気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

雲の絵の具

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

青い秋の空をキャンバスにして、雲の絵の具で絵を描きました。
刷毛で描いただけの絵に、バックライトの太陽で「彩雲」が表れました。

夕景1

夕景2

夕景3・彩雲

夕景4

城山のネグラに帰るカラスが黒い絵の具を落としていった。
白い雲と夕日の赤とカラスの黒で最後は・・・

夕景5・カラスが

夕景6

夕景7・カラスが

夕景8


【今日のかわせみ】
2日振りのフィールドです。
夕方の活発な動きを見せる時間帯が少し早まったような気がします。
午後3時前にフィールドに着きましたが、いつも居る南の排水口や茂み周辺に
姿がありません。
東の歩道へ回ると、対岸の一番奥から二羽の鳴き声がしています。
内側へ回り第2センダンの下の石垣に一羽居るのを確認しました。
センダンの根元まで下りてみると、マドンナのようです。
餌獲り食事もすんだのか、動きがありません。
ここで、20分以上休憩していました。
おかげでじっくりと観察できましたが、画にしてみると同じ背景ばかりで変化がありません。
サイズを変えたり表情の違うものをアップしてみました。

マドンナ1

マドンナ2

マドンナ3

マドンナ4


マドンナ5

マドンナ6

マドンナ7

マドンナ8


マドンナ9

マドンナ10

やっと小移動

さらに移動

コーナーから飛び出していった東の石垣には先に若が居た。
若を見つけて飛んで行ったのかもしれない。
それぞれを横からと上から撮った後、2羽とも対岸のセンダンへ止まったが、一羽は石垣へ
下りた。

東石垣・マドンナ

東石垣・若

マドンナ上から

若上から

センダンに止まって居たのはマドンナで、座り込んだように止まり、また休憩に入った。

センダンで1

センダンで2

センダンで3

センダンで4

ここでも30分近く休憩し、やおらストレッチを始め飛び出していった。

ストレッチ1

ストレッチ2

ストレッチ3

茂み対岸桜の下

飛び出した先は、茂みの対岸の桜の木の下で、さらに食事をするためか
水面凝視が始まった。
この後は、また食事と入浴で一日が終わるのだろう。





スポンサーサイト
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

もう一つの写真展

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今日10月30日から全日空の松山-沖縄便が新規就航しました。
松山空港発着の沖縄線は、日本航空(トランスオーシャン)の同路線廃止以来1年ぶりの
復活になります。
松山発11:20沖縄(那覇)着13:20 沖縄発15:00松山着16:45 の一日1往復です。
これを記念して、3Fロビーでヒコーキ写真家4名が沖縄の景色や飛行機の写真展を行って
います。
また、2F出発ロビーから3階に通じる階段周りや3Fロビーには常設の飛行機写真が展示され
ています。
光線反射で見苦しいですが、実物は空港までお出かけ下さい。

ロビー展1

ロビー展2

ロビー展3

ロビー展4


常設展示

常設展示

常設展示

本日就航

【今日の松山空港】
あいにくの雨でしたがエコボンを2機見ることができました。
エコボンとは「ボンバルディアDHC8-Q400型機」のグリーンの特別塗装機です。

空港モニュメント

駐機中ANA

エコボン到着

エコボン離陸


アシアナ航空ソウル

JAC鹿児島から

ANA離陸海向き

ANA離陸陸向き


沖縄便にJAL(トランスオーシャン)が就航していた頃の約2年前の動画です。
過去に撮影した映像を引っ張り出してアップしてみました。
飛行機 ←サムネイルをクリックして動画をご覧下さい。
 トランスオーシャン機の離陸模様等
 松山空港の様子をご覧いただけます。

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

ダルマ夕日動画

おやっさんブログの周りでは早くも冬の風物詩「瀬戸内のダルマ夕日」の話題に
沸いています。
そして、10月26日には完璧ダルマも現れました。
当日の模様をビデオカメラに収めた、ビデオ仲間がいます。
その動画をご紹介したいと思います。
場所は、松山市と伊予郡松前町(まさきちょう)の境を流れる重信川(しげのぶがわ)の河口で、
松前町側の水際近くの砂浜からだそうです。
ダルマ夕日ukinon100 ←左のサムネールをクリックすると動画が再生できます。
 10.26のダルマ夕日です。
 時間短縮しています。
 ダルマ夕日になる前の河口の野鳥も楽しめます。 

これからは、ダルマ市ができるほどのゲット情報と、悲喜こもごもの呟きが聞こえてくる
でしょうね。
実物を見ると、やはり神秘的で感動物です。
未分類 | コメント:12 | トラックバック:0 |

芸術の秋

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
本日2回目の更新です。



 秋といえば、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋などいろいろありますが、
 芸術の秋もその一つですね。
 秋季「県展」の後期展示が今日10月28日から始まりました。
 後期は洋画・版画・写真・デザインの部です。
 写真の部では、当ブログにいつもご訪問いただいたり、コメントをいただいている
 関係の方4名が入選されており、早速愛媛県美術館南館へ行ってきました。


1

2

3

美術館南館


2Fロビー

3F写真の部

S・りょうたろうさん

S・りょうたろう2さん


クマさん1号さんが

クマさん1号さん

蛍さんが

蛍さん


【今日のかわせみ】2011.10.28
美術館で県展展示を見て、南入り口で西の石垣上を確認して東フィールドへ向かおうとした。
南の歩道をアシストサイクルのベルさんがやってくる。
南入り口で自転車を停めて、今日の状況を立ち話中に東側石垣上に一羽を発見し暫く観察。15:30


南入り口東側石垣

東側石垣

東側石垣

ベルさんは今日の成果があったようで、所用もあるとのことで分かれた。
ここで、これも県展帰りの先輩Yさんと出会いまた立ち話。
やがて「スズメのお父さん」がやってきた。
Yさんと別れ、スズメのお父さんと南の歩道を通り、東のフィールドへ向かう。
屋根付き排水口の上に居ましたが、スズメのお父さんが覗くと直ぐに茂みへ飛び込んだ。
茂みの中に居たのはマドンナでした。16:02

茂みの中で

茂みの中で

茂みの中で

茂みの中で


茂みの中で

茂みの中で

茂みの中移動

移動先で

移動先を神社側から観察中に鳴き声がしてもう一羽が排水口に止まった。
1人で行って見るとやはり若です。16:19

排水口ボルトで若

排水口ボルトで

排水口ボルトで

排水口ボルトで

マドンナが、茂みから対岸へ移動したのを見て若もそこへ向かって飛び出した。
茂みの対岸で暫く居たが、マドンナが南のコーナーへ移動してきた。
若は茂みの対岸で休憩中です。16:24

マドンナコーナーへ

茂み対岸若

茂み対岸若

センダン下へ移動してきたマドンナに、茂み以外の場所での接近をしてみる。16:50
スズメのお父さんは流れ込みの上から双眼鏡で監視中です。
5m、3mと近付き2mまで近付いた。
これ以上はにじみ寄りしかないが、スラックスなので躊躇しているとさすがに飛び出した。

センダン下5m

センダン下3m

センダン下2m

ボートへ移動

ここで本日は終了とスズメのお父さんと別れて東歩道経由で帰途に。
途中の南の排水口に若がいたので、チョイと撮影して帰宅しました。17:02

南排水口に若が

最後に失礼!


明日はビデオクラブの例会のため、フィールド巡回は休みます。
天気も雨模様かもしれません。

未分類 | コメント:10 | トラックバック:0 |

ピンスポットの夕日

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今日もまん丸太陽が総合公園(西山)の南稜に沈んでいきます。
海岸や、それぞれの場所ではどうだったんでしょう?
完璧ダルマ?化粧雲ダルマ?それとも雲隠れ?
2枚目の写真は、スーパー屋上駐車場から水平線が見える風景です。
昨年12月19日にはここにきれいな夕日を見た。
今年1月27日に海岸でダルマ夕日を初めて見るまで、あまり気にしていなかったので、
最後まで見届けていなかった。 今年はどうだろう気になってきた。
振り返れば、松山城と石鎚山が一望できる。
石鎚山はまだ夕日が当たっているようです。

太陽が沈む

水平線が見える

松山城と石鎚山

石鎚山を夕日が


【今日のかわせみ】2011.10.27 今日は少し引き気味で
最近の出会いは南の排水口が多い。
寒くなったので、日当たりの良い餌の豊富なここで居るのかもしれない。
中央排水口の石垣は、糞で漆喰を塗ったように白くなっていることからも想像できる。
(魚を咥えた写真16枚目や、用足しの写真17枚目を見てください)

南中央排水口

手摺の間から

手摺の上から

瞬幕が出た

あまりにも動かないので、角度を変えて真上へ移動した。

何か居た?

また、まったり

真上に移動

動きません

10分程して動きがあったが隣の屋根付きの排水口横のボルトへ移動しただけ。

やっと動き

隣の屋根付きへ

ボルトに止まる

こんにちは!

ここでもキョロキョロした動きはあるものの動きそうに無い。
角度を変えて見ていたが、目を離した隙にダイビング。

こんな所です

角度を変えて

水面凝視!

ゲットで中央排水口

魚を咥えたまま、中央の排水口へ帰る。
ここはやはり昼間の定位置のようです。
やがて用を足して身軽になったのか対岸へ移動した。
ここでは、4~5mの移動を繰り返し、またダイビング

食事後用足し!

対岸へ移動

茂みの対岸へ移動

ここでもゲット

食事後、奥の隅で小休憩し東向きのせんだんの下石垣へ移動して行った。
また、小刻み移動しながら流れ込み付近から東の歩道下の石垣へ向かって飛び出した。
飛び出した先に一羽いて、止まるかと思いきや二羽で南方向へ高速飛行して行く。
目で追いかけていると、途中の石垣からもう一羽飛び出し、三羽で鳴きながら飛んで行った。
最初のがマドンナと若だとしたら、三羽目は誰? 侵入者? どこからの?
南向きの石垣へ回ると、マドンナだけが一羽取り残されたように止まっていた。

奥の隅で休憩

センダン下へ移動

流れ込付近へ移動

1人残った

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

伊予鉄郊外電車(古町-愛大病院南口)

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

10月26日 今日は、半年に一回の眼科検診で、愛媛大学附属病院まで出かけました。
散瞳(さんどう)点眼して瞳孔を開けますから4~5時間の運転はできません。
いつも伊予鉄道郊外電車を利用して通院します。
今日は、一番先頭の車両の運転席の後に陣取って通過駅をウオッチしてみました。
郊外電車の駅といっても都会のそれとちがって、プラットホームに屋根がある程度の無人駅
の連続です。
大手町駅手前には「ダイヤモンドクロス」と呼ばれる全国的にも非常に珍しい軌道(路面電車)と鉄道(郊外電車)が平面交差する場所があります。
路面電車が、郊外電車が通過するのを待つ「踏み切り待ち」光景が見られます。

古町(こまち)発車

大手町・ダイヤモンドクロス

松山市(市駅)

石手川公園


いよ立花

福音寺

北久米

久米


鷹の子

平井

梅本

牛渕団地前


牛渕(うしぶち)

田窪(たのくぼ)

見奈良(みなら)

愛大医学部南口


終点横河原へ向けて

駅周辺で

駅周辺で

駅周辺で


【今日のかわせみ】2011.10.26
今日の出かけは少し遅く、南の排水口や茂みに姿が無いので、北の流れ込みへ向かった。
石垣の上に一羽を発見し観察していると、東の歩道下の石垣方向から餌を咥えたもう一羽が
飛んできてペアになった。
餌を食べたのは若のようで、今度は流れ込み近くの石垣の隙間へ移動して行った。

マドンナのようです

餌を咥えた若

ペアで

石垣の窪みへ移動

石垣の窪みへ移動した若は、満腹になったのかここから移動したり、さらに飛び込んで餌を
獲るるような様子がない。
むしろ座り込んで、消化の長期休憩に入ったようでまったりとしている。

若休憩中

そこで寝る気!

やっとストレッチ

ストレッチ

約1時間もして、やっと動きがあった。長い休憩だこと!
途中で、ずっと一緒に見ていた「スズメのお父さん」と、直ぐ横の歩道の手摺から身を
乗り出したり、話をしながら覗いていても逃げ出すこともなかった。
ストレッチをしたあと東の歩道下の石垣に移動して用を足し、南へ少し移動してダイビングをして餌をゲットして対岸へ移って行った。
対岸では入浴タイムで10数回の水浴びを済ませ遥か遠くへ飛び去っていった。

ストレッチ

東の歩道下で

ちょっと失礼!

ここからダイビング

今日の若の休憩は非常に長く、見ているこちらが暇を持て余すほど。
東京から来たという通行人も気付き「あのカワセミは弱っているんですか? 普通はすぐ
逃げてなかなかじっと見られないですよね。」と聞いてくるぐらいでした。
もう辺りは薄暗くなってきた。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

今日のかわせみ(2011.10.25)

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

昨日他の作業があって載せられなかった、昨日(10月25日)のかわせみです。
千載一隅のチャンスが二度ありましたが、2度とも失敗しました。

今日も出会いは南の排水口のマドンナでした。

南中央排水口

南中央排水口

南中央排水口

南中央排水口

どうやら満腹状態なのか、最初は手摺の間から撮影していましたが、手摺の上から覗いても
動こうとしません。
こちらもチャンスとばかり、コンデジを取り出して撮影したり、デジタルズームで撮って
みたりと色々試す時間をもらいました。

南中央排水口

南中央排水口

南中央排水口

少しデジタルアップ

30分近く経った時、飛び込み体勢に入りました。
(失敗その1)シャッタースピードを上げる間も無く直ぐ下へダイビング。
(夕方近いので、シャッタースピード上げると暗いのでオート設定でした。)
ほぼ真上から捉えられたのに、ブレブレです。

飛び込み体勢

飛び込んだ!

茂みへ移動

茂みの中で

小魚をゲットしたマドンナはそのまま茂みへ飛び込んでいった。
その後、茂み→ボート→作業小屋前白杭と移動し、白杭前の石垣から再び飛び込んだ。
失敗その2 ここでもシャッタースピードを1/1000秒まで上げてみたが先程より暗くて
元に戻した矢先のダイビングだった。
小魚を咥えて飛び出す場面を捉えてはいるがこれもブレブレ画像になってしまった。 

ボートへ移動

ボートから移動

また飛び込んだ!

南入り口石垣

日没となったので帰宅しようと南の入り口まで来て、石垣上を確認してみると姿が見える。
よく見ると、ペアで石垣上に止まっている。
この頃になると、肉眼では見えづらい状態で、写真の水面は夕焼けではなくネオンの反射。

失礼!

南のマドンナ

南のペアです

南の若です

ここで本日は終了、直ぐ近くのイルミネーションの様子を見に回った。

下の2枚は、コンデジ撮影に挑戦したものです。
コンデジ SONY Cyber-syot DSC-HX5 ×10 (35mm換算250㎜)ノートリミングの画像です。
コンデジでもここまで撮れる距離まで近付いています。

南中央排水口
 
南中央排水口

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

ゆめキラツリー2011in花園

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

「松山を楽しもう!城山公園オータムフェスティバル2011」の一環として、9月2日から
10月末まで「ゆめキラツリー2011in花園」と銘打って、松山市駅から南堀端までの
通りの街路樹を日没から午後10時までLEDで飾ったイベントが行われています。
なかなか撮る機会がなかったのですが、かわせみフィールドの巡回後にちょっと立寄って
みました。 時間の余裕も無かったので雰囲気だけでもと撮影してきました。

1

2

3

4


5

6

7

8


9

10

11

12


【今日のかわせみ】2011.10.25予告
今日のかわせみは、ビデオ編集作業があり明日アップ予定です。
数枚だけ予告アップします。

1

2

3

4コンデジ撮影


未分類 | コメント:10 | トラックバック:0 |

ブログ休んじゃいました!

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

昨日(23日)は愛媛のビデオクラブと徳島のビデオクラブとの交流撮影会が徳島であり出かけ
ていました。 朝五時起きで観光会社まで出向き、伊予市内2箇所、松山市内4箇所といよ西条
I.Cで会員合流し徳島へ向かいました。
徳島のクラブと合流し総勢44名の大撮影会となりました。
午後は、放送局の会議室でチーフカメラマン、番組キャスター2名による撮影した作品の講評
を受け交流を図ってきました。
そんなこんなで、昨日はフィールド巡回も休止、ブログも休んでしまいました。
徳島での撮影会場となった徳島中央公園の様子を少しだけ紹介します。

中央公園・鷲の門

徳島城石垣と堀

桜紅葉


堀と数寄屋橋

城内石垣

数奇屋橋から


青石と蔦

ツワブキ

紅葉始まり

徳島城はかの蜂須賀小六の子、蜂須賀家政により築城され開場祝いに阿波踊りが始まった。
石垣の石は眉山(びざん)からの切り出しで、輸送困難から内陸の石は使っていない。
堀は汽水域で、4~50cmはあろうかと思われるボラやチヌ(クロダイ)が悠然と泳いでいる。

【今日のかわせみ】
徳島中央公園の中には3つの池があり、かわせみが行き来しているとの情報があり、注意して
見てみたが、短時間であり出会うことはできなかった。
今日(24日)は午後3時過ぎから東フィールドへ。
出会いは、南の排水口で、屋根付きに1羽と中央の排水口に1羽がお出迎え。

屋根付排水口・若

若移動ペアショット

マドンナ


若が移動して行った後、マドンナは神社横へ移り小魚をゲットして見せた。
若は南の歩道直ぐ下の石垣から再び飛び発った。

神社横マドンナ

小魚ゲット

次はどこへ?

南歩道直下で若

マドンナもはるか北方向へ飛立って行ったので後を追って東の歩道へ回ると、足元から餌を
咥えて滑稽とも思える飛び方で対岸へ飛ぶ姿を発見した。
それもそのはず「大丈夫かい?」と思えるほど大きな餌を対岸で持て余している。
やっと呑み込んだのを確認して対岸へ回ると、今度はコーナーを回って南向きの石垣方向へ
飛んでいった。
南向き石垣の一番奥の、茂み対岸との角付近で休憩している。

デカい餌だこと!

消化休憩マドンナ

休憩中マドンナ

休憩中マドンナ

神社横で1匹、今しがた大きなのを1匹食べたマドンナは長時間の消化休憩モード。
動かない(動けない?)のを確認して接近を試みる。
目が合ったが、手だけを振ってやるとまた休憩。
手が届く程の距離からじっくり観察をさせてもらった。

休憩中マドンナ

休憩中マドンナ

休憩中マドンナ

休憩中マドンナ

20分程して飛びたったかと思ったが、4~5m先へ移動しただけでまた水面を覗いている。
こちらを見ているのでまた手を振ってやると飛び出したので、カメラを離すとダイビング
してまた小魚をゲットした。
明日の朝まで持たすとはいえ食欲の旺盛なこと。
食事を済ませると、更にコーナーへ移動して向こう側へ回って行った。
直ぐに波紋が広がり、水浴びを始めたようで、数えてみると6回あり

また目が合った

また小魚を一匹

呑み込んだ

コーナーへ

やっとこちらが姿が見える場所まで行くと直ぐに飛立って行った。
移動先はボートで、羽繕いをしてやすんでいる。
帰りがけの南の屋根付き排水口にはここで夕食をすませたのだろうか若が、嘴に鱗を付けた
ままで顔を出し見送ってくれた。

マドンナ

飛び発って行った

ボートで休憩中

若の見送り



未分類 | コメント:10 | トラックバック:0 |

堀の内賑やかです!

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今日(22日)と明日(23日)木々が色付き始めた松山城公園の芝生広場が盛り上がっています。
たえひめ・まつやま産業まつり(サブタイトル=すごいもの博2011)と銘打ったイベントが、
実施されてるからです。
芝生広場いっぱいにテントが立ち並び、
「市(物販ゾーン)」「食(グルメゾーン)」「博(展示体験ゾーン)」に分かれて実施されて
おり、ステージイベントもいろいろあります。
また、同時開催の「メディアパーティー」では、民放各局のグッズ販売・公開録音・公開
生中継もあり、今日は沢田知可子、嘉門達雄の公開録音がありました。

松山城公園

すごいもの博入口

芝生広場テント村

木々色付き始めく


テント村

秋の気配

電気自動車

電気自動車

「博」のゾーンでは、愛媛県が現在力を入れている「電気自動車」関連の展示が眼を引きます。

電気自動車

ソーラーカー

今治B級・焼豚卵丼

公開録音

【鳥の群れ】
午後5時半過ぎ、ふと見た空に鳥の大群が渦を巻くように飛んでいる。
急いでカメラを持ち出したが、辺りが薄暗くなりかけており1km以上離れているようで
ピントが合いません。群れの状況だけご覧下さい。
この群れはたぶんムクドリだと思います。

鳥の群れ1

鳥の群れ2

鳥の群れ3

鳥の群れ4

【今日のかわせみ】
2日間フィールド巡回を休んだので、随分久し振りのような気がしました。
しかし、カワセミ達はそんなことお構い無しにパフォーマンスを展開してくれた。
それでは、今日のかわせみ達をご覧下さい。

茂みの対岸ペアで

獲物だそれっ!

いただきます

嘴に鱗が付いた


背景市内電車

背景市内電車

排水口からキョロッ!

南歩道下石垣


南向き石垣

西の若です

頭が痒い

茂みでペア


茂みのペア

居残りマドンナ

頭上へ来た

頭上で


頭上で2

南排水口

南排水口パイプ

東歩道下石垣

最後の撮影中に通りかかったご婦人が3名、鯉を撮っていると思い覗きこんだので対岸へ
飛び発った。 気付いたご婦人達がすまなさそうに誤ってくれたが、まさかここにかわせみが
いるとは思わなかっただろうし、仕方が無いことです。
そこで、ご婦人達としばし立ち話でかわせみ談議。
若も目の前でダイビングし小魚をゲットするパフォーマンスを見せてくれた。
未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

かわせみの水浴び

かわせみの行動(習性)の特徴的な一つに「水浴び」があります。
他の多くの野鳥も、体を清潔に保つために、水浴びや砂浴びをします。
しかし、それは水溜りであったり水辺だったりで、カモやアヒルのように水に潜るような
水浴びをする鳥たちもいますが、高所からダイビングをして水浴びをする野鳥はかわせみ類
だけだと思います。
その水浴びも何パターンかあります。
子育て中は、雛に給餌をした後に必ずといっていいほど水浴びをします。
 マイフィールドでは、巣穴と餌場が離れているため、給餌後に餌場に帰る途中に高速で
 飛びながら水面でバウンドするような水浴びをします。(ゆっくり休んでいられない)
食事後にも水浴びをします。
 小魚を獲って、石や木の枝などに打ちつけて、魚を弱らせたり骨を砕いて呑み込み易く
 しますから、そのとき飛び散って付いた鱗や血液、体液を洗い落とすためでどちらかと
 いえばあっさりと3~4回で済ませてしまうことが多いようです。
 この回数が多かったり、その後の羽繕いが入念な場合は、長時間休憩に入ります。
夕方の水浴び
 これは入念に行います。
 人が一日の疲れを入浴で癒すように、念入りな水浴びと、丹念に羽繕いを行います。
 この後休憩した後はネグラに戻って行きます。

夕方の水浴びシーンを動画でご覧ください。
距離70m強、手持ちで揺れますが入念な水浴びをご覧下さい。(12回の水浴びがあります)
















未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

夕焼けを楽しむ

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

【秋の夕暮】2011.10.18/17:54-17:59 
真っ赤の夕焼けもいいですが、もう少し過ぎたグラデーションの空もきれいです。

夕焼け1

夕焼け2

夕焼け.

夕焼け4

【夕焼けⅡ】2011.10.19/17:13-17:24
太陽が総合公園に沈んで行く。
今日は水平線近くに雲が無い(少ない)ようで、長い時間太陽の光を感じる。
ひょっとすると海岸ではきれいなダルマ夕日が見えているかもしれない。
ダルマにならなくても、丸い太陽が水平線に沈む様子が見えたと想像するような光りです。

夕焼け1

夕焼け2

夕焼け3

夕焼け4


夕焼け5

夕焼け6

夕焼け7

夕焼け8

【今日のかわせみ】10.19かわせみとの距離
今日のかわせみは、発見時の距離・よく見かける場所までの距離・近付いた距離が分かる
ように並べてみました。

歩道下40cm・40m

南石垣4m

南石垣3m

南石垣3m


南石垣5m

排水口・歩道下2m

土管・歩道下70㎝

南歩道から茂み50m居ますよ!


茂みの中5m

茂みの中3m

茂みの対岸60m

茂み対岸50m


茂み対岸5m

流れ込みから70m

流れ込みから60m

近付いて観察できるのは、南の歩道下の石垣、土管、排水口と茂みの対岸の石垣(場所に
よります)、東の石垣です。
茂みの中は特別区域で、マドンナであれば2mの至近距離まで近付ける場合があります。



未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

紅葉前線まだ下降せず!

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

10月10日の石鎚山頂上の紅葉写真を見て紅葉前線の下降状況が気になった。
というのも、所属ビデオクラブで秋の撮影会を予定しており、その日程を決めるためです。
どうせ撮影会をするなら紅葉のきれいな時にしたいもの。
通常紅葉前線の下降速度は1日40m~50m(海抜)と言われています。
石鎚山は1982mですから、0m帯までは40日から50日かかることになります。
登山口の土小屋が1492mなので10日~12日かかります。
撮影会予定地は標高750mですから、25日~31日後となります。
そんな状況の下見を兼ねて瓶ヶ森林道へ行ってみました。

笹ヶ峰

裏寒風山

裏寒風山

瓶ヶ森林道下


瓶ヶ森林道

西黒森方面

瓶ヶ森

林道・瓶ヶ森登山口


瓶ヶ森駐車場から

石鎚山が見えた!

御来光の滝

トンネルから石鎚

今年は少し暖かかったので、紅葉前線の下降速度は遅いようです。
これから冷え込んでくれば加速してくるとは思います。
下のサムネイルをクリックするとスライドショーでご覧いただけます。
kameslide.jpg
 ←「瓶ヶ森林道の紅葉」スライドショー 




【今日のかわせみ】
今日のフィールド行きは遅れ気味の午後4時過ぎでした。
日没が早くなったために、午後5時30頃になると薄暗い感じさえするために約1時間ほどの
観察になりました。
いきなりの出会いは、南の排水口の金網の上のマドンナでした。(足元2m)

手摺の間から

手摺の間から

手摺の上から

秋ですね


風が冷たいですね

亀が通っても

やっぱり上のほうが

物思いに・・・

ここでしばらく居て移動した隣の排水口の金網から内側を覗き込んでいます。
餌獲りをするかと思いきや、ちょっと目を離した隙に居なくなっていました。
北の流れ込みへ廻りましたが、姿はありません。
やがてペアで現れましたが、この間にどこかで食事をしてきたとみえて水浴びを始めました。

水が冷たくなった

ここだと暖かい

お尻は寒いのよ

風呂入って寝よっ

二羽がそれぞれ10回近く飛び込み、入念に入浴しています。
もう午後5時半近くなので、どうやらお休み体勢に入ったようです。


未分類 | コメント:12 | トラックバック:0 |

今日もかわせみ

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今日は紅葉状況の撮影で少々遠出しました。
その帰りに寄った東フィールドのかわせみをお届けします。
紅葉情報は別途アップしますのでご了承下さい。
東では、若・マドンナ別々に会いました。
若は、作業小屋の屋根→南歩道下土管→歩道下石垣→対岸石垣へ移動し休憩モードです。
マドンナは茂みの中で休憩中です。
若もマドンナも既に食事も水浴びも終わっている様子です。
マドンナは茂みの中で動かないようなので、ジワリジワリと間を詰めて、2メートル程の
位置まで寄りました。その様子(マドンナの大きさの違い)をご覧下さい。

若がこんな所に

若石垣のボルトで

若ボルトに掴まる

茂みでマドンナ5m


茂みでマドンナ3.5m

茂みでマドンナ3.5m

茂みでマドンナ3m

茂みでマドンナ3m


茂みでマドンナ2.5m

茂みでマドンナ2m

茂みでマドンナ2m

嫌って横移動5m

あまり至近距離で撮影するので、最後は嫌がって少し横移動し、枝の影に隠れました。
未分類 | コメント:10 | トラックバック:0 |

今日のかわせみ

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今日もかわせみ以外のネタ切れ状態です。
明日にはネタが手に入りそうですが、今日はカワセミオンリーです。
飽きられそうですがお許しを・・・。
今日の♂はいつもの若と雰囲気が違う。
時々東フィールドでは3羽を目撃しているが、「若」+「マドンナ」+「X」の「X」かもしれない。
3羽を目撃していないので何ともいえないが、若だとこれだけ近寄れないことが多い。

若?雰囲気違う

父ちゃん???

センダンで羽繕い

センダンで


東コーナー

飛立った

第2センダン下

南歩道下土管


南歩道下石垣

対岸で水浴び

水浴び飛び込み

茂みでマドンナ


茂みでマドンナ

南コーナーで

フロート小屋でペア

フロート小屋で


フロート小屋で

センダン下で

東コーナー付近

東コーナー付近


東コーナー付近

東コーナー付近

東コーナー付近

ボートで


未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

あやうくネタ切れ

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

10月23日に所属のビデオクラブと徳島のビデオクラブの交流撮影会を予定しており、
その資料作成とクラブ便り(ブログ)の記事作成で午後4時も過ぎた頃にはたと思い出した。
「しまった!今日のブログネタが無い!」
さだまさしの「雨宿り」ではないけれど、こういうときの神頼み、「かわせみ様」に会わせ
てちょうだいませませ!と雨のため諦めていたフィールド行きを、急いで雨具に身を包み
決行しました。
そこは「かわせみ様」、昨日と同じフロート小屋で、恨めしそうに空を見上げて待っていて
くれました。やはりマドンナです。
見ると、対岸の石垣にも1羽見えます。するとこれは若ですね。
若に近寄ろうとしましたが、土手の上に着いたとたん飛立っていく姿が見えました。

フロート・マドンナ

フロート小屋で

雨が恨めしい

対岸の若

飛立った先を探して見るが見当たらない。
そのまま内遊歩道を南西隅までくると網の上に別個体が止まっている。
これも直ぐに北方向へ飛んで行く。
止まりそうな場所を探しながら西入り口を通過したが姿は見つけられない。
北の網まで帰ったら、なんと北のペアが居る。
今まで目撃はしていて二羽いることは分かっていたが、ペアとしての撮影は始めてです。
雨天の午後5時過ぎともなればさすがに薄暗いがシルエットでもと撮影する。

南西隅の網で

網から飛んだ!

北のペアだ!

北のペア

ちょうど犬の散歩が通りかかり、ワンちゃんが吠えた。
その声に驚いたのか、2羽とも手前の石垣へ移動し、盛んに鳴いている。
覗き込んでみたが、つつじの植木で見えない。
やがて、対岸へ向かって飛んで行ったが声だけで薄暗くて見えない。
「北のペアたち!もっと明るいときにツーショットさせてよ!」
未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

雨の赤蕎麦

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

ブログの花便りに誘われて「赤蕎麦」の花を見に出かけた。
今日はあいにくの雨模様だが雨がやんだので車を走らせる。
しかし現地に着いたときはまたかなりの雨が降ってきた。
赤蕎麦畑からもう少し上がり、左の集落への分岐点に小さな赤蕎麦畑があり、そこで車を
停めて様子見をする。
少し小降りになったので、赤蕎麦畑まで下る。
先客があり、傘をさしてカメラを構えている。
車に帰ってきたところで挨拶を交わし、入れ替わりに蕎麦畑へ向かった。

井内の棚田風景

雨の赤蕎麦1

雨の赤蕎麦2

雨の赤蕎麦3


コスモスも雨に

赤蕎麦畑1

赤蕎麦畑2

赤蕎麦4


赤蕎麦5

赤蕎麦畑3

赤蕎麦畑4

赤蕎麦畑5


赤蕎麦畑6

赤蕎麦6

赤蕎麦畑7

赤蕎麦畑8

やはり雨降りは光が少ない分なかなかきれいな色にならないのとぼけた画像になる。
もう1度リベンジしてみたい。

【今日のかわせみ】
赤蕎麦からの帰り道、お堀近くで4時を過ぎた。
1度帰ればこの天気なので、出てくることにはならない。
「よし!このまま見て帰ろう!」
車を二の丸駐車場(無料)へ停めてフィールドへ向かう。
まずは、雨宿り場所の茂みへと向かったが、途中のフロート小屋の扉に姿がある。
そうです!雨降りだってお腹が空くときは空くんです。
マドンナが、今日の餌場はこことばかりに水面凝視をしています。
でも、やっぱり雨が気になるとみえて時折空を見上げている。

水面凝視

ちょっと休憩

雨が気になる

やっぱり気になる


止まないかな

場所を変えたが

水面が見にくい

コーナーへ場所変え

早く食事しないと日が暮れちゃうよ! 今日は顔見えたから帰るからね!



未分類 | コメント:10 | トラックバック:0 |

夕日に黒点を見た!

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

まずは昨日のかわせみから
最近の東フィールドを午後4時頃に訪れると見つけることは容易になりました。
高い木の枝に止まっていることはほとんど無く、茂みか石垣上を探せば必ずといいほど姿を
見つけることができます。
日没が早くなった分、この時間帯に集中して食事と入浴をするためです。
毎日同じ画にならないような工夫は必要になってきます。

東コーナーペア

若の水浴び

センダンで若

角付近でマドンナ


茂みで若

茂みでマドンナ

東歩道下マドンナ

東南隅でマドンナ

昨日の動画と角度を変えた、少し前からのもご覧下さい。
defaultCAZ6K8RK.jpg
 ←「いつもキョロキョロ休憩中」(42秒)
  サムネイルをクリックすると動画再生します。
  (大画面720P以上推奨)


少し霞みのフィルターがかかったような空に真っ赤でまん丸の太陽が沈んで行きます。
太陽の黒点が大2つ、小4つ見えます。
公園の広場から見ると、西堀端にある民放の屋上アンテナを横切って沈んで行きました。

夕日がきれい

鉄塔にぶつかる!

黒点が見える

黒点6つ?


下のアンテナカラス

鉄塔越しに

鉄塔越しに

鉄塔から抜けた

この後徐々に雲の中に沈んでいった。 海岸ではどうだったんだろう?

【きょうのかわせみ】
正午から道後で会合のため少し早めに家を出て、カメラマンの多く集まる公園へ寄ってみた。
カメラマンは1人もいない。
しばらくすると、奥の茂みから1羽が飛び出してきて桜の枝に止まり挨拶をして、直ぐに
遠くへ飛んで行った。
会場へ向かう途中、今度は内堀から目の前を横切って外堀へ飛ぶ姿を見たが、同一個体か
どうかはわからなかった。
4時前に会議終了後、一旦帰宅し東フィールドへ向かう。
南の排水口に一羽を発見し、カメラを構えた。

北はここまで

東は至近距離

排水口で若

若の頭上から


若の頭上から

茂みでマドンナ

少し近付く

フロート小屋で若

至近距離の頭上から見たカワセミはまん丸状態でかわいい格好をしています。
動画でご覧ください。
かわせみのまばたきや、呼吸が観察できます。
defaultCAUQFI16.jpg
 ←「まんまる翡翠」(1分10秒)
  サムネイルをクリックすると動画再生します。
  (大画面720P以上推奨)

未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

気の向くままに

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

ブログタイトルのとおり「気の向くままに」撮って、載せてみました。
場所はもちろんかわせみフィールドです。
北のフィールドの桜や、けやきがいつのまにかこんなに色づきはじめています。

北の桜

ケヤキ

ケヤキ

北の茂みに


カタバミの花と実

まだシオカラトンボ

キンモクセイ

アベリア

公園広場の桜も1度紅葉を始めてまた戻ったが、ここに来て再び紅葉が進んできた。

句碑裏から松山城

桜広場の桜

桜広場の桜

ビルの間に夕日が

夕日に浮かんだとんがり屋根は、ホテルのチャペルです。
広場から西の空を眺めると夕焼け空に、風に流された飛行機雲でしょうか模様を描いている
雲が見えます。

陽が落ちた

陽が落ちて

戦闘機が2機

まだ空は青い


幾重にも飛行機雲

烏とJAL機が

城山に烏が帰る

広場に灯が点いた

夕食時になって「今日は満月!」を思い出し、居間のカーテンを開けるとすでに顔を出して
いるのが城山より左下に見える。急いで近くのショッピングセンターの屋上駐車場へ走る。
今日の松山の月の出は17:28 方位75.4度

18:00ベランダから

18:01

18:09

18:10


18:11

18:11

18:12

18:28ベランダ


【今日のかわせみ】
今日のかわせみは、まず動画で観察してみてください。
足元2.5メートルへ小魚を確保して飛んできましたが、一気に呑み込み休憩です。
頭上から俯瞰で撮影しましたが逃げません。
至近距離映像ですから、始終キョロキョロした動作が手に取るように分かると思います。
皆さんも近くで観察している気持ちで息を殺してご覧下さい。(1分51秒)
defaultCAEWTZ5Z.jpg
 ←サムネイルをクリックして下さい。
 動画を再生できます。



静止画集は明日公開予定です。
一部予告

NO.1

NO.2

NO.3

NO.4

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

赤蕎麦(高嶺ルビー)雑学

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

下の写真は先月訪れた信州安曇野で見かけた赤蕎麦(高嶺ルビー)の花です。
赤蕎麦は本場信州でも珍しく、箕輪の赤蕎麦畑は広大で観光地になるくらいです。
赤蕎麦は景観、鑑賞用として栽培され、可憐に咲く赤い花が人気を呼びました。

赤蕎麦の花

赤蕎麦の花

赤蕎麦の花

赤蕎麦の花

そばの原産地は、中国の奥地雲南省からヒマラヤにかけてと言われており、そこでは、
ピンクや赤色のそばが普通にあります。
箕輪町の赤そばは、ヒマラヤの標高3800メートルの場所から信州大学の教授らが持ち帰って
品種改良し、「高嶺ルビー」と名付けたものです。
農林水産省の登録品種第3347号として、1993年1月18日に登録されました。
味は、普通のソバとかなり違い、少し癖があるのと、コシが強く、ゆでてすぐ食べないとソバが
くっつきやすいです。
赤そばは、美しい花を見て楽しんだ後、収穫して美味しくいただける一石二鳥の農作物です。
しかし、種の値段は白蕎麦1kg(1.5リットル)約4,700円に対し、赤蕎麦1kg約14,000円と値段
の上でも「高嶺の花」です。
愛媛県では、東温市井内と内子町石畳の2箇所に赤蕎麦畑があります。
東温市にはヒマラヤ原産の珍しい花が2つ(「ヒマラヤの青いケシ」「赤蕎麦」)もあるん
ですね。 そんな知識で花を見ると見方が変ってくるかも知れません。

【今日のかわせみ】
東フィールドに着いたのが午後4時半過ぎで、茂みから出て活動中でした。
流れ込みに着いた途端に若が、一気に飲み込めない位の大きな魚と奮闘中でした。
あわててカメラを構えましたがピンボケでした。

若・大きすぎ!

やっと飲み込めた

平然と次を

二羽います

石垣を通しで見ると、二羽います。手前が若、向こうがマドンナのようです。
若は次を狙っているのかと思ったら、水浴びを始めました。

水浴び

水浴び

水浴び

ペア手前マドンナ

水浴びを終えた若が移動したのは、マドンナの向こう側で、ツーショットになりました。
背後にまわり、ツツジの植え込み越しに撮影。


センダン下若

マドンナ

マドンナ

マドンナ、若それぞれに思い思いの移動をし、落ち着いたのはボートでまたペアに。

フロート小屋

フロート小屋

ボートでペア

コーナー近くで若

ボートから茂みには帰らずにまた内側の石垣へ移動してきた。

茂み対岸マドンナ

東コーナーペア

東柳下若

東歩道下石垣若

やはり夕時は動きが活発で、場所移動しながら食事と水浴びを繰り返す光景を見ること
ができる絶好のチャンスです。
ただし、この頃は日が短くなり暗くなるのが早いため、シャッタースピードが上がりにくい。
カメラの方はお気をつけ下さい。
未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

今日のかわせみフィールド

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今日の最低気温18.3度、最高気温26.4度 10月としては暑いくらいの天気模様でした。
カワセミフィールドをぐるりと回ってみて目に付いたものを拾ってみた。
2日ほど前から一斉に咲き、オキザリスのボーウィ(と思う)の小さな花畑のようになっている
ところが3箇所ほどあります。 

オキザリス

オキザリス

オキザリス

オキザリス

花の近くに野良猫を見つけました。
この猫に「ニコリン」と名前を付け、もう5年も毎日餌をやりに来るご婦人がいます。
東の茂みと地下駐車場入り口の間に「アベリア」の垣根がありますが、この花は花期が長く
まだたくさん花をつけており、時折「ホシホウジャク」が飛び交っています。

オキザリス

野良猫「ニコリン」

アベリア

アベリア

河東碧梧洞の「さくら活けた 花屑の中から 一枝拾ふ」の句碑横には、少し盛りを過ぎた
がまだ甘い香りを漂わせている「キンモクセイ」が2本あります。
茂みに潜んだときにも香りが届いてくる。
茂みの対岸の内側土手には「野菊(ヨメナ)」が咲いて「秋だな」と感じる場所があります。

キンモクセイ

キンモクセイ

野菊(ヨメナ)

>野菊(ヨメナ)


【今日のかわせみ】
午前中に、Tさんが遠征してくるというブログのコメント予告があり表敬訪問しました。
このときも茂みの中で休憩中で、午後からの巡回もずっと茂みの中でした。
今日は「茂みの中特集」になり、かなりの時間遊ばせてもらいました。
水面が明るいので逆光のようで、表情がなかなか写し取れません。
思い切った顔アップもあります。

AM若

AM若

AM若

AM若


AM若シルエット

PMペア

PMペア

PMマドンナ


PM若

PMペア

PM若

PMマドンナ


PMマドンナ

PM若

PM若

PMマドンナ


PMマドンナ

PM若

PM若

PM若


PMマドンナ

PMマドンナ

PMマドンナ

ボートでマドンナ

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

阿波の土柱

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

世界三大土柱(どちゅう)の一つが徳島県にあるのをご存知ですか?
土柱(どちゅう)とは、礫(れき)や砂からなる段丘礫層(土柱礫層)が風雨により浸食され柱状になったものです。
世界三大土柱は、イタリアのティロル地方・アメリカロッキー山脈のブライス・キャニオン国立公園内と・徳島の阿波の土柱があげられています。
阿波の土柱(あわのどちゅう)は、徳島県阿波市に存在する土柱のことであり、
1934年(昭和9年)5月1日に国の天然記念物に指定されました。
高速徳島自動車道の阿波PAから歩いて15分くらいで土柱が一望できる展望台へ行くことが
できます。
徳島での法事へ行く途中、トイレ休憩に寄った阿波PAから見に行ってきました。

阿波の土柱波濤嶽

阿波の土柱

地層がよく見える


阿波の土柱

阿波の土柱

阿波の土柱


【高速道路からの夕日】
徳島から帰る、高速松山自動車道下り線の川内トンネルを抜けると、赤くて丸いきれいな
夕日が目に飛び込んできました。
高速道路から見た今日の夕日をお届けします。

高速からの夕日

高速からの夕日

高速からの夕日

高速からの夕日


高速からの夕日

高速からの夕日

高速からの夕日

高速からの夕日


高速からの夕日

高速からの夕日

高速からの夕日

横縞はフェンス

高速からの夕日は、雲の中に沈んで行きました。
海岸で眺めていた方々の結果はいかがでしたか?
水平線に沈んでいきましたでしょうか?
未分類 | コメント:10 | トラックバック:0 |

今日のかわせみ

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今日の記事は、タイトルどおりにかわせみオンリーになりました。
3時過ぎに外周りでフィールドに出かけました。
北のフィールドには内側の石垣に一羽みかけましたが、やはり警戒心バリバリですぐに飛び
発ってしまいました。
南から見ると対岸に三脚が2基立っています。
アシスト自転車のBさんと、お連れの方でした。
今日の状況を立ち話中に、東に向かって一直線に飛んで行く姿を発見し、東へ向かいました。
歩道から見ると茂みに二羽の姿があります。(南入り口のBさんへ連絡)
そこから今日の観察が始まりました。

茂みに姿が見える

フロート小屋へ移動

対岸でペア

東歩道下へ来た若

最初に茂みにいた1羽が流れ込み方向へ飛び出して行った後二羽が飛んできたのをBさんが目撃。すると、今東フィールドには3羽のかわせみがいることになる!。

流れ込み上マドンナ

流れ込み西マドンナ

飛び出し若

西石垣で若

西の石垣上と東の歩道下石垣を行ったり来たりで獲物を物色中で、3人は大騒ぎ!

センダン下マドンナ

若飛び出し

センダン下マドンナ

マドンナ水浴び

Bさん達が帰宅のため別れ、センダン下にいるマドンナの方へ向かう。
Bさん達が南歩道から西方向へ移動する二羽に夢中の頃、残されたマドンナが水浴びを始めた。

マドンナ水浴び

マドンナ水浴び後

茂み対岸で

茂み対岸で3m


東コーナー西端

東コーナー西端3m

茂み対岸マドンナ

茂み対岸マドンナ


茂みの中でマドンナ

茂みの中でマドンナ

南コーナーマドンナ

若が帰ってきた


南排水口で若

若移動ペアになる

南コーナーペア

夕日が沈む

南コーナーの内側へ廻る途中、公園の木々の間にきれいな夕日が沈んで行くのが見えた。

夕日が沈む

夕日が沈む

夕日が沈む

南コーナーマドンナ

夕日に見とれて、南コーナーの内側に着いた時は、マドンナだけがコーナーに居た。
若は、到着前に茂みへ飛んで行くのが見えた。

明日(9日)法事のため早朝から徳島へ出かけます。
コメント返信が遅れる予定ですのでご了承ください。
また、明日の記事は休むかもしれません。併せてご了承下さい。

かわせみ | コメント:10 | トラックバック:0 |

松山秋祭り本番

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今日は松山地方祭です。
早朝から各神社の宮出しが行われ、三津「厳島神社」、「道後駅前」では勇壮な鉢合せが
行われました。
元々「阿沼美(あぬみ)神社」での鉢合せの「四角さん」(町方)「八角さん」(村方)は
各種トラブルから阿沼美神社から離れ、実行委員会の自主運行という形で今年は堀の内公園
の一角(サーカス公演場所)で、朝・夜の2回鉢合せを行いました。
夜の部の鉢合わせを撮影に出かけました。

八角さん

四角さん

四角・もってこい!

八角・もってこい!


四角・いくぞ!

八角・いくぞ!

八角・行くぞ!

四角・行くぞ!


鉢合せ!

鉢合せ!

鉢合せ!

激しい押し合い

鉢合せの1回分(無編集)を動画でも紹介します。
hatiawase.jpg
 ←サムネイルをクリックして
  動画を再生してご覧下さい。



【今日のかわせみ】
ご近所さんのパソコントラブル対応のため、午後4時過ぎから一時間ほど会いに行きました。
途中南西隅の網に一羽を見ましたが、距離があるために諦め東へ迎いました。
東では、茂みの入り口の木でマドンナのお迎えです。
その後マドンナは外に飛び出さず、茂みの中で小移動のため、今日も近距離撮影をさせて
もらいました。

茂み入り口マドンナ

茂み入り口マドンナ

茂み入り口マドンナ

茂み入り口マドンナ


茂みの中で

茂みの中で

茂みの中で

茂みの中で


茂みの中で

茂みの中で

茂みの中で

最後は茂み対岸

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

祭りの季節

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

愛媛の祭りの季節がやってきました。
明日は松山地方祭です。
松山の秋祭りは鉢合せ(ぶつかり合い)の「喧嘩神輿」が有名です。
その中でも荒々しい鉢合せで有名な「四角さん」「八角さん」の阿沼美(あぬみ)神社は、
色々なトラブルから境内での鉢合せが無くなってしまいました。
7年前の境内での鉢合せ状況を紹介します。

2004阿沼美神社

2004阿沼美神社

2004阿沼美神社

2004阿沼美神社


2004阿沼美神社

2004阿沼美神社

2004阿沼美神社

2004阿沼美神社


2004阿沼美神社

2004阿沼美神社

2004阿沼美神社

2004阿沼美神社


【今日のかわせみ】
今日のかわせみ君たちは、比較的至近距離からの撮影をゆるしてくれました。
まばたきや、呼吸がわかる距離のものもあります。(最短約3m)
撮影順にアップしてみました。

センダンで

柳下の石垣

飛び出し

コーナー西石垣


センダンで

排水口でペア

排水口で若

茂みでマドンナ


茂みでマドンナ

茂みでマドンナ3m

マドンナ4m

マドンナ4m


東歩道下石垣で若

足元流れ込みで

足元流れ込み上

足元3m

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

コスモスの季節

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

あちこちのブログで「コスモス」が花を咲かせ始めています。
コスモスは、「秋桜花」とも書きますよね。そう、秋の桜なんです。
華やかさから各家庭の庭先にも多く見られますが、休耕田を利用してたくさんのコスモスを
見てもらう場所もあります。
そんな一つ「八幡浜市釜倉」の棚田のコスモスを昨年の画像と動画ですが先取り紹介します。


釜倉コスモス1

釜倉コスモス2

釜倉コスモス3


釜倉コスモス4

釜倉コスモス5

釜倉コスモス6


釜倉コスモス7

釜倉コスモス8

釜倉コスモス9


釜倉コスモス10

釜倉コスモス11

釜倉コスモス12


釜倉コスモス13

釜倉コスモス14

釜倉コスモス15


釜倉コスモス16

釜倉コスモス17

釜倉コスモス18

動画でも紹介します。
コスモス ←サムネイルをクリックすると
  動画をご覧いただけます。
  (手持ちのため揺れご容赦)


【コスモス雑学】
 原産地:メキシコの高原地帯
 和名 :秋桜(あきざくら)
  キク科コスモス属の花で、29種ほどあり一年草と多年草がある。
  日本で園芸用として栽培されているのは、一年草のコスモスとキバナコスモスの2種類
  チョコレートコスモスは多年草です。
 品 種:代表的な「センセーション」の他、花弁が筒状の「シーシェル」や、半八重咲き
     の「サイケ」、縁取りのある「ピコティ」など25種類と「キバナコスモス」15種
     類(うち一つは日本で作り出された)とチョコレートコスモスです。
 雑学その他
  シーシェル、サイケ、チョコレートコスモスには8年ほど前に「国営まんのう公園」で
  初めて出会い知りました。
  国営まんのう公園では、傷んだ花は摘み取り、いつもきれいな花だけが見えるように
  管理されており、写真をとるにはもってこいの状態です。


未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

再開で再会(Ⅲ)

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

再会シリーズ最終回(Ⅲ)です。
今日のかわせみの色々な場所での様子をお届けします。
今日の画像は遠いものや、ピントの甘いものもありますがドンとアップします。
柳の伐採で長期休憩場所を失ったかわせみの様子を見に南入り口へ向かいます。
柳の対岸(南岸)の石垣上に居て、そこから餌を獲ったり、新たに休憩場所にしたと思われる
柳の西側の桜を移動していましたが、伐採された柳の枝にも止まりました。

南入り口柳対岸

南入り口柳対岸

南入り口柳対岸


南入り口柳対岸

南入口橋のたもと

南入り口柳で


柳横の桜で

柳横の桜で

柳の対岸で

南西隅の網にも止まりましたが、決定的な休憩場所を失ったせいか、長い休憩時間は見られ
ませんでした。
東では、鳴き声から、マドンナを最初に見た神社横の茂みのはずれで、やはりマドンナを
見つけました。

南西角網で

東神社横の茂み

東神社横の茂み


神社横茂みで

神社横茂みで

神社横茂みで


神社横茂みで

神社横茂みで

神社横茂みで


神社横茂みで

南排水口

流れ込みから


ボートで

茂み対岸ペア

南コーナー付近


南コーナー付近

茂みの中で

茂みの中で

この茂みに入ったのは、3匹が固まって飛行して来てからです。
若とマドンナ、あと1羽はどこから来たのかが不明です。
三匹が飛び込んだあと盛んに鳴き声が聞こえて来ましたが、確認のため茂みに入りましたが
一羽しか確認できませんでした。

茂みの中で

茂みの中で

東歩道下石垣





未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

再開で再開(Ⅱ)

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

昨日(3日)の「かわせみ日記」です。
フィールド環境に変化がありました。
それは、誰でも至近距離でじっくりとかわせみを見られる唯一の場所だった南入り口の柳
が、バッサリと伐採されました。
大きな柳が斜めに生えているため、枝が茂ると重さで堀に倒れこむためだと思いますが、
安全管理上しかたないのかも知れませんが、かわせみファンには残念なことになりました。

南入り口柳

南入り口柳

南入り口柳

公園も秋の空気と彩りが増してきましたが、まだ東の茂みの日陰には彼岸花が咲いています。

公園の秋

茂みの彼岸花

日陰の彼岸花

【今日のかわせみ】10.3
外回りで、北→西→南と見回ってみました。
南西角の網の上にペアで止まっているのが見えましたが、直ぐに西向きの石垣へ移動して
行きました。
後は、小刻みに北へ北へと移動して行くのを確認後南入り口へ向かって移動して柳の伐採に
気付きました。
昨日、今日と東のフィールドでは存在場所が分かりやすくなりました。
それは、若とマドンナを一緒に見かけることが多く、2匹の出会いの時は遠くでいても
マドンナの鳴き声がよく聞こえます。
単独でいても、時々鳴いて若を探しているようです。
若はあまり鳴きません。それでも活発に動きますから、飛んでいる姿をよく見かけます。
それでは、今日のかわせみを

南西コーナーで

茂みの中で

茂みの中で


茂みの中で

第二センダン

第二センダン


市内電車と

市内電車と

市内電車と


第二センダン下

南角の桜で

南排水口に若


茂みでマドンナ

茂み→南コーナ

排水口では若が


内側は餌が多い

マドンナ羽繕い

茂みでペア・右が若


茂みのマドンナ

茂み下で魚ゲット

茂みで葉隠れ


久々センダン

センダンで

南岸噴水前


再び茂みでペア

茂みのマドンナ

薄暗くなってきた

二羽で居るときは、遠くまで鳴き声が聞こえてくるので探すのは今がチャンスだと思います。
今日は動画を一つ
madonna.jpg 
←サムネイルをクリックしてご覧下さい。
 マドンナの羽繕いがご覧いただけます。
 両手(?)両足、嘴・頭がよく動きます。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

再開で再会

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

今回は、昨日(2日)と今日(3日)の「かわせみ日記」ですがまずは2日の状況から。
昨日(10月2日)は松本から帰り、荷物の整理をして早速フィールド巡回に出かけました。
堀の内公園では地方祭を前に、市内の大神輿24体が集合して「大神輿総練」が行われており
「北小唐人」と「持田連合」の鉢合せ中です。
それを横目に、人出と騒音を避けて外回りで東フィールドの南へ回りました。
居ました! 南歩道下の土管に姿が見えます。
ところが、向こうから大神輿総練の観客らしい子供連れが近付いて来ます。
子供2人と母親は時々歩道の手摺から身を乗り出して、下を泳いで来る白鳥を見ています。
やがて土管近くまで来たため、かわせみはあわてて飛立ってしまいました。
はるか西方向へ飛んで行くのを確認し、南入り口の柳まで行ってみました。
やはり、柳の中に潜んでいました。

南入り口柳で

南入り口柳で

南入り口柳で

どうやら東の若のようです。
ここでやってきたE新聞の元部長さんと立ち話中に、対岸の石垣上へ移動し、また東方向へ
飛び去りました。
東の茂みを覗くと、ここにも一羽います。 こちらはどうやらマドンナのようです。
これも暫くして、南の排水口へ移動して行きました。

南入り口対岸

茂みの中で

マドンナ再会


茂みのマドンナ

茂みのマドンナ

茂みのマドンナ

排水口へ移動したマドンナに落ち着きがありません。
遠くを見たり、賑やかに鳴いています。
するとそこへ若がやって来てツーショットです。

排水口へ移動

若がやって来た

若とマドンナ

南の排水口の上へ回る前に若は飛立ち、マドンナだけが残りました。

排水口のマドンナ

排水口のマドンナ

ボートへ移動

マドンナも飛立ち、茂みを通過してボートに止まりました。
流れ込みへ向かう対岸に若を発見し、背後へ回ってみました。
最終は、帰宅前の南西隅の網の上にいる一羽をゲットです。

西岸の石垣に若

若の背後から

南西隅の網で




未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

セントレアから松山へ

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

昨日(10月1日)は保育園の運動会。
かけっこで、ぶっちぎりの1位だった弟くんの祝勝会(?)をおすし屋さんでした後は、公園
でサッカーもどきのお付き合いで、風邪気味「ジイジ」はへとへとです。

たんぽぽ咲いた

朝顔まだまだ

彼岸花も蕾が

彼岸花

10月2日 6:20乗合タクシーで松本から中部国際空港(セントレア)へ向かう。
途中休憩は「駒ケ岳SA」と「内津(うつつ)峠SA」で10時前にセントレア到着。

6:20松本出発

中津川付近

内津(うつつ)峠SA


セントレア国際線

4Fちょうちん横丁

4Fちょうちん横丁

11時55分 セントレア発 ANA1825便で松山へ向かう。
全体的には雲の多いフライトでしたが、時々見える地上の様子をアップしてみました。

桑名市上空

琵琶湖上空

琵琶湖上空


淡路島が見える

加古川上空

播磨灘・家島


玉野市上空

瀬戸大橋・児島市

庄内半島


鞆の浦

笠岡市上空

福山上空


尾道上空・百島?

生名・佐島・弓削島

伯方島・大島


伯方島

大三島橋

伯方大島大橋


来島大橋

今治市

波方ターミナル



未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。