気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

移動は軽やか一気飛び

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
今日の居場所は東かな?と予想を立てて、午後2時半頃に自宅を出ました。
もちろん北の網、西の網等のチェックをしながら東へ向かいました。
茂みでドンピシャ!新君枝に止まっています。
簡単に見つかるときはこんなものですが、なかなかそうはうまく行きません。
10分程してUさん、Nさんが相次いでやってきました。
昨日の話で盛り上がりです。

新君枝で

見難いですね

これなら何とか

我慢できます


新君には特等席

 

そろそろ動く?

ストレッチして

新君枝で見つけてからでも40分が経っています。
大あくび(?)とストレッチをすると飛立ち、南コーナーを回って西方向へ消えました。
Nさんが直ぐに西の網まで向かいます。
Uさんとは、石垣上をチェックしながら南入口まで向かいました。
内側の西網付近まで行ったNさんが引き返して来るのが見えます。
西エリアの南岸を見てみると、居ました! 糞跡が消えて久しい南岸の石垣です。
今日はここで餌獲りかと思いましたが、5m~6mづつ西へ移動していましたが、Nさん一眼の
シャッター音に気付いたのか、飛び去ったようです。離れて見ていたので姿を見失ってしまい
ました。Nさんも、モニター確認して次に覗いた時には居なかったそうです。

西エリア南岸で

餌を探している

至近距離から

小移動繰り返し

Nさんは北のエリアへ行ってみるとのことですが、Uさんの姿がありません。
引き返した事も考えられるので、北岸等をチェックしながら東へ向かいました。
途中でUさんから「(新君)北に来ています!」の連絡があり、東から北へ向かうことに。
南岸からは距離がありますが、一気に飛んでいったようです。
トイレ休憩で立寄ったトイレ脇にツワブキが一輪咲いているのが目に付きました。
蕾もたくさんあって、明日にでも咲きそうです。 もうこんな時期になったんですね。

ツワブキ蕾

もうすぐ咲く

ツワブキ一輪

今日咲いた?

北のエリアでは南岸に新君が居て、Nさん、Uさんも居ます。
北の網に居て食餌をして、ここまで一気に来たそうです。
お腹も膨らんでおり、あまり動きません。
到着して13分ほどして北岸へ移動し、小刻みに移動してポジション選びをしていましたが、
網の方向へ飛んで行きました。

北エリア南岸で

休憩模様です

お腹も膨らんで

ぷっくりしている


まったり状態

動かずでしたが

北岸へ

小移動

国道側外歩道から網に止まっている新君を狙いますが、午後5時を過ぎており肉眼では暗い
状態で、さらにだんだんと暗くなって行きます。

北の網で

暗いです

北へ向いたり

南へ向いたり


 

 

 

網近くの石垣で

網では水浴びをしたり、近くの石垣で食餌をしたりしていますが「今日はこれまで!」で
散会帰宅することにしました。(17:23分=日没後5分)
スポンサーサイト
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

やっぱりお堀はボクのもの!

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
【今日のかわせみ】思いがけない雨、危うく白紙ブログに
午後2時半過ぎに出て、まずは昨日見かけた北堀へ。
「これはいけません!」お堀にはボートが出て水面に浮かんだ木の葉やゴミの回収清掃を
しています。 お堀がきれいになるのはいいことだけど、かわせみにとっては恐怖です。
避難しそうな場所を含め見て回りましたが、案の定姿がありません。

南入口から石垣中心に流れ込みまで見て回り、茂みの中をチェックしましたが見つける
ことができません。
茂みから外を眺めたときに、何やら空が黒く見えます。
茂みから出たところでポツポツと雨がきました。

途中で、北堀を清掃していた担当者の方が帰って来るのに出くわし、北堀の様子を聞いて
みました。「全然見なかったヨ!行方不明かな?」「そう今日は全然見つかりません。」
清掃が終わったなら、と雨で帰宅の気持ちもあって、再度北堀へ向かいました。

一回りする頃には、雨足がひどくなり急いで帰宅しましたが、前はびしょ濡れです。
パソコンに向かい、今日の記事に頭を痛めます。
昨日の分で掲載できなかったのがたくさんあるのでスライドショーでも作ろうかと思って
拾い出しをし始めてしばらくすると、太陽が顔を出し始めました。

4時を回っていますが、一時間でもとすぐに出かけました。
北、西と回り神社南角でNさんと出会いました。大きく両手で×印をしています。
Nさんはそのまま西方向へ向かったので、茂みの中をチェックして見ます。
ふと見ると対岸にTakさんが居て、これも×印をしています。
対岸へ向かいますが、その前に一周してきたNさんは北を見て帰宅するとのことでした。
Takさんと立ち話後、内側を見ながら帰宅することにしました。
頭の中ではまた白紙ブログが浮かびます。

そして差し掛かった西の網を見て驚きました!。最近はぜんぜん寄り付かなかったこの網に
今日は来ていました。(16:35)
急いでもうほとんど帰宅していたNさんに連絡を入れるとやって来ました。

西の網に居た!

 

は~い見つけたよ

食餌後?


電車が通っても

平気です

見えますか?

ここです


丸々として

マドンナバスは珍しい

 

お腹一杯で動かない


こちらをチェック

上目使いに

少し動いてよ!

まったりと


羽繕い

遠くを見て

警戒か?

いや落ち着く

撮れたら撮れたで贅沢です。「もう少し動いてよ」「背景が一緒じゃつまらん」

ストレッチ

背伸びのポーズ

向きを変えて

そろそろ行くよ


付いて来る?

それではと

本当に来る

それでは と

網から飛び出し、角の桜の下にいったん止まったのですが、直ぐに北へ向かって勢いよく
飛びさりました。
もう既にISOアップしないと撮れない時間帯に入っています。
↑のストレッチのころからISO1600で撮っています。
それでもSSはだんだんと下がり、飛立つ前には1/40まで落ちています。

Nさんと「今日はこれまでっ!帰りましょう!」ということで帰宅することにしました。
しかし、北の網に差しかかると、足止めされました。
新君が北の網まで移動して来ています。
肉眼ではほとんど確認できませんが無理を承知で「証拠写真」として撮影してみました。
以下上段4枚ISO800、下段4枚ISO1600でSS値を参考に記入します。

1/30 北の網で

1/30

1/30

1/25 動けばブレます


1/40

1/40

1/15

1/40

もう限界です。(17:20)
「またねっ!」で帰宅することにしました。

今日の撮影は、西の網と北の網の二箇所のみです。
したがって、同じようなものを長々と並べましたが、お付き合いいただき
ありがとうございました。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

日替わり定食日替わり餌場

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
昨日(28日)は香川のビデオクラブとの交流で高松へ出かけました。
昨日の状況は、NさんTさんのブログで知ることができ、東にいたことが判りました。
東へ直行と思いましたが、とりあえず北をチェックしてからと思い通りかかった茂みに姿が
あります。 自転車をトイレ近くに停めて引き返すと、まぎれも無く新君です。
東と北で日替わり移動です。 やがて、Nさん続いてUさんもやって来て、堀の内銀輪部隊が
出揃いました。

北の茂みで

少し眠そう?

まったりです

休憩中


嘴に鱗がいっぱい

少しキョロキョロ

そろそろ動く?

次ぎは南岸?

キョロキョロとし始めて南岸へ移動し水浴びを始めました。
茂みで出会ってから、ここまで28分間居たことになります。
たぶん出会う前から居たでしょうから、長い休憩です。

水浴び

 

こちら見てます

餌獲り開始?

水浴び後羽繕いをして餌獲り開始かと思ったら、また茂みの枝に移動しました。
この枝でもまた20分ほど休憩です。

茂みの榎で

東歩道から

 

北歩道から

1度南岸へ飛び出し水浴びをして、また茂みへ戻ります。
ここでもまた15分ほど休憩し、真下へ飛び込んで餌をゲットし南岸へ、さらに南岸から張り出
した枝へ移動し、ここでも直下へ飛び込み餌を獲りました。
南岸で食餌後は、トイレ下の石垣に移動です。

茂みの榎へ

横目でチラリ

知らん顔

南岸へ


南岸の高い枝へ

トイレ下石垣へ

餌を狙っています

トイレ窓から

やはりトイレの窓からでは距離が近すぎました。
新君は覗いた顔を見上げて目を合わせましたが、そっとカメラで一枚撮ると南へ飛び去りま
した。
網まで移動し、東の岸近くに止まっています。

網に居る

西歩道から

 

 


網横の石垣へ

さらに移動

また移動

南岸中央付近へ

もともと南岸は日陰になっており、東歩道からは距離もあるので今日はこれにて終了です。

夕陽が見られそうなので、二の丸へ向かいます。
西の空の比較的低い場所に雲が出ています。
夕陽はその雲の中とビルの向こうに沈んで行きます。
雲の模様と夕やけが刻々と変わって行きます。今日は海岸でもお隠れでしょうね。

夕景1

夕景2

夕景3

夕景4


夕景5

夕景6

夕景7

夕景8

東の空には満月が昇っています。

満月が東の空に

公園内広場から

城山の端に

少し雲が


未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

野鳥の宝庫で野鳥を横目に

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
10月28日 愛媛と香川のビデオクラブ交流で高松へ行きました。
早朝5時起きで、バス会社の車庫まで出向き、それぞれの集合場所で参加者を乗車してもら
い高松へ向かいます。
午前10時に栗林公園へ集合し、約75haもある広大な園内で3分間一本撮りを行います。
午後はそれを持ち寄り、放送局のチーフカメラマンの講評を受け、両クラブの交流を図り
ました。

栗林公園

掬月亭

南湖の松

盆栽のよう


アオサギ

セグロセキレイ

左・ハクセキレイ

ホオジロハクセキレイ


周遊和船もあります

 

高速から夕陽

車窓の夕陽

参加者を全員送り届けてバス会社の車庫からの帰りに、12アプローチでJAL機が頭上を通過
して行きました。
ふと寄り道をして夜の空港を撮って帰ろうと思い、空港南公園に立寄ってみました。

夜の空港

ANA B777-200

JAL B737-800

夜の松山空港


栗林公園は国の特別名勝に指定された公園で、6つの池と13の築山が配されていますが、
名前の由来となった栗の林はかっては存在していましたが、鴨猟の邪魔になることを理由に
伐採されたそうで、特に盆栽風の枝振りをした松の古木が目立つ公園です。
またここは、高松周辺の野鳥の宝庫として知られていますが、当日の目的が違っていたため
に、鳥のさえずりや姿を横目の撮影となりました。

当日撮影したものをアップしました。
↓URLをクリックして参考にご覧下さい。
http://youtu.be/WFYOw4-3N4Y
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ここも新君のテリトリー?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
昨日も午後は全く姿を見ることができませんでした。
それどころか、神社下から南岸や北岸、茂み対岸などから見ていても飛び込みの姿も見えま
せん。時間的に夕食時間帯ですから餌獲りのダイビングがあっていいはずでした。
今日は、もしやの感から、いつもの北→西の外回りコースの前に、北入口周辺のチェックから
始めました。
おやおや!こんなところに来ていましたか。
北入口から入ってすぐの南岸20mほど先に見つけました。
午後の早い段階での食餌を済ませたようで、休憩中のように見えます。

北の南岸で発見

休憩中です

東隅茂みへ移動

茂みの中で


ここでも休憩

 

 

 

茂みでしばらく休憩しましたが、再度南岸の西よりへ移動します。

南岸で

南岸西隅から

白鳥とコラボ

 


少し近寄る

次ぎは何処へ?

北岸へ移動

トイレ下で

北岸から、また茂みに入ったようなので東側歩道へ引き返したところへNさん登場です。
状況を話て、茂みを探して見ましたがいません。
網方向へ大きく移動した気配はありませんでしたので、トイレ下の石垣を見に向かうと、
やはり居ます。

トイレ下で

休憩中

落ち着いています

南岸へ

トイレ下にいたのをちょっと不用意に飛立たせてしまいました。
しかしこれも飛び去り程ではなく、南岸の角から10mほど東の位置です。
Nさんと南岸のボート横まで回りそっと見てみるとすぐ近くにいますが、ここでも相変わら
ず休憩体勢でいます。

南岸休憩中

まったりとして

逃げません

少し移動

次に動いたのは、網の上への移動です。
岸から離れた位置に止まっていたのですが、通行人が通ったために歩道からは見えない岸の
近くに移動しました。

網へ移動

岸近くへ移動

歩道からは死角

歩道直下です

このあたりから、居場所を頻繁に変えるようになり、西の歩道下へ移動して行きます。

歩道下石垣へ

通行人の足が

歩道40cm下です

ほぼ上から


網へ移動

水浴びです

札の辻交差点下へ

歩道下石垣


歩道下石垣から

トイレ下水際石垣

南岸へ

南岸で

長短の休憩を繰り返しながら、網から北の狭い範囲の北堀を移動していました。
昨日の午前中は東堀に居ましたが、午後からこの北堀でいるのかも知れません。
この新君はお堀中(といっても東と北)が自分のテリトリーと思っているのかもしれません。
すると、明日は何処で過ごすのでしょうか?
明日は、ビデオクラブの交流会で高松へ終日出かけます。
明後日は何処で出会うんでしょうね。

夜は7時過ぎから小雨が時折ぱらついていましたが、「お城と月の物語」でライトアップ
された松山城に登ってみました。

 

 

 

 





 天守閣広場 



 お城のライトアップに合わせて笠にも照明を当てて演出して
 います。
     


二の丸庭園も午後8時頃まで無料開放されていたようで、天気が良ければ絶好の夕陽ポイン
トが確保できたのですが・・・
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

午後は行方不明

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
昨日の午後の完敗から、今日は午前中に訪れてみました。
茂みの定番枝の手前の枝に見つけましたが、カメラを構える前に横のシュロに飛び上がりま
した。 見え難い場所なので、少し回り込んでみました。
やがて対岸に向かって飛び出して行きましたが、桜や石垣を確認しましたが姿はありません。
流れ込みに向かって引き返すセンダン横の柳をふと見ると、枝に止まっています。
この柳の枝は初めて止まっているのを見ました。
南の桜や石垣を確認しに行っている間もここに居たのかもしれません。

茂みのシュロで

 

 

柳の枝は初見です


 

 

 

 


 

 

 

飛びそうです

柳の枝からは一旦下に飛び降り(餌を獲ったかもしれません)、センダン下の石垣から飛立
った先を確認すると南の桜です。
この桜も餌獲りのための止まり枝だったようで、ダイビングゲットして茂みの定番枝へ帰っ
て行きました。

南の桜へ移動

 

 

 


 

茂み定番枝へ

定番枝で

 

後は午後に再開と昼食帰宅です。
しかし、昨日と同じく午後3時頃からの訪問では一度も姿を見ることができませんでした。
先日の石垣や排水口での長時間休憩を、茂みや周辺の高い枝で取っていると容易に出会う事
ができません。
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

寄り道ばかり

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
今日の午前中は歯科の予約があり出かけました。
帰りは寄り道してBさんフィールドに立ち寄りです。
上流の空気式堰が上がって点検(?)中で、下流には魚獲りさんの姿があります。
かわせみは、上流も下流も人影があるので来ていないそうです。
そこら辺を歩いて見ました。

三種のサギ

ハクセキレイ

小魚も沢山いる

キセキレイ


上空を鉄の鳥

オナモミ

合流地点

ヒメアカタテハ

魚獲りの人影が無くなった下流遠くにかわせみが現れましたが、飛込みをした後すぐにいな
くなってしまいました。

はるか下流に

かわせみの姿

ツマグロヒョウモン

モンシロチョウ

2時間ほどお邪魔寄り道をしてしまいました。
午後は出足が遅く、3時半ごろに出かけましたが、南堀にはボートが出て噴水の清掃作業中で
土手側は雑草、落ち葉などの清掃作業が入っており、かなり東まで進んでいます。
「こりゃダメかも!」の予感どおり、石垣や低い枝、茂みを見て一周しましたが見つけられ
ません。たぶん高い枝に避難して休憩していると思われます。
そこで、少し時間を置こうと公園の中へ寄り道してみました。

まだシオカラが

シジュウカラ

桜広場で

桜紅葉

再度内側、外側と東エリアを一周してみましたがやはり姿を見ることができません。
今日も天気が良く、夕陽が見られそうなので、思い切って海岸へ寄り道することにして、
西エリア、北エリアもチェックしながら帰宅しました。
もうそろそろ吉田浜でも可能ではないかと向かいます。

吉田浜から

ANA DHC-Q400着陸

雲も少ない

上層の雲へ


JAL福岡行き

西へ向かって

きれいな夕景です

タンカー停泊


島にかかりそう

島に近付く

島を抱くダルマ

黒点が見える


パックマンです

ANA B737上昇

JAL B737-800鶴丸

左旋回上昇

帰宅後夕食を済ませて、花園町へ。
今日から、花園町を活性化させようと松山市観光産業振興課の賑わい創出事業として「花園町
イルミネーション&フードストリート」が始まりました。
フードストリートは11月3日までの午後5時半~9時半。
イルミネーションは1月頃までの日没~午後10時までです。
過去最大規模の電球数でグレードアップされているそうです。

 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

今日はあっちこっちの寄り道ネタで、新君画像は一枚も撮れずでした。
フィールド状況が状況だけに仕方がないと悔しいけど諦めです。

未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

おまけも付いててんこ盛り

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
フィールドに向かう市民会館前に長い長い行列ができています。
若い女性が多いようですが、誰かのコンサートでしょうか。
NHKと市民会館の間に大きなトラックが3台と小型のトラックが数台並んでいます。
判りました!「EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE」の文字があります。
それにしても、午後2時にして開場6時のコンサートにこれだけの列です。
全席指定のはずですが・・・





南入口の橋から東の南岸を見たときは判らなかったのですが、農協会館前の歩道から覗いて
みると新君がいます。
とりあえず一枚撮りますが、この方向からはカメラが右手ですから体勢が窮屈だしある程度
上体を乗り出す必要があります。
そこで反対側へ回り撮影です。

南岸にいました

東側から

餌獲り体勢です

噴射(糞射)用意!

対岸(北岸)へ飛び移り直ぐにゲットしました。
食餌後に水浴びを始めました。
3回、4回と集中しての水浴びは久し振りで見ます。

対岸へ移動

狙っています

ゲットしました

呑み込み完了


水浴び開始

 

 

 


 

 

 

 

水浴び後の羽繕いをすると、近くの松の木に飛び上がりました。
対岸へ向かいましたが、着いた時には姿が無く、遠く東の方で鳴き声がしました。
噴水修理の舟が近付いてきたので避難していったようです。
南歩道から茂みに向かい神社入口から見ると、神社横の枝にいます。
神社にいた人の動きで今度は対岸へ移動して行きました。

 

 

 

 

対岸でしばらく休憩していましたが、作業小屋に来た公園管理の人影を見てまた茂みへ戻り
ます。
茂みでは定番枝からさらに奥の枝に止まりましたが、いつの間にか姿を消していました。

 

 

 

 

おまけは、美術館前の木にやって来たメジロとカワラヒワです。

メジロ

木の中のあちこち

メジロ二羽

カワラヒワ

茂みから消えた新君を探して見ましたが、作業小屋やまだ続いている噴水清掃の人影に、高
い枝に避難し休憩しているのか見つけることができません。
今日は夕陽がきれいな予感と4時過ぎでもあり、二の丸方面へ向かいます。
二の丸周りの3ポイントや、登山道脇のポイントともに今日はまだ無理なようなので、天守閣
に向かいます。
戸無し門を入ったところの場所でカメラを構えました。

 

 

海面が染まって

 


 

 

 

うっすらと山並み


 

山並みの向こうに

パラグライダー

消えて行きます

飛行場方向を見ると、滑走路の端に離陸体勢に入ったJAL鶴丸B737が見えます。
上昇中を追ってみると、縮小画面では判りませんが、排気ブラストも写っていました。

JAL機が見える

上昇中

左旋回

さらに上昇

暮れてゆく空、街並み、月をしばらく撮ってみました。

西の空

南西方向

月(月齢8.1)

 


 

R11・星岡方向

R33やR11

戸無し門と一本松

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

ブログ記事面の工夫をしてみました

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
10月23日 今日は午後から所属ビデオクラブの例会があり、記事ネタがありません。
そこで、ブログ記事の書き方について考えてみました。

当ブログでは、縦構図の写真がほとんどありません。
それはポップアップする画像の縦サイズの問題や、記事欄のレイアウトの関係からでした。
昨日(22日)も縦撮りしたものがありましたので、有効利用できないか工夫してみました。



 縦構図と横構図を並べ、
 空白部分を埋めるように、この
 記事を書きました。

 ただし、縦構図の写真のポップアップサイズは横構図のものと比べ一回り小
 さいものとなります。







上の場合は縦構図を4枚並べましたが、5枚までの写真を並べることができます。





 ここに文字を書く
 こともできます



 この空白部分に記事を書くこともできます。
 縦構図が入るだけでレイアウトに変化が出てきますね


これからも、縦撮りを含めて変化のある記事面にしていきたいと思いますので飽きずに
お付き合いをお願いします。
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

今日は接近大成功!

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
昨日は午前、午後二回の訪問で見かけたのはいずれも新君枝で、変わり映えのしない写真に
なってしまいました。
今日は違う場所で撮らせてくれよなっ!と意気込んで出かけましたが・・・
直行の東の茂みを入口から覗くと、珍しく定番枝に新君の姿があります。
ここは慎重に、入口から手前の枝の間を縫っての確認ショットです。
記者席から狙っていると、さっと手前のシュロの枝に来て様子を伺っています。
何か、前方か上を通過したのかもしれません。

茂み入口から

定番枝で新君

記者席から

シュロに隠れた

落ち着いた後、直ぐ飛び出していったのは対岸の梅の木のように見えました。
対岸までまわり、そっと梅の木を探しましたが居ません。
遠めに少し下へ回り込んで、お堀側の梅の枝を確認しようとして思ってふと見た石垣に姿が
ありました。
警戒区域外に間を取り、座り込んでじっくりと見ることにします。

茂み対岸石垣

餌獲り体勢

じっと待つ

少し移動した


周りを警戒して

ゲットしました

少し大きめ

呑み込みました

少し大きめの餌だったので、消化待ちでしょうかのんびりと構えています。
こちらも今日は持久戦覚悟です。
茂みを飛び出してから40分近くこの場所に居ます。

消化待ち?

のんびり

まったりです

長いですね


 

 

 

排水口へ移動


中央排水口です

コーナー柳から

南歩道から

 

ここ排水口に移動してきても、水浴びや餌の追加をするようでもなく、依然として消化待ち
のようです。
ポジションを変えながら、足元2m弱、手摺の高さを入れても3mちょっと位までの大接近で
たくさん撮らせてもらいました。

 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

やっと羽繕いとストレッチを始めました。
動き始めるのでしょうか?この排水口でも40分程居ることになります。

羽繕い

羽繕い

羽伸ばし

ガルウィング

飛んだ!と思った先は少しの移動で、西隣の屋根付き排水口の上のボルトでした。

排水口上ボルトで

上の歩道から

 

 


 

 

 

 

ボルトでも長い間居たように感じましたが、6~7分経って目を離した隙に姿を消していまし
た。(16:53)
今日は夕方から曇りで、もうこれ以上は暗くなり無理だと判断して、茂みに居ないことだけ
確認して帰宅です。
カラスもおびただしい数が早めの城山帰還です。 今日もカラスが鳴くから・・・
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

慌しさも幕引きは

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
山口と愛媛の曹洞宗青年部会、下関市 高林寺主催の「山頭火を偲ぶ遍路の会」一行27名が
一草庵を訪問し、回向と道中で詠んだ献句を行うということで撮影依頼がありました。
9時30分からの20分程度の予定ということで出かけましたが、一行の到着遅れもあり、10時
半近くまでかかりました。

一草庵

柿の実熟れて

 

回向

一草庵の前庭にある柿が熟れており、メジロの番が食べにやってきています。
近くに住むスズメでしょうか、「これは俺たちの!」とメジロを追い払いますが、メジロも
負けておらずにすぐに取り返します。

メジロ

スズメ

柿をついばむ

 

10時から美術館での県展講評があり、ブロ友さんたちが参加することを聞いていましたので、
帰宅後駐車場から自転車に乗り換えて、美術館に向かいました。
終了後は、ここまで来たら一回りと茂みの新君観察へ向かいました。

県展写真講評

展示写真一部

新君枝に発見

新君枝で


 

 

 

 

午後は3時頃に北入口に着き、臨時用駐車場入口に咲いているオキザリスボウニーを撮り、
東へ向かいます。
茂み対岸からは2箇所新君枝を確認できる場所を確かめました。

逆光オキザリス

オキザリス

対岸から

第二センダンから

対岸からも見えることを確認して茂みへ向かいました。

新君枝で

 

 

 

新君枝に姿を確認してから20分あまり止まっていましたが、ストレッチのあと南コーナーを
回り飛び去って行きました。
南歩道から対岸を確認して回りましたが姿が無く、内側東寄りから再度確認してみると、柳
より少し西に、キセキレイと並んでいましたが、目を離した隙に居なくなりました。
時間は午後4時半を回ったところで、明日、明後日は天気がわるそうなので、夕陽狙いに変え
登山道に向かいます。
登山道脇のポイントからはまだ石垣の陰になるため、天守閣まで登ることにしました。

キセキレイ

新君も居た

海面を染めて

まんまる夕陽が

天守閣広場に到着時は、海を染めてきれいなまん丸夕陽が望めましたが、やがて薄雲にそし
て九州の山並みでしょう、その向こうに沈んで行きました。

 

 

 

17:25:53

戸無し門を振り返れば、7日の月が出ています。
大観覧車くるりんの灯もハッキリと見えるようになりました。 カラスが鳴くから・・・

7日の月

戸無し門と月

一本松と月

くるりん

午前中の慌しさをよそに、静かに日が暮れていきます。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

ぎりぎりセーフ!

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
ビデオクラブの先輩からのお誘いがあり、8㍉映像の上映会に行ってきました。
現在はビデオが主流ですが、昭和50年代にビデオカメラが家庭に出回るまでは8㍉が主流
でした。
現在は、国内で残っていたフィルムメーカーも販売中止となり、入手はKodakのみとなった
ようです。
現像所も国内に一箇所あるようですが、品質・価格の観点からはアメリカへ送るほうが安価
のようです。
家庭にはフィルムが保存されていても映写機が無く(あっても故障したものが多く修理部品
も入手困難)見ることも無くなっているのが現状のようです。
そんなフィルムを集めての上映会で、松山市湊町の「シネマルナティック」ロビーを使用し
て行われました。(松劇といえば判る方はある程度のお年かな?)
開演まで余裕があったので、普段は行くことがなかった大街道と銀天街の境目交差点付近で
眺めて見ました。

銀天街入口

交差点広場で

何で狸?

大街道入口


土曜の午後なのに

銀天街曲がり角奥

旧松劇(現在も)

2Fシネマルナティック湊町

松劇(松山劇場)は20年ほど前から大衆劇場として現役営業されています。
2階がアート系映画館「シネマルナティック湊町」として営業しています。

【今日のかわせみ】
8㍉鑑賞会の後フィールドへ向かいました。
市役所前交差点を渡り切ったところで、浮かぬ顔をしたuさんが北方向から歩いてきます。
聞けば、西エリアを含め内側を回って来たが、姿が無かったようです。
茂みはまだ覗いていないとのことで、中を覗きましたが高い枝を含めて姿は見つかりません。
神社の階段を下りて、北岸を通して見ると、大島桜の下辺りに鳥影があります。
南歩道へ回り確認してみるとキセキレイでした。
北のセンダン下石垣をすかして見ても、ササゴイと白鳥が見えるだけです。

キセキレイ

紛らわしいよ!

 

ササゴイと白鳥

今日はダメか?と茂み方向へ引き返すときにかすかに鳴き声がしたような気がしました。
先に、東歩道まで見に行っていたuさんが、「第二センダン下に居て、茂みに入ったように
思う」で帰って来ました。
茂みを確認して見ると居ました!。新君枝に止まっています。
どこかで水浴びか、餌獲りをしたばかりのようで、羽が濡れているようです。

新君枝で

 

 

 


 

 

 

 

新君枝で15分程休憩した後、南コーナーを曲がって西方向へ飛び去りました。
時間は午後5時を15分近く回っているので、急遽二の丸からの夕陽撮影に切り替えました。
この夕陽も到着時には見えていましたが、あっという間にビル蔭に沈んで行きました。

 

 

 

 

後は残照の中でだんだんと月が輝きを増して行きます。
カラスが鳴くから帰ろっ!で二の丸を後にしました。

ヘクソカズラの実

二の丸の街灯と月

暮れて行きます

ススキと月

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

今日は散々

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
今日は通院日、午前中の眼科の定期的な検診で、検査のために瞳孔を開ける「散瞳剤」を
両目に差した残存効果で眩しさが続いています。
夕方5時半には歯科の予約があり、時間の余裕があまりありませんが、出かけました。
思った異常に眩しくて対岸がよく確認できません。
まずは、午前中の愛媛大学眼科への往復の道で見かけたものから・・・

坊ちゃん列車待機

郊外電車に乗る

病院構内の桜紅葉

どんぐりは青い


病院近くで

 

 

 


 

 

アメリカセンダングサ

セイタカアワダチソウ


セイタカアワダチソウ

 

 

ダイヤモンドクロス

ここまでは良かったのですが、午後から散々でした。
夕方の歯医者の予約に間に合うように帰ればと軽い気持ちでいつものように出かけました。
お堀を1周半しましたが、どうにも会うことができません。
居たかもしれませんが、目が眩しくて対岸や木の枝が確認できません。
茂みで待機しておれば何とか見えると思い、中で待機することにしました。
午後4時過ぎには久し振りに、美術館の県展帰りのuさんがやって来ました。
状況を話すと、「私が探してきますっ!」と出かけて行ってくれました。
10分もしないうちに「センダン下の石垣にいますっ!」との連絡で東歩道へ回りました。

センダン下石垣で

内側から

県警前柳へ移動

大島桜の下で

センダン下から南へ飛び出しかなり移動したようです。
南コーナー付近から確認すると、県警前柳の下あたりに姿がありましたが、近くに行って
みたときには姿が消えていました。
歯科予約もあり、外回りで帰宅途中には北岸の大島桜の下の石垣に姿がありましたが、少し
の間に姿がありませんでした。
こんな状況で、今日は6枚しか撮れていません。
それも、uさんサポートがなければゼロだったかもしれません。
(散瞳剤効果でトホホの散々!でした。) uさんありがとうございました。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

雨降り後に冷え込んで

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
昨日は朝からかなりの雨降りだったので巡回を休みました。
一転今日は風が強く、今年夏以降一番の冷え込みでした。(松山の最高気温 19.7度) 
明日は午前中眼科検診、夕方は歯医者へと通院デーなので、今日は少し早めの2時過ぎに出か
けました。
南歩道から見て定番枝に居るようなので、入口から覗いてみました。
定番枝に居たのは新君でポツンと止まっています。
羽繕いをしたり、キョロキョロしていますが、新顔ちゃんの姿は見当たりません。

定番枝で新君

羽繕い

 

 


 

 

嘴に鱗がいっぱい

 

定番枝からフワリとお気に入り枝の付け根にある枝へ移動しました。
新君は最近この枝に居ることが多いようですが、そこも飛び出して対岸の石垣に移動して行
きました。 ここでも休憩の様子です。

「新君枝」へ移動

 

 

対岸石垣へ


内側歩道から

内側梅の木下から

排水口へ移動

排水口で

屋根付き排水口の金網に止まって、西、対岸、茂み方向を首を振って見ています。
まるで、新顔ちゃんを探しているようです。

対岸から

対岸柳から

南神社上歩道から

排水口で


 

 

 

 


 

 

 

 

排水口から飛び出して鳴きながら飛び込んだのは神社横の木の中です。
そして、また「新君枝」に戻りました。

神社横の枝

 

「新君枝」へ

「新君枝」で


 

 

 

 

「新君枝」からは思い切った飛び出しで北へ向かって飛んで行きます。
白鳥小屋や東歩道下石垣、センダン下石垣、センダン等思い当たる場所を探して見ましたが
見当たりません。
そこで、一休憩をと美術館で行われている「秋季県展」へ出かけてみることにしました。
美術館では、3階の写真会場へ直行です。
3名のブロ友さん関係の写真を拝見しました。
「オオオニバス」「ビッグウェーブ」「トワイライトブルー」期せずしてお三方ともカタカナ
題名でした。
美術館からは西、南エリアを見ながら東まで戻りましたが、言葉では難しい「気配」があり
ません。
ちょうど雲から切れた夕陽が内土手の木々の間から見えるので、午後5時を過ぎた頃に二の丸
へ向かいました。 今の夕陽がどの辺りに沈むのかの確認です。

 

 

 

きれいな夕やけ

二の丸からは、まだ垣生山にかかります。 あと数日すれば登山道脇のポイントから・・・

三日月が後を追う

 

三日月見えますか

北の網で

夕やけを見て戻った東堀にはまたまた「気配」がありません。
これはひょっとしての予感のとおり、帰宅途中の北の網に新君の姿がありました。
肉眼では見え難いのですが、ファインダーを通して見ると、嘴にまだ鱗がついており新君
だと確認ができました。
しかし、1枚のみ撮影した後は、南に向かって暗闇に消えました。(撮影:ISO1600 1/13)
今日は新顔ちゃんの姿を見かけませんでした。 昨日の雨は大丈夫だったのでしょうね。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

秋色散歩Ⅱ

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
10月11日
石鎚山の頂上は紅葉真っ盛りの報で、寒風山から瓶ヶ森林道を土小屋まで走ってみました。
ほとんど雲の中で、晴れ間が広がればすばらしい景観が望めそうでしたが、少し暗めの紅葉
前線でした。 一週間後の今頃はきっと・・・

 

 

 

 


 

 

 

 


 

雲の上に石鎚山

瓶ヶ森・子持権現

トンネルの中から


スライドショーにしましたのでご覧下さい。
↓サムネイルをクリックするとスライドショーをご覧いただけます。
mqdefaultCAV5ACQP.jpg 【紅葉前線雲の中】
 スライドショー 再生: 6:35
 2012.10.11撮影

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

お堀のシンドバッド

今日はまず新君の初動画をご覧下さい。
サムネイルをクリックすると動画がご覧いただけます。(1分34秒)
mqdefaultCA04W9WX.jpg 【新顔君初動画】2012.10.15
 新顔君の始めての動画です。
 茂み対岸の桜の枝で羽繕いを始めました。

【今日のかわせみ】 2012.10.16

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
♪ここかと思えばまたまたあちら・・・♪
今日もあちこちと移動があり、おっかけっこもありました。
移動のメインはやはり茂みと対岸の桜周辺です。
茂みでは見つけにくい相当高い枝に止まります。(新顔ちゃん)
今日は、新君が自己アピールのお辞儀行為も見せていました。
追いかけっこをしながら新君が桜、新顔ちゃんは梅にとまったようです。
このあと新顔君は一旦茂みへ飛び込みましたが、今度はセンダンへと移動していきました。

桜の新君

さくらの枝で

センダンで

こちら向き新君

新顔ちゃんは作業小屋上の高い枝にいます。
飛び込みを確認していなければなかなか見つけられない場所です。

 

 

 

 

句碑裏から覗くと、お気に入り枝に新君が居てしきりに上を見上げています。
目線の先の高い枝に新顔ちゃんがいます。
ストレッチをしながらでもずっと視線を送っています。
ここで、新君はお辞儀のような動作を始めました。
これは、自己アピールのパフォーマンスです。

 

 

 

 


 

 

 

 

ここからは、今日二回目訪問時の午後の様子です。
最初の出会いは、白鳥小屋の新君です。

白鳥小屋で

新君です

 

 

そして、飛び込みと移動の繰り返しで茂みへ帰って行きました。

対岸の桜へ

茂み対岸梅の木

茂み対岸石垣

センダン下石垣


飛び出し

柳の枝で

センダン下石垣

茂方向へ飛び出し

句碑裏からお気に入り枝に居る新君を確認して茂みの入口に回ると、神社横の木に新顔ちゃんが居ます。
目の前を西へ向かって通過して行く新君を見て、追いかけるように飛び出して行きます。
南歩道から見ると対岸に新君がおり、南岸に居たと思われる新顔ちゃんが新君の少し西寄り
にある大島桜に飛び込みました。(確認はできませんでした。)

句碑裏から

神社横新顔ちゃん

北岸で新君

北岸で

やがて新君も茂みに帰って、お気に入り枝の幹寄りの枝で寛いでいます。
もう既に薄暗くなり始めており、ISO感度を1600にして撮って見ました。

ISO1600 SS 1/30

ISO1600 SS 1/25

ISO1600 SS 1/25

ISO1600 SS 1/25


今日のおまけ画像は「ノコンギク」です。
東堀の内土手の一箇所に、ノコンギクが群生している場所があります。
ここは午前中しか陽があたりません。撮影するなら午前中か午後の早い時間帯がいいですね。
思いついたのが遅かったので、ノイジーな画像が多いのですが・・・

ノコンギク1

ノコンギク2

ノコンギク3

ノコンギク4


ノコンギク5

ノコンギク6

ノコンギク7

ノコンギク8

そうしてもう一つのおまけ画像は「センダイムシクイ」です。
チョコチョコとよく動きますので1枚撮るのに一苦労です。

センダイムシクイ

センダイムシクイ

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

移動はひんぱん

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
新顔ちゃんが現れて3日目お互いの行動、特に新君(今日から雄の新顔君をこう呼びます。)
は新顔ちゃんの居場所や行動が気になるようです。
いつも居場所を探しているようで、見つけると近くに飛んで行きます。
一方新顔ちゃんは、未だ水際での居場所が定まらないようで、いつも茂みの高い枝に居ます。
それを新君は主に対岸の桜や、お気に入り枝、排水口などで待機していて、新顔ちゃんのダイビングを見つけると追って行きます。
ときには新君自身もみつけにくい場所に居ることもあります。
新顔ちゃんのダイビングは豪快です。
茂みや、桜の高い枝からお堀の中央めがけて飛び込みます。
それを見つけて新君が追うという状況を何度も目撃しました。
そんな状況ですから、お互いの移動や居場所が目まぐるしく動きます。
それを追っかけた一日でした。

新君お気に入り枝

探しています

探しています

さらに上から


枝移動して

排水口から

茂み水際から

神社横茂み


これも神社横

ピンスポットで

新顔ちゃん高い枝

かなり高い


新君桜へ

桜の枯れ枝で

 

 


 

下に居る?

茂みへ戻る

定番より高い枝


新顔ちゃん

餌狙い

新君お気に入り枝

シルエットで


新君桜へ

桜で一休み

 

羽繕いして


自分の休憩

座り込み

ペリットを出す

あ~あスッキリ


新君センダン

ストレッチ

石垣には新顔ちゃん

 


茂みへ帰る

そろそろ夕食

排水口へ

北岸シルエット


北岸で

キセキレイと

キセキレイと

茂みへ向かって

今日の茂みの中では、メジロ、ヤマガラ、シジュウカラが賑やかに飛び交っていました。
榎の実をつっついており、パラパラと実が落ちてきます。
見上げたところへ、顔面に1粒直撃がありました。
目の前に止まったメジロとコサメビタキ(Bさんに名前を教えてもらいました。)が今日の
オマケ画像です。

頭上のメジロ

コサメビタキ

コサメビタキ

コサメビタキ


*「コサメビタキ」は「エゾビタキ」かもしれない、というよりエゾビタキの確率が大きい
との情報です。(腹側が撮れていれば判断つきやすかった。)
それほどベテランさんでも見分けがむつかしいようです。
2012.10.17追記
未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

興味あり気になるね

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
昨日のこともあり、午前中に見回りだけと思い出かけました。
茂みを覗こうとしたときに排水口方向から鳴き声が聞こえました。
歩道から覗いて見ると中央排水口(懐かしい名前です)に新顔君が居ます。

中央排水口金網で

新顔君です

 

 

飛び発った先を追って見ていると、定番枝の上の張り出した枝です。
そっと近付いてやっと見つけられました。

水上に出た枝で

やっと見える

高い場所です

対岸桜へ

キョロキョロしていましたが、対岸の桜へ飛んで行きました。
桜の枝では座り込むように止まっていましたが、再び茂みの作業小屋上の枝まで飛び、すぐ
桜まで帰ってきました。何かを探しているような行動です。(相手は新顔ちゃん?)

桜で寛ぐ

 

 

 


少し枝移動

作業小屋上の枝へ

すぐ帰って来た

白鷺通過警戒体勢

桜の先端に移動して飛び込み、茂みのお気に入り枝へ飛んで行きます。
茂みで水浴びが二度あり羽繕いを始めたので、確認に回りましたが、また桜へ移動しました。

桜の先端で

茂みお気に入り枝

上をしきりに

やはり上を

桜の枝に移動したので、南歩道から止まった場所確認してもう一度桜へ向かいました。

南歩道から

桜の枝で

やはり何かを

探している

対岸の茂みに白鳥が二羽近付いており、茂みへは行こうとせず、しばらく休憩に入った。

少し落ち着いた

白鳥とコラボ

茂みへは行けない

白鳥が居る


白鳥も動かない

持久戦か?

 

やっと白鳥が

白鳥が茂みを離れると、また茂みへ飛んでいく。
そして今度は、センダン方向へ飛び出した。

茂みで

センダンで

センダンで

センダンで

センダンからははるか南へ飛んで行った。
堀の内公園が賑やかになっており、人通りも多い。
広場では、地元放送局の開局20周年イベントとして「愛媛20市町グルメフェスタ」が行われ
ており、3時間の生放送も行われている。
ちょうど昼時なので、B級グルメとして売り出し中の「今治焼豚卵飯」の列に並んでみた。

 

 

 

 


クレーンカメラ

みきゃんくん

人気で列は長い

今治焼豚卵飯とは

フィールドに戻って見ると珍しく定番枝に姿があり、茂み入口で覗いているうちに西へ向かって飛んで行った。
内側から探しに出ると、大島桜の下辺りに新顔君の姿がある。
背後に回ってふと見ると、対岸に新顔ちゃんの姿がある。
新顔ちゃんを見ていると、足元から新顔君が飛び出し少し離れた石垣に止まった。
今日は、威嚇するような鳴き声も立てずです。
南歩道に到着した時は新顔君だけで、新顔ちゃんは北岸へ移動していました。

茂み定番枝

茂み入口から

大島桜下

対岸(南岸)には


新顔ちゃん

方向変えて

南岸で新顔君

 

北岸の新顔ちゃんが茂みに向かったので後を追いました。
やっと探し当てたのは、お気に入り枝のかなり上の枝でした。
しかしこれもいつの間にか飛び出して居なくなりました。
茂みから出て句碑裏まで確認に行きましたが判りません。
茂みまで帰ると、Nさんが来ており状況を話して帰宅することにしました。
それというのも見回りだけのつもりで、パソコンデータのバックアップを立ち上げたまま
出てきたからです。
Nさんと一緒に東歩道から見ると茂み対岸の石垣に姿があり、Nさんに引継ぎ帰宅しました。

新顔ちゃん北岸で

高い枝で発見

茂み対岸で

 

今日はバトルのようなことも無く、新顔君はかなり新顔ちゃんに興味が湧いてきたようで、
いつも新顔ちゃんの所在を探しまわっているような行動でした。
新顔ちゃんはまだ居場所や餌場が定まらず、茂みでもかなり高い枝に止まっています。
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

新顔ちゃん!

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
東の茂みに着くまで姿を発見できないままでした。
茂みに着いても姿が見えなかったのですが、定番枝の南のシュロの陰辺りから飛び出す影が
あり、ボートに止まりました。
ボートからも直ぐに飛び、対岸の桜にフワリと飛び上がりました。
「じっとしててねっ」と内側から桜に向かいます。

新顔君ボートで

 

対岸桜へ

 

桜ではかなり下の枝にいて、周りを見渡すような素振りです。(休憩ではない?)

桜の枝で

 

 

 


 

 

 

茂みの高い枝で

桜ではそれでも10分ほど居て、また茂みへ向かいますが、定番の枝横の少し高い場所に飛び込みました。
茂みに帰り慎重に探して見ると、定番枝の前に張り出した枝から少し横のさらに高い枝に移るのが確認できました。
ここでもさらに上を見上げたり、遠くを眺めたりで落ち着きがありません。
やがて何かを見つけたように突然南方向へ向かって飛び出し、コーナーを曲がって行きます。

遠くを見たり

上を見たり

何か探してる?

鱗がいっぱい

時間も時間なので(16:07)餌獲りに出かけたのかと思い南歩道から北岸を探して行きます。
すぐに白鳥小屋付近の北岸に姿があり、やはり餌を獲っています。
石垣の上を小刻みに移動しながらダイビングしたり、梅の枝や大島桜の枝に飛び上がったり、
そこからダイビングしたりと活発に動きます。
しかし、最初に見つけた時から何かが違います。
それは、胸の色が茶褐色に近く、よく見ると足の色が黒いようです。
最初は光線の具合かと思いましたが、そうではないようです。

北岸石垣に居た

飛び込み

小移動

飛び込み


梅の枝で

石垣で

大島桜で(雌です)

幼いですね

決定的な事が起こりました。
石垣から飛立って、東へ向かい、さらにコーナーを曲がって消えました。
急いで東堀が見渡せる南歩道のバス停まで戻った時、北東コーナー方向から鳴き声がして、
こちらへ向かって飛んで来ます。 それも二羽です!。
バトルの様相で、県警前柳付近で一羽が石垣に止まりました。
急いで向かいましたが姿はありません。西の網までも探して見ましたが二羽共にいません。
しかたなく、茂みで待ってみる事にしました。(待機中にプレビュー確認してみると新顔君
よりもはるかに幼い雌のようです)
17:00頃になって、北方向から新顔君が飛んで来てお気に入り枝に止まります。
追いかけるようにして一羽が茂みの中に飛び込んできて、目の前の枯れ枝に止まりました。
急いでカメラを向けましたが、近すぎてピントが合いません。
直ぐに茂みの中を句碑裏方向へ飛び姿が見えなくなりました。
新顔君はお気に入りの枝でキョロキョロと相手を探しているようです。

新顔君

お気に入り枝で

探しています

茂みの中も


 

向きを変えて上を

中に居そうです

見つかった?

1度西へ向かい柳の下まで行きましたが、再度茂みまで戻りすぐにUターンして西方向へ向かって行きました。
この時点で既に午後5時半を回っており、西・北を確認して帰宅することにしました。

北岸柳付近

茂みへ帰る

暗くなりました

西エリア南岸で

南入口まで帰ると、南岸に居ました。新顔君です。(ISO1600 SS1/8撮影)
南岸から飛び発ってさらに西に向かいましたが網にはいません。
北の網まで帰ると、ここまで来ていました。(ISO4000 SS 1/8撮影)
新顔君はここに来て餌を獲っていましたが、やがて南方向の暗闇に消えていきました。

西エリア南岸

かなり暗い

北の網で

肉眼で見えない

居付くかどうかは判りませんが、どこか他所で生まれた雌が棲家を求めてお堀に来たようです。
タイトルが「新顔ちゃん」となっているのは雌の新顔が現れたためだったのです。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

今日のかわせみ(2012.10.12)

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
今日の午後は市内でPC編集のレスキューがあり、終了次第にお堀へ直行できる準備をして
でかけました。
午後4時前に終了したので、まずは県庁前東入口→内側南角を往復で途中のチェックポイント
を見て回りました。
姿を発見できないので、茂みへ向かいましたが、茂みにも姿はありません。
茂みでしばらく待機していると、南の排水口辺りで甲高い鳴き声がしています。
木立の間を透かして見ていると「ピーッ!ピーッ」の鳴き声と黄色っぽい鳥が飛んでいます。
キセキレイでした。 それと同時にまたかわせみの鳴き声があり、次の鳴き声は北方向です。
(どうやらキセキレイを威嚇して、コーナー付近へ飛んで行ったようです。)
東歩道へ出て対岸を見てみると、センダン下の石垣に姿がありました。(16:37)
内側へ回り、ツツジの植え込みの間を透かして見ていると、センダンの枝に飛び上がって
来ました。(16:45)

センダン下石垣

センダンへ

センダンで

ペリット?

センダンでしばらく居ましたが、小さなペリット様の物を吐き出した後、対岸の石垣へ移動
して行きました。(16:48)
直ぐに餌を獲ればまたこちらへ飛んできそうですが、対岸へ向かってみることにします。
しばらくして、ほぼ真下に飛び込みゲット後やはり対岸のコーナー付近へ移動し食餌しました。

東歩道下石垣

少し横から

東歩道下石垣で

 

対岸へ追っかけて行っても近付ける場所ではなさそうなので、次の移動を待つことにして、
東の歩道から観察です。
動きがあってコーナーからは真っ直ぐこちらに向かい、目前の白鳥小屋の屋根に止まりました。(17:10)

上から

東北角

 

こちらを向いて


白鳥小屋へ

白鳥小屋で

向きを変えて

南堀夕景

白鳥小屋からとびだし、真っ直ぐ南角の桜を目指し、飛び上がったように見えました。
直ぐに桜まで向かいましたが姿はありません。
北岸、南岸にも姿が無く薄暗くなり始めました。
外回りで西エリアをチェックしながら帰る事にし、北まで帰った網に姿を見つけました。
所在の確認証拠写真だけと思い撮影しましたがISO値を上げてもSS上がらず、ピントも合わ
ずのまま南方向に飛び出し、途中の石垣に止まったようです。(鳴き声確認 17:53)

東堀夕景

北の網に居た

南へ向かって

こんなに暗い

それにしても移動の距離が長い。
白鳥小屋を飛立って、まっすぐに北のエリアまで移動してきたのだろうか?
移動のルートは?
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

秋色散歩Ⅰ

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
普段、近くで見ているとなんでもない花や、虫等も少し遠征した場所で見ると、何か新鮮な
物に見えてくるから不思議。
いつもの活動場所から離れて、そこらにありそうなものや、珍しいものなどに秋色を探してみ
ました。

石の構造物に蔦

 

 

蕎麦の花


蕎麦の花

オオハナアブ

イチモンジセセリ

蕎麦にミツバチ


イチモンジセセリ

コスモスとミツバチ

ホシホウジャク

ホバリングで


ホバリングで蜜吸

昨夜の雨の名残

冬桜満開

冬桜


 

ホソバノヤマハハコ

リンドウ

鮮やかな青


ヤマアジサイ

ドライフラワー

ヤマアジサイ

ヤマアジサイ


アケボノソウ

アケボノソウ

ピッチャー第一球を・・・

満天うろこ雲

いかがですか?
秋の気配は感じていただけたでしょうか?
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

他の子が居たのか?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
10月10日 北に新たなかわせみが登場という情報もあり、いつもより早めに出かけました。
特に北のエリアでは居そうな場所を念入りにチェックしましたが姿を見ることができません
でした。西のエリアも同様です。
東は昨日の屋根付き排水口上のボルトもチェック対象にして見て回りました。
茂み→流れ込み→センダン→第二センダン→南角桜と回りますが居ません。
もう一度西エリアからと思い差し掛かった大島桜の枝の間からチラリと見えた気がしました。
少し引き返し覗いてみると、確かに居ます。まずは撮影。
止まっている枝を確かめると少し前に進むと全体が見える枯れた枝です。
回りこんだと同時に、下の石垣に下りるようにフワリと飛び降りました。
降りた辺りを15メートルほど通り過ぎて石垣に近付いてみますが、見つかりません。
石垣まででて左右を確かめましたが何処にも姿がありません。
飛び降りた方向から考えて西まで探しに出かけました。
西の網まで行ってみましたが、姿なしです。
それではと、とりあえず茂みまで帰ります。 茂みの中にも姿が無いので立ち去ろうとして
ふと目をやった7日に居たお気に入り枝の付け根に頭だけが見えます。
大島桜からフェイントでここへ帰ったのか、西エリアまで探しに行っている間にここまで
帰ったものと思われます。

大島桜の枝陰に

茂みの枝陰

少し動くと

何とか見える


さらに前へ

もう少し

これで見える

長くは居なかった

たぶん西エリアまで探しに行って居る間休憩していたとしたら約30分経っています。
飛び出して行った先は、昨日の屋根付き排水口上のボルトです。

屋根付き排水口上

ボルトに居ます

 

 

次に移動したのは茂み対岸の石垣です。

第二センダンから

大きな切株下から

茂み対岸で

 

ここは10分ほどして流れ込み付近の大きな榎下の石垣です。
ツツジの植え込みが剪定されているので、榎の木の根元から石垣が見える場所に居ます。
背中を撮ってみました。 

流れ込みから

榎の根元から

 

 


 

 

 

 

榎下の石垣でペリットを出して東の石垣に移り餌獲り体勢です。

東歩道下石垣で

 

 

 

ダイビングゲットした後は、センダン下に移り食餌をします。
食餌後しばらくして頭上のセンダンに飛び上がりましたが、センダン前に着くころには茂み
対岸へ移動して行きました。

食餌しています

 

 

センダンへ上がる

この後がちょっといつもと変わっていました。
茂み対岸の石垣から、勢いよく飛び出し、茂みに向かい飛び込みました。
その時、何かを威嚇するような鳴き声を出し、茂みの中でも鳴いています。
いままでほとんど鳴き声を聞いたことがなく、昨日茂み前を通過するときと、今日ぐらい
かもしれません。
直ぐに茂みに向かいましたが姿はどこにも無く、今日は曇りですでに暗くなっているために
帰宅することにしました。
未分類 | コメント:7 | トラックバック:0 |

待てば海路の日和あり

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
10月9日 いつものように外回りで石垣、網を中心に見ながら東の流れ込みまで行きました。
何処にも見当たらないので、今度は内回りでセンダン、第二センダン、茂み対岸石垣、南角
桜と回り、対岸の茂みもチェックしましたが姿を見つけられません。
そこで、第二センダンまで引き返して待機です。
というのも、最近石垣で見つからない時に、南角桜や第二センダンの高い枝からダイビング
するのを見かけていたからです。
そしてここなら、茂みに飛び込む場合によく判ります。
しばらくは待って見ましたが変化がなさそうなので、茂みで待機することにしました。
これもここ2~3日は、夕方遅くになると茂みに帰ってくることが多かったからです。
茂みの中で待機しますが鳴き声一つありません。
茂み前のフロート板にアオサギが陣取っているためでしょうか。
待機の間、このアオサギと遊んでみました。 

 

 

 

小魚を


次々と

つかみ取り状態

ゴミを拾って

捨てた

午後5時を回ろうとしていますが様子が変わらず、アオサギも飛立っていきました。
他を探してみようと茂みを出ようとしたとき「チィー! チィー!」と鳴き声がしてさらに
噴水方向で「チィー!」と声がしました。
南方向から北に向かって飛んで行ったようです。
急いで東堀が見渡せる位置に移動してみると、コーナー付近にいます。
内側から見えるような位置なので、内側へ回って見ますが直ぐに南方向へ飛び出しました。
内側から探して回り、北岸まで見て再度南岸を見てみると屋根付き排水口の上のボルトに
姿があります。
ここは、マドンナや若が(特に若が)よく止まっていましたが、子育てに入って以来近付か
なくなった場所です。最近ノーマークになっていました。
よく見ると、新しい糞跡がかなり目立っています。 

やっとお出まし

北コーナー付近で

屋根付き排水口上

糞跡が目立ちます

早速南岸へ回り、歩道から見下ろす場所で撮影しました。
以外と暗く、ピントが中々合いませんし、シャッタースピードも上がりません。
おかげで、ボケボケブレブレを量産してしまいました。
撮影に夢中になっていると誰かが肩をたたきます。振り返ると現役時代の知人です。
「おるぅ? 撮ったの見せて」「今何処におる?」で再度覗き込むと姿がありません。

南歩道から

以外と暗い

ここは初めて

反対側から


ノーマークだった

夕やけ空

だんだん薄く

カラスも帰る

今日はこれまでと帰宅することに。差し掛かった公園から西の空を見ると赤い夕やけ雲が
広がっていましたが、あっというまに消えていきました。(秋の陽は釣瓶落としのごとく)
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

急げや急げ!

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
10月8日 NPO法人のイベントのビデオ撮影依頼があり午後に出かけました。
15:00から16:30の予定です。(これってフィールド行きの時間帯にモロかぶりです)
予定終了後帰宅して、機材は車に残し駐車場から自転車に乗り換えて直行です。
北の網、西の網を横目に南入口を通過しようとして「ん 待てよ!」で覗いた東側の南岸に
ぽつんと姿を発見しました。 噴水の前南岸です。(16:56)

南入口東側南岸で

噴水前あたり

北岸へ移動

北岸で

南岸から北岸へ移動しました。
今日はここで夕食か?後へ回ってみようか?と思っているときに飛び出しました。
真っ直ぐに東へ向かいます。
時間も時間ですから、茂みへ帰ったであろうと思いつつ、念のために内側から、途中の石垣
をチェックしながら東へ向かいます。
コーナー近くの石垣から見ると、西の方になにやら複数の鳥影があります。
ファインダーで覗いてみると「キセキレイ」です。それも珍しく4羽が群れています。

キセキレイが

4羽も居ます

親子?兄弟?

南へ飛んで行った

いけない!こんな時間無いんだっ!もうすぐ薄暗くなる。(17:07)
角の桜から茂みをチェックしますが、姿は確認できません。
大きなセンダン付近から茂み対岸の石垣、センダンとチェックしながら茂みへ向かいます。
茂みに着くと、やはりお気に入りの枝に帰っていました。(17:20)

茂みで居た

お気に入り枝で

今日は

このままお休み?

今日は半ば諦めていたので、薄暗くなり始めたので退散!
未分類 | コメント:13 | トラックバック:0 |

観客目線の鉢合せ(四角・八角)

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
10月7日 松山の秋祭りは喧嘩神輿で有名で、道後駅前での鉢合わせは毎年多くのメディア
で紹介されています。
この鉢合わせの中でも特に激しい事で有名なのが古町(こまち)地区の「四角さん・八角さん」
の鉢合せです。
(四角は町方=勝てば商売繁盛、八角は村方=勝てば五穀豊穣 が担ぎます)
神輿自体も松山藩主松平定直公が寄進した由緒ある神輿です。
もともと味酒町の阿沼美(あぬみ)神社境内で行われていた鉢合わせですが、度重なる鉢合せ
中の事故で、神社側が境内での鉢合せを禁止したため、氏子とのトラブルで中止された年も
ありましたが、2009年から場所を氏子エリアに含まれる堀の内公園に移し、四角会・八角会
の自主運営・安全運行で実施されるようになりました。
午後7時半から行われた宮入の鉢合せを見てきました。
昨年は、カメラスタンドからの撮影でしたが、今年は観客目線での撮影です。
それでも、鉢合せの度に上がる土埃の中での豪快な鉢合せを見ることができました。

西入口

西入口

四角さん入場

四角さん入場


八角さん入場

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

当初5回の鉢合せを予定していましたが、4回目の鉢合わせで怪我人が出たため中止となり、
二体が合わせた形で宮入して行きました。
未分類 | コメント:5 | トラックバック:0 |

お堀は賑やか

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
10月7日 昨日の夜は遅くまで広場が賑やかでした。
松山の秋祭りは「けんか神輿」で有名ですが、堀の内では「四角さん」「八角さん」の
鉢合せがあるために、夜遅くまでかかってお神輿にロープを巻いていました。
今朝は6時に宮出しの鉢合せ、夜は7時半から宮入の鉢合わせがあり一日中賑やかでした。
大きな声や音楽、それにライトも明々と・・・ カワセミは落ち着いて過ごせたのでしょうか?
西日の当る茂みで新顔君が待っていました。
見落としそうないつもとは違う場所です。 お気に入り枝のある木の奥の枝です。
15:38-15:52(約15分)

見落とすところ

隙間から見える

少し前に出る

やっと見えた


西日が無ければ

わからなかった

いつもと違う

光と影


そして背景も

かなり夕陽が

落ちてきた

今はまともに


スポットライト

バックとの

明暗さが出て

浮かびあがった

茂みに着いてから15分間、やがてセンダン方向へ飛んで行った。
センダンは、すでに日陰になっているので明暗差は少ない。(16:02-16:07)

センダンで

 

 

 

ただ単純にここへ来たというだけ(?)でコーナーへフワリと飛び降り、さらに茂み対岸の
石垣へ移動して行く。ここでは餌獲りに失敗して、センダン下の石垣へ移動しゲットした。

コーナーで

内側へ小移動

茂み対岸へ

ゲット


茂み対岸で

 

 

 


 

 

センダン下石垣

ゲットしました

センダン下の石垣で食餌後は、白鳥小屋へ移動しました。
16:35-17:04約30分の間、昨日(6日)と同じように休憩を始めました。

白鳥小屋で

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

長い休憩の後、ボートや茂みにも寄らず、遥か西までも移動しそうな勢いで飛び去って行く。
外回りで南に向かうと、バス停下の石垣に居るのが判った。
近付いて見ていると足元に飛び込み、餌を咥えて北岸へ移動して食餌をしています。
ここからは、薄暗くなっているので茂みまで帰るのかと思っているとボートへ移動して水
浴びを始めている。

南バス停下

 

 

 


北岸(対岸)へ

 

北岸で

ボートで水浴び

写真の見た目では判りませんが、肉眼ではかなり暗くなっています。(17:45- )
そこで、ISO値とシャッター速度を説明に入れます。(絞りはいずれも開放F5.6です)

ISO 1600 SS 1/8

ISO 2000 SS 1/8

ISO 3200 SS 1/8

ISO 800 SS 1/4

手持ちではもう限界です。 切り上げ帰宅しました。
今日も同じような写真をたくさんご覧いただきありがとうございました。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

やはり東は本拠地?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
10月6日 北、西、南、と回って東にたどり着いてかなりの時間が経過しました。
もう一度西から出直しかと念のために覗いた南のコーナーへ飛んできました。
西方向からです。 今まで何処にいたのでしょう?
それも直ぐに茂み方向に飛び出し、茂み、ボートにも寄らずに急上昇しました。
作業小屋上の大きな木かと思いきや、木の枝の間を抜けたように見えました。
センダンや流れ込み、東石垣を見ながら茂み方向へ向かいます。
対岸の角に目をやろうとすると、白鳥小屋の隅に居るのを見つけました。
結果的にこの白鳥小屋の休憩は長く、15:47~16:13(デジカメ時刻)の30分強でした。

南コーナーで

白鳥小屋で

 

 


白鳥と一緒に

まったりと

何するでなく

休憩です


白鳥デカイね

しばし白鳥と

 

こっち見てる


 

 

 

 


そろそろ夕食に

東石垣へ来たけど

ちょっと高いし

こちらがよさそう


いっぱいいるけど

あれだっ!

ゲットしました

 

まだまだ食事は続きそうですが、薄暗くなり始めました。
秋の夕暮はあっという間にやってきます。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今日は東で

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
10月5日 北から順番に外回りで見て回り、東の茂みに到着しました。
3日の午後には北で居ましたが、今日は東のようです。
いつものお気に入りの枝(北側)の根元に近い太い部分に止まっていました。
東堀の水も澄んできて、底が見えるくらいになり、バックに写る色もきれいになりました。

茂みで出迎え

水が澄みました

 

 


 

 

 

1度対岸へ


また茂みへ

 

 

 


 

何回も目が合う

 

対岸の桜で


 

北岸大島桜

センダンで

東歩道下石垣


大きなセンダンへ

茂みへ戻る

茂みで

センダンへ

センダンから南へ飛び出し、コーナーを回ったのですが、その後は姿が見えなくなりました。
南、西と見ながら帰宅します。もちろん北には居ませんでした。

今日のおまけは「メジロ」です。
茂みの中の木の実(エノキ)を食べにやってきました。

メジロ1

メジロ2

逆さになって

メジロ4



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

愛媛の赤蕎麦&滝

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
10月4日 長野では箕輪の広大な赤蕎麦畑を訪れましたが、愛媛の赤蕎麦の状況も気になっ
て東温市井内の赤蕎麦(高嶺ルビー)を訪ねてみました。
当然ながら、広さや色の違いはありますが、愛媛に咲く赤蕎麦としてまた違った楽しみを
味わうことができます。
先客が1名ありましたが、入れ違いで帰られ、誰も居ない赤蕎麦畑は見頃、撮り旬を迎えて
いるようです。
ただ、色が淡いのと白い花も混じるため、今日のように天気が良すぎるとなかなか難しいもの
があります。

 

 

 

 


 

 

 

 

これは「ママコノシリヌグイ」です。別名「トゲソバ」でタデ科イヌタデ属の一年草です。
野の花の命名でこれほど凄まじい名を持つ花も珍しい。
この草の棘だらけの茎や葉から、憎い継子の尻をこの草で拭くという想像から来ています。

ママコノシリヌグイ

 

 

 

赤蕎麦畑から最後の集落を抜けて井内峠に向けて車を走らせると、道路の直ぐ横に滝があり
ます。「ドライブスルー滝」と言われていますが、平成14年6月に写真家竹内敏信氏が訪れ
た時に「琴の胴のようだ」と言われたことから「琴の滝」と名前が付いた滝です。
落差12mです。

琴の滝

 

 

 

琴の滝からさらに3kmほど山道を進むと「御来光滝」があります。
落差が67mもあるそうですが、黒い岩肌を滑るように流れ落ちておりコントラストの良い滝
で、この滝の写真が「さくらの湯」に飾られています。

御来光滝

 

 

 

御来光滝から少し行くと以前は井内の棚田が見渡せた広場があります。
現在は植林されて視界を遮ってしまいました。
そこからでも見えますが、もう少し進むと右側の山が茅(かや)で覆われています。
ここはいわゆる「茅場」で、かやぶき屋根の葺き替え用材料の確保場所でした。
見上げると空には秋雲が浮かんでいます。

 

 

 

 

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

13日目の再会

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
10月3日 旅行荷物の整理後の午後3時過ぎにお堀へ出かけました。
まずは北の茂みを覗いて見るといきなりの再会です。
自転車を邪魔のならない場所へ移動して撮らせて貰います。
何時からここで休憩していたのでしょうか?
こんどは、南岸の石垣へ移動し、何度かこちらをチェックするような素振りを見せて交差点
近くの公衆トイレ下の石垣へ移動しました。

北の茂みで

お出迎え

石垣でチェック

休憩?餌獲り?


偵察するように

またチェック

トイレ下へ

休憩モードです

休憩モードになった頃、東へ見回りに行っていたと言うuさんがやって来ました。
北も一応見て東へ行ったが、(おやっさんも)ここに居ることにびっくりした様子でした。

休憩長そうです

こちら見ています

ピンクはハゼラン

まだ咲いています


トイレの窓から

すぐ下です

動きそうです

餌物色しています

40分程休憩した後、下の水面に飛び込みゲットしグミの木で食餌をし、一旦東へ飛び出し
ましたが旋回し西の網へ飛んで行きました。
網で水浴びをし、少し南の石垣へ移動したので西歩道へ回り観察することにしました。

グミの木で

網へ移動

水浴び・羽繕い

少し南へ

遥か南に飛び出して行ったので「南西の網か?」と移動する途中の白鳥小屋の屋根にポツン
といます。
風があってトタン屋根のため、滑り落ちそうになり北へ向かって飛び出しました。
途中の石垣に止まり、水浴びとも餌獲り失敗とも思える飛び込みをしながら小刻み移動です。
この頃になると早薄暗くなり、今日の再開を終えて帰宅しました。

白鳥小屋で

 

 

オット危ない


石垣へ

小刻み移動

飛び込み

見た目は暗い

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。