気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

松本城

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
9月30日 日曜日でもあり、駐車場の関係もあり、電車で松本城へ出かけました。
松本城へはある目的のためのお出かけです。
JR駅から徒歩で街の様子を見ながら松本城へ向かいます。
まずは、腹ごしらえをと、新蕎麦です。(馬刺しがついています。)
その後ぐるりとお城を回り、お堀の様子を見ながら目的場所へ移動です。

ナナカマド街路樹

なわて商店街

 

蔦の絡まる建物


昼食の蕎麦

松本城

赤い狸橋

かりんも色付く


桜紅葉もチラホラ

堀土手彼岸花

彼岸花

石垣に止まり木

去年(2011.9.28)訪れた時に堀端の生垣に「カワセミ観察場所」と書かれた紙が貼ってあ
る場所に行きましたが、今年はありません。
そればかりか、通りかかったご婦人が「かわせみですか?毎日居たけどもう一ヶ月以上も
みかけませんよ」と教えてくれました。
せっかく来たのにと思い、お堀を一周してみました。
お堀の石垣に刺された3本の止まり木の近くまで行って見ました。
1本の根元付近の草に白い糞跡があります。それも新しい。
少し離れたお堀にかかる橋の上で、30分ほど止まり木を眺めていました。
すると、橋の下を潜ってスーッと一羽が飛んで来て、水中の杭に止まりました。
直ぐに水浴びを始めました。
水浴びが終わると羽繕いをして、死角になる堀へと飛び去りました。
その堀が見渡せる場所まで移動しましたが、既に姿はありません。
また20分ほど経過し、もう帰ろうとしたときに鳴き声がして止まり木に止まりました。
今度は直ぐに橋を潜り最初に来た方向へ飛び去りました。
やはり、松本城のお堀にもカワセミはいるようで、うれしい再会でした。

杭に止まる

水浴び

 

 


羽繕い

 

止まり木に来た

止まり木で

台風が17号が近付いており、雨が降り出したので「太鼓門」で雨宿りをし、お泊りしていた
孫達を迎えに行った帰りの車に拾ってもらい帰宅をしました。
孫達のおみやげは、朝早く稲田で捕まえて来た「イナゴ」の佃煮でした。(もちろん食べま
した。30年ほど前に食べた記憶よりおいしかった。)
台風17号は、長野県を直撃して行きましたが、松本は盆地で標高が約600mあり一番影響の
あった時間帯は雲の中に居るようで、ほぼ目線の高さを雲が流れて行きます。
しかし影響はあっという間に過ぎ、午後10時半頃には上空にぽっかりと青空が広がり、
ちょうど十五夜の月を見ることができました。

イナゴの佃煮

上空に青空が

空間が広がって

十五夜の月

取り入れ間近のりんごや梨の農家はネット張りなどの対策におおわらわだったようですが
被害はほとんど無かったようです。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

運動会にお祭りだ!

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
9月29日 この日は孫の保育園最後の運動会です。
気温は29.6度真夏並の天気です。
運動会はビデオ撮影が主でしたが、休憩時間帯に保育園の回りで花や虫と遊びました。

ムラサキツメクサ

 

 

 

運動会の後は、松本市四賀(しが=旧四賀村)の宵祭りにおよばれされて行ってきました。
「村の鎮守の神様の・・・」の唄が想像される素朴な村祭りです。
「舞台」と呼ばれる屋台を笛と太鼓のお囃子で引き回し、お宮では夜店も出ています。
金魚すくい、焼きソバ、焼き鳥、射的、綿菓子、ジュース類がどれも100円です。
それもそのはず、運営は村の青年団でした。

 

 

 

 

孫2人はお泊りで、翌日も楽しむことになりました。
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

今日はアルプスⅡ上高地

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
朝の天気は前日(27日)に引き続き上々です。
乗鞍岳から見たすっきりアルプスをもう一度と、上高地へ出かけました。
車で約1時間走ると沢渡(さわんど)地区の駐車場(一日500円)につき、ここからはシャト
ルバスに乗り換えて上高地へ向かいます。
最初の「大正池」でバスを降りて、「河童橋」を目指しますが、前穂高岳から奥穂高岳にか
けて雲が出始めています。

大正池

穂高連峰

逆さ焼岳

 


焼岳(2455m)

穂高連峰に雲が

大正池

焼岳(2455m)


田代池周辺で

水が透き通って

 

田代池


植物は

初冬の装い

バイカモ(梅花藻)

バイカモ(梅花藻)

上高地では、穂高連峰に対峙した背後の山で、六百山、三本槍とつながっており観光客の
関心は薄く訪れる人もあまり多くない山に霞沢岳(2645m)があります。
日本二百名山に選定されている山で、この山から見る穂高連峰や笠ヶ岳の展望は特筆に価す
るそうです。

岳沢

雪渓が見える

六百山・霞沢岳

三本槍


霞沢岳(2645m)

六百山(2450m)

ノコンギク

ノコンギク


ホソバノヤマハハコ

ホソバノヤマハハコ

ホソバノヤマハハコ

ウエストン碑


浅瀬にイワナ

目が合った

 

アキアカネ


アルプスに飛ぶ

 

 

 


 

河童橋

 

 


尾根は雲の中

 

カラマツ林

白樺林

帰りに松本空港に寄りました。
松本空港からみる北アルプスは上部が雲に覆われています。

 

現在の松本空港は、FDA(Fuji Dream Airline)が運行する福岡便と札幌便の二便のみ
です。
ちょうど、札幌から到着し福岡へ飛び立つ午後の便に出会いました。
同空港は、旅客機2便の他は、山岳救助用県警ヘリ、ドクターヘリ、精密会社の自家用機
などに利用されている長野県営飛行場です。

FDA着陸体制

 

着陸

 


エプロンへ

ドクターヘリ

 

FDA離陸へ


滑走開始

離陸

上空へ

常念岳(2857m)

気温が下がってくるとアルプスにかかっていた雲が下がったり消えて、常念岳(2857m)が
見え出しました。

この記事は該当日(9月28日)日付けになっています。
未分類 | コメント:7 | トラックバック:0 |

今日はアルプス

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
昨日(26日)赤蕎麦からの帰りに、松本に来て6日目にしてようやく北アルプス連峰がくっき
りと眺めることができた。
今朝も起きると快晴で、アルプスの麓あたりに薄い雲があるが太陽が出て温度が上がると、
消えていった。
ならば、今日はアルプスと決めて出かけました。
上高地あたりと思いましたが、上高地はすり鉢の底のような場所なので、穂高連峰や周りの
景色は抜群でしょうが、北アルプス、南アルプス、遠くは白山連峰、あわよくば富士山まで
見える欲張りポイントとして、乗鞍岳を選びました。
乗鞍岳は日本一高い場所を走るスカイラインがありますが、10年ほど前にマイカー乗り入れ
が禁止されました。 乗鞍観光センターから乗り合いバスが出ていますが、途中の休暇村か、
三滝で駐車場に車を止めて利用すると、牛留池や三滝に寄ることもできます。
バスは往復2400円で一時間毎の運行です。所要時間三滝から約40分。
休暇村近くの「牛留池(うしどめいけ)」へ逆さ乗鞍岳を見に立ち寄りました。

乗鞍岳全景

牛留池から

逆さ乗鞍

逆さ乗鞍


鏡の水面

 

白樺

ヤマハハコ群生


ヤマハハコ

ヤマハハコ

ヤマハハコ

アキアカネ

終点の「畳平(たたみだいら)2702m」に着いて、比較的に楽で周りが見渡せる場所として
魔王岳(2763m)へ登ってみる。

北アルプスパノラマ

目の前に、焼岳や穂高連峰、奥には槍ケ岳、右に常念岳や遠くは白馬三山まで望める。
白山方向は雲がかかっていて見ることはできない。

目の前に穂高連峰

 

槍ヶ岳(3180m)

穂高連峰(上高地)


手前左が魔王岳

笠ケ岳・水晶岳など

 

乗鞍スカイライン

振り返ると乗鞍岳の剣が峰を主峰とする峰峰が見える。

乗鞍連山

中央剣が峰

富士見岳頂上

剣が峰頂上


白山は左雲方向

松本市街が見える

富士見岳稜線

松本市街


八ヶ岳には雲

 

雲に手が届きそう

 


こちらは秋雲

 

畳平鶴ケ池

紅葉には少し早い


ナナカマド

ナナカマド

ナナカマド

ナナカマド


赤い実が目立つ

 

 

 

道路下の紅葉を撮っていると鳥が飛び出しました。。
鳩ぐらいの大きさ、白黒の斑点模様。 「ホシガラス」です。
ハイマツの実を食べに来ているようです。早速追っかけてみました。

ハイマツの上に

こちらへ向かって

食餌中です

 


こちら見ています

実を咥えて

ここにも居た

咥えて飛び去り


未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

赤蕎麦と遊ぶ

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
今日は赤蕎麦で有名な長野県上伊那郡箕輪町の「赤蕎麦の里」を訪ねてみました。
約4.2haの赤蕎麦畑では新品種「高嶺ルビー2011」が8分咲きだということですが、この新
品種は蕾も赤いために満開のように見えます。

広大な赤蕎麦畑

赤蕎麦:ヒマラヤ(ネパール)原産の蕎麦でタカノ株式会社と氏原暉男(あきお)信州大名誉
    教授によって品種改良され「高嶺ルビー」として農林省に品種登録されたものです。
    一般のそばより背丈が低く荒れた土地でも栽培できますが、収量は普通のそばの3分
    の1程度です。
    そのため、景観作物、観賞用として利用されることが多いそうです。
 
きれい、珍しいでたくさん撮ってしまいましたがご覧ください。

 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

オミナエシ

 

 


 

ツリフネソウ

ミズヒキ

キツリフネソウ


ヒガンバナ

ヒガンバナ

ヘクソカズラの実

ヘクソカズラの実

同じような写真をたくさん並べてしまいました。
長らくご覧いただきありがとうございました。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

植物採集・昆虫採集

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
信州といえば蕎麦、平地のあちこちにも蕎麦畑はありますが、花の時期は既に終わり黒い実
が目立つようになっています。
白い花が咲いた畑がどこかに、そして赤い花がどこかにと探してみました。
そして、あまり広くは無いけれど何とか見られる場所を見つけました。
蕎麦畑の周辺の野の花や、蕎麦の花に集まる蝶、蜂、トンボを収集してみました。
まずは通りがかった道路脇に広がった赤蕎麦の畑で腰を下ろしました。
赤蕎麦はもともと観賞用や景観用に品種改良された「高嶺ルビー」という品種です。
ミツバチや蝶が無数に飛び回っています。

赤蕎麦畑

赤蕎麦の花

無数のミツバチが

 


 

 

オオマルハナバチ?

 


 

 

セセリチョウも

 

白い蕎麦の花が咲く畑を求めて、NHK朝の連続ドラマ「おひさま」のロケ地がある
国営「あづみの公園」を訪ねてみました。
ここもロケセットが残る周辺の蕎麦畑は収穫が近い状態ですが、すこし離れたところにまだ
花盛りの白蕎麦の畑を見つけました。

おひさまセット

セットの道祖神

白蕎麦畑

花盛りです


ジャノメチョウ

ツマグロヒョウモン

アカタテハ

ベニシジミ


アキアカネ

ミツバチ

 

 


 

 

稗の先アキアカネ

 

周りの野草も収集してみました。(一部です)

 

 

白花ゲンノショウコ

ツユクサ


ムラサキツメクサ

 

ツリフネソウ

ミヤマアカネ♀


ミヤマアカネ♀

ミヤマアカネ♂

 

 


長々とご覧いただきありがとうございました。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

代替休日

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
孫の運動会が土曜日に実施されたので今日は代替休日です。
孫のリクエストの「森林鉄道へ行きたい」で、長野県木曽郡上松町にある赤沢自然休養林へ
行ってきました。
この赤沢自然休養林は、伊勢神宮の御用材として保護されてきたため、樹齢三百年を超える
木曽檜の大樹が多く残されています。
そして日本の森林浴発生の地としても知られ「森林セラピー基地」(全国10箇所)の一つに
なっています。
木曽の林業の主力を担った森林鉄道は、大正5年から昭和50年にかけて運行され、最盛期
には木曽郡全体を網羅し、木材の運搬や地域の足として活躍しました。
やがて木材の運搬がトラックに切り替わると、徐々に活躍の場を失い、昭和50年に国内最後
の森林鉄道が王滝線から姿を消して12年後、赤沢自然休養林で保存運行を再開しました。
往復2.2kmの復元軌道を乗車体験することができます。
乗車記念切符は木曽檜の板で作られています。

赤沢自然休養林

空は秋模様

ヒノキの板製

森林鉄道


車内から

展示機関車

米ボードウィン製

孫の目的遊具

駐車場周辺で秋の野草を拾ってみました。

ヨメナ

ヨメナ

ノコンギク

オトコエシ


オトコエシ

ホソバノヤマハハコ

ホソバノヤマハハコ

ツリフネソウ


ワレモコウ

トゲアザミ

ノブドウ

アキノキリンソウ


色づき始め

ゲンノショウコ

切り株にキノコ

孫の指にフッと

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

3日まとめて

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
信州松本に来ましたが、電源アダプターを忘れたためにノートパソコンがタダの箱化してし
まいました。やっとの思いで代用品を入手してブログ継続ができるようになりました。
この3日間をまとめて記しておこうと思います。
9月21日 10:20分松山発の中部国際空港(セントレア)行きの搭乗するため松山空港へ。
早めに着いて、荷物を預け、展望デッキへ出てみました。
ちょうど全日空B787東京行きがエプロンを離れる直前でした。
離陸まで見届けて搭乗口へ向かいます。 

全日空B787

 

 

 

われわれが乗るのは、DHC-Q400のプロペラ機です。
この機は胴体の上に主翼があり、どの窓際席に座っても下界を見ることができます。
飛行コースは概略でいうと、高知上空→徳島県南部→紀伊半島白浜上空→北上しセントレア
で所要時間は1時間5分です。
曇り気味ですっきりとした眼下の景色とはならず、分かりにくいとは思いますが・・・

DHC-Q400の機内へ

眼下に早明浦ダム

徳島市を望む

徳島県阿南市


四国東端蒲生田岬

阿南市伊島

和歌山県有田市

紀伊半島は雲の下

セントレアからは空港乗り合いタクシーで松本へ向かいました。
乗客は、我々夫婦と他に一名の3名だけです。所要時間約3時間で次男宅へ到着です。
到着後少しだけ散歩してみると、やはりこの時期は「イチイ」の赤い実が目立ちます。

イチイ

赤い実がたくさん

 

 


9月22日 孫(小2)の運動会です。
ほとんどビデオ撮影でしたが、昼食休憩時間に学校横にある蕎麦畑で遊んでみました。
蕎麦の花は終盤を迎え黒い実が目立つようになってきています。

蕎麦の花

 

実が目立つように

 


9月23日 朝から雨ですが、孫たちのサッカースクールがありました。
これは、松本にあるJ2の「松本山雅(やまが)」のホームゲームがあるときに、選手・
コーチが参加して行われるもので、サッカーは雨天でも実施されるため、中止はありません。
子供たちは雨の中を走り回っていますが、父兄は傘をさしての見学です。
このあと、孫たちは松本山雅対鳥取ガイナーレの試合のエスコートキッズをつとめスタンド
で観戦してきました。 松山にもJ2「愛媛FC」がありますが、J2の試合は初観戦です。
試合は7:1での圧勝でした。

雨の中で

スタンド風景

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |

ひとまず安心ホッ!

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
10月21日 松山発10:20全日空1822便名古屋中部行きに搭乗します。
出発時刻に合わせてブログの予約投稿を設定しました。
ということは、このブログを早い段階でご覧いただいている頃は機内です。
名古屋中部(セントレア)着11:25からは乗り合いタクシーで、長野県松本市へ向かいます。
乗り合いタクシーですから、他の乗客の方がいるとその方のセントレア到着待ちがあり出発
時間は未定です。所要時間約3時間半で松本到着となります。
北アルプスに夕陽が沈むころでしょうか。
現地からは滞在記などを発信しますのでご覧下さい。
また、コメント返しもいたしますのでよろしくお願いします。

【今日のかわせみ】 2012.09.20
松本への出発を前に気がかりなことがありました。
18日から3日間午後の予定があり、18日、19日ともに午前中にフィールド巡回をしました。
西と東を内側から外側から2往復し、もちろん茂みもチェックしましたが姿を見つけること
ができませんでした。
19日はビデオ撮影終了後の午後6時頃にそのまま車でお堀を一周しました。
茂みでは、句碑前の駐車スペースに車を止め小走りにチェックしましたが見つけられません。
2日間だけですが、姿を見ないと「またどこかへ行ってしまったのか?」との思いが頭をよぎ
ります。
19日の夜uさんからメールがあり、何と!茂みのかわせみ写真が添付されていました。
長期不在になる前の3日間もカワセミの姿が見れないのではと20日の午後にお堀に行って
くれたそうです。 おやっさんにとっては表彰ものの感激です。
uさん心遣いに感謝です!。ありがとうございました。

今日(20日)の午後は歯医者の予約が午後4時半のため、それまでに明日からの用意をして
出かけました。 予約10分前に入りましたが、前の方の治療が早めに終わったところで、
直ぐに治療を始めることができ、4時40分には終了しました。
これならフィールドに行ける! 急いで帰宅して直行です。
西の網、南岸を見て姿が無いことから東へ向かいます。
途中で再度南岸を見ましたが、南入口から念のため南岸を振り返って見ると居ました!
いつの間に来たのか休憩中です。 やがてペリットを出すと行動が活発になりました。

南岸に居た!

休憩モードです

南岸で動かず

 


 

 

 

 

モゾモゾし始め、口をパクパクしています。案の定ペリットを吐き出しました。

モゾモゾ始め

ペリット吐き出し

スッキリした!

水面のペリット

後の糞跡から動き始めたのが判ると思います。

そろそろ

餌獲り開始

少し移動して

ゲットしました

二、三度水浴びをしましたが、SS上がらず大ブレです。
西網へ移動し、またゲットし水浴びと羽繕いです。

西の網へ

ここでもゲット

水浴び後

水浴び後

長居をしそうだと思ったので内側へ回ります。
内側へ着いて直ぐに北方向へ飛び去りました。北側桜にはいません。
先日のように「北へ行くよ!」だったのかと思い、ダメなら帰宅を決め込んで北へ向かいます。
歩道から見た北の網に姿がありました。 やはり西から北へ一気に移動したようです。

北岸よりへ

こちらを意識

内側から

北の網で


西から一気に(?)

休憩だけに来た?

いや餌獲りもする

やがて消えた

ビル陰のため、もう薄暗くなった午後6時過ぎふと網に目をやると姿がありません。
また、西方向へ戻って行ったのかもしれません。
帰路のビルの間から見える西の空が真っ赤に燃えています。
帰宅して最上階まで上がってみると、最盛時間帯は過ぎてはいるものの真っ赤な空が残って
いました。 今日もよく焼けました。 誰かが撮っているでしょうね。

真っ赤に染めて

今日はことのほか

空が赤い

間もなく消える

未分類 | コメント:16 | トラックバック:0 |

一草庵での日仏俳句交流

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
平成24年度 国土交通省四国運輸局地方連携ヴィジット・ジャパン事業「欧州俳人たちに
よる四国俳句巡り」としてフランスから4人の俳人と、フランス側責任者2名(日本人夫婦)
が9月13日~28日の日程で四国(香川・愛媛)を訪れています。
9月18日昼に香川から松山入りし、松山城・萬翠荘・能面展を見た後、知事を表敬訪問して
います。
今日(19日)は、正岡子規の糸瓜忌セレモニーに参加し、庚申庵で茶会をしたあと、一草庵
を訪問しました。
一草庵では、種田山頭火の生涯の説明を受けたあと、琵琶演奏「俳人山頭火」、書道体験、
句碑拓本製作等を行いました。
この中の、一草庵での模様のビデオ記録撮影を依頼されて出席してきました。
その時の模様を少しだけ、撮った動画からの切り出し静止画でお届けします。

一草庵入口

一草庵

庭には彼岸花

秋の供物


山頭火仏壇

山頭火イラスト

琵琶演奏

書道体験


遺品「鉄鉢」

山頭火(扮装)と

拓本製作

記念写真

訪問団は、欧州では著名な俳人で、中には居合道・杖道4段の達人もいました。
一行は松山泊のあと、20日内子・大洲、21日大洲・今治、22日今治、23日小豆島、24日~
27日高松市と俳句関連の場所を訪れ吟行し、28日高松空港から帰国の途に着きます。

今回の交流で作り、「書」の体験で毛筆で書いたフランス語の俳句をご紹介

 ・雨のカーテン 私は食べるのを見ていた 蚊が僕を  ローラン・ペイアン
 ・鳥鳴きて 木陰の奥に 松山城  ミン・ティルト・ファーム
 ・松山や 元気もらいて 秋の旅  マティンヌ・ブルジエール
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

彼岸花見に

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
見頃には少し早いとは思ったのですが、21日からの長期不在と19日、20日は予定ありのため
台風影響後の昨日、日頃撮影行きの足が無いことを嘆いておられる花撮りUさんをお誘いして
松山市窪野町北谷の彼岸花を見に行きました。
やはり見頃は2~3日後のようですが、カメラマンの姿がチラホラと伺えます。
その中には、同じくブロ友Hさんもいました。
後からはブログ更新皆勤のA・Hさん(吉田浜以来の再会です)や帰りがけ間際にはブロ友T
さんもやってきました。(Tさんは四国カルストでも偶然の出会いでした。)
同じ日、同じ場所でお会いできましたが、皆さん同じ思いだったのでしょうね。

さて彼岸花撮影ですが、午前中は晴天だったのが出かける頃には曇りです。
彼岸花は雨にも似合う花だとは思いますが、山の中で桜の木の間に群生していますからやは
り暗めです。
幸い、近くに流れる谷川の水量があったので、コンデジクラスの無謀な手持ちスローシャッ
ターを試みてみました。
写真説明なしの同じような物になりましたがご覧下さい。

 

 

 

 


 

 

 

 

帰路の道端に、白い彼岸花やニラ、タマスダレを見つけて車を停めました。

 

シロバナ彼岸花

ちょっと寂しい

ニラの花


蟻んこが

ここにも

タマスダレ

タマスダレ

以外と時間を喰ってしまい、今日のかわせみフィールド行きは中止で花と戯れる午後でした。
未分類 | コメント:10 | トラックバック:0 |

お気づきですか?

おやっさんブログをご訪問いただいているかわせみファンの皆様!
下の2枚の画像は、9月2日にお堀に現れた新顔君の9月16日の画像ですが、何か気付かれましたでしょうか?
DSC2504084.jpg
DSC2504170.jpg
これは9月6日の画像です。 
DSC2501539.jpg
これはお堀に現れた翌日9月3日の画像です。
DSC2501311.jpg
9月3日、9月6日の画像と比較してお考え下さい。
9月14日の画像(↓)にもヒントが隠されています。
DSC2503818.jpg

いつもご訪問いただきながら、奥ゆかしくコメントをいただけていない皆様もチャンスです。
正解者に豪華賞品は出ませんが、ドシドシコメントを投稿下さい。

一人何回でも応募可です。(笑)
頃合を見て、この記事に回答を掲載いたします。

みなさんお悩みでしょうか。?
それともご遠慮でしょうか? コメントが少ないようですね。
それでは最初で最後のヒントです。
ヒント1:学術的な用語で「羽装(うそう)」 いいえほんとうです。
ヒント2:鳥類のほとんどが一日の生活で約9%をこの作業に費やしています。

回答は20日午後の予定です。  
お気づきですか?…の続きを読む
未分類 | コメント:18 | トラックバック:0 |

ベースキャンプ

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
【今日のかわせみ】 2012.09.17
午後3時半頃に西エリアに到着しました。
昨日と同じように外回りで姿を探して東へ向かい茂み定番枝を見てみましたが姿無しです。
昨日のことがあるので、茂みを覗いて見るとお気に入り枝に姿がありました。
行動範囲の広い若鳥ですが、やはりベースキャンプは茂みのようです。
しかし今日の動きは少し違いました。
結果的にはこの茂みの近辺だけで、動きまわっていたようです。
最初に目が合いチェックが入りましたが、終始下の水面を眺めて止まっていました。

今日の出会い

下を向いて

横を向いても

水面ばかり


気になる物が?

風で落ちた葉?

餌が居る?

それにしても下


 

 

 

 


向きを変えても

下向きです

動きそうです

飛び出す気配

お気に入りの枝から飛びましたが、フワリという感じで大きくは移動しませんでした。
探してみると、止まっていた枝から1メートルほど離れた、幹寄りの別枝でした。

やっと見つけた

ピンポイント

これ以上は無理

上手に隠れる

この枝には長くは止まらず、今度も緩やかに飛び出して上昇し、作業小屋の上の枝に上がった
ようです。
句碑裏から覗いて見ると、直ぐに目線より少し上の枝にいるのを枝と枝の間から確認でき
ました。 かわせみの体だけがかろうじて確認できる空間です。

作業小屋上の枝

風で揺れるし

ピンポイント

手前の葉も揺れる

この枝も細いので、今日の強い風に大揺れで不安定です。
向きを変えたと思ったら、フワリと下へ飛び降り姿が見えなくなりました。
「これは茂み!」と引き返してみるとuさんが来ていましたが姿はありません。
定番枝、お気に入り枝以外の枝も探してみましたが見つかりません。
時間的には食餌時間帯なので、西に向かった可能性もあります。
流れ込み、センダンをチェックしながら内側歩道を通り南入口まで行きましたが、南岸や
西の網にも姿がありません。
今度はuさんが内側から、おやっさんは外側から二手に分かれて東へ向かいます。
落ち合った神社の階段を下りてパイプ手摺まで出てみました。
パイプ手摺のところから茂みの水際に近い枝を透かして見ると、何とシュロの葉陰に姿が
ありました。作業小屋上の枝を飛び出してからちょうど1時間になります。

シュロの間に

枝が邪魔です

場所替え出来ず

せいいっぱい

5分ほどしてそこから飛び出し、また姿が見えなくなりました。
東堀北エリアを探しながら再度西エリアへ向かい、居なければ帰宅と決めました。
内側の南角まで来ると、nさんがやって来ました。「西には居なかったヨ」とのことです。
桜の木で立ち話しながら、対岸の茂みの定番枝、お気に入り枝をuさんに説明していると、
お気に入り枝に姿があります。 ソレッとばかりに3人で茂みに向かいます。
お気に入り枝に姿はありましたが、すぐに飛び出しました。
今度はセンダンかと東歩道まで出て途中まで行くと、ボートにいます。
このボートも風が強くて右に左に動き回り撮影は中々できません。
そのうちここからも飛び出してしまいました。
時間的にも午後6時前なので、外側から西エリアチェックをしながら帰宅することにしました。(西・北共に姿なし)

対岸から見ると

お気に入り枝

夕暮間近

お堀の夕暮


未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

チェック入れられっぱなし

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
【今日のかわせみ】 2012.09.16
午後3時頃に西エリアに到着しました。
外回りで姿を探して東へ向かいましたが、東隅から茂み定番枝を見てみましたが姿無しです。
念のため句碑裏から覗くと、茂みのお気に入り別枝に姿があります。
茂みまで引き返し、今日の出会いです。
昨日が短かったのと今日の午前中は来ていませんから、出会いからこの茂みを飛立つまでの
約15分間に、何度も確認しているような素振りで、幾度と無く目が合います。
羽繕いも1度だけで、北方向へ飛び出して行きました。

茂みで出会い

直ぐに目が合う

足で羽繕い(頭)

また目が合う


辺りを見ては

こちらを見ている

 

少し寄ると


じっと見ている

 

 

 

飛び出した先は東歩道から確認すると、やはりセンダンの枝でした。
まずはベンチ付近の離れた位置から始め、徐々に距離を詰めてみました。
このセンダンの枝での休憩は、約13分間でした。

センダンに居た

ベンチから

ベンチから

歩道端から


センダン根元から

 

気付いてはいます

 


 

 

 

 


そろそろ

動く気配

対岸ですか?

下石垣ですか

ふわりと飛び出したさきは、噴水前のコーナーでした。
第二センダン付近からでは距離があります。
上の桜付近から少し下がった位置では、手前のエノコログサが邪魔をします。
コーナーで10分ほど休憩し一旦東歩道下石垣に向かいますが止まらず、流れ込み付近の西岸
へ止まりました。

 

 

 

 

この頃から小雨が降り出し、かわせみも慌てたように茂みへ向かって一目散に飛び出して
行きました。 が、しげみへ行ってみましたが姿がありません。
茂み近くに飛んできたようだったので、帰ってくるものと思いしばらく待ってみることに
しました。
しかし、20分ほど待ちましたが帰って来ないので、流れ込みを経由して内側歩道から西へ向かい居なければ帰宅しようと思い茂みを後にしました。
西エリアに着くと、西の網に姿があります。
流れ込みを飛び出して、一気にここ西エリアまで来たんでしょうか?
だとすると、さすがに若鳥です。飛翔力、行動力があります。
そういえば昨日も、西角から北の網まで一気移動したようですから。

西網に姿が

 

 

 


 

 

 

 


 

 

南岸へ移動

南岸で食餌

南岸で食餌後に、南歩道へ移動しようかと目を離した隙に姿が消えていました。
西方向や北方向への移動であれば視界の中に入ったはずで、東へ移動して行ったと思われま
す。 午後6時前でもあり帰宅することにしました。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

ついに北エリアまで遠征

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
昨夜の夕食後しばらくして、奥歯がズキズキと痛み出しました。
奥歯というより根元のハグキです。
保冷剤入りのタオルで冷やしながらPCに向かいましたが、集中力がありません。
早めに就寝しましたが寝付かれません。
朝目が覚めても少し痛みがあり、腫れもあります。
元来医者嫌い、特に歯医者は大嫌いですが、やむなく予約を入れて出かけました。
痛みの原因は、食べ物のカスか何かが歯と歯肉の間に入り込み刺激して炎症を起こしたも
のでした。
治療は生理食塩水で洗浄し、腫れている化膿部分を取り軟膏を詰めました。
周りの細菌類を調べ、対抗する抗生剤と痛み止めをもらって帰りました。
帰りがけにブロ友さんのフィールド近くに寄り、いい匂いを漂わせている「クズ」と、
「ヤブガラシ」(?)の花に飛ぶミツバチをパチリです。

午後から所用があり砥部町の知人宅へ行き、帰宅したのは午後5時頃でした。
明日からの天気のこともあり、一時間でもと出かけてみました。
運良く西エリアの南岸にいましたが、すぐに網へ向かって飛び出しました。
網に居たのも束の間で、北側の桜へ移り、今度は大きく北方向へ飛び去りました。

クズの花

ミツバチ

南岸飛び出しブレ

西の網へ


西の網で

西の網で

北側桜で

北側桜で

しばらく待ってみたが、網には帰ってくる気配がありません。
念のため内側歩道→南入口→南岸歩道→西岸歩道のコースで帰宅することにしました。
最も北の網まで帰ってくると、姿があります。
西の網に居たときに付いていなかった鱗が嘴に付いています。
どうやら今夕は、北のエリアまで遠征してきて食餌をしたようです。
薄暗くなり始めた網の上で北を向いたり、南を向いたりしながら、最後は竹の支柱に飛び上
がり、遥か南へ飛び去って行きました。西の網辺りまで帰ったのかもしれません。

北の網で1

北の網で2

北の網で3

北の網で4


北の網で5

北の網で6

北の網で7

北の網で8


北の網で9

北の網で10

北の網で11

竹ざお支柱で


ブロ友Kさんがフィールドに来た日。
フィールドで見たもの、お蔵入りになりそうなものをオマケで。

今年生まれの子亀

茂みナガサキアゲハ

まだツユクサ

ヤマトシジミ


網にアオサギ

ちょうどいい土管

サル顔アマガエル

真っ赤な太陽


未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

広々と新顔君ワールド

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
【今日のかわせみ】 2012.09.14
午後3時頃からのフィールド巡回です。
南岸バス停付近の石垣に止まっています。
ここ2~3日は、西エリアの南岸で見かけることが多いのですが、南岸は道路は電車、車の
通行量が多く、歩道も自転車や通行人がひっきりなしに通ります。
石垣の最上段は、その歩道下40cm位のところにあり、いわば足元のようなところです。

南岸バス停付近

自転車が

よく通ります

歩行者の足元です

そんな場所に居るのを横方向や手摺越しに見ると・・・

手摺越しに

餌獲りモードです

常に水面を見て

餌物色中です

対象サイズの小魚は、石垣際にたくさんいますが、「いつでも獲れる」とのんびり構えて
います。

 

 

 

 

2回ほど飛び込みましたが、これは水浴びだったようで、やがて西の網へ向かって飛びます。
西の網では遠目に、餌を咥えているのが見え、直ぐに呑み込みました。

西の網で

こちら見ている

よく目が合う

 


 

 

 

東エリア南岸で

15分ほど網で休憩すると今度は北岸に沿って東へ飛び去りました。
北岸中心に桜、柳と見て回りましたが姿が無く、南入口の橋から見ると、橋を越えた東の
南岸にいます。
南岸で撮影する場合は、カメラを右手で持ちますから、手摺からのはみだし量が多く窮屈な
姿勢になるために、どうしても右側(東側)からの撮影ポジションが多くなります。

橋から

歩道(東側)から

嘴に羽繕いの跡

 

この場所からはやがて飛び出し、東堀方向へ飛び去りました。
定番枝の見える場所まで行きましたが姿が無く、一旦西エリアまで引き返しました。
この時にやってきたuさんに状況を話すと「東見てきます!」と出かけて行きました。
しばらくして「見つけました!白鳥小屋前コーナーにいます!」の連絡でそちらへ向かい
ます。第二センダン付近から見ていましたが動きそうになく、遠くのため場所移動しようと
角の桜まで行くと、目の前のセンダンに飛び上がって来ました。

北コーナーで

センダン付近から

梅の枝の間から

少し遠い


センダンへ来た

 

 

 

しかしセンダンも何か異常を感じたように、作業小屋上の高い枝向かって飛び込みました。
昨日と同じ枝で対岸の様子を伺っているような素振りです。
しばらくして、下の作業小屋横まで飛び降り、これまたしばらくして茂み方向へ飛びました。

 

 

 

 

茂みの中では姿が見えません。
どこか別の高い枝か西エリアへ行ってしまったのかもしれません。
流れ込み、内側歩道経由で姿を探しながら帰宅しましたが、その後は姿を見つけることが
できませんでした。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

パフォーマンスいっぱい!

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
【今日のかわせみ】 2012.09.13
昨日の記事コメントにコメント返しをしようとパソコンに向かっていると、Kさんからの電
話「そろそろご出勤ですか?今カミさんを病院へ送ってお堀に来とりますらい。」
ご期待通りに自転車を飛ばして出勤です!。
Kさんと出会う前に西のエリア南岸に姿を発見しました。
やがてやって来られたKさんとしばし撮影会です。

西エリア南岸で

南入口橋から

ポジション移動

ゆったり餌獲り体勢


辺りを見たり

水面見たり

東エリア南岸へ

ここから飛び込み

東エリアの南岸へ移動しここから飛び込んで餌をゲットしはるか東へと移動して行きました。
てっきり東の茂みまで帰ったと思い、茂みへ行って見ましたが姿はありません。
県警前の石垣に居るとのKさんTELで引き返す途中、ダイビングゲットして北岸松の木の下へ。
食餌後にKさん死角の石垣の上で、ダンスのようなステップを踏みました。(初見です)
(横走りで)左、左、右、右 (片足で)左、右、左、右 (横走りで)左、左、右、右
そして東の茂みへ向かって飛び去りました。

松の木の下で食餌

食餌中

この後ダンスを

東の茂みへ


東の茂み定番枝

 

 

 


 

 

別枝へ移動

 


 

 

 

 


 

 

 

 


鮮やかブルー

 

 

 

茂みへ戻ったのを対岸から確認したKさんご夫婦はここで帰られました。
茂みでは、長時間休憩モードに入ったので、昼食帰宅することにしました。
-----------------------------------------------------------------------
午後は、4時前フィールド到着で出かけてみました。
東の茂みは一時帰宅だったのか、それ以降東で活動しているのかを確かめるためです。
西エリアや南岸に姿は無く、茂みにも姿はありません。
センダンまで行くと休憩していました。
休憩が長かったのか、やがてセンダンから飛び込み、下の石垣へ上がって来ました。
石垣を少しずつ流れ込みの方向へ小移動して行きます。

 

 

 

 


 

 

 

 

ここで、面白い光景に出会いました。
かわせみは、長い爪を持った足の構造から、横歩きはよくしますが、前に向かって歩くこと
はまずしません。
ところが今日は、石垣の上をトコトコと30cm~40㎝ほど歩きました。
運良く連写ゲットです。

 

 

 

 


 

 

 

 

その後は、石垣から東歩道下石垣へ移動し、堀の中央付近の水面近くで餌を獲りセンダンへ
上がります。センダンからは直ぐに白鳥小屋の屋根へ移動しました。
白鳥小屋の向かいの桜の下の植え込みに、通行人が白い袋を持って入って来たのを見て、
慌てて飛立ち、作業小屋上の高い枝へ飛び込みました。
そこから、通行人の動きをじっと見ており、姿がなくなるまで警戒体勢を取っていました。

 

 

 

 


 

 

 

 

その後は、茂み→南コーナー→南歩道下土管と移動し、最後は夕陽に向かって遥か西の方向
へ飛び去りました。
そこで、帰宅しましたが、西エリアには姿がありませんでした。

茂みの枝で

 

南コーナーで

 


南歩道下土管

 

今日の夕陽は赤い

黒点も見えます


今日は、午前、午後と撮影チャンスが多かったので、撮影枚数も649枚(連写含む)を数えま
した。 長々とご覧いただきありがとうございました。
動画もありますが、別便といたします。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

ちょっと休憩トンボ撮り

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
【今日のかわせみ】 2012.09.11
先日訪れた泉に、そろそろ終盤を迎えるハグロトンボの産卵風景、中でもハートマークを見
に行くことにしました。
昨日はかなり付き合わせたので、お堀のかわせみ君今日は休憩です。
先日は、高速道路の南側を通ったので気付かなかったショッピングセンター横のコスモス畑
が綺麗に咲いているのが見えます。
ちょっと寄り道ですが、着いてみると風があって少々撮りづらい状況です。
少しだけ撮って、帰りに風が止んでいるので再度立寄って見ました。
コスモスまつりは今週末あたりでしょうか、今日は人影がほとんどありませんでした。
傷んだ花が無い今が見頃です。

青空が欲しい!

それでも初撮り

これから見頃

季節先撮り


風が吹いて

撮り辛い

風が止んだら

ミツバチも出て


花粉集めに

忙しそう

花粉を付けて

花から花へ

目的の池では、先日訪れた時よりも数は減っていますがそれでもヒラヒラとハグロトンボが
舞っています。 産卵中の雌たちもいます。

ハグロトンボ♂

ハグロトンボ♀

産卵中

やった!ハートマーク


ここは産院?

雌が3匹並んで

産卵終えて

別の泉でもハート


雌休憩中

雌休憩中

 

 


泉で見かけたハグロトンボ以外のものです。
ここでも季節の変わり目がそこはかとなく・・・

ナツアカネかな?

小さいもんナッ!

 

 


 

 

もう直ぐ開く

エノコログサ


ツルボ

 

 

ツルボにミツバチ


第二の泉(三ケ村泉)では動画も撮りましたのでご覧下さい。
defaultCAWP9Q00.jpg
 「泉に群れて」
 ←サムネイルをクリックしてご覧下さい。
 再生: 2:17 


未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

西エリアに一日中?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
【今日のかわせみ】 2012.09.11
今日は午前と午後2回の巡回をして見ました。
結果的には、午前も午後も居たのは西エリアでした。
ひょっとして、一日中このエリアに居た?
まずは午前10時過ぎから。
いきなり西の網で出会いです。網で休憩のようですが、そろそろお昼の食餌タイムです。
何処で食餌をするんでしょうか?

西の網で

何処で獲ろうかな

伸び上がって

遠くを見てます

網から少し離れた南岸へ移動して行きました。
この子も通行人や、歩道を隔てて通る電車や自動車の騒音に対しては平気で、いかにもお堀
慣れしているような様子です。

行くよっ!

南歩道下石垣へ

歩道下40cm

騒音も平気


噴水の向こうで

ゲットしました

食餌しています

風がある?

南岸から動きそうにないので、歩道まで行ってみました。
居場所を確認してカメラを構えていると、通行人のご婦人二人が新顔君の真上から覗き込み
ました。 新顔君は驚いてピュー! 対岸の排水口へ逃げて行きました。
今度は、知らずに排水溝を覗き込んだtaさんに、慌てて少し離れた石垣へ移動し、排水溝へ
降りたtaさんを見て西角を回って北の桜へ移動して行った。

北岸排水溝へ

北側桜へ

西対岸から

桜の枝で

内側へ回り、桜の枝まで行くとまだ止まっていたが、やがて西角を曲がって東へ飛び去っていった。
周辺を少し探してみたが姿が無いので昼食帰宅した。
午後の部の前に、午後の巡回時に撮った南歩道脇にたくさん咲いている「ヘクソカズラ」
(早乙女花)のオマケ画像です。

ヘクソカズラ

こんな可愛い花に

可哀そうな名前

別名「早乙女花」

午後も出会いは西エリアの南岸でした。
すでに何匹か食べたのかゆったりとしています。
それでも少しづつ移動しながら、一匹食餌するのは確認できました。
そして、網へ移動、また南岸へ移動をし南入口の橋を潜って東へ飛び去って行きました。

西エリア南岸で

反対側へ回り

のんびりしている

 


 

 

 

 


網へ移動

白鳥と

 

 


また南岸へ

 

 

この後東へ

てっきり東の茂みへ帰ったと思い茂みまで行きましたが姿はありません。
流れ込み、センダンと内側を見て回り、西エリアまで帰ると南岸石垣に姿があります。
これは、東へ移動して行ったと思わせ、フェイントで舞い戻っていたようです。
今度は、移動した先の目測誤りで真上から覗き込んだため、勢いよく東へ帰って行きました。
舞い戻る様子が無いため、今日はここまでと決めて帰宅しました。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

新顔君定着体制へ

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

【今日のかわせみ】 2012.09.10
時間帯ずらしの観察で、今日は午前中10時頃に東の茂みに直行してみました。
南の歩道(排水口上)から見ると、定番枝に姿があります。
昨日のように、行くまでに飛ぶなよ! で、そっと覗くと羽繕いをしています。
ここで約40分休憩に付き合いました。

茂み定番の枝で

こちらを確かめて

 

風に吹かれて

枝から飛び出して向かった先は、排水口上の最上段石垣です。
餌獲りモードになったようです。 石垣を少しづつ西へ移動し、白鳥小屋前の石垣の中段へ。
そこから飛び込んで餌をゲットし、白鳥小屋の屋根であっと言う間に呑み込みました。

南岸へ

排水口上最上段

西へ移動

石垣中段で


斜め上から

ここから飛び込み

白鳥小屋で食餌

東へ飛立ち

ここでは一匹のみで、一目散に東へ。  茂みの定番枝に帰っていました。
茂みでは羽繕い等しながらまた40分ほど休憩でした。

茂み定番枝

長時間休憩体勢

 

こちら見てる


 

 

 

また確認された


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

今度飛び出した先は、若がよく止まっていた南岸の土管です。

土管で

 

 

マドンナ似の雄

土管からは(餌を獲って)→北岸県警前松の木→南岸石垣(ここから餌を獲って)→松の木の下
石垣→茂みと移動して行きます。

南岸に居る

北岸松の木下石垣

 

 


茂みへ帰る

 

いつも目が合う

 

昼食への帰りに対岸から見ていると、定番枝から飛び出し第二センダン下石垣→センダン→茂
みと移動し、茂みを拠点に餌場移動をしている状況が判りました。
-----------------------------------------------------------------------------------------
「夕方は何処に?」と午後5時も過ぎた頃出かけてみると、西の網でnさんと睨めっこをして
います。 やはり限界距離は5m程度で、網に近付いたnさんを見て南岸へ飛び出して行きます。 南岸へ回り撮影したところで、再び網を経由し北方向へ飛び去って行きました。 

西の網で

いらっしゃい!

食餌後のようです

南岸へ


南岸で

西の網へ

そろそろ帰ろうか

もういいでしょ!

午前中といい、午後といい行動パターンや行動拠点がかなり落ち着いてきたように思えます。
居付きの体勢が固まりつつあります。
追い立てず、寛ぎの時間と場所を確保してやれば、毎日確実に見られると思います。

新顔君と言うことでいっぱい並べてしまいましたが、たくさん見ていただきありがとうござ
います。
同時に撮った動画もアップしましたので、時間がありましたらゆっくりご覧下さい。
↓サムネイルをクリックして動画をご覧ください。
 手持ちのため見苦しいところがあるかも知れません。お許しを。
defaultCAV2WEX8.jpg
 【今日のかわせみ】2012.09.10
 再生: 5:55
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

綱渡り?観察

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

【今日のかわせみ】 2012.09.09
今日は綱渡りのようなかわせみ発見でした。
ビデオクラブの役員会、作品鑑賞会があり一日つぶれる予定でした。
フィールド巡回も半ば諦めていました。 が・・・
いつもなら、昼食を会場の外にでかけるため、午後からの鑑賞会準備等で実質休憩時間が
ありません。
今日は、先輩会員がお弁当を二つ持参してきておりいただくことができました。
食事終了が12:20分頃で、思わぬ休憩時間ができたのでお堀へ躊躇無く出かけました。
南入口から西エリアを確認した後は、内側歩道から東へ向かいます。
東角から茂みを確認すると、定番枝に姿があります。

定番枝に居た!

定番枝で

定番枝対岸から

定番枝対岸から

急いで流れ込みを通り、茂みへ向かいます。
茂みに着いて覗くと姿がありません。 別枝にもです。
飛び出した方向はわかりませんが、後戻りをしての流れ込み周辺、センダンを時間なしで
諦め南歩道を通り会場へ戻ることにしました。
南入口まで帰り西エリアの南岸を見ると、なんと姿があります。餌獲り体勢です。
時計と睨めっこで撮影です。
餌獲り体勢のため、ソワソワしており今にも飛び込みそうな状態です。
飛び込むのを諦めて場所移動してしまえば、それ以上は無理な時間になりました。
飛び込むならその場面を収めてと思いましたが、モジモジ状態のままタイムアウトになりま
した。 後ろ髪を引かれる思いでその場を離れました。

南岸に居ましたよ

新顔君ですね

これは若似

マドンナ似


若似

 

 

 


 

 

 

 

西エリアの南岸へ移動して来ていなかったら、今日の画像は茂みの4枚のみで終わりでした。
西の網に移動していれば同じ結果になったと思います。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

新顔君定住?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

【今日のかわせみ】 2012.09.08
少しずつ時間帯を変えて巡回しています。
今日は午前11時過ぎに昼食時間帯を狙って出かけてみました。
例によって西から回り、東の南内側まで来ると茂みに飛び込むかすかな姿が見えました。
飛び込んだ先の茂み別枝を見ると姿があります。
止まっている場所は陽が当っている場所なので、人目で新顔君だと判りました。
東歩道へ回り、句碑裏から覗くと確かに止まっていますが逆光でシルエット状態です。
茂みの中へ回りました。

茂みで新顔君

向きを変えた

 

 

休憩モードではあるけれど、まったり状態や羽繕いはせず結構キョロキョロとしています。
それでも都合30分程度休憩して、北方向へ飛び出して行きました。
しかし、東歩道下の石垣、流れ込み、センダンと見て回りましたが姿が見えません。
どこか高い枝に止まったか、内側から他のエリア、もしくは城山方向へ飛び去ったかもしれ
ません。 今日も姿確認だけで深追いせず昼食帰宅しました。

茂みで休憩1

茂みで休憩2

茂みで休憩3

茂みで休憩4


茂みで休憩5

茂みで休憩6

茂みで休憩7

茂みで休憩8


茂みで休憩9

茂みで休憩10

茂みで休憩11

茂みで休憩12


茂みで休憩13

茂みで休憩14

茂みで休憩15

茂みで休憩16

夕方は西の網に止まっていたそうです。(nさん情報)
どうやらこの新顔君はこのお堀に定住しそうです。
まだ本当の居場所は定まらず、お堀中を移動しているようです。
餌場もまだ定まっていないのか、嘴に鱗をいっぱい付けているのをみますが餌を獲った場面
はまだ2回しか見ていません。(西エリア南岸、北の網)
今日は茂みで休憩中に動画も撮って見ました。
↓サムネイルをクリックして紹介動画をご覧下さい。
defaultCAAYAUBO.jpg 
 茂みの枝で休憩中の新顔君です。
 定住しようと思っていますので、
 よろしくお願いします。



未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

若?新顔君?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

【今日のかわせみ】 2012.09.07
今日は午後1番の時間帯に巡回してみました。
いつものように、西網→西エリア→南堀(東エリア)→茂み(対岸から)→茂み対岸と見て回って
着いたセンダンに姿がありました。
後姿をまずファインダーから覗くと「エッ!若?」 背中の乱れ、嘴の先の白さも目立ちま
せん。 頭は乱れていなくてきれいなようです。  体全体から受ける雰囲気は若です。
でも、考えてみると最近は夕方のマドンナがほとんどで、若の姿をまじまじとは長い間見て
いないような気がします。(ここに来て反省!です)
東のエリアには、若とマドンナしか居ませんでしたから、、わずかの体色の違いや下嘴の色
を見て、若とマドンナを区別していたように思います。
マドンナは近付ける分、目の周りの小さな毛まで見えていました。
今は兎にも角にも目の前のかわせみを撮ることに集中です。

センダンで1

センダンで2

センダンで3

センダンで4


センダンで5

センダンで6

センダンで7

センダンで8

到着前から、センダン前のベンチで様子を見ていたαさん曰く「長い間休憩している」との
ことで、センダンの木の根元に近寄ろうとしたら飛び出し、茂みへ向かって飛んで行った。
茂みでは、定番えだに止まっていたが、これも5分程で対岸の南コーナーへ移動し、すぐに
上の柳の枝に飛び上がった。 内側に回って見るが、柳の枝では15分程で西方向へ飛び去っ
て行ってしまった。(その後、西のエリアでは姿を見つけることができなかった。)

茂み定番枝で1

茂み定番枝で2

茂み定番枝で3

茂み定番枝で4


茂み定番枝で5

茂み定番枝で6

コーナー柳で1

コーナー柳で2


コーナー柳で3

コーナー柳で4

コーナー柳で5

コーナー柳で6

それにしても、東のエリアの「止まり所」や、移動コースをよく知っているように思います。
若と新顔君が複雑に絡み合って、どちらとも判断つかずの今日のかわせみでした。

【雨上がりの泉・ハグロトンボ】
重信川近辺の泉に「ハグロトンボ」が群れているとの情報で午後気晴らしに出かけました。
市内を抜ける頃に雨が降り始め、やがて土砂降りの雨となりました。
このところ毎日降るにわか雨であろうと予測して、第一の泉に到着。
車の中で雨の止むのを待って、泉を覗いて見るとたくさんのハグロトンボがヒラヒラと舞って
います。 どうやら産卵をしているようで、メスが水中の草に尻尾の先を浸けています。

雨後の泉1

雨後の泉1

水面に雫の波紋

雨後の泉2


ハグロトンボ

ハグロトンボ♀

ハグロトンボ♀

雌雄ハートマーク


♀の産卵

雌の産卵

ハグロトンボ♀

 

オマケは、第二の泉近くで色付いてきた稲の葉に光る水滴と、最後2枚は堀の内で撮った
「ヒヨドリジョウゴ」です。

稲の水滴

稲の水滴

ヒヨドリジョウゴ

ヒヨドリジョウゴ



未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

やっと会えたけど

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
【今日のかわせみ】 2012.09.06
今日は見回りだけでもと思い出かけた16:50頃、南入口の橋から西エリアの南岸を見ると、
居た! カワセミの姿です。
すぐに、1度真上に飛び上がって石垣際に飛び込む独特のダイビングスタイルで餌をゲット
しました。 雄のようです。若か!と少し近寄ってみて確認しましたがどうも顔が違います。
新顔君のようです。 顔は嘴さえ赤かったらマドンナとよく似ています。
南岸から飛立ち、網の方向へ向かいます。
網に止まっている姿を、まずは遠目に観察してみます。
そして、少しづつ距離をつめました。

南岸で食餌中

マドンナ似の新顔

西の網で

嘴の先が白い


男の子?

 

 

 


 

 

 

 

しばらく網で休憩しましたが、西角を曲がって北側の桜に止まりました。
嘴の右側には鱗をいっぱい付けています。
先日茂みで見たときもそうでした。餌打ちの癖で、右側へ打ち付けるからなんでしょうね。

女の子にも見える

 

北側の桜へ移動

嘴に鱗がたくさん


 

 

 

 


 

 

 

 


 

目が合った

少し痩せている

頭もきれい


同じような写真をたくさん並べてしまいましたが、久し振りのカワセミとニューフェースだと
思いお許し下さい。
それにしても、当の本人の若・マドンナはいずこへ~。 早く帰ってきて欲しいですね。
たくさん見ていただいてありがとうございました。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

何処へ行ったの?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
【今日のかわせみ】 2012.09.04
早朝からブロ友Uさん、Hさんが駆けつけてくれましたが、結局は発見に至りませんでした。
今日もお堀中でかわせみ一羽見かけることができませんでした。
しかし、孵化直前に若とマドンナが同時に居なくなることが考えられません。
何らかのアクシデントがあったとしても、どちらかがというのなら判断つきますが・・・
午後は巣穴探索も行いましたが、一番子・二番子の巣穴は判りますが、現在の巣穴の発見に
までは至りませんでした。
茂みではいつもならマドンナたちが止まっている枝が空しく揺れています。
雨も降り出しました。

一・二番子巣穴

一・二番子巣穴

茂み定番枝

茂み別枝

通過していく公園にはそこここに秋の気配が・・・

たわわ銀杏

色付き始め

桜広場の桜も

紅葉始め

午後の捜索に出かけようとしたとき、足止めされるようなことがありました。
ふと見た南の空に黒雲が広がり、そこから筋状に雨の柱が見えます。
しばらく様子を見ていると、風向きと合わせ、ゆっくりと東へ移動しています。
松山市内ではポツリともしていませんが、市内東部や東温市は集中的なかなりの雨が降って
いる模様です。 こちらに向かわないことを確認して急いで出かけました。

黒雲から雨の柱

ゆっくりと東へ

かなり降っている

こちらには来ない


しかし何処へ行ってしまったのでしょう。
結論が出るまで落ち着かない。
早朝から捜索に駆けつけてくださったブロ友かわせみファンの皆様ありがとうございました。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

捜索願

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
【今日のかわせみ】 2012.09.04
今日のかわせみと謳っても、カワセミ画像がありません。
今日で3日目、マドンナ・若に出会えていません。
それどころか、今日は一昨日昨日の新顔君にも会えませんでした。
こんなことは初めてです。
もちろん北や西でもかわせみの姿を見ていません。
午後2時前から出かけましたが、お堀に1羽も居ないのではと思える状況でした。
午後4時過ぎからは、nさん、uさんも加わり手分けして北・西・東と見て回りました。
午前中の捜索も必要かもしれない状況になってきました。
捜索中に見かけたものも、いつもならオマケになるのですが・・・。

茂みのクロアゲハ

イヌイチジクに雀

ササゴイ

センニンソウ


今日は、ぼやきのような記事になってしまいました。
ご覧いただいている皆様に、明るい話題が提供できるように自分に「捜索願い」を出しました。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

新顔君北に?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
【今日のかわせみ】 2012.09.03
今日も午後4時前にはフィールドに到着していました。
南堀の西のエリア、東のエリア、茂み、流れ込みエリアと見て回りましたが姿がありません。
茂みでしばらく待機してみましたが来ないため、神社横から南堀、東堀を眺めていると、
対岸にnさんの姿がありX印サインを送りました。
nさんは西へ向かって姿を探しに行きました。
センダン前へ移動して待機中にnさんが帰ってきましたが、西にも姿無しとのことです。
しばらく待ってみましたが、やがて雨がポツリポツリと降って来ました。
遠くで雷も鳴り始めています。
「これはヤバイかも。西へ行ってみます。」とnさんを残して西エリアへ向かいました。
西エリアもやはり姿がなく、傘がいりそうな降りになってきたのでひとまず北へ向かいます。
西の入口を通過して外回りで北へ向かうところで雨は上がりました。
ここまで来たら、北を回って再度東へと思い北の交差点まで来たとき網に向かって飛ぶ姿が
あります。 急いで網まで引き返しました。
網の中央付近に止まっていたのは雄のようで、昨日の新顔君のようにも見えます。
空模様が怪しくなり、辺りが薄暗くSSが上がりません。1/20程度です。

餌ゲットです

嘴の先が白い

若鳥です

昨日の新顔君?

網に止まったまま他には飛んで行きません。
同じ個体、同じ場所(北の網)なので、写真個別の説明は入れませんがご覧下さい。

 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

この頃に、大粒の雨がパラパラと来たので身構えたがすぐに止んだ。
しかし、100mほど離れた南の白鳥小屋周辺は土砂降りで、白鳥小屋も霞むほどです。
不思議な光景でしたが、目の前のカワセミに集中で、証拠写真を撮り漏れです。

 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

対岸を通ってやって来たnさんはビショ濡れで「短かったが凄い降りだった。ここは全然
降っていませんね。」でした。
今日もマドンナには会えずじまいでした。

「夏の雨は馬の背を分ける」とか「夕立は馬の背を分ける」といわれますが、帰宅した北の
空は、厚い雲とそこから集中的に降っているであろう雨の太い筋が幾つもはっきりと見え、
雷も鳴っています。 ちなみに自宅周辺では雨は全然降っていません。

雨の筋が見える

あの下は土砂降り

今年の雨の特徴?

ゲリラ雷雨?


未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

君は誰?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
【今日のかわせみ】 2012.09.02
午後4時頃に外回りで、西の網周辺、南岸をチェックしながら南入口まで到着しましたが、
姿がありません。
茂みの中や茂み対岸にも姿がなく、東歩道下石垣、センダン下石垣もチェックしながら流れ
込みまで着きました。
今日は珍しく「ササゴイ」が二羽居て餌獲りの真っ最中です。
カワセミと同じように飛び込んで餌をとりますが、カワセミほど俊敏でなく水面でバタバタ
しているようで、効率も悪そうです。

ササゴイ1

ササゴイ1

ササゴイ2

ササゴイ2

茂みの中には比較的新しいくもの巣が張り巡らされていて、西日に虹色に光っています。

くもの巣

くもの巣

くもの巣

くもの巣

センダン付近で待機していると、花を撮りに来たuさんと、しばらくして西からカワセミを
探してきたnさんがやってきました。
ご両人ともに、カワセミを探しながら来たそうですが何処にもいなかったようです。
東の角で立ち話中にnさんが「飛んだ!」の声。
見ると作業小屋近くに波紋が残って、作業小屋横のポールに姿があります。
東歩道の作業小屋近くまで言って見ると、ポールに止まっていますが、どうも様子が・・・
向こう向きに止まっていますが、体色が鮮やか、嘴の先が白いので、若やマドンナではなく
若鳥で雄のようです。横に回って足の色を確認するときれいな赤い色をしています。

ポールで

新顔?

羽繕いして

落ち着いている


慣れている

横から足色確認

若鳥です

何処の子?

1度飛び出し茂み方向へ回りこみましたが、しばらくしてまたポールへ戻ってきました。
2回目に同じように飛び出しましたが、なかなか帰って来ません。
茂みの中も確認しましたが姿が無く、マドンナのことも気になり西エリアまで足を延ばして
みました。
網まで行きましたが、新顔君もマドンナも姿がありません。
nさんから携帯で「またポールに来た!」の連絡で引き返します。
今度は横から観察してみましたが、やはり雄の若鳥に間違いありません。
君はどこの子?

3度目ポール

雄のようです

嘴先は白い

 


再度横から

 

 

 

またポールから飛び出し茂み方向へ飛びましたが、句碑裏に居たので振り返って茂みを見る
と北側の別枝に止まっています。
直ぐに茂みへと回りました。
こちらを見ていますが、動きそうになく、嘴にたくさん鱗を付けて休憩しています。

茂み別枝へ

別枝で

休憩モード

若いですね


 

雌のようでも

 

 


雌かもしれない

 

こっち見ています

たくさん食べた?

10分ほどの休憩をして、今度は内側南コーナーへ移動して行きました。
nさんは内側回りで帰宅したようで、東歩道に残っていたuさんを呼んで南歩道から対岸の
コーナーにいる新顔君を観察です。

マドンナ似?

 

南コーナーで

nさんが背後に

ここもやがて飛び出し、茂みの定番枝に飛んでいきました。
茂みでは、午後6時を10分ほど過ぎており、だんだん暗くなっていくのと合わせシャッター
スピードがあがらず、ブレブレの画像になってしまいます。

定番の枝で

 

 

 

10分ほど居ましたが諦め、西エリア確認を兼ねて帰宅することにしました。
この新顔君の対応で今日は、若・マドンナ共に姿を見ることができませんでした。
さてこの新顔君、果たして居つくのでしょうか?。それとも一時的なもの?
それにしても、マドンナによく似ていたなあ。 いったい何処の子なんでしょう?
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

行動変化?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

【今日のかわせみ】 2012.09.01
南入口に着いた午後4時頃、橋から南岸を確認していると、橋を潜って真っ直ぐ西へ飛ぶ姿
があります。 マドンナが交替で今出て来たのかなと思いました。
西コーナーの網まで行き確認すると、それは若でした。
まだ交替しないのでしょうか? ゆったりと休憩しているように見えます。
がそれも10分程の短い時間でした。その間餌獲りも水浴びもしないままです。

西網で若

まだ交替しない?

ハイ!敬礼!

おやっさん誰待ち


マドンナなの?

すねちゃおうかな

ショボン!

交替してくるね

若は西コーナーを回って北方向へ飛び去りました。(16:17)
交替に行ったと思い、しばらく待ってマドンナが出てきそうな東へ向かいます。
東で30分近く待ちましたが、マドンナの姿はありません。
北から西経由でNさんがやって来ましたが、何処にも姿はなかったそうです。
しかし、夕方の餌獲りと休憩で、マドンナはどこかにいるはずです。
そこでNさんには外回りで西に向かうことを告げて、茂みをチェックして西へ向かいます。
西エリアの南岸を見ながら網まで近寄ると、中央より北よりに姿がありました。
引き返して、内側を網まで向かいます。
網に居たのはやはりマドンナでした。(17:04)
どうやら内土手か、公園をショートカットして直接ここまで来たようです。

マドンナです

こっち見てます

なんか眠そう

まったりと


辺りを見て

食餌は済んだ?

そういえばお腹が

羽繕いして


餌獲りそうにない

羽繕い

ストレッチ

 


羽繕いは

入念に

しています

何か居るの?

一向に食餌をする気配はありません。
それよりも、羽繕いやストレッチを時々しながらまったり休憩です。
お腹も膨らんでおり、消化待ち状態なのかもしれません。

 

 

 

 


ストレッチ

 

 

 


 

こっち見ながら

ストレッチ

ストレッチ


水面気になる

また羽繕い

また見てる

網をすこし移動

やっと動き出しそうな雰囲気になったのは、午後5時15分を過ぎた頃からです。
ところがこの頃から雨がポツリポツリと降り出しました。
この間で、網の上の移動や飛び込みが3回ほどありましたが、餌を獲ることはありません。
「こりゃいかん!」とnさんと二人で帰宅することになったのが午後5時45分頃のことでした。

羽繕い

ペッタンコ

そろそろ食餌を

餌物色


向きを変えても

ストレッチ

結構降り出した

先に帰るよ!


若が飛び去り、マドンナ待ちの時間に咲き始めのセンニンソウと近くのヤブランを撮ってみ
ました。 東のセンニンソウも・・・ 白い花はむつかしい。

センニンソウ蕾

センニンソウ

ヤブラン

ヤブラン


ヤブラン

東のセンニンソウ

センニンソウ

センニンソウ

未分類 | コメント:10 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。