しているので行き場を失っている
のです。 その影響で昨日から降り出した雨がまだ続きそうです。
昨日の雨でフィールド巡回は中止しましたが、今日の午後はビデオクラブの例会のために
午前中思い切って雨具で身を固め、様子見だけと出かけてみました。
東のお堀は、流れ込みからの泥濁りの水で濁っています。
雨宿り想定の東の茂みを覗くと、1羽がすぐ目に止まりました。
暗くて雨の中なのでピントが合わせ辛いのですが、どうやらニューマドンナのようです。
奥まったシュロの影で声が聞こえますが姿は確認できません。

茂みの中で雨宿り

茂みの中で雨宿り

茂みの中で雨宿り

撮影できたのはこの一羽だけです。
フィールド全体では、ここの他に西角の土手の内側の大きな茂みで二羽(?)の鳴き声は確認
できました。
東の茂みの中を覗く前に、茂み手前の土手に一昨日スタンバイしていた彼岸花が開花して
いるのが目に止まりました。
今咲いた花は、この雨で傷みが早いので一番花を早速撮ってみました。

彼岸花1

彼岸花2

彼岸花3


彼岸花4

彼岸花5

キリン 雨の中で

帰りのサーカス村ではキリンの「マサイ」君が雨のシャワーを浴びながら餌を食べていました。
未分類 | コメント:9 | トラックバック:0 |

かわせみ日記9.15

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

【かわせみ日記】9.15 今日も居ましたニューマドンナ!
今日(9月15日)は午後4時過ぎにフィールドへ向かいました。
最近の東フィールドの午後は、南の石垣上や土管、排水口にいることが多いので、所々で
手摺の上から石垣上を透かしながら茂みの方へ向かいます。
居ました! 向きを確かめて背後になるようにやり過ごしてから手摺上から撮影です。
場所移動を少ししてから排水口へ移動しました。

南歩道下石垣

場所移動

南歩道下石垣


南歩道下石垣

排水口上へ移動

排水口を上から

排水口まで移動して、餌獲り場所を変えるためか流れ込み方向へ飛び去った。
茂みの中を覗こうと入り口まで行き、入り口近くの枝を注意深く探す。
昨日ニューマドンナがいた場所でやはりニューマドンナを見つけた。

ニューマドンナ

ニューマドンナ

ニューマドンナ

流れ込みに着いて石垣上を探すと、センダンの下の石垣に姿が見えます。
50m以上あるために若かお父ちゃんの区別が付きません。
(最近は若も成鳥に近づき足も色付いてきています。)
背後まで近付きましたが、ツツジの向こうで確認困難です。
そのうちに対岸の東歩道下の石垣へ移動し止まろうとしましたが、歩道に通行人の姿を見て
方向を変えて南の方向へ飛び去りました

石垣上センダンの下

背後からツツジの中

南歩道の対岸(内)

今日の接近はこれまでと、外回りで帰宅することにしました。
南の歩道から見ると対岸に、移動してきたと思われる姿を発見しました。
少し西側に移動したところ、鳴き合いの声が
見ると先客ありでもう一羽います。
二羽並んで初めて確認できたのは、北の流れ込みから移動してきたのが若で、先客が
お父ちゃんでした。
二羽並んだ右が若、左お父ちゃんです。(皆さん、区別分かりますか?)

南歩道対岸先客

二羽並び(左親右若)

北フィールドで

帰りの北で、珍しく石垣上にいるのを確認しました。(最後の写真)
水浴び準備中のようです。

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

今宵の月とかわせみ日記

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

【今夜の月】9月15日(旧暦8月18日) 月齢17.0 月の出19:26(松山) 方位73.8°
方位によっての月の出観測ポイント検証のために近くのスーパーの屋上駐車場へ上がる。
月の出時刻から約22分後に月の出る方向と位置が確認できました。
天守閣よりはかなり左下の位置です。
やはり雲があり、全体が見えたのはかなり高度が上がってからです。

月の出1

月の出2

月の出3


月の出4

月の出5

月の出6


【かわせみ日記】9.14 新顔さん定着か?
午後には観月会の編集打ち合わせ予定が入ると思い早めに出かけました。
南の柳の様子見に立寄ると、奥の方に姿がありました。
それも、二羽います。 上下に並んだところを撮影しましたが、細い柳の枝の大かぶりです。
一羽が外から見える位置に来ましたが、ピントを合わせる間も無く対岸へ移動して行きました。
対岸から、また柳の高い枝経由で中に戻ったために、東フィールドへ移動することに。

南柳の中に二羽居る!

南柳の中で二羽

雌が移動


南柳で雌

対岸へ移動

柳の高い枝で

東のフィールドへ向かう南の歩道下に1羽発見しましたが直ぐに対岸へ移動しました。
東の茂みを覗いて見ると1羽います。 向こう向きの枝かぶりでよく分かりません。
こちらを向きましたが、幼鳥のようですが雄雌はまだよく分かりません。

南の歩道下で

茂みの中で枝かぶり

こちら向きだが

目が合ったので手を振ってみたが飛び出そうとはしない。
思い切って大きな木を利用してそっと近づいてみた。
顔を上げた嘴に紅を引いたお嬢さんです。
最後に近くの枝に移動したのを含め、じっくり観察させてもらいました。

お嬢さんです

ニューマドンナ

ニューマドンナ


少しアップで

ドンとアップで

少し移動


移動先で

移動先で

茂みの外から

昨日出会った新顔は「ニューマドンナ」で、どうやらここに定着しそうな様子です。
茂み横の土手下のブロックで昨日会いましたが、そこには新しい糞跡がいくつも付きました。

かわせみ日記本日分(9.15)は明日掲載します。





未分類 | コメント:5 | トラックバック:0 |

十六夜の月は

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

昨日の夕日は雲がほとんど無い状態で久し振りにまん丸状態で沈んでいきました。
我が家の展望台からみると、興居島(ごごしま)と総合公園展望台のどちらもからまない
ただの夕日となってしまいました。

夕日1

夕日2

夕日3


夕日4

夕日5

夕日6

夕日が沈んだ後は、十六夜(いざよい)の月の出待ちです。
あれほど雲の無い空だったのが、太陽が沈むと上空の空気が急速に冷やされたのでしょうか
全面に雲があっというまに広がりました。
天守閣絡みを撮りたかったのですが諦めて、自宅展望台から眺めてみました。
やはり、月らしい姿が見えたのはかなり高度が上がってからでした。
それでも諦めずに撮ったものをアップしますが、見えたものではなくお恥ずかしい!
こちらが、雲があったら入りたい

天守閣と十六夜月

天守閣と十六夜月

天守閣と十六夜月


天守閣と十六夜月

天守閣と十六夜月

十六夜の月

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

【かわせみ日記】 (9.13)
観月会記事が先行したので、かわせみ日記は単独掲載です。
東の茂みを覗こうと、茂みの入り口まで来たとき、土手下のブロックから1羽飛び発ちました。
ここに居たのは初めてで、移動先まで行ってみると・・・
いつもの排水口より東の金網で覆った排水溝に止まっています。
エッ!東ではついぞや見かけなかった雌ではありませんか!新顔でしょうか?
それとも母ちゃんでしょうか?

雌だっ!新顔?

上から観察

歩道手すりの隙間から

母ちゃんにしては若そうに見える。
対岸の柳の木に移動していったが、やはり新顔なのかうまく柳に止まれず、南コーナーへ
軟着陸しました。

手摺の上から

南コーナーへ移動

背後から


少し横から

少し横から

茂みへ移動雌

茂みへ移動して行ったが、茂みの中でもここに居る2匹の雄達とは止まり方が違って逆向き。
コーナーへ移動して行く途中から鳴き合いの声が聞こえる。
移動先のコーナーには雄が居てしばらく2羽で休憩。
雄は飛立ち茂みへ入り、雌だけが残った。
茂みの雄は、いつも通りに定位置でこちら向きに止まっている。

コーナーで二羽

残った雌

茂みの中で雄

茂みから、東のコーナーへ移動して行った雄は、噴水が止まるのを待って、いざ水浴びかと
思いきや噴水を飛び越してボートまで移動していった。
どうやら、そこで水浴びのタイミングをまっているようです。

東コーナーで

ボートへ移動

ボート別場所から

ボートに止まったままで、なかなか水浴びを開始しそうにない。
ここで、時間切れ退散です。
今日現れた雌は、母ちゃん?台風後に一度だけ見かけた雌?先日確認した声だけの主?
これからも会うことができるのか?今日だけなのか?興味深々です。

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

観月会Ⅱ(篠笛演奏)舞台は最高!


月見お供え

抹茶セット(販売)

庭園のススキ


昨夜の「史跡庭園松山庚申庵」で行われた観月会をご紹介しましたが、やはり音入りで
雰囲気を味わっていただこうと動画をアップしました。
たぶん過去最高のお客様の来園があったと思います。
お客様に圧倒されて、夕方鳴いていた虫も静かになっていましたが、演奏が始まると鳴き
はじめ、自分達も合奏気分を味わっていたのかもしれません。
動画再生中によく耳を澄ませていただくと、その虫の音も楽しめます。
↓下のサムネールをクリックしてご覧下さい。
 一度は目を開けて、二回目は目を閉じて、お時間の許す限りお楽しみ下さい。
defaultCA3N2U7L.jpg
もう一曲追加します。
月は雲の中ですがオープニング2曲目の「浜千鳥」です。
月を頭に浮かべて聞いてみてください。
♪青い 月夜の 浜辺には ・・・♪
defaultCAT20LBH.jpg
未分類 | コメント:10 | トラックバック:0 |

観月会

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

日中の最高気温が32度、庭園に夏の花と秋の花が咲く松山市の史跡庭園「庚申庵(こうしん
あん)」で恒例の「観月会」があり撮影依頼で参加しました。
「月々に 月見る月は 多けれど 月見る月は この月の月」 今日は中秋の名月十五夜
です。 

芙蓉

桔梗

カタバミ



秋の七草


観月会のメインイベントは、「篠笛」・「箏・二十弦(21弦ある)」のコンサートです。

篠笛・二十弦

篠笛二連

月がわずかに


雲からでました

月をバックに

雲間に満月


篠笛で合唱

月に向かって

雲から抜けた

コンサート終了後に今宵の満月を撮影してみました。

月とススキ

ススキの間に

十五夜の月

「こういう月撮りも有りかな」と感じた今宵でした。

【かわせみ日記】 (9.12)
夕方のイベント撮影を控えているので、昼食後すぐにフィールド巡回へ向かいました。
北のフィールドの石垣に一羽いましたが、警戒心バリバリです。
移動していった高い枝の方では鳴き合いがありましたから二羽のようです。
東のフィールドは時間帯を考えて、(石垣を注意深く見ながら)茂みに直行です。

北の石垣で

東・茂みの中で1

東・茂みの中で2


東・茂みの中で3

東・茂みの中で4

東・茂みの中で5


東・茂みの中で6

東・茂みの中で7

東・茂みの中で8

東の茂みで確認できましたから、南歩道経由で帰宅しようとしたときに鳴き声がして、
二羽のカワセミが低空飛行で西の方向へ飛んで行きました。
かなり西方向まで目で追いましたが見失ってしまいました。
後のイベントを考えて今日はこのまま帰宅です。
未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

坂本龍馬脱藩の道

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

毎年9月の第二日曜日に、旧河辺村(現 愛媛県大洲市河辺)で行われるイベントに「わらじで
歩こう坂本龍馬脱藩の道」があります。
文久2年(1862年)3月24日土佐を脱藩した坂本龍馬が通ったとされる河辺内の、榎ヶ峠から
宿泊地の泉ヶ峠まで約15kmを約5時間かけて歩くというもの。
(龍馬は2時間ほどで駆け抜けたと言われ、脱藩の緊迫感と健脚がうかがえる。)
今年の開催は今日(9月11日)でしたが、ビデオクラブの役員会と鑑賞会のため行かれず、
昨年の様子をアップします。

出発・榎ヶ峠

国木→御幸橋

御幸橋


御幸橋(屋根付き)

御幸橋

封事ヶ峠→三杯谷


三杯谷の滝

三杯谷の滝

ススキと秋空


脱藩トマトの接待

泉ヶ峠(ゴール)

わらじ


昨年の模様は動画でもご覧いただけます。
↓サムネイルをクリックしてご覧下さい。
thumbnail.jpg  


【かわせみ日記】 (9.11)
朝から堀の内の放送局で、ビデオクラブの役員会と鑑賞会があったので出席しました。
フィールドとは目と鼻の先です。
昼食をとるため、向かいの美術館に向かう前に入り口の柳の木に様子を見に行きました。
ちょうどサーカスの午前の部が終了し、通行人が多い中ですが柳の木に姿がありました。
昼食後再度止まっていることを確認してカメラを取りに戻りました。
ちょうど親子連れ5人が橋の手すりから亀や鯉を見ています。
子供達に「いいもの見せてあげるからおいで」と話しかけて柳の木の近くまで行き、
教えてあげると親子五人で「きれい!ペンギンみたい!」「そっと見てね!」でしばらく
観察しました。 柳近くのベンチや通行人が多い中良くぞ待っていてくれました。
これは、当歳子の雌です。 たぶん、北の一番子だと思います。

南入り口柳で雌若鳥

南入り口柳で雌若鳥

南入り口柳で雌若鳥


南入り口柳で雌若鳥

南入り口柳で雌若鳥

南入り口柳で雌若鳥

鑑賞会の後片付けが5時前に終了したので、東フィールドへ向かいます。
流れ込みから石垣上を目で追っていると、「待っていました」とばかりに目の前に飛んできて
石垣に止まりましたが、すぐに東の歩道下の石垣に移動しました。

東歩道下石垣で若

東歩道下石垣で若

東歩道下石垣で若

歩道下の石垣から飛立ってはるか南へ飛び去りました。
南の歩道へ向かう前に茂みを覗いてみると、ここにも一羽休憩中です。

東歩道下石垣で若

茂みの中で休憩中

茂みの中で休憩中

南の歩道下の石垣方向へ移動して行きました。

南歩道下土管上で親

南歩道下土管上で親

対岸へ移動

対岸へ移動した親を追って内側へ廻り、背後からそっと撮影。
今度は、南の排水口の上へ移動して行きました。
再度南の歩道へ廻り、排水口の上にいた親を撮影して本日の観察終了です。

対岸背後から

南の排水口へ移動

南排水口上を上から


未分類 | コメント:9 | トラックバック:0 |

ちょっとコンデジ散歩

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

知人宅へ用があり出かけた午後に、知人宅の庭と周辺で拾ったコンデジ写真です。
庭先や、ちょっと歩いた周辺に「タマスダレ」が多数咲いていました。
畑の縁に列になって白い花が咲いており、一見して直ぐ分かる花と匂いでニラを見つけました。
一段高い所に建っているお宅の塀には大きな萩があり満開の花が垂れ下がっていました。

タマスダレ

ニラ

ハギ

この次期に散歩に出ると、立秋頃に咲く花と、夏の名残の花々を楽しむことが出来ます。
以前ブロ友Tさんのブログに登場した「フウセンカズラ」の実が熟してきました。

フウセンカズラの実

熟した実

黒レンジャーだ!

熟した風船を割って見ると、出てきました!白いハート型のマスクをした「黒レンジャー」が
3体転がり出てきました。
秘密戦隊ゴレンジャーのモモレンジャーがハートのマスクをしていました。
ゴレンジャーは現在のテレビ朝日系列で、1975年~1977年まで毎週土曜日のゴールデンタイ
ム(19時30分~20時)に84話放送されたヒーロー物です。
ちなみに、ゴレンジャーはアカ(赤)、アオ(青)、キ(黄)、ミド(緑)、モモ(桃)でした。

【かわせみ日記】 (9.10)
今日のかわせみは、少しアップ気味のものをピックアップしてお届けします。
撮影場所は、南入り口付近石垣・東フィールドの東歩道下・流れ込み付近石垣・南歩道下石
垣・茂み対岸・茂み・東コーナーです。

南入り口付近・雌です

東コーナー付近

流れ込み上石垣


南歩道下石垣

流れ込み付近西石垣

流れ込み上石垣


茂み対岸梅の木

茂みの中で

東コーナー噴水待ち

お堀には5基の噴水が有りますが、午後5時半前になると噴出しが止まります。
この噴水の三角形をした回りの枠や、噴水の噴出し口が餌獲りや水浴びの格好の場所と
見え、噴水が止まるとここにやって来ます。

噴水止まったぞ!

わーい水浴びだ!

噴水噴出し口


未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

もう秋なの?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

パソコンのデータ領域を整理して「デフラグ」をかけた。
かなり時間がかかるので、ちょいと車を走らせた。
今日は雲が多く、暑さが戻り大気が濁っている。

松山市内展望

松山城城山全景

天守閣遠望

この位置と、更に南に展望ポイントがあります。
ここから、伊予灘を染める夕日が見えるのはいつ頃でしょうか?
帰宅後は、フィールド行きの用意をして自転車を走らせました。
堀端の木と桜広場の桜が色づいています。
ここだけ見ると「もう秋なの」と思わせる情景をお届けします。

堀端に秋が来た!

松山城公園も色づいた

桜紅葉


桜紅葉

松山城と桜紅葉

芝生に枯葉舞う


桜紅葉

桜紅葉

天守閣と桜紅葉

【今日の夕日】
今日は雲が多く夕日撮影は諦めていましたが、夕方フィールドから帰宅すると雲間から
太陽が見えます。
急いで撮りましたが、まだ高度があり眩しく、おまけに雲間のために月のような画になり
ました。 まあ撮ったのでお恥ずかしいですが、お蔵入りせずにアップです。

雲と雲の間から

黒雲で月のよう

まだあんなに高い


【かわせみ日記】 (9.9)
今日の東フィールドはどう考えても3羽見かけました。
若1羽と成鳥が二羽です。
新しい成鳥はセンダンのいつもとは違う枝に止まっていましたが、その後姿を消しました。
昨日声だけ聞こえたかわせみかも知れません。

南の石垣上で

対岸へ移動

茂みの中で


西の石垣で若

センダンで新顔?

茂みの中で若


南の土管上で

南の石垣から顔だけ

南の石垣

帰りの北フィールドの網に止まっているのを発見しました。
対岸からの撮影ですが、これでも気配を感じたのか少し南の石垣へ移動しました。

南の石垣

北フィールド

北フィールド

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

今日は「白露」

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今日9月8日は、「白露」1年二十四節気のうち春分から数えて第15番目の節気にあたります。
野には薄の穂が顔を出し、秋の趣がひとしお感じられる頃だとされ、朝夕の心地よい涼風に、
幾分肌寒さを感じさせる冷風が混じり始める頃だともいわれています。
確かにここ2~3日はそのような状況でしたが、予報では長持ちせず暑さが幾分戻るらしい。
また天気も明日は「曇り時々雨」降水確率30~50%(いずれも松山地方)なので、夕日観察は
しばらく休みとなりそうです。
今週は、夕日・夕焼けウイークとなりましたが、今日が最後になりそうです。
いきなりドアップの夕日から今日の夕日をどうぞ。

今日はまん丸

まだ眩しい

総合公園の右へ


左から雲が

左上黒点?

沈む方が早かった


高圧線鉄塔よりも右

明日なら鉄塔

もうすぐ島影へ


島にかかった

いつものように航空機

夕日ウイーク終了


【かわせみ日記】
下の6枚の写真は昨日(7日)撮ったものですが、かわせみが何をしているところでしょうか。
何をしているのか分かる方は、相当なかわせみ通、かわせみ習性通ですね。

かわせみ?1

かわせみ?2

かわせみ?3


かわせみ?4

かわせみ?5

かわせみ?6

実はこれかわせみが「撒き餌」をしているところです。
「ササゴイ」という鳥は撒き餌をして魚を獲ることで有名ですが、実はかわせみも「撒き餌」
をして魚を集めて獲ることがあるんです。
誰かのブログでタイミングよくこのことを書いていましたが、昨日ちょうどそのシーンに
出くわしました。
【今日のかわせみ】 (9.8)
少し暑いと出が悪いので、午後4時前に出かけました。
北のフィールドの様子を見ようと自転車を止めたとたんに、頭上から飛び出し茂みへ。
茂みを覗いて見ましたが居ません。
鳴き声がして、遥か西へ飛び去る後姿を確認しましたが、深追いせず東フィールドへ。
東のフィールドも石垣上には見当たらないので茂みを覗ってみました。
やはり茂みの中で若が休憩中です。
こちらもじっと座り込んで様子を見ましたが、15分ほどして飛び立って行きました。

茂みで若が休憩中

休憩終了飛出し体勢

久し振りのセンダン


センダンでポーズ

茂み対岸石垣上に若

背後から


今度は親が来た

また背後から

茂みの親


排水口へ移動

対岸へ飛び出し

対岸で長時間休憩

退社のラッシュがあるためか、このあと水浴びするんでしょうが動きがありません。
この後の夕日予定のため諦めて退散しました。
未分類 | コメント:10 | トラックバック:0 |

今日も空は高かった

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

しまった!ごめんなさい!です。
この記事下書き状態のままでした。急いで投稿します。日付、記事内容は9月7日のままです。


朝早く寒いくらいの外気を感じて目が覚めました。
夜寝るときに少しだけ網戸にして寝たのですが、それでもそこから入る外気が冷たく感じた
ものでした。
日中も30度を越さず、雲ひとつ無い「これぞ秋の空!」が広がっていました。
「空が高い」というのはこんな状態をいうのでしょうね。

東堀と松山城

松山城

松山城公園


今日の夕日も期待ができそうと思ったのですが西の下の方には少し雲があります。
それでも今日も、徒歩17歩とエレベーターで階段展望台へ向かいました。
ここは、夕日はもちろんですがいろんな物が見えてきます。
城山をねぐらにするカラス達の帰り道だったり、空港に着陸する飛行機や遠くの雷などの
展望台としてちょくちょく利用します。
さて、今日の夕日はというと「まん丸」状態にはなりませんでした。

カラスが帰る

上空は航空路

薄雲が邪魔!


ここにもからすが

カラスと夕日

夕日・島影に


でっかく赤く

着陸体勢の航空機が!

今日も終わった


【かわせみ日記】(9.7)今日もたくさんの出会いがありました。
まだ北フィールドでは雑草刈りの清掃中です。
こんなときは遠くか高い枝に避難していますから諦めて南口へ廻ります。
南の入り口にある柳の対岸に姿を発見しました。
今日の出会いの始めは珍しくメスでした。
このメスは、以前お嬢ちゃんと呼んでいた北の一番子が、あれ以来ここ周辺で生活している
ものと判断しています。
以下、今日の出会い場所と時間順に並べてみました。

南堀柳対岸♀

東堀北コーナー若

東堀コーナー♂


東の石垣で若

西石垣で若

西石垣で若


若獲物ゲット

西石垣手前♂・向こう若

若が足元へ


流れ込み上で♂

茂み対岸梅に若

茂みで若


茂みで♂く

茂みで若

東コーナーで若

今日の出会いは、♀1、♂2、声2でした。
声の出演は、写真のかわせみ達と鳴き合っていた別の個体で姿を確認できなかったものです。





未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

まん丸夕日

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

朝の涼しい風と抜けるような雲ひとつ無い今日の空でした。
気象予報士さん的に言うと「台風12号がなった温帯低気圧のへりを、大陸の高気圧からの
乾燥した空気が流れ込んだため」ですが、このまま秋へと思いきや、週末にはまた例年より
高めの気温に戻るそうです。
夕方になっても大きな雲がないため、まん丸夕日の期待大!と徒歩17歩とエレベーターで
階段展望台へ向かいました。 まん丸は間違いなしですがやはり眩しい夕日です。

南中前半月

夕日1眩しい!

夕日2・島影に


夕日3

夕日4

夕日5


完全に沈んだ

空が焼ける

南中半月

空気中にゴミが少ないためか、空全体の夕焼けととはならず、南中した半月だけが輝いて
残っています。 明日も期待できそうです。

【かわせみ日記】(9.6)思わぬ台風後遺症
北のフィールドに着くと公園管理の人たちが、台風で落下した枝、歩道の落ち葉、ツツジの
植え込みの中や石垣上の雑草の掃除をしています。
二番子の巣立ち直後も大掃除が入り、遠くへ避難してしまったことを思い出しました。
案の定、外側の歩道を南まで廻りましたがかわせみの姿は見えません。
二羽のかわせみは、どこか高い木の枝に避難していると思われます。
東に着いてみると、ここもツツジの植え込みの中の雑草がきれいに刈り払われています。
午前中に作業したものと思いますが、ここもかわせみの姿はありません。
「今日は全く会えないかな」と南入り口の柳前のベンチで小休止です。
午後4時も過ぎた頃に小さな鳴き声が聞こえたように思い探してみると、南の歩道下に姿が
ありました。 入れ替わりに別のもやって来ました。

南歩道下で

歩道下を横から

別のかわせみも来た

それでは、と東フィールドへ向かうと、ここも茂みの対岸の石垣上に姿が見えます。
夕飯時なので食事と水浴びに現れたものと思います。

茂み対岸石垣上

石垣上

石垣上

石垣上から飛び立って姿を見失ってしまいました。
東の歩道から探してみると、コーナーの石垣上に姿がありました。
引き返して覗いてみると、どこかで食事を済ませたのか水浴びして休憩に入りました。

コーナーに居た!

コーナー石垣上で

コーナー石垣上


水浴び後休憩

水浴び後休憩

石垣上

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

夏の雲・秋の雲

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

幾分暑さが和らいだ昨日・今日です。
空を眺めてみると、まだ夏の雲が残っていますが秋の雲も広がってきました。
秋の雲は、夏の雲より高く筋状になり風の影響で尻尾が付いています。
(左:夏の雲 中:夏の雲とその上に秋の雲 右:秋の雲)

夏の雲

夏の雲と秋の雲

秋の雲

台風で折れた東フィールドの柳は、午前中に伐採をしたらしくすっきりとしていました。

9月4日の状態

9月5日午後

すっきりした

東フィールドに来て気がついたのですが、ここにも「センニンソウ」が咲き始めています。
今日の公園清掃で、西入り口付近のセンニンソウは、少しの蔓を残し刈り取られていました。

センニンソウ

センニンソウ

センニンソウ

【センニンソウ】
センニンソウは日本全国に分布するキンポウゲ科の常緑ツル植物です。
花は8月から9月に開き、4枚(5枚)の花弁にみえるのは顎片で十字型に開きます。
キンポウゲ科の植物には有毒であるものが多いが、センニンソウも毒草であり、牛や馬は
食べない。(毒草のため西入り口は刈り取られたのか?)
ただ、センニンソウの葉を用いて、扁桃炎(扁桃腺炎)の治療を行う民間療法がある。

東堀寄りのフロートに「スッポン」の甲羅干しを見つけました。
北堀の巨大スッポンと比べると小さいですが、それでも他の亀と比べるとデカイ!
東のフロートでは、ササゴイ(?)が首を伸ばして水中の魚を獲っています。

ここにもスッポンが

ササゴイが魚獲り

ゲットしました


【かわせみ日記】(9.5)北フィールドは距離を置かないと
東のフィールドは、台風で折れた柳の伐採、落下した枝、歩道の落ち葉、堀の葉っぱやゴミの
掃除が午前中に行われたらしくきれいになっています。
その分かわせみ達はどこかに避難しているのか、茂みの中で若を見つけただけでした。

茂みで若休憩中1

茂みで若休憩中2

茂みで若休憩中3

北のフィールドは、二羽の確認が出来ましたが相変わらず距離を置かないと観察できません。
それは対岸からであったり、高い枝に止まっているときだったりで30mくらいは必要です。

北1・榎の枝で

北2・西の石垣上

北3・北2とは別個体


北4・北3を横から

北5・桜の枝で

北6・石垣上へ北5


北7・石垣上北5と同一

北8・別個体

北9・茂み近くの榎で


北10・北9の飛び出し

北11・北10網の上へ

北12・北11と同じ


未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

台風一過

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

台風一過の朝は涼しい風が吹いていましたが、抜けるような空にはなりません。
東のフィールドのセンダン横の柳は、やはり大きな枝が折れて垂れ下がった状態でした。
公演の桜広場には、アキアカネの大群が飛び交っています。
暑い夏を山で過ごすアキアカネが里に下りてくると、秋は近いお知らせです。

柳無残

柳無残

アキアカネの群れ

今日もまた、強烈な日差しの夕日が雲の間から沈んでいきました。

雲間から強烈な光

城山を染める

鉄塔反射


夕焼け1

夕焼け2

夕焼け3


【かわせみ日記】 (9.3)台風通過後
台風が通過し風も止み、雨も止んだのでフィールド巡回に出かけました。
北のフィールドも予想通り茂みの中で休憩中でしたが、目があった途端に飛び出して
行きました。 どうも北の親は最近神経質になっています。
東のフィールドもまずは茂みの中を覗いてみました。
一羽が茂みの入り口から見える枝に止まっています。
よく見ると、ずぶ濡れのように見えます。 
水浴びをした直後でもないようで、羽繕いもせずじっとしています。
飛び出させては可愛そうなので、そっとこの場を立ち去ることにしました。

茂みで

また雨が来た

びしょ濡れ

第二センダンにも居ました。どうも雌のようです。 えっ!母ちゃん? 母ちゃんかい?

母ちゃん(?)第2センダン

土手の桜へ

更に奥の茂みへ

鳴きながら内側土手の桜へ移動し、更に土手上の木へ移って行く。
移動先の方向で別の鳴き声がしています。
さらに土手上の茂みに入り見失ってしまいました。
どうやら東も北も皆無事で台風をやり過ごしたようです。

【かわせみ日記】 (9.4)台風一過フィールド巡回
今日は少し時間を割いてフィールド巡回をしてみました。
一昨日、昨日の台風の反動か、今日のかわせみたちはよく動きます。
実況中継風に記事を書くと長くなりそうなので、一連の動きを写真で載せます。
写真下のコメントを参考にしてご覧下さい。

茂み対岸で

飛び出しただけ

元の石垣


背後から

第2センダン下へ

第2センダン下


第2センダン下

第2センダン下

南歩道下に居た


対岸へ

水浴び

羽繕い後遥か西へ


南入り口柳に居た

南入り口柳で

石標上に居た


石標上で

南西の桜に居た

北茂みからパイプへ


公衆トイレ下へ

北西網の近く

更に南へ


南入り口の柳には鳴き声がして1羽が来たが、先客ありですぐに西の方に飛び去った。
また北では、最後の写真の場所へ移動した先に1羽居て入れ替わるように南へ飛び去った。
移動範囲が広いので、合計何匹いたのか、また雌雄別の確定ができなかったがいずれに
しても台風は無事凌いだようで一安心です。
未分類 | コメント:10 | トラックバック:0 |

台風12号(タラス)四国通過

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

台風12号(タラス)は四国に上陸し午後10時には岡山市付近をゆっくりと北上しています。
昨夜から今朝早くまでは北よりの風が強く、雨も断続的に降りました。
幸いにも松山地方では大きな被害が無くほっとしていますが、これからの進路に当たる方や、
特に台風の東側に当たる地域では降雨量が多くくれぐれもご注意ください。
松山では、午後2時過ぎに北から西にかけ台風の端と思われるような雲の配置となりました。

台風の端?


西が明るい

島が緑に

北も雲に切れ目

雨も上がったので、台風後の様子を見に堀の内公園へ出かけてみました。
流れ込みはまだ濁った水が流れ込んでおり、お堀も泥水で濁っています。
流れ込みから南を見ると、センダンを透かして噴水や南の歩道の方向が見えていたのですが、
センダン横の柳がたっぷり水を含んで垂れ下がったのか、木が傾いたのか石垣まで塞いで
向こうが見えなくなっています。

流れ込み

柳が視界を塞ぐ

公演再開

サーカスは、午前の公演を中止していましたが、午後の部から再開したようです。
キリンも出番前で、青いくつわを入れてスタンバイ完了です。

間もなく開演

準備完了

まだかな?

午後6時過ぎには、西の空の雲の切れ目から沈んでいく夕日の光が差し込んできました。
飛行機も運行再開をしたようで、着陸体勢に入った機影が見えます。(写真中・右)

雲間から光が

機影が見える

夕焼け

大きな被害もなく通り過ぎ、明日からの天気回復が期待できそうです。
ただ台風はまだ居ます。被害に遭われた地域の皆様にお見舞いと、これから影響を受ける
地域の皆様の被害の少なからんことをお祈りします。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

台風12号(タラス)直撃か

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

台風12号(タラス)が9月の台風としては異例のコースで四国を直撃しそうです。
夜になるほど北からの風や雨が強くなって来ました。
昨日が二百十日で昔からの「台風特異日」ですが、そんなに義理堅く来なくても結構ですよ!

台風進路予想

天気図

気象衛星画像


北方向

西方向

東方向

上の写真は午後5時前の状況ですが、既に北寄りの風と雨が断続的に強くなって来ています。
今夜から明日朝にかけて影響が最も大きいようです。
皆さんくれぐれもご用心下さい。
懐中電灯ヨシ! ラジオヨシ! 戸締りヨシ! パソコンやめて早く寝る寝る!

【かわせみ日記】 143(9.1)若はどこへ?今日も父ちゃん独り
ちょっと遠出の撮影ロケハンで、久万高原町から帰ったのが午後4時前でした。
既に撮影機材はあるので、自宅駐車場から自転車に乗り換えてフィールドへ向かいました。
一回りしましたが、姿を確認できず流れ込み付近で待機です。
しばらくすると、センダンに姿が見えました。父ちゃんです。

父ちゃんセンダンで

父ちゃんセンダンで

石垣南の端

飛び発った先は、対岸からしか見えない昨日と同じ石垣の南の端です。

対岸から

再びセンダンへ

茂みの中へ

茂みに戻りましたが、すぐにコーナーの柳へ移動しました。

コーナー柳へ

コーナー柳で

信号赤


信号青

柳背後から

柳背後から

コーナーの柳からは、また茂みへ戻って行きました。
そろそろ、おやすみの体勢でしょうね。
東からの帰りに北のフィールドも見てみましたが、茂みには居ません。
西の角まで帰った時、西向きの石垣に姿が見えます。
水浴び体勢でしょうか?
対岸から見ていると、網の上に移動しました。
しかしここは、頭上の歩道に犬の散歩が来たため、直ぐに飛び立ち少し南に移動しました。
水浴びするでもなく、じっと休憩しています。 動きが無いため退散しました。

西の石垣上で

網から飛び立ち

石垣で休憩


【かわせみ日記】(9.2)台風接近
台風12号接近で、午後には雨風が強くなってきました。
こんなときは、東も北も茂みの奥深くで雨風をしのいでいます。
フィールドに行けば確実に会えるのでしょうが、この天気です。
不用意に近づいてかわせみを飛び出させてはかわいそうです。
ここは、あえて断念しそっとしておいて台風に耐えることを祈るばかりです。
連続遭遇日数は143日で途切れますが、遭遇率100%は維持していると諦めました。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。