気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

時間が無くて

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
ちょこっと一時間ほどの見回りでした。
西では桜で雄らしき姿を確認し内側へ回りましたが直ぐに飛び出し姿を見失いました。
東ではボートが出て清掃をしています。
高い枝に避難してしまうとなかなか姿が発見できません。
そこで、巣穴近くで動きを観察してみました。
巣穴へ入る前に止まる、特定の枝がピンスポットで見える離れた位置から枝を注視していると
視界の中で何やら動いた。
そちらを見ると餌を咥えた姿が木の陰にあります。すぐに巣穴にはいりました。
15分後、ウグイスの鳴き声が聞こえるのでBGMにとビデオのスイッチを入れて用意した
ところへタイミングよく餌を咥えて飛び込んできました。
(今日の一連の観察動画アップしました。今日の撮影全てです)

西歩道から

内側から

巣穴へ飛ぶ

やって来ました

【今日の動画】  2012.04.30
本日撮影分全画像です。
下のサムネイルをクリックしてご覧下さい。
defaultCAAMQ8KN.jpg

スポンサーサイト
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

初夏の薫り

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
お堀の土手にツツジがたくさん咲き、木々も新緑を付けてお堀の風景が初夏のそれになって
きました。

北堀

北堀にて

北から西堀

北堀南岸


北堀北岸

東堀と松山城

たくさん咲いた

シロツメグサ


良質の蜂蜜が採れる

ハルジオン

マツバウンラン

コメツブツメクサ


【今日のかわせみ】 2012.04.29
午前中客人が「坂の上の雲」の録画BD全編を見ていることに乗じて、フィールド巡回をして
きました。
今日は巣穴付近の状況観察からです。
15分も待つと魚を咥えたマドンナが、静かに巣穴前の小枝に止まりました。
ここで3分あまりキョロキョロしながら周りの様子を伺っています。
そして異常が無いことを確かめて、巣穴へ飛び込みました。
巣穴から帰ったマドンナは北岸で休憩しています。(この間に新しい出会いがありました)

餌を咥えて

巣穴前枝で

辺りを警戒

まだ入らず


向きを変えて

巣穴へ

北岸で

休憩中マドンナ

午後は客人と買い物に出かけ、「秋山兄弟生誕地」とドラマ「坂の上の雲」の撮影に使われた
38サンチ砲のレプリカを見学してきました。
帰りの北フィールドでは、抱卵交替で出てきた媛が、網近くで水浴びをしているのを車窓から
眺めました。(16:00)
帰宅後、客人に断りを入れて、東へ向かいます。
南歩道から見ると、新止まり木近くでマドンナがツツジの花見をしています。
今日の午前中の出会いPENTAX-K5-500㎜の主(じゅんさん)も来ています。
1人で対岸へ向かい、石垣上のマドンナに接近撮影です。
しばらくしてマドンナは東へ飛立ちました。
内側東から外側へ回り、神社前でじゅんさんに出会うと、茂みで鳴き声が聞こえてきます。
神社横から茂みを見ると定位置に居ますが、曇りの午後6時頃のため非常に条件の悪い撮影
でしたが、茂みの中から神社横へ出てきました。
これでも少々暗い条件下ですが何とか収めると、対岸の桜へ飛んで行きました。

北岸で花見

北岸で

北岸接近

茂み定位置


少々暗い

接近ノイズだらけ

神社横で

もううす暗い

しかし考えてみると、午後6時をとっくに過ぎていますが、まだ桜に止まり巣穴へは帰りそう
にない状況です。
もう添い寝の必要がなくなったのでしょうか?
それとも若がまだ巣穴で居るので、交替してから巣穴に帰って行くのでしょうか?
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

ゴールデンウィーク

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
今日から世にいうゴールデンウィークの始まりです。
会社勤めの頃は、年末年始とゴールデンウィークが長期休暇の取れるチャンスでした。
しかし毎日サンデーになってからは、そのありがた味が薄れてきています。
それよりも、どこへ行っても人出の多いこの時期を避けて計画を立てる事の方が多くなり
ました。
今年は、この休みを利用して客人が来ることになり、午前中に空港まで出迎えに行きました。
午後はビデオクラブの例会があり、あわただしいドールデンウィーク開始となりました。
明日以降も客人との予定が入っており、のんびりかわせみ観察やブログ更新ができないかも
しれません。

空港にて

空港にて

空港にて

空港にて

午後のビデオクラブの例会で訪れた会員宅にモッコウバラが咲いていました。
これは約3年前に、我が家のモッコウバラを挿し木して差し上げたものです
嫁入り先で、花を咲かせました。

我家のヒメウツギ

モッコウバラ

モッコウバラ

モッコウバラ


【今日のかわせみ】 2012.04.28
今日は午前、午後ともにゆっくりとフィールド巡回ができませんでした。
それでもそのまま済まさないのがおやっさんです。
ビデオクラブからの帰りに車で回り道をして、東フィールドと北フィールドを見てきました。
東フィールドの巣穴へのコースに差し掛かると、車を追い越して一羽が巣穴へ向かいます。
車を路肩へ停めて見ていると3~4分して、巣穴方向から堀へ向かって飛んでいきました。
北フィールドは、堀横を通行中に遠ざかって行く鳴き声が聞こえました。
信号で停車中に鳴き声がして、フィールドへ帰って来て網に止まり、水浴びを始めました。
(18:00抱卵交替で雄が出てきたと思われます)
画像が一枚もありませんから、動画を一本アップします。
昨日の柳周辺レポートの動画版です。
↓サムネイルをクリックして動画をご覧下さい。
defaultCAP3PKNX.jpg
未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

今しかない

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
今日の堀の内はF中学校の写生大会で東フィールドが賑やかです。
何回通っても「コンニチワ!」の声がかかる。
TV局のカメラマンにも2クルー出合った。
一組は、中学生が写生している中で咲きそろってきた「ヒラドツツジ」の撮影、もう一組は
知り合いで、二の丸での「野草展」取材帰りでした。
両方の取材内容が今夕のニュース番組の中で流れていたので見た方も多いのでは。
写生をしている中学生達の背後に「タツナミソウ」の群生があり、一面が青くなっている。
一昨日の記事でも載せましたが、花の命は短くて「今しかない」と撮りまくりです。
ついでに、咲き揃ってきたツツジも。

タツナミソウ1

タツナミソウ2

タツナミソウ3

タツナミソウ4


タツナミソウ5

オニタビラコ

オオイヌノフグリ

オオイヌノフグリ


ヒラドツツジ

ヒラドツツジ

ヒラドツツジ

ヒラドツツジ

【ちょっとしたハプニング】
北のお堀でベルさんと出会い、対岸のかわせみを見ていると、目の前のお堀に何やら
黒いものが落ちてきた。 最初はハトかと思ったがカラスの赤ちゃんです。
必死で泳いでいますが、手の出しようがありません。
やがて岸近くまで泳ぎ着いたのを見た通行人の男性が助け上げて草の上に置いてやりました。
ところが親のカラスは、子供を取られると思ったのか、怒って木の枝を折って落としてきたり
木の枝をつついて木の皮を落としてきたりして威嚇してきます。
結局カラスの子は、別の通行人が籠に入れて飼って見ると、連れて帰りました。
↓下のサムネイルをクリックして動画をご覧下さい。
defaultCAVTHVID.jpg

【今日のかわせみ】 2012.04.27
午前中、写生をしている中学生の目の前の梅ノ木に、若が飛んで来ました。

梅の枝で若

梅の枝で若

梅の枝で若

茂みの高い枝へ

午後の東フィールドでは、ベルさんが北堀から回って来ていたのと合流。
マドンナが茂みから柳の木に飛び移ったので、南の歩道から撮影する。
柳から飛び込んで小さい魚をゲットし、給餌用に咥えて巣穴へ飛んで行った。

柳でマドンナ

飛び込みゲット

雛への給餌用

巣穴へ向かう

暫くすると帰って来て、また柳に止まった。
ベルさんは帰りを急ぐため別れ、内側へ回る。ベルさんも南の歩道下でまだ粘っている。

柳でマドンナ

内側から

風に揺られて

市内電車が通る


葉が揺れると

陽が当たる

あそこにツツジが

あれは鯉のぼり

ベルさんが帰った直ぐ後を追いかけるように西方向へ飛び去った。(自分の食餌?)
巣穴近辺でカメラを構えず様子見をすることにし、向かいました。
あの人慣れしたマドンナでも、巣穴に入るときは近くの枝に止まり、辺りを覗ってから
慎重に行動しています。
動けない子、動かせない巣を守る親の用心深さを改めて感じました。
やはり巣穴は場所さえわかればいいことで近寄るべきではないですね。
そろそろ「巣立ち見守り隊(たい)」の募集でもしましょうか?。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

今日のかわせみ

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
今日は所用があり外出でした。
夕方4時過ぎ、東フィールド近くを帰宅中に、車の前をマドンナが横切りました。
(場所・体の色で判断)
「今日は来ないの?」と言われたようで、帰宅後直ぐに自転車に乗り換えて出かけました。
ちょうど夕食時間帯のため、じっくりと観察できないと思い、餌運びの様子を中心に観察
することにしました。
推定孵化日から4日目ですので、若もマドンナも巣を空けて餌運びをしているようです。
夕方なので特にそうなのかも知れません。
夜泣きをしないように、しっかり餌を与えて夜を迎えるんでしょうか?
撮影も、かなりのスピードで行き来していますから思うように撮れません。
それと、行き来のルートや、巣穴がある茂みの侵入ルートなどを撮影しましたが、
現時点での公開はお許しください。
今日は東へ来るときに様子を見ながらの西の雄2枚と、東の茂みの中の高い枝に止まった
若、南歩道下から餌を狙うマドンナの4枚だけです。

西堀石垣で

西堀桜の枝

東茂みの高い枝

南歩道下の石垣


【今日の動画】
巣穴からフィールドに出て来たマドンナが食餌のあと水浴びと羽繕いを始めました。
下のサムネイルをクリックして動画をご覧下さい。
20120426.jpg 
 14回の水浴びを全部撮影してみました。
 静止画・スローモーションもあります。 



未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

また午後雨です

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
東堀の、内土手の一角に「タツナミソウ」が群生している場所があります。
日当り(木漏れ日)の関係で、午前と午後の一回その辺りがスポットライトに照らされたように
なる時間帯があります。
今ほぼ満開状態ですから、その時間帯に出くわすとラベンダー畑のようできれいですよ。
堀側のツツジの植え込みの間には当たり一面に「オニタビラコ」の黄色の花が咲いています。
ツツジの花に混じって、今この花がお堀で目立っています。

タツナミソウ群生

タツナミソウ

オニタビラコ
 
オニタビラコ


【今日のかわせみ】 2012.04.25
写真展に寄った昼前に東へ回ってみると、マドンナが北岸に現れて水浴び後の羽繕いをして
います。
ほぼ終わりに近く、やがて石垣を小移動しながら、餌を探しています。
数回の移動で餌をゲットすると、そのまま巣穴へ向かって行きました。
午後は、写真展再訪のため西堀の内側を通り南へ向かいます。
西入口から南の石垣を見ると、雄らしき姿があります。
そこから飛び出し、こちらへ向かって来て、北詰めの桜に飛び込みました。
確認しようとしたところ、今度は南へ向かって飛び去ってしまいました。
中間地点の桜の枝の中に姿を見つけましたが今度は北へ向かって飛び出してしまいました。
西を諦めて南へ向かうと、入口に近い桜にマドンナがいます。
ツツジの植え込みを隔てた位置で睨めっこです。

午前北岸で

南入口付近桜

休憩中かな?

落ち着いています


暫く睨めっこ

達磨さんが・・・

笑いません

南橋の袂で

写真展再訪の後は、餌運びの状況把握ですが、あめが降り出しました。
雨宿りの木の下で2回の餌運びを確認しましたが、午後5時前には相次いで二羽が巣穴方向
へ飛び込み出てきません。(飛び出しの確認漏れは無いと思います)
雨も降り続きそうなので、今日はひとまず退散です。

【今日の動画】 2012.04.23撮影
defaultCAL2Z6G6.jpg 数え切れないくらいの餌ゲットシーンを見てきましたが、
 ハヤ、ムツゴ、エビ、ブルーギルがほとんどのこのフィールドで
 ドンコは初見です。
 ←左のサムネイルをクリックして動画をご覧下さい。

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

もういいよ!

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

かわせみの餌運び観察のために、コースが見渡せる場所でしゃがんでいると目の前の花に
蝶が止まりました。
花は「マツバウンラン」で蝶は「ヤマトシジミ」です。
花が終わってたくさんの実を付けた「スズメノエンドウ」にも小さな虫たちがかくれんぼ
しています。「もういいよっ!」といってもおやっさんには丸見えですよ。

ヤマトシジミ

マツバウンランに

花になって

隠れたつもり?


スズメノエンドウ

見つけたっ!

ナミテントウ

カラスノエンドウ


【今日のかわせみ】 2012.04.24
午後からの所用予定があるため、午前中に様子見に出かけました。
茂みに若が居ます。
そろそろ交替の時間(巣穴保温のため)ですが、向かいの桜の枝に飛び上がりました。
内側へ回り込むと、しばらくして柳へ移動します。
そして、南歩道下の石垣へと移動して高い場所から飛び込みました。
柳の下で見ていると、こちらへ向かって飛んできてコーナー付近に止まったようです。
位置を移動して見てみると、魚を咥えなおしています。
そして、頭を先にして咥え巣穴方向へ飛んで行きました。

茂みで若

雛壇の下見ですか

桜で若

ここは雛壇無理


柳で向こう岸偵察

南歩道下へ

魚の頭が向こうに

交替時雛への土産?


午後は5時前に到着となったために、巣穴往復のコースが見える場所に陣取って観察です。
1回の食餌タイムで餌を運んで来た親鳥が巣穴に留まるのが2~3分で、3匹運んで来ました。
全くの推測ですが、孵化直後の雛の食べる量と魚のサイズから考えると4~5羽の雛が生ま
れたようです。
雛が自分で受け取って飲み込む頃になると、巣穴滞在が2~3秒です。
孵化直後は、一匹の魚を数羽に分け与えるために滞在時間が長くなるのではないか?
その魚が3匹必要な場合を考えた雛の数の推測です。
未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

やったね!

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
今日はまず下の写真を見てください。
重要な内容を含んでいますがお分かりでしょうか?

やったね

?????

説明は後ほど【今日のかわせみ】で・・・

今日は、南予の御荘(みしょう)で日中の最高気温が25.1度の夏日を記録しました。
朝から上天気で、各地で5月下旬並の気温を記録したようです。
堀の内もツツジの開花が加速度を増し、ツツジ一色に彩られる日も近いと予想されます。

かわいいね!

ツツジ風景

ツツジ風景

随分咲きました


白も赤も

ツツジ(白)

ツツジ(ピンク)

ツツジ(白)

【綿毛の詩】ツツジの間にある綿毛で遊んで見ました。
「オニタビラコ(鬼田平子)と「ノボロギク」(野襤褸菊)の綿毛です。

 

 

 



 

 

 

 


 

 

 

かわせみ足元に

やったね!…の続きを読む
未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

まあだだよ~

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
先日も登場しましたが、我が家のベランダのバニーテールが花盛りとなっています。
ほんの少量の種を蒔いただけですが、いったい何匹の兎が尻尾だけ覗かせて隠れんぼして
いるんでしょう? もういいかい?

バニーテール1

バニーテール2

バニーテール3

バニーテール4

モッコウバラも花をたくさん付けています。
今日は雨が降ったりやんだりで、葉っぱの間や花びらの間にこれまた雫がかくれんぼです。
雨はあがったようです。 もういいかい?

モッコウバラ

かわいいバラです

花間に水滴が

花の下にも雫


これも花と花の間

蕾の間にも

花びらにも

この花にも


【今日のかわせみ】 2012.04.22
気になっているのは孵化日です。
雨が降ったりやんだりで、東フィールドの南コーナーへ着いたのが15:50頃でした。
同時に北岸方向から鳴き声がして、かわせみが飛び上がって来ました。
そのまま一直線に歩道上を飛び、まっすぐ木立の中へ消えて行きます。
ちょうど南側の堀から流れ込み方向へショートカットするコースです。
約8分後に今度は流れ込み方向から水面を飛び、南コーナーを曲がって西方向へ消える姿が
ありました。
時間的に考えると、先に飛んで行ったのが若で、後から飛んで来たのがマドンナだと思われ
ます。(抱卵交替だとすると)
その後注意深く見るために、外回りで南入口まで向かいました。
(神社から見ると、北岸西の端付近で飛び込みらしき姿が見えた)
越境ポイントも確認しましたが姿が見えず、東へ戻ると茂み近くの水面を北へ向かう姿を発見。
追いかけてみると、センダンに飛び上がる姿がありました。
センダンまで行きやっとマドンナを確認しました。
その後、東歩道下石垣→茂み→神社横→桜と渡りながら食餌をし、北岸で小休憩に入りました。
マドンナに聞いてみたい。「雛は誕生(孵化)したかい?」 答えは・・・・・。

この上を直線で

神社から北岸

センダンに上がる

マドンナセンダン


センダンで

さて次は?

対岸石垣へ

茂みで


神社横で

対岸桜で

対岸桜で

北岸で小休止


情報:西にはやはり雄と雌が居る。
   昨日と今日連続で二羽の姿を発見しました。
   しかし、東や北のようにはあまり鳴きません。
未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

フジの花の下で

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
毎年恒例の庚申庵「連句興行」が、今日の午後1時から開催されました。
ビデオ撮りも例年通りです。
ここ庚申庵はノダフジで有名ですが、今年は花が遅いようですが、花数は多そうです。
長いものは1m以上にもなりますから、全部が咲きそろう頃には見事で楽しみです。
今の園内は、シロフジが7分咲きで利休梅、シャガ、ヤマブキ、ボタン、芝桜、ツツジなどが
咲いています。

庚申庵

連句興行解説

ノダフジ

シロフジ


利休梅

ぼたん

シャガ

シャガ

【連句】
連句(れんく)とは、俳諧の連歌のことです。
五七五の句の後に七七の句を交互に付けていき、三十六句(歌仙)、五十句(五十韻)、
百句(百韻)等よりなっている、句による連想ゲームのようなものです。
毎回時間の関係から、十八句による半歌仙で行われます。
複数人が集まって座を形成し(当日は5人)、捌き(取り纏め)と連衆(座の参加者)が詠んだ
句の中から1句を選び、その句に対して同様に次の句を詠んでいきます。
俳句に比べてルールが複雑です。
季語はもちろんですが、例えば、「月の定座」「花の定座」といって五句目と十三句目には
「月」、十七句目には「花」を詠むなどです。
結びの句(半歌仙だと十八句目)は、挙句(あげく)といい、「挙句の果て」の語源です。

【小さな花シリーズ】

オニタビラコ?

?不明1.5mm

葉内花(ハナイバナ)

タツナミソウ


【今日のかわせみ】 2012.04.21
今だ給餌飛行せず!
ひょっとして読み間違えたのではないかと思い過去の観察記録を見直してみると、抱卵開始
は4月5日か6日の可能性が考えられる。
すると、孵化は22日か23日あたりになる。
今日も午後4時頃にマドンナがフィールドに現れ、茂みの定位置で水浴びを始めた。
抱卵交替なら定時で、これから宿直準備に入るはずです。
茂み周辺で食餌タイムに入り、エビ3、魚1は確認できた。

茂みで水浴び後

定位置枝で

エビ餌ゲット

次はどこで


新設パイプ手摺

ここで狙う

横走り移動

なかなか居ないね


茂み対岸へ

この石定位置です

スタート台みたい

キュウリグサと


東コーナーで

作業小屋横

作業小屋前ポール

東歩道下石垣

雨がポツリポツリと降ってきました。
マドンナは東歩道下の石垣から飛び込んで餌をゲットし、センダン下石垣で食餌した。
雨具の用意をしていないので帰宅することにしたが、孵化日確定のための観察は明日も
続く。(巣立ち日を正確に知る上で重要ポイントです)

【今日の動画】
↓下のサムネイルをクリックして動画をご覧下さい。
defaultCA0FQNBT.jpg
 神社新設のパイプ手摺で横歩き中に足を滑らせます。
 ストレッチは標準パターンで行い、ペリットを吐き出す予感。
 やがてペリットを吐き出しました。

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

雑草も精一杯

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
堀の内公園にある八重桜のうち、ガンセンター跡の一葉と公園内に並木として植えられた
一葉と関山(かんざん)です。
どれも見頃で、八重の大きな花だけに枝が重そうです。

ガンセンター跡・一葉

公園・一葉

公園・関山

関山・背景並木

昨日も小さな花を紹介しましたが、まだまだあります。
見落としてしまいそうな雑草ですが、いろいろと季節の移り変わりの中で花を咲かせています。

クローバー

クローバー

クローバー

キュウリグサ群生


キュリグサ

キュウリグサ

風に離れて

タンポポ綿毛


ヒメウズ

カスマグサ

カスマグサ実

アメリカフウロ草


【今日のかわせみ】
昨日(19日)12:30頃のマドンナです。
茂みの中から飛び込んでエビをゲットし、ボートで食餌をして次の餌を狙うべくボート係留
用のポールに止まりましたが、作業小屋を回りこんで姿を消しました。

茂みでマドンナ

茂みでマドンナ

ボートでエビ食餌

係留ポールで

午後訪れたときには、既に交替でマドンナの居るはずの時間帯でしたが、姿を見ることが
できませんでした。若の姿もありません。
昨年の孵化日のかわせみの行動と照らし合わせて、すわ孵化か! と考えました。

今日は午前中の時間が取れず、午後3時過ぎからの観察となりました。
フィールドに着いて、流れ込み近くで様子を見ていましたが動きがありません。
しばらくすると、鳴き声が聞こえるのでそちらへ行くと、第二センダンに若の姿があります。
第二センダンからダイビングし、桜へ向かいました。
その後は、桜→東石標→センダン→茂み対岸→茂みと移動しながら食事をし、茂みでは水浴びを
始めました。
どうやら交替時間が迫っていて慌しい動きをしていたようです。
この間も雛への餌運びはありませんでした。
昨日の動きは何だったのでしょうか。
どこかで雨宿りをしていたのを見逃したのかもしれないし、孵化当日や翌日までくらいは、
生命を維持できる程度しか餌を与えないこともままあるようで、まだ確定はできない状態です。
午後4時過ぎにはマドンナがフィールドに帰ってきました。
北岸で水浴びをし、食餌体勢に入りました。
途中でストレッチを行いましたが、最後にいつもと違うスクワットのような動作があり、
抱卵体勢の疲れ取りのようにも見えました。(動画あります)

坊ちゃん列車と

桜で 1/30 F3.4

1/30 F3.4

桜で


センダン 1/100 F3.4

1/100 F4.0

北岸 1/30 F3.4

北岸 1/30 F3.4!


さてと 1/30 F3.4

羽を延ばして

背伸びして

抱卵座り?


【今日の動画】 2012.04.18・20
↓4月18日 茂みの中で羽繕い中のマドンナに接近撮影
default20120418.jpg
↓4月20日 いつもとは違うエクササイズが最後にあります。
 抱卵お疲れのようですね。 あと少し頑張れ!
default20120420.jpg

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

雨の前に

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
今日の天気予報では午後には雨が降り出しそうなので、昼前にちょいとお堀フィールドを
一回りしました。
もちろん目的はかわせみ達ですが、雨が降れば崩れてしまいそうな綿毛や小さな花が目に
止まり、文字通り道草してしまいました。

カタバミ

葉内花

オドリコソウ

ノゲシ


ノゲシのワタゲ

ハコベ

オオイヌノフグリ

コバンソウ


カラスノエンドウ

たんぽぽ綿毛

マツバウンラン

コメツブツメクサ


【今日のかわせみ】 2012.04.18

茂みでマドンナ

卵は5個以上?

格好の休憩場所

水面も近いし


回りも見える

巣穴からも一直線

後は大丈夫?

餌もあるわねっ


上空からは?

それでは

羽繕いして

お出かけしましょ


もう花が無いわね

頭上に少し花が

あれはなあに?

見に行ってみよう


鯉のぼりだって

デカイお魚ね

水が無いのに

あの鯉とは違う


男の子のお祝いね

うちにももうすぐ

生まれるわよっ

祝ってやってね!


2012.04.19
昨日の夕方からかわせみの動きがいつもと違います。
今日も昼過ぎまでマドンナがフィールドに居たのですが、夕方の交替時間をとっくに過ぎて
いるはずの時間帯に訪れましたが、フィールドに出てきていません。
昨年の孵化日も、親鳥が二羽とも巣穴に留まり、卵の殻を巣穴の外に出したり巣穴の掃除を
した痕跡がありました。(たぶん食事も採らずです)
ひょっとすると孵化が始まったのかもしれません。
かなり雨が降ってきたので帰宅しましたが、明日の朝には確認が必要です。

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

初夏に向かうⅤ

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
花の変わりなどで初夏に向かう景をお伝えしていますが、おやっさん的にはやはりこれで
決まりでしょうね。(桜花しべと鯉のぼりにかわせみ 2012.04.18)

鯉のぼり見たさに高上り

堀の内ではヤエザクラが見頃を迎えようとしています。
場所は、二の丸庭園入口、がんセンター跡(公園北入口付近)、西東屋の西側(並木)です。
三番町通り、千舟町通り街路樹として桜並木があります。
淡いピンクが「一葉(いちよう)」で濃いピンクが「関山(かんざん)」です。
お堀の土手はもう直ぐ、白・ピンク・赤のつつじが咲きそろいます。

八重桜

八重桜に夕陽

つつじ

つつじ


【今日のかわせみ】 201.04.17
昨日のかわせみです。
マドンナがフィールドに居る時間帯に出かけましたが東堀には、鳴き声や姿がありません。
それではと南入口の橋を越えた南堀を見て回りました。
南岸には姿が無く、北岸を探すべく内側歩道を進むと、4月9日に「桜かわ」として撮った桜に
姿がありました。

越境ポイント桜

桜マドンナ

お~いマドンナ

寝てるの?


陽気がいいので

まったりと

お目覚めですか?

ふ~ん!

この桜に居るのを見つけてから15分以上、陽気に誘われて気持ちよくなったのかまったりと
風に吹かれるゆりかごのように休憩しています。
やがてストレッチをして、足元の石垣へ下りました。
ここでは、目の覚めたように盛んに餌探しです。

さて食餌しますか

適当なのが居ない

鱗がひとつ

敵か?


多少は食べてます

急がず

慌てず

ナズナの向こうへ


なかなか浮かない

ナズナです

ナズナです

後黄色はカタバミ

桜も石垣もあまり動かなかったので、同じような画像になってしまいました。
飽きもせずご覧いただきありがとうございました。

このあと、東へ向かって飛び去り、途中でハルジオンや綿毛を見つけて遊んでいるうちに
見失ってしまいました。
抱卵交替のルートが見える場所で待機していると、18:00若が高速で帰ってきました。
無事に交替したようです。

本日(18日)の交替はマドンナがフィールドに出てくるのが遅く、下腹部抱卵場所が汚れています。
一部孵化が始まったのか?明日からの雄の動きに要注意です。
宿直交替は17:50頃に行われました。
未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

初夏に向かうⅣ

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
【モッコウバラが咲く・初夏の花へ】
きのうモッコウバラが2輪開きました。
蕾がたくさんついていたので気を付けていましたが、「ポッ!」という状態でした。
べランダの挿し木も蕾をつけています。
お堀では、ノボロギクやタンポポが綿毛になり、ツツジの蕾も目立ってきました。

モッコウバラ

モッコウバラ

モッコウバラ

モッコウバラ


ハルジオン白

ハルジオンピンク

ハルジオン

ハルジオン


ノボロギク

ハルジオン

ツツジ咲き始め

桜に代わって


【今日のかわせみ】 2012.04.16
ブログの便りでは、ほとんどのペアが産卵期の終盤・抱卵期を迎えたようです。
慌しかった求愛給餌やカップリングの観察・撮影も落ち着いて来た時期になりました。
野鳥の生活リズムは人間と違い、自然界の動きに敏感で植物のそれと似ているように思います。
かわせみは、北海道だけは「夏鳥」となっていますが、餌となる魚やエビの活性化に合わせて
桜前線の動きのように繁殖期を迎えるようです。
お堀では、北の抱卵が始まり、東は先行して後2~3日もすれば孵化を迎えます。

神社前で

排水口へ

排水口上から

排水口上から


排水口上から

籠の中で

籠から脱出

茂みの中で


茂みの中で

茂みの中で

茂みの中で

茂みの中で


茂みから飛び込み

夕食ゲット

さてと次は

どれを狙うかな

今日の宿直準備はボートです。
エビ餌で食餌後、水浴びと羽繕いを入念に行い宿直に備えます。

水浴び飛び出し

体をひねって

ボートに向いて

水飛び出し

水浴びが終わると茂みに戻り休憩ですが、少し早いので作業小屋の横で再度休憩です。
作業小屋横では50分ほどじっと時間調整をして巣穴へ宿直に向かいました。

茂みで休憩

まだ早いかな

作業小屋横で

そろそろかな


【今日の動画】 宿直準備
茂みの枝から飛び込んで、エビ餌で最後の夕食をし、ボートで水浴びと羽繕いを行って
宿直準備を行います。
↓下のサムネイルをクリックして動画をご覧下さい。
default20120416.jpg

未分類 | コメント:10 | トラックバック:0 |

初夏に向かうⅢ

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
【小さなベランダの花】
マンションのベランダなので土がありません。
それでも以前は、原色のドライフラワー用にバラが並んでいましたが、田舎に引っ越して
行き、今ではアロエやオリヅルランなどと少しの鉢があるだけです。
そんな中で小さな花を見つけました。
毎年種を蒔いて増やしている「バニーテール」や「アリッサム」です。
今年はそれに加えてお嫁入りの孔雀サボテン(黄花)が小さな花芽をつけました。
お里のきんじろうさん! 咲くかもしれませんね。

バニーテール

バニーテール

アリッサム

孔雀サボテン花芽

【今日のかわせみ】2012.04.15(本日画像は全て静止画撮影 263㎜相当 ノートリ)
最近のフィールド行きの時間帯は、マドンナがフィールドに居る時間帯が多く、マドンナの
画像が多くなっています。

桜は散ったけど若

若市内電車と

交替でマドンナ

水浴び・羽繕い


定位置の枝で

さてこれから

神社前エノキ

やっぱり茂みへ


南歩道下

南歩道下

南歩道下

新止まり木へ


水面に近くていい

ほら!簡単

あれがいいかな

これもいいわ!


南コーナーで

おやっさん欲しい

おなかもいっぱい

しばらく時間待ち


今日(16日)は早めに食餌し、早めに水浴びをして宿直待機です。
少し早すぎて、作業小屋横のブロックに止まり若との交替待機です。
50分近く同じ場所で待機していました。

宿直待機

宿直待機

宿直待機

宿直待機

17:55頃合をみて巣穴に向かいます。
18:00若が今日の抱卵を終えて帰って来ました。

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

初夏に向かうⅡ

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
だんだんと陽気が増して来たようなフィールド風景になりました。
ぐるり巡回で差しかかった西の入口の隅に鯉の溜まり場があります。
何気なく覗いた鯉の群れにおしゃれなお嬢さん(?)を見つけました。
あたかもアイシャドーを塗ったようなお顔です。
鯉の世界にも恋の季節が訪れたのかな?

ブルーシャドー

レッドシャドー

レッドシャドー

オレンジシャドー

たくさん咲いていた「ノボロギク」も一斉に綿毛をつけるようになりました。

 

 

 

 

シロバナタンポポも綿毛になり、今にも飛んで行きそうです。

 

 

 

 

名残のソメイヨシノの足元はツツジに変わろうとしており、ツツジの間には小さな野草も。

名残桜

ツツジ

カラスノエンドウ

カラスノエンドウ

柳・エノキ等の木々も芽吹き自然界は初夏へ向かっています。

【今日の動画】 2012.04.15
今日のかわせみは、動画先行でお届けします。
抱卵交替でフィールドに帰ったマドンナが、1度だけ食餌をして茂みの定位置へ止まりました。
水浴び後に丁寧な羽繕いを延々と行っています。
↓下のサムネイルをクリックしてご覧下さい。
default20120415.jpg

かわせみ情報追加です。
■東の抱卵は順調のようです。
 朝と夕方の交替はかなり正確に行われています。
 今日も17:50頃マドンナがフィールドから消え、17:57若が予定コースを通り
 帰って来ました。 やはり出発前と帰着後は大きく鳴いていますが(何らかのペア間交信?)
 行き来は一切鳴きません。
■北のペアも抱卵開始のようです。(まだ交替時に立ち会っては居ません)
 産卵中はあれだけ動かず、坊ちゃんからの給餌待ちだった媛が今日は自分で餌獲りをして
 います。(水浴びも)
未分類 | コメント:10 | トラックバック:0 |

初夏に向かう

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
東のペアは抱卵期に入り、若とマドンナが交代で卵を温めています。
今日は宿直交替(マドンナ宿直)を確認のため午後4時を過ぎて東へ向かいました。
今の時間帯は、宿直に備えマドンナが食餌タイムに入っているはずです。
外回りで、南堀の西の端から対岸や歩道下を確認しながら東の神社前に到着しました。
神社の階段を下りて北岸を透かして再確認しようとしたところ、対岸の南コーナーへ下りて
来る人影を発見しました。 ブロ友torakoさんです。 しゃがみこんでカメラを構えました。
その先、7~8メートルにマドンナがいます。
接近撮影の見本のような、服装・姿勢・300㎜レンズの迷彩カバー(ズボンも迷彩ですね)を
ご覧下さい。(torakoさん!無断掲載だけど遠くだからいいよね?)

かわせみを狙う!

7~8mの距離

対岸へ回ってお話を伺うと、桜の枝あり、追っかけありで面白かったとのこと。
話をしている最中にも鳴き声がして、対岸から下の石垣、さらに北岸側に移動して行った
ようです。 torakoさん帰宅のため別れ、北岸を見てみると中間付近の柳より西に姿がある。
ツツジ越しに居場所を確認して、10mほど離れた石垣からアプローチ開始。

北岸で餌獲り中

エビをゲット

かなり食べている

嘴が光る


西日を受けて

抱卵跡がわかる

まだ食べますか?

陽が当たると緑系


次は小魚ゲット

芽吹いた柳下

少し陽陰に

少し陽陰に


少し移動

さらに移動

第2止まり木へ

そろそろ交替時間

第二止まり木からさらに東へ移動したが、思い出したように飛び出し、南コーナーを曲がって
飛び去って行った。17:50
センダン前まで行って待機していると高速で若が帰って来た。17:57
スムーズに交替が終わり、マドンナは宿直に入ったようです。
朝と夕方は、かなり正確な時間に交替があるようです。
昼間に、マドンナのサボリがあった場合は、夕方の交替時間が17:20~17:30分と早めです。

【八重紅枝垂桜】
マドンナが北岸に居る事が判って向かう途中に八重紅枝垂桜が西日を通してきれいに見えた。
足を止めて見ると、一部は散り始めているがまだ満開状態を保っている。

八重紅枝垂桜1

八重紅枝垂桜2

八重紅枝垂桜3

八重紅枝垂桜4


八重紅枝垂桜5

八重紅枝垂桜6

八重紅枝垂桜7

八重紅枝垂桜8

【今日の動画】 大きすぎて!
defaultCAK1DNO0.jpg 産卵を終えてフィールドに帰ってきた雌(媛)が
 雄を探しています。
 雄(坊ちゃん)が「お疲れ様」のプレゼントを持って来ます。
 「もっと頂戴」のおねだりに2匹目を持って来ましたが・・・

未分類 | コメント:12 | トラックバック:0 |

343日を通して

かわせみ観察343日を通して感じたことをそれこそ「気の向くままに」
ご存知の方も多いかもしれませんが。
■かわせみの棲む場所・棲める場所
 お堀で会う方からよく「えっ!こんな所にかわせみが居るんですか」という質問があります。
 清流の宝石などと形容されるため、水のきれいな谷川や小川をイメージされている方が
 多いようですが、水のきれいなところ=魚がすんでいる に置き換えたほうが判りやすい。
 かわせみの生活には、魚やエビが必要です。
 子育て時期には、めだか大から5~6㎝程度の、サイズの豊富な魚が大量に必要です。
 また、街中であることも「こんなところ」に含まれますが、かわせみはかえって都市公園
 などの方が餌が豊富で、多く見られます。
 もう一つ、棲み付くためには、子育て環境としての巣穴が造れることや安全な休憩場所、
 ネグラが水辺近くにあること等があります。
 巣穴は、通常赤土の壁に穴を掘り作りますが、近くにそういう場所が無い場合は、
 コンクリート護岸に設けられた水抜きのパイプや、石垣の石と石の間等も利用します。
 落語の言葉ではありませんが「食う 寝る 所に 住む所」が揃えばどこにでも居る野鳥
 だと思います。
■かわせみの能力(目)
 かわせみが餌を獲る場合に、木の枝や石などからダイビングして水中の餌を獲ります。
 この時にフル活動するのが「目」です。
 この目の能力が凄い!
 近くで見ると瞳に写っている範囲が、前面、側面、背面まであり、死角は背後の一部分
 のように思えます。
 また、足元の水中の獲物を見つける場合、濁りが少々あっても大丈夫だし、高い木の枝から
 数センチの小魚を捕捉することも可能です。
 上空はるかの猛禽類(敵)や、よくあるのですが空高く飛ぶ航空機を捕捉して追っています。
 超遠近両用の目です。
 お堀対岸30~40メートルからでも、撮影中にレンズを通してみるとこちらの動きを注視して
 いることがよくあります。(かわせみからすると人間は巨大な生き物です。)
 また意外に知られていないのは目の位置で、顔の両サイドに飛び出して付いています。
 そのために、水中の獲物を探す場合に、正面を見たり頭を動かして、どちらかの目で横目
 で見たりします。 飛び込む方向が必ずしも頭の向いている方向ではなくあらぬ方向は
 ままあることです。
■かわせみの能力(耳?=聴力)
 これも観察経験からですが、あるときデジイチ望遠で対岸のかわせみ(約40メートル)を
 狙っているときに、シャッター半押しでの合焦音「ピピッ」に反応するのが判りました。
 こちらの背後には自動車や電車の騒音、堀の噴水音がある中でです。
 シャッター音などはもちろんです。(幾度か試して見ましたから確信があります)
 以来、接近撮影では操作音やシャッター音はできるなら消すよう人様にもお薦めしています。
 接近撮影をする場合に近付く場合も、枯葉や枯れ枝を踏む音、木の枝や葉との衣擦れの音
 で気配を察知されることもままありました。

今回記事は文字ばかりの長文ですが、観察・撮影の参考に、またかわせみを知る参考にして
いただければ幸いです。 
今後何回かに分けて目を煩わしてしまうかもしれませんが、いいかな?!(ご意見下さい)
 
未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

連続観察1年の朝

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
松山城のお堀にかわせみが居ることは、随分昔から知っていました。
ビデオを撮ったこともありました。
それは会社勤めの休日を利用してのことです。
当初は「花(桜)追い」で始めたブログですが、リタイアして時間に余裕ができたこともあり
通りがかりに見るカワセミのダイビングやホバリングを記事に書いているうちにだんだんと
世にいう「かわせみ病」を患ってしまいました。
どうせ罹ってしまったら徹底的にと、昨年4月12日から連続観察が始まりました。
昨日でちょうど1年経過し、地の利もあって343日を数えました。
かわせみは、その美しい姿や特徴のある習性などから写真を撮るファンも多いのですが、
「かわせみの居る風景」、習性や特徴などかわせみの生活観察記が書けたらいいなと思って
います。
同じような写真も一杯ありますが、その前後の行動も含めた説明写真だとご理解いただいて
お付き合いいただければと思います。

その通過点の一日としての 【今日のかわせみ】2012.04.12
妻とその友人が、日帰り旅行に出かけるため、5時半に起床しました。
6時前に送り出して、朝食を済ませ、7時頃には北のフィールドに居ました。
南岸の中央付近に、遠目でも判るくらいプックリとした産卵期の媛がいます。
その体型から、今日も産卵があるようです。距離があるのでそのまま東へ向かいます。
南入口まで来ると北岸に宿直明けのマドンナが居ます。
近付いてみると朝食・洗顔・朝シャンと化粧直しをしています。(朝食は動画でも)

北岸で太陽待ち

朝食選び

見つけたっ!

ゲットです


もうちょい

ふ~っ!

太陽が差す

水面反射


明るくなった

今日は暖かい

水面光る

さてと


顔でも洗おう!

朝シャンもねっ

水もしたたる

いい女(?)

予定より早く交替確認場所へ着いたマドンナは盛んに雄が飛んできそうな方向を気にして
チラチラと見ています。
しばらく帰ってこないので、流れ込み近くの石垣に場所を移して待機をしています。

交替待機中

交替待機中

交替待機中

交替待機中

交替はこの後9:20頃若がフィールドに戻って来ました。
さらに5分後にマドンナは巣穴に向かって飛んでいきました。
【今日の動画】
朝一に出会った宿直明けマドンナの食餌風景です。
↓下のサムネイルをクリックして動画をご覧下さい。
defaultCAWIW509.jpg

【花代わり】
ソメイヨシノは風が吹くたびに花吹雪。
八重紅枝垂桜もあっというまに七分~八分咲き。
これから堀の周りを彩るツツジも咲き始めています。

ソメイヨシノ

ソメイヨシノ

八重紅枝垂桜

八重紅枝垂桜


雑草に露の玉飾り

次期主役ツツジ

次期主役ツツジ

次期主役ツツジ


未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

色は匂えど

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
今日は昨夜来の雨が降る中で午前中に愛大病院眼科の定期検診を受けてきました。
散瞳剤を両目に点眼した影響で、小さい文字が見づらく、結局昨日の続編は今日の記事に
含ませていただくことになりました。
雨が上がったごご4時頃からお堀をぐるりと見て回りました。
北のフィールドは、産卵期に入っており、今日も媛はじっと動かずに定位置のひとつ
西の網の横で坊ちゃんの給餌をまっているようすです。
体がプックリとしているところをみると今日の産卵前のようです。
お堀の桜は、案の定水面近くはほとんど散っています。

北の媛

北の西

南の西・一昨日舞台

南入口橋から


東フィールド

コーナー柳と桜舞台

東コーナ桜

第二センダンから


桜カワメイン舞台

舞台への花道

メイン舞台に幕

葉が見え出した


【昨日のかわせみ】 2012.04.10
昨日の桜カワでお届けできなかったものやその他の動きをアップします。

作業小屋ポール

作業小屋屋根から

桜カワになる

ヨッ!見返り美人


桜がお似合い

おすましも

小首傾げても

大きなおメメも


遠目で見ても

うわっ見てたんだ

恥ずかしいっ!

じゃあ改めて


コンニチワ!

でも照れるわっ!

チョッと逃げよっ

付いてくるのね


ここも見えるわね

下りてくるかな?

やっぱり来たっ!

いいわ食餌しよっ

【今日のマドンナ】 2012.04.11
昨夜からの雨でお堀に濁りが入って来た。
東は餌が獲りづらい状態なので、マドンナの姿が無い。
南入口から西は餌獲が出来る程度の濁りなので、西に居るはずだと探してみる。
南岸には姿がないので、北岸を探すが草が邪魔をして見にくい。
やがて鳴き声がかなり西でするので行ってみると、石垣から上の枝に飛び上がるのが見えた。
今年花が咲かなかった桜の枝にいる。
直ぐに、さらに西の、コーナーを曲がり桜の下に移動した。
おいおい!ここは越境もはなはだしい。
西のペアを時々見かけた場所で糞跡がたくさんある場所です。
そんなことはお構い無しに、竹ざおに止まり花見を始めた。

 

 

 

 


 

 

 

 

しばらく花見を楽しんだ後は、東へ向かって帰って行く。
途中で鳴き声がしたので、石垣の上を探しながら南の歩道を東へ向かう途中で、今度は西へ
鳴きながら飛んでいく姿がある。
時計を見ると午後5時20分で、交替した若のようです。
そのまま引き返さず流れ込みを経由して帰宅した。
ここ3日間の交替時間は午後5時20分~30分頃でした。


色は匂えど…の続きを読む
未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

ソメイヨシノ最終章

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
満開を過ぎて散り始めても、木によってはまだ蕾を付けたものや、咲いたばかりの花も
あります。
しかし、もう多くの人は振り向いてくれません。
そんな桜がつぶやきます。「しまった! 来年はもっと早く咲くら!」
今日夕方に雨が降り始めると、雨が当たった花びらがヒラヒラと雪のように舞い始めました。
みるみる地面が白くなっていきます。
雪のように融けませんから、瞬く間に花化粧に変わって行きます。
このまま降れば、明日の朝は別世界になって「ソメイヨシノ最終章」にピリオドです。

電車通過に揺れて

幹にひっそりと

電車見ながら

精一杯開いて


これ以上咲けない

花見客も無く

枝から離れます

雨に打たれて


落花の舞

雪のようです

ベンチにも

無情の雨が続く


【今日のかわせみ】 2012.04.10 今日も長時間休憩
3時前に付いたフィールドの茂みにマドンナが居ました。
早めの交替があったのでしょうか。 水浴びは終わっているようで羽繕いを始めました。

茂みでマドンナ

少し早いですね

羽繕いをして

横の木に移動

ここから作業小屋横で餌を獲り、茂みへ帰って来ましたがまた直ぐに飛び出しました。
対岸へ向かい、願っても無いことが起こりました。
対岸の桜へ一直線に飛んで行き止まりました。 急いで対岸へ向かいます。
対岸へ着くと先客がいます。
先日北でtorakoさんと求愛給餌と水浴びを見たX氏です。
桜カワのメイン舞台はまだ花がたくさんありますが、今期最後の桜カワになるかもしれません。
最初のショットは15:43で隣の梅の枝に移ったのが16:20ですから37分もいたことになります。
今日はその一部と、桜カワ舞台から移動した梅、南の桜、北岸等をご覧下さい。
続きは別便でお届け予定です。

桜かわのマドンナ

スズメとマドンナ

 

 


 

 

南端桜と市内電車

下腹部に抱卵跡


梅ノ木で

北岸で

X氏の目の前に

肩越しに撮ると

・マドンナの抱卵跡は、柔らかい下腹部の毛が左右に分かれ癖毛のようになっていることから
 判ると思います。
・X氏との距離を見てください。近付きのコツが判ればここまで近寄らせてもらいます。
 マドンナの状態・気付かれた時の対応・初期アプローチの方法・目が合ったときの対応等
 いろいろコツがあり、そこは野鳥です何時でも誰でもという訳にはいきません。
未分類 | コメント:14 | トラックバック:0 |

桜花代わり

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
パッと咲いてパッと散る。
潔いことの例えにも使われる桜ですが、今年の桜は文字通りパッと咲いてパッと散り始め
ました。
少し風が吹くとチラチラと舞い、お堀に花イカダを浮かべています。
ソメイヨシノに代わって八重桜(ボタンザクラ・サトザクラ)も咲き始め、堀の内では
「八重紅枝垂れ桜」が見頃近くになりました。

八重紅枝垂桜

八重紅枝垂桜

八重紅枝垂桜

八重紅枝垂桜



散り始めました

遠目ならまだ

はなびらが

花イカダになって

【八重桜】普賢象(ふげんぞう)と鬱金(うこん)

普賢象1

普賢象2

普賢象3

普賢象4


普賢象5

普賢象6

鬱金(うこん)

これは大島桜

【八重紅枝垂れ桜】

1

2

3

4


【今日のかわせみ】 2012.04.09 マドンナ一回サボリと桜かわ
午後4時前にフィールドに着くと先客takuyanzさんがベンチにいる。
状況を聞くと、午前中から来て抱卵交替を観察していたが、最近では午後2時半ごろに交替が
あったとのこと。
そうするとすると、今は若がフィールドにいるのかと思いきや「2時半頃マドンナが出てきて
若と交替して、西へ向かったきりまだ帰っていない」とのこと。
6時頃からはマドンナが宿直に入るので少し計算が合わない。
確かめるべく越境ポイントまで行くと、南岸のかなり西に姿が見える。
近付いて確認するとやはりマドンナです。 takuyanzさんの観察が正しかった。
まだ盛んに餌を獲っている、やがて北岸へ移動したので追いかけて近付いてみる。
少しづつ移動しながら餌を獲り、最後は桜の枝に止まった。
ここでは約30分近く止まり、花がかなり散ってはいるが「桜かわ」を堪能できた。

越境北岸で

まだまだ獲りそう

水面を見る!

まだ食べる?

ここからはマドンナの桜ショーです。
もう少し花があればよかったのですが・・・

桜カワ1

2

3

4


5

6

7

8


9

10

11

12

今日のマドンナは、抱卵を一回さぼったようです。
それでも早めの5時20分頃には交替に入り、しばらくして若がフルスピードでフィールドに
戻り、西の越境ポイントへ向かって一気に飛んで行きました。
【今日の動画】
越境ポイント北岸のマドンナに接近と桜カワの様子です。
↓サムネイルをクリックして動画をご覧下さい。
defaultCAALG2H6.jpg
未分類 | コメント:19 | トラックバック:0 |

春爛漫

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
松山春まつり・お城まつりの催し物として、堀の内公園内で「ご当地グルメフェスタ」が
実施されており、多くの出店に花見を兼ねたおおぜいの人が集まっていました。
人気は今治の「焼き豚卵めし」と「八幡浜ちゃんぽん」で列ができていました。
やはりこうなれば食さない手はないと、両方を食べてみました。
両方共に「たれ」と「だし」が決め手という感想でした。

堀の内「ご当地グルメフェスタ」


堀の内「ご当地グルメフェスタ」


西堀(北)

南堀(西)

二の丸

東堀


【今日のかわせみ】 2012.04.08
マドンナ・若の抱卵交替も落ち着いてきて、交替時間がだいたい読めるようになってきました。
ということは、この時間帯にフィールドにいるのはどちらというのが推測できます。
また、過去の観察からそれぞれの餌場・休憩場所も把握でき、ペアで行動している時よりも
見つけることが容易になった気がします。
しかし、今日は日曜日・春祭りと重なり通行人が多く、桜は写真を撮る人が多いため一度も
止まることが無く、梅に2回も止まりました。
今日はマドンナを中心に、抱卵交替でフィールドに出てきた3回分です。

茂みでマドンナ

定位置横シュロ

排水口で

羽繕い


東堀梅ノ木

桜舞台下

排水口

北岸梅ノ木


越境地夕食

越境地夕食

越境地夕食

越境地夕食

お気づきでしょうか? マドンナの下腹部のへこみ。
このへこみの部分で卵を抱きます。
いわば抱卵跡です。

未分類 | コメント:14 | トラックバック:0 |

昼間水辺で夜登山

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
花冷えでしょうか昨日、今日と冷え込みました。
満開になった桜の花持ちにはいいかもしれません。
今日も満開状態の桜情報(といっても堀の内から出られませんが)を昼の部・夜の部でお届け
します。 
無謀にもコンデジの夜間撮影ですから、なかなかキレイには写せません。
昼の部(堀の内公園)

北堀から西堀

西堀で

 

 


 

 

二の丸下

東堀で

夜の部(松山城)

東堀から松山城

東堀から松山城

今夜は満月

満月と桜



満月と桜2

市内夜景

東方夜景

天守閣広場


ライトアップ1

ライトアップ2

ライトアップ3

満月と月

【今日のかわせみ】
抱卵交替でフィールドに帰ってきた若とマドンナです。
今日は「梅かわ」を2回、「桜かわ」を一回演じてくれました。
抱卵前に比べると若もマドンナもよく動きます。(移動します)
約2時間の休憩時間に、水浴びと食餌を充分摂る為だと思われます。

茂みでマドンナ

交替後若南入口

背後から

横から


梅の枝で若

梅の枝で若

マドンナ梅の枝で

越境地で桜に

今日の若とマドンナは、ほぼ予想通りの時間帯で抱卵交替を行っていました。
若は交替して帰ってくると、一目散に越境ポイント近くまで飛んで行きます。
マドンナは、茂みの中か籠の中へ入りますが、休憩時間に集中して食餌をしています。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

チラチラ舞い始め

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
予期せぬ「花嵐」に見舞われ暴風に耐えた今年の桜も満開を迎え、一片二片と風に舞い、
お堀に花いかだを浮かべるようになりました。
今週末は最後の花見客でお堀も賑わうことと思います。

西堀オキザリス

オキザリスバック

桜かわ舞台

舞台花道


舞台袖

大島桜

白鳥も花見?

夕暮南堀


夕陽大島

夕陽大島2

枝垂れに交替

枝垂れ咲き始め

【昨日のかわせみ】 2012.04.05

梅かわ対岸から

マドンナ昼休み

屋根付き排水口

第二センダン下


北岸で水浴び

第二センダン下若

コーナー石標若

センダンで若


榎から県庁見物

北岸中央柳で

後から

桜かわの若


【今日のかわせみ】 2012.04.06
午後5時過ぎ 交替時間が過ぎたと思う時間帯ですが、若はまだ西側石垣で待機中です。
やがて飛び出したが、巣穴とは反対方向へ鳴きながら飛んで行きます。
途中で急にスピードを上げて対岸へ方向転換し、今度は鳴かずに対岸沿いに巣穴方向へ飛ん
で行く。この動きは、どうもフェイントのように見えた。
しばらくすると、遊歩道よりも内側の木立を抜けて鳴き声がして茂み方向へ飛ぶ姿が見えた。
これもフェイント行為なのかもしれない。 だとすると鮮やか交替劇です。
茂みの定位置の枝が見える場所まで移動すると、今度は対岸の梅の枝へ飛んできて止まった。
梅の枝からダイビングし、足元の石垣で声が聞こえ、北岸方向へ消えた。
西側へ回り込む余裕無しに逆光で確認するとエビを食べている。
その後は、茂み定位置へ移動して水浴びを始めた。

西岸待機中若

後から

マドンナ梅で

梅カワマドンナ


梅カワマドンナ

梅カワマドンナ

北岸でシルエット

茂みで水浴び


気温が低くなり、月齢14.5の月がきれいに見えます。
松山春まつりも始まり、松山城もライトアップされているようです。
西には随分離れたが、金星と木星も確認できます。

満月直前

松山城ライトアップ

西の空に


今日もたくさん見ていただきありがとうございました。
未分類 | コメント:12 | トラックバック:0 |

桜満開宣言!

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

【桜満開宣言】
昨日松山で桜の満開が宣言されました。
昨年より2日早いそうです。
開花宣言が2日遅かったことから考えると、開花から満開まで昨年より4日も短縮した
スピード満開です。
満開からは、残り一週間といわれており、今年の桜の時期は短いようです。
満開宣言日の堀の内の桜です。(ソメイヨシノ・大島桜)

桜満開堀の内

ソメイヨシノ

レンギョウバック

一足早い大島桜


透き通る白

散りかけも

水面バックに

夕陽を浴びて

今日も「桜かわ」実現です。
お昼休み時で花見客も見ていましたが、しばし落ち着いてポーズを取ってくれました。

桜カワ(若)

桜カワ

桜カワ

桜カワ


桜カワ

桜カワ

桜カワ

北岸でマドンナ

皆が帰って静かになったフィールドで、マドンナが宿直前の夜食を獲っています。

皆帰っちゃった

これから花見よ!

危なっかしいよ!

今度は大丈夫


身軽になって

どうよ!見たっ!

落とさないわよ!

生きエビ踊食い


交替いいわよっ!

おまけヤマガラ

ヤマガラ

食べかす落とすな!


【今日の動画】  失敗と成功
マドンナがダイビングして魚をゲットしますが、飛び上がって来たのを見ると、魚のひれを
咥えています。
ちぎれそうで危なっかしいと思っていた矢先に案の定落っことした。
もったいないことしたと、頭を掻き掻き反省しきり。
気を取り直して、お魚と豪華に生きエビの踊食いを立て続けに堪能しました。
これで宿直体勢あい整いました。
↓下のサムネイルをクリックして動画をごらんください。
defaultCAB5E1PC.jpg

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

春の嵐

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

【今日の東フィールド状況】
昨日の風は台風並み、いやそれ以上かも知れません。
東フィールドの状況をコンデジで撮った動画でご覧下さい。
桜かわの舞台は、満開に近い状態ですが花は散っていません。
時折吹く風に大きく揺れていました。
一番傷んだのは、柳の花です。
枝が長い分大きく揺れて鞭打って、先の方が随分折れてしまいました。
default0403.jpg 
 マドンナが画面のどこかに避難していますよ!


【堀の内の桜】
4月2日東フィールドの行き帰りにコンデジで撮った桜です。


 

 

 

 


 

 

 

 


暮桜

松山城と枝垂桜

 

 


【今日のかわせみ】 2012.04.03
春の嵐が吹き荒れています。
マドンナは籠の中へ避難中でした。
午後5時20分頃、強風の中を若が飛んで来ましたが、すぐにUターンして高々と巣穴方向へ
戻って行きました。(抱卵交替時間?)
マドンナは「もう少し休ませて!」状態でしたが、午後5時40分過ぎに意を決したように
籠から出ました。
強風のためか、茂み対岸へ一旦止まり、またセンダン下へ移動して行った。
茂み対岸にいるところを見ると、またぷっくりと体が膨らんでいる。
5時50分過ぎに一旦第二センダン下へ戻ったマドンナは、すぐに東コーナーを曲がって姿を
消した。

籠の中で避難

強風に飛び出し

茂み対岸で

センダン下で

少ない時間の行動監視ですが、今日から抱卵開始かも知れません。
マドンナは、最後の産卵と宿直勤務に入ったかもしれません。
未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

桜カワ動画

【今日の動画】
昨日は記事量の関係で掲載していませんでしたが、昨日の桜カワ関連動画をアップしました
のでご覧下さい。
いつもの通りでカットを繋いだだけのブレブレ動画ですが、かわせみ観察の雰囲気だけでも
味わってください。
↓下のサムネイルをクリックして動画をご覧下さい。
default20120402.jpg 桜の枝に止まるかわせみを狙っていましたが。
 桜の開花や咲き具合、止まる枝がうまく噛みあわないと無理
 と思っていましたが、願っても無いチャンスが訪れました。


未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

主人公登場!

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

【お堀の桜とかわせみ達】
陽気に誘われて、桜も三分~四分以上咲きそろってきたようです。
そんなソメイヨシノに混ざって、西堀にヤマザクラや南堀にオオシマザクラがほぼ満開を
迎えています。
葉を伴った白いオオシマザクラが西日を受けて透き通って見えました。
桜の間からは、既に上った12日の月が見えています。
足元の日陰にはオドリコソウも。

オオシマザクラ

オオシマザクラ

オオシマザクラ

オオシマザクラ


12日の月も出た

オドリコソウ

オドリコソウ

オドリコソウ

【今日のかわせみ】
午前中の東フィールドに到着時はかわせみ達の姿が見当たりません。
いよいよ抱卵か?
センダン前まで行くとTさんの姿があります。
巣穴方向へ飛んで行ったとのことでしたが、すぐに鳴き声が聞こえ茂み方向へ帰ってきた。
間もなくもう一羽も帰ってきたようです。
茂み近くまで行くと、排水口の上にマドンナがいましたが、茂みへ飛んで行きました。
ここでビデオ仲間のUさんもやってきて合流です。
茂みでは定位置の枝で丁寧に羽繕いをしています。
羽繕いが終わると籠の中へ入って行きました。
ギャラリーが手持ち無沙汰になるので、ここはジンワリと籠から出てもらい再び茂みへ

シュロでマドンナ

シュロの茂みで

茂みでマドンナ

まだ若が給餌


交尾が始まった

茂みの枝で

茂みの枝で

ひな壇になる枝

想像ですが、ペアで巣穴の点検に出かけ、そこであと1個~2個の卵を産むことになったと
思われます。
続きもお読み下さい。(舞台の整った桜に主人公の登場です)
主人公登場!…の続きを読む
未分類 | コメント:12 | トラックバック:0 |

春は桜・かわせみに春

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

【お堀の桜とかわせみ達】
「開花宣言」から3日、お堀の桜も宣言日から比べると別世界になりました。
「桜カワ」の舞台が整い、短時間で枝かぶりですが早くも実現しました。
今日の東フィールドの桜とかわせみおりまぜて。

なんとか桜カワ

枝かぶり桜カワ

まだ続く給餌

男はつらい!


ここでも給餌

茂みでマドンナ

茂みでマドンナ

茂みでマドンナ


咲きましたよ!

桜かわせみの舞台

桜の下で

茂みで給餌待ち


第二センダン下

センダンで若

市内電車と若

流れ込み石垣で若


若ストレッチ

コケコッコ~

ここは見頃!

そろそろ帰ろっ!

未分類 | コメント:12 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。