気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

光があると

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
1月30日 今日の新君
午後のお出かけは、北堀のヒレンジャクの様子見をし(まだ居ますよ)、西堀、南堀と、内側の歩道を歩きながら見て回りました。
東の端のコーナーでNさんと出会いました。
茂みに居て、対岸へ飛び出したので来てみたが、姿が無いとのことです。
とりあえず、流れ込み方向を見て句碑裏へ行ってみました。
しばらく茂みの中等を覗いて見ましたが見つかりません。
しばらく待機を決め込んで待っていると、センダン方向で小さな鳴き声が聞こえた気がしました。
東歩道から注意深く対岸を眺めながら向かうと、(北の)センダンの枝に姿を見つけました。
Nさんがセンダンの近くまで着く頃には下の石垣に下り、柳の小枝に止まってペリットを出しました。 

センダンの枝で

柳下石垣

ペリットを

出しました

ペリットを出した後はすぐに南方向へ飛び、南コーナーを西へ曲がって行きました。
Nさんはそのまま内歩道から向かったので、外回りで南堀方向へ向かいました。
県警前の柳の西の石垣に居ましたが、こちら(南岸)へ向かって飛んで来て石垣に止まります。

北岸で

南岸へ

近寄り接写

手摺の間から

そこからまた北岸へ移動し、小移動しながら餌を狙っています。
この頃、ヒレンジャク狙いに来られていたKさんが南岸へ来られ、Uさんが対岸へ来られました。

餌狙い

ゲット

辺りに

注意

かなり東まで移動し、南コーナーを曲がって茂み対岸方向へ飛び去りました。
南岸から見ると、コーナーの桜の枝に居ます。それもすぐに飛び出し、また西へ向かいました。

狙っては

小移動

移動

移動

一旦農協会館前北岸に止まりましたが、橋を潜って西エリアへ飛び去りました。
南岸や網に姿は無く、探しに行ったUさんが、「桜下竹竿に居る」と、戻って来ました。
竹竿まで確認に向かいましたが、そこを飛び出し北岸中央付近に落ち着きました。

北岸餌狙い

小移動

西エリア北岸で

西日を受けて

今日はここで餌獲り、水浴びを始めました。
ちょうど西日が当るばしょで、新君は翡翠色に輝いています。

おどり食い

嘴に鱗が付いた

水浴びで落ちた

南入口橋が見える


餌打ち

咥えて

呑み込んだ

新君!ハーイ!


水浴び飛び出し

羽繕い

羽繕い

羽繕い

北岸で一定のパフォーマンスを見せ、今度は東エリアへ向かいました。(県警前柳下付近)
ここでも休憩と餌獲りをし、まだ不足気味だったのか西の網まで補充に向かいました。

東エリアで

休憩中

 

排泄を済ませて


餌呑み込み

遠くに神社の建物

まだ欲しそう?

 

西の網では頻繁に餌獲りは行わず、小さめの餌を補充して3度ほど水浴びを行い17:32東へ帰って行きました。

西網で

西を向いて

東を向いて

飛込み体勢

スポンサーサイト
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

狭い範囲を点々と

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
1月29日 今日の新君
午前中ヒレンジャクの様子見に堀の内を訪れましたが、やはりチョイ見でも新君ウォッチングに足が向かいます。句碑裏から確認したときは居なかったのですが、茂みを覗いてみるとお気に入りの枝に姿があります。
休憩中かと思いきやここで餌を獲って食べ、対岸方向へ飛び出していきました。
昼食帰宅のため所在確認だけで切り上げました。 

お気に入り枝

休憩ですか?

水面を見ています

ゲット食餌

昼食後に直行した東では姿が見当たらないため、南歩道を西へ南岸、北岸の石垣中心に見ながら差しかかった北岸の柳より西の石垣に居ました。(Nさんも居て撮影中です。)
二回の餌獲りの後水浴びを始めました。
飛び上がり時に石垣に映る影と共にご覧下さい。

北岸で

飛込み

飛び上がり

飛びつき寸前


飛びつき前

弾丸飛び上がり

飛び上がり

すこしブレた

水浴び後、茂みへ向いて帰って行きましたが、南歩道から茂みを見ると、定番枝でまた水浴びをしています。

茂みへ向かって

茂みで水浴び

飛び上がり

羽繕い始めた

羽繕いを始めたので、茂み記者席へ移動しました。
Nさん、写真展帰りのHさんが相次いで訪れ、今日は所用ありだったUさんも早めに終わって到着です。

定番枝で

羽繕い

 

 


 

新君枝に移って

休憩中

 

新君枝から飛び出し、一時所在が判りませんでしたが排水口に帰り、茂みへ移動しましたが、白鳥の近付きで対岸へ移動して行きました。

排水口で

茂みに白鳥が

対岸へ退避

対岸背後から

対岸では、少しづつ移動し南のコーナーで餌獲り後茂みへ帰ります。
時間的にいうとゆりかごINまでの時間調整の休憩で、もう外へは飛び出して行く様子は有りません。

南コーナーで

茂みへ帰る

定番枝で

時間調整休憩

今日は少し早かったのか、定番枝からゆりかごとの中間付近のシュロの葉陰で再度時間調整をしてゆりかごINして行きました。

定番枝で時間調整

 

シュロで2次調整

ゆりかごIN17:24

未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

ヒレンジャク&モズ

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
1月29日 ----------- まだ居るヒレンジャク ----------------------------------------------------
堀の内のヤドリギにはまだまだ実が残された木があります。(現在確認で5本)
それを狙って小集団がやって来ています。
また時間帯を選べば、地上にできた水溜りに水飲みに下りてくるのを見ることができます。 

実がたくさん

水飲み

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

--------- モズは猛禽 ------------------------------------------------------------------------
堀の内公園の桜の広場を飛び交っているモズを見つけました。
モズはスズメ目モズ科モズ属に分類される鳥類です。
和名は「百舌鳥」ですが、これは様々な鳥(百の鳥)の鳴き声を真似た、複雑な囀りを行うことが由来となっています。
動物食で、昆虫、節足動物、甲殻類、両生類、小型爬虫類、小型の鳥類、小型哺乳類などを食べます。
猛禽(鷲とか鷹類)程ではありませんが、さながら小さい猛禽と言ったところでしょうか。
モズの特徴として「はやにえ」という習性があります。これはモズは捕獲した虫等をすぐ食べずに木の折れた枝や棘部分に刺しておくことを言います。
これはモズの特徴的な行動なのですが、このはやにえを何故するかは、諸説色々推理があるようで、はっきりした理由は解っていないようです。

堀の内公園で

 

 

 

先日ある場所で、「マヒワ」が二羽と「メジロ」が水浴びをしている光景に出会いました。
カメラに収めようと構えているとき、突然上から襲いかかる影があり、気付いたマヒワが飛び上がった瞬間に襲われてしまいました。襲った主は雄のモズでした。
心優しい方にはショッキングな画像なので掲載は差し控えますが、下の写真が犠牲となったマヒワです。

水浴びマヒワ

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

まだまだですね

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
1月28日 ----------- まだ居るヒレンジャク ----------------------------------------------------
大きな群れで現れたヒレンジャクに、堀の内は一時騒然となりました。
あれから2週間が来ようとしています。
ヤドリギやクロガネモチの実も食い尽くされてしまった感がありますが、よく見るとあちこちのヤドリギに、まだ実が残っています。
そんな実を狙って、まだ20~30羽の残留組の群れが居ます。
現れた当初はスマートだったのですが、今は横綱級の体格になって枝で休憩しています。 

北堀で

丸々として

休憩中

ツッパリモヒカン


 

 

 

 

丸々と太っても冠羽がピンと立ってかっこいいのですが、粘着性の排泄物だけはイケマセン。
これだけは汚いし、糞害にあったカメラマンさんや通行人も居られるとか。フンガイですね。

見た目は

カッコイイが

これだけは

フンガイです


------------------ 今日のかわせみ --------------------------------------------------------------
北でヒレンジャクを見て時間を食ったので、東の流れ込みへ直行です。
東堀エリアをチェックして、茂みと排水口を覗き、神社入口へ戻るとUさんがやって来ました。
「西を見てきます!」で走り出してほどなく、「県警前石垣にいます!」の連絡が。
今日の出会いは、県警前のリングでした。

県警前リングで

嘴に鱗が

消化待ち休憩終盤?

やがて茂みへ

飛び出しは目を離した隙だったので、方向を見失いました。
一旦チェックのため西エリアへ向かい、Uさんは東へ。
東の茂みへ帰っていました。
ここでは長時間の休憩で、羽繕いをしたりストレッチをしてパフォーマンスを充分見せてくれました。

定番枝で

上半身

下半身

ほぼ全身


足を上手に使い

首もよく回る

あ~さっぱりした

それではボチボチ

35分ほど休憩し、向かいの桜へ移動し、対岸へ回る頃には大きなセンダンの枝に居ました。
高飛び込みをしましたが、水面付近で止め北側のセンダンへ移動しました。
ここからダイビングゲットし、下の石垣で食餌すると茂みへ帰って水浴びです。

センダンで

 

このあと飛込み

茂みへ帰る

定番の枝から一旦句碑裏の枝に止まり、対岸の止まり木に向かって飛び出していきました。

句碑裏の枝から

止まり木へ

止まり木で

休憩中


 

 

 

 

15分ほど止まり木で休憩し、軽く一回水浴びをした後は、排水口経由で茂みに帰って行きました。

夕食済んだし

お風呂はどこで

ネグラに帰ろっ

茂みに帰って

茂みの定番枝でオヤスミ前の水浴びを済ませました。
あとは時間を見計らってゆりかごに入るだけです。

時間調整中

今日も烏がカアカアと

そろそろ休もう

ゆりかごIN17:29

今日も一日が終わりました。
新君のお相手は今日もあらわれず、まだまだ辛抱がいりますね。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

北風対策

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
1月27日 時おり小雪が舞う風の冷たい一日になりました。
かわせみフィールドに向かう途中の西堀中程のヤドリギでヒレンジャクの鳴き声がします。
歩道から土手を登ってみると20羽ほどのヒレンジャクがお腹を膨らませて休憩しています。
中にはヤドリギの中に入ってまだ食べているのもいます。 

ヒレンジャク

休憩中

 

食餌中もいます


 

 

 

 

南堀西エリアの歩道にはシメが居て、近くの小枝に止まりました。
東南の角まで来ると、梅の枝にメジロと二羽のヤマガラが居ました。
どこかのブログでは、スズメが梅の花芽を食べてしまいそうだというのがありましたが、ここではヤマガラが梅の花芽を啄ばんでいました。(ほどほどにして梅カワ用に咲かせてよね)

シメ

ヤマガラが

二羽

花芽を抱えて


啄ばんでいます

証拠押さえた

またまた

もうじき咲くのに


----------- 今日のかわせみ -----------------------------------------------------------------------
今日の出会いはすんなりと、流れ込み西岸でありました。
小雪がチラチラとして風が冷たく右手の指が冷えます。
通りかかったOさんもカメラを取り出し数枚撮って退散です。 入れ替わりにNさんがやって来ました。

流れ込み西岸で

時おり雪が

新君寒そう

流込み上の石垣へ

流れ込み上の石垣からセンダンへ移動し、ここから高飛び込みで餌をゲットし、センダン下の石垣で呑み込み、北の止まり木へ移動して行きました。

センダンへ移動

ここから飛込み

石垣で食餌

止まり木へ

止まり木から、大きなセンダン下の石垣の西隅へ移動し、止まり木下とここを往復しました。

センダン下

東横から

止まり木下へ

またセンダン下へ

センダン下の石垣から、再度北のセンダンへ移動し、これも高飛び込みでゲットです。
この頃Uさんもやって来て加わります。
センダンの枝に止まっている時に、少しの間日が差し背中が翡翠色に見えました。

センダンへ

日が当たり羽色が

翡翠色に見えた

陰になると

餌を食べた後は茂みへ帰って行きます。食後休憩のようです。
帰ってすぐに水浴びをはじめ、一時間近くを茂みで過ごしました。

茂みへ帰る

定番枝で

ゆっくり休憩

 

茂みで休憩後は再びセンダンへ戻り餌獲りです。今度は咥えたまま、茂み対岸へ移動し食餌です。

そろそろ

消化休憩終わり

センダンへ

茂み対岸で

茂み対岸で食餌をし終わると、大きなセンダン下へ移動し、しばらくして茂み対岸へ、そしてまた大きなセンダン下へ戻ります。
よく考えてみると、流れ込みがある南向き石垣や、大きなセンダン下は風裏になります。
先代の若も冷たい風があるときは、流れ込み付近の石垣の窪みによく居ました。
先代のマドンナも同じように、大きなセンダン下を休憩場所に選んでいました。
体の軽いかわせみは、強い風を嫌って風裏を選んで休憩場所を確保しているようです。

センダン下へ

茂み対岸へ

新しい休憩場所?

茂み対岸で


またもセンダン下

 

 

茂み対岸へ


茂み対岸で

 

 

 


 

 

 

止まり木へ


止り木からゲット

水浴びもして

そろそろ時間?

排水口へ

排水口へ移動したので後はゆりかごINだろうと思い、今日はここで退散です。(17:27)

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

フェイント上手の隠れ上手

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
1月26日 今日も風の冷たい一日になりました。
所用があって出かけ、帰りに近くのBさんフィールドに立寄ってみました。
ちょうど昼食に帰宅途中のBさんと、車の中で軽食中のHさん(HN-Aさん)にお会いできました。そこで見かけたメジロを近くの橋の上からパチリ。

Bさんちのメジロ

何か食べています

2匹居ました

橋の上からです

午後のフィールドでは新君が行方不明です。
捜索中に見かけたものを撮りながら。
西堀にかなり咲いてきた白梅を一本見つけました。

白梅咲いた

白梅

この木だけですが

一番咲きです

お堀の土手で見かけたシメと北堀のトウネズミモチに来たメジロ、よく探せば残留組のヒレンジャクもまだ少数ですが見ることができます。(26日は20羽程度を目撃)

シメ

シメ

メジロ

メジロ

ヒレンジャクは相変わらず高い枝やヤドリギに潜り込んでいます。
曇り空がバックで撮影条件的には厳しいものがあります。

ヒレンジャク

ヒレンジャク

ヒレンジャク

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------
今日の新君ですが、フィールドに着いた午後3時前から約2時間所在が掴めませんでした。
東堀、南堀を中心に西堀や北堀までもを探してみましたが見つかりません。
東と西の間はUさんと手分けして2度も往復してみました。
これなら本拠地の茂みで待機をと決め込んでティータイム中に思わぬ情報がありました。
捜索中の姿を見かけた堀の内のMさんが、茂みまで追いかけてこられ、今流れ込み近くの石垣に居ると教えていただきました。(何度も探した場所なのに)
16:32 撮影状況が厳しくなり始める時間帯ですが、現場急行です。
やはり、日陰になる流れ込み西岸で水浴びを始めましたがブレとボケの量産です。

流れ込み西岸で

水浴び飛び出し

飛込み

大センダンの下へ

流れ込み西岸から南へ飛び、コーナーを曲がりました。
大きなセンダンの下の石垣隅にいました。
ここでNさんTatさんも加わり、しばらく撮影後、茂み前石垣へ移動し、茂みへと帰って行きました。

センダン下

しばし休憩

茂み対岸石垣へ

茂みへ帰る

茂みではお気に入り枝で休憩です。(約13分間)

茂みで休憩

 

 

 


 

 

 

 

そして対岸へ飛び出し、止まり木で水浴びと休憩です。

止まり木で水浴び

止まり木で休憩

 

排水口へ

止まり木から南の排水口へ移動し、最後はボートからゆりかごINして行きました。(17:32)
帰りの公園からは城山に昇る月齢14.3の月がきれいに浮かんでいました。

ボートで

ゆりかごIN17:32

城山に月が

月齢14.3

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

寒くて風が

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
1月25日 お堀のヒレンジャクは少数ながらまだ残ったヤドリギの実を食べに来ています。
今日も、北堀周辺で20~30羽の残留組を見かけました。 

青空シルエット

つっぱり軍団

満腹昼寝?

風見鶏みたい


ここはまだ実が

残っています

粘着性排泄物

着生すると


今日の新君です。
東の流れ込みに着くとTakさんと、Uさんが西岸で水浴び中の新君をウォッチング中です。
やがて、東隅の石垣の窪みに移動しました。
歩道直下なので、ほぼ真上からの撮影になります。
ここに止まっていると、かわせみってこんなに小さいんだと思える大きさです。
思いっきりのアップも撮れます。

流れ込み西岸で

石垣の窪みへ

真上から

よく見えます


通行人からは

見えません

至近距離なので

狙い撃ちです

流れ込みの石垣から南に飛び出し、コーナーを曲がりました。
追っかけてみると、大きなセンダンの下の石垣に居ましたが、それも止まり木近くに移動し、ちょっとの隙に姿を消しました。
その後約1時間の間、西エリアまで探して見ましたが見つからず、午後5時頃に排水口に帰って来ているのを発見です。
今日もここでは水浴びをせず、茂み前のフロート板で軽く、ボートで軽く水浴びをしてゆりかごinとなりました。
我々は、てっきり西へ向かったと思いましたが、案外流れ込み方向へ戻り夕食を摂っていたのかも知れません。
最近はフェイント上手な新君です。

流れ込み石垣

センダン下で

どこへ行こうか

茂み対岸で


排水口へ帰る

フロート板で

軽く水浴び

ボートで


ゆりかごIN17:35


未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

カメラマンも渡りを?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
1月24日 お堀のヒレンジャクは、モチの実、ヤドリギの実をほとんど食べつくし、群れの数がうんと少なくなりました。 それに伴ってカメラマンさんもどこかに渡って行ったのでしょうか、いつものお堀に戻ってきました。それでもヒレンジャクの残留組は、今日も残ったヤドリギに頭を突っ込んでいます。
時折パンパンに膨れたお腹で、お堀に浮かんだフロート板へ水飲みに出てきていました。 

ヒレンジャク

ヤドリギで

水飲みに出たり

高い枝で休憩


羽繕い

入念に

まん丸休憩

 


休憩しては

水飲みに

 

 


南堀西エリアでヒレンジャクを撮って東へ向かいます。
歩道から見る排水口や石垣、茂みに姿が見えないので、流れ込み方向へ向かいました。
東歩道から見るとNさんが、榎下で新君と睨めっこしています。
少し近寄ろうとすると、センダンへ移動しました。 センダンから桜へ再移動です。
内側へ回り追いつきました。

センダンで

桜へ

追いつき後から

桜に蕾が

桜に止まった新君をNさんと撮っていると、対岸歩道をUさんの自転車姿が通過中です。
声をかけるとUターンしてこちらへやってきました。
しばらくして新君は飛び出し姿を消しました。
Uさん持参のコーヒーでティータイムを取った後、Uさんは「西かもしれない」で西へ。
外回りで茂み、排水口、石垣をチェックする頃にUさんからの連絡「西に居ます!」。
今日のUさんは感も行動も冴えていますね。

西エリア南岸で

休憩のようです

 

 

到着時南岸に居た新君はやがて北岸に移動したため、Nさん、Uさんが南歩道に残り、北岸へ向かいました。
北岸に居た新君は西コーナーの桜の下の竹竿へ移動して休憩です。

桜下竹竿で

こちらへ一瞥

まったり休憩

 

竹竿からは食餌タイムに入ったと見え、網へ移動しました。
網近くに紅梅が蕾を付けているのを見て、咲いた時の花とのコラボを想定してポイント探しをしてみました。

網で

梅の蕾と

梅が早く

咲くといいね

網から一旦北岸の石垣に移動したので、南入口の橋が写り込むポジションを探して見ました。
かなり低い位置(地面すれすれ)に構えないと無理なようです。

北岸で

 

 

南入口橋と

そうこうしているうちに、網へ移動し食餌が始まりました。
この時間帯になると、思った以上にカメラでは暗く、シャッタースピードが上がらないのでダイビング撮影はかなり苦労をします。
ブレブレが多いですが、状況証拠と雰囲気でもとアップします。

網からフェイント

またフェイント

今度は

ダイブゲット


ゲット飛びつき

失敗飛び上がり

着地

ここの平均サイズ

ある程度食餌を済ませると、桜下の竹竿で再び休憩です。
今度は、コーナー側からも狙って見ました。

竹竿で

コーナー側から

柳の枝が

ちょっと邪魔


 

 

ポールへ

ゆりかごで

竹竿から、目の前のポール、石垣を経由して、途中北岸で1度水浴びをして東へ帰って行きます。東まで着いた時は既にゆりかごINの後でした。(17:18)
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

北から東へ

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
1月23日 午後3時過ぎに北堀を飛び去った新君のその後です。
内側歩道から、西堀北エリア(西入口から北のエリア)、西堀南エリア(西入口から南のエリア)とチェックしながら着いた南堀の西エリア中央付近の南岸に居ました。
ヒレンジャクを撮りに行ったUさんが、夕日狙いに帰ったKさんと別れ、東堀をチェックしてやって来ました。

西エリア南岸で

おやつ?

休憩?

南岸へ回る


北岸へ移動

ツツジの間背後から

横から逆光

南岸へ移動

南岸から飛び出すと、端を潜って東へ姿を消しました。
北からの帰りの中間休憩だったのでしょうか。
東は一気に排水口や茂みを通り越し、センダンまで帰っていました。

センダンで

 

 

 

センダンからやっと茂みに帰り、定番枝で寛いでいます。
定番枝では落ち着いてくると羽繕いやストレッチを行い休憩です。

 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

そろそろお腹が減ったのでしょうか、定番枝下の水面を覗き込んでいます。

そろそろ夕食

水面が気になる

ここで餌獲り?

 

飛び込んだので、餌獲りかと思ったら水浴びを始めました。

 

 

 

 

水浴びが終わると、一旦排水口を経由して西へ飛び出して行きました。
後を追ったUさんによると、西網まで出かけており、矢継ぎ早に6匹の小さめの魚を食べ東へ一目散に帰ったそうです。
帰りを待ち構えていると、西を飛び出して10秒も掛からないうちに茂みまで帰って来ました。
一旦茂みで休憩し、そのまま水浴びせずゆりかごへ飛び込みました。(17:33)

水浴び

水浴び

排水口この後西へ

ゆりかごin17:33

未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

北堀遠征は婚活?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
1月23日 新君今日は朝から午後3時過ぎまで北堀で過ごしました。
最近ちょくちょく北堀まで遠征しますが、婚活なのでしょうか?
北堀ではほとんど決まった場所を移動したり、餌獲りや休憩をしています。
下の写真の場所がどこか判れば、探し出すのは容易です。
逆にここに居なければ、北堀には居ないということになります。

①茂み下石垣

②茂み前榎

③茂み前榎

④トイレ下石垣 


⑤国道側歩道下

⑥茂み前石垣

⑦南岸西寄り

⑧南岸西寄り


⑨南岸東歩道直下

⑩南岸東寄り

⑪南岸止まり木

⑫南岸止まり木


午前11時前に、ヒレンジャクの水飲み、水浴び様子をと思い出かけました。
北入口を公園へ曲がったところから北岸石垣を見ると、新君が来ています。
こうなれば新君ウォッチングに急遽切り替えです。
すぐに、Tさんもやって来ました。 Tさんもヒレンジャクの水浴び動画狙いでしたがこちらも新君ウォッチングに変身です。

出会いは北堀

茂み下石垣で

ペリットと一緒に

北堀で婚活


茂み前榎で

枝移動

北歩道から

飛込み


止まり木で

餌獲り体勢

止まり木へ

榎へ

この榎の下には小さな魚が群れています。
水面近くに居るので、勢い付けて飛び込まず、フワリと舞い降りて餌を獲ることができます。

ここから物色

下には小魚が

ゆっくり構えて

頃合をはかる


国道側西岸で

南岸で

茂みの枝で

歩道から近い


南岸東歩道下で

ここも小魚が集る

 

 

南岸の東歩道寄りにNさんが止まり木を設置してあります。(通称なかちゃん止まり木)
歩道から近いのですが、ここも餌場なのでよく利用します。

止まり木で

 

 

 

新君の休憩モードを確かめて、Tさんとヒレンジャクの水飲み場へ向かいました。
再度北堀へ戻り一旦昼食帰宅しました。
昼食後に再訪した時には、Uさん、Kさんも来ていました。(事前に情報を入れてあったので)
新君は姿が見当たらないとのことで、ヒレンジャクの水飲み場を見に公園内へ。
ヒレンジャクはUさん、Kさんが継続ウォッチングに向かったため北堀に引き返しました。
新君はまだ北堀で活動中です。

岸へ移動しても

すぐ止まり木へ

みはらしよさそう

下もよく見える


茂み下石垣へ

餌場兼休憩場所

向こうにペリット

ペリット見ている


南寄りから見ると

日当り最高

南岸へ

餌狙い


ゲットしました

飛び上がり

西へ向かって

北堀を飛び去り

午後3時頃になって餌獲りをして呑みこむと、勢いよく飛び出すと、西のコーナーを回って飛び去りました。
北堀を引き上げた様子です。
内歩道から西堀までをチェックしながら後を追ってみました。
その後状況は、別記事でお届けします。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

お堀の野鳥たち

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
1月23日 数は少なくなりましたが、一時お堀を賑わせたヒレンジャクと、今日出会って撮った鳥達をお届けします。 

ヒレンジャク

ヒレンジャク

ヒレンジャク

ヒレンジャク

水場近くの木で様子を伺い、雨でできた水溜りで水を飲んでいます。

ヒレンジャク

水飲み

時折やって来ます

時間帯があるよう

----------- シメ -----------------------------------------------------------------------------
いつも旧ガンセンターの跡地にできた水溜りに二羽でやって来て、水浴びや水飲みをしています。

シメ

シメ

シメ

シメ

北堀の隅に現れたシメは、先日のシロハラ同様に近付いても逃げませんでした。
一生懸命に落ち葉を掻き分けて、土の中の虫を獲って食べています。

シメ

シメ

シメ

シメ

---------- 白鳥 ------------------------------------------------------------------------------
お堀の中では一番気が強い白鳥だそうです。
岸の上に居ると近寄って来て、大きな声で鳴き、羽をバタつかせて威嚇のポーズをとりました。敵が来たとでも思われたのでしょうか?

白鳥

威嚇された

光の中へ

これはアヒル

-------- 梅 -----------------------------------------------------------------------------------
鳥では有りませんが、紅梅が初めて咲きました。 (季節情報として)
たぶんお堀の中で一番早いと思います。

紅梅蕾

咲き始め

お堀で一番?

もう直ぐ咲く

その他には、かわせみは特別として、メジロ、ウグイス、シロハラ、ツグミ、ムクドリ、ヒヨドリ、キジバト、セキレイ、アオサギ、ササゴイなどお堀を一回りするとたくさんの野鳥と出会うことができました。
お堀は城山を控え、緑も多いことからまだまだたくさんの野鳥と出会うことができます。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

号外天体ショー

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
1月22日 今日の朝はまだ雨が残り、午後からはビデオクラブの例会でした。
夜になって、晴れた冬空を見ていると、明日からの冷え込みを予感させるように、澄み切っています。
そして思い出し、月の方を見ると月齢10.3の月と木星、さらにおうし座の一等星であるアルデバランの接近がみえます。
月と木星の接近は12月25日にもありましたが、その時より月と木星の距離が短く見えます。
今回は少し赤味がかったアルデバランも伴っており、その左上にはオリオン座、さらには冬の大三角もくっきりと見えます。(防寒対策をして見てみてはいかがでしょう)

月齢10.3の月

月・木星・アルデバラン

 

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ヒレンジャクその後

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
1月21日 今日は午後から雨予報と所用のため、1時間でも とお堀に出かけた。
北の入口付近でヒレンジャクの鳴き声が聞こえる。
北土手の東のヤドリギや、西土手のヤドリギに群れの姿が見える。
カメラを向けていると、土手の上から呼ぶ声が聞こえる。Toさんです。
ヒレンジャクの群れが飛び、ガンセンター跡の真ん中の桜の木に止まっています。
そこで、近付ける場所と水飲み・水浴び場所へと向かいました。
水飲み場の近くでしばらく待つと、近くの桜へやって来て下へ降り水飲みと水浴びを始めました。シメやツグミも混じっています。

中央の桜で

北堀のヤドリギで

水場近くの銀杏で

水場へシメが


水場の銀杏で

銀杏で

桜で

水飲みを始めた


次々と来る

水浴びも

水はガブ飲み

こぼしながら

ガンセンター跡地のはずれにある「ネズミモチ」の実は望遠で覗くと食べつくしたように見えます。堀の土手のヤドリギはまだ実がたくさん残っています。
土手のヤドリギでたらふく食べて、水飲みや水浴びにお堀のフロート板や、公園内の水溜りへ出かけているようです。 それには一定の時間帯があるようにみえます。
ヒレンジャクの水浴びショート動画です。
↓サムネイルをクリックしてご覧下さい。
20130121.jpg

一番の目的の新君の面会へと東堀へ向かいました。
センダン下の石垣に姿が無いことを確かめ、東入口直下の石垣を覗くと、東隅の石垣の窪みに居ました。

東入口東隅に居た

歩道から至近距離

かなりの糞跡

先代若の利用場所

この辺りの石垣は、先代の若が、北風の強い寒い時や流れ込み付近で餌を獲る時によく利用していた場所です。
新君もかなりここに来ているようで、かなりの糞跡があります。
餌を物色している様子ですが、なかなか飛び込まず半休憩です。

餌狙い?

 

 

 


休憩なの?

餌獲りなの?

動きませんね

待たせるね

何かの気配を感じて飛び出した先は、西岸でした。
大きな榎の根元から後姿が見える場所でしたが、対岸(東岸)の石垣へ飛び出して行きました。

西岸へ

榎の根元から後姿

東歩道下へ

ここは獲物の狙い場所

この石垣に止まる時は餌獲りの時で、ほとんどの場合ここから飛び込んで餌を獲ります。
逆に休憩のためにこの東歩道下の石垣に来ることはありません。

東歩道下石垣で

 

 

 

しかし、なかなか餌獲り行動を起こさず、Toさんと二人が待ちくたびれて目を離した隙にダイビングゲットして最初の出会い時の石垣に移り、直ぐ餌を咥えたまま西岸へ移動し、素早く呑み込みました。

左側から

なかなか

飛び込まず

西岸で

食餌後には水浴びを始め、済むと羽繕いをして休憩体勢になりました

水浴び飛びつき

着地

飛び上がり

羽繕い

もう12時40分を過ぎてしまいタイムリミットです。
Toさんに挨拶をして帰宅しました。



未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

お帰りなさい!

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
1月20日
ビデオクラブの勉強会が、午前10時から午後4時までの予定であり、今日のフィールド行きはまず無理な状況でした。
午後4時過ぎに終了し、車で帰宅途中にお堀を一周してみると、西の網に新君が止まっているのが見えます。
これなら東で帰還を待てば何とか見えると思い、駐車場に車を停めて排水口で待ってみました。
17:13鳴き声と共に排水口に飛び上がって来ました。

予定通り帰着

排水口で

上空見上げて

カラスの他に何か?


 

上を見る回数多い

 

大きな鯉が泳ぐ


左側へ回る

水浴びしませんね

様子見だけ

オヤスミには早い

排水口では水浴びをせず(どこかで済ませてきたか?)茂み方向へ飛び、珍しくフロート板に止まった。

フロート板で

 

 

 

フロート板から飛び出し、一旦ゆりかごの枝に止まったが、時間が早かったのか、何かあったのか定番枝に戻って休憩(時間調整)をし、17:32ゆりかごINして行った。

定番枝で

辺り伺い

 

時間調整?

排水口へ帰って来てしばらくすると、西の網からUさんが追いかけて来ました。
今日の午後は東堀一帯で過ごし、水浴びもして最後に西網まで行ったそうです。
未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

東では何か落ち着かなかった?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
1月19日
新君が生活拠点にしている茂みにもヤドリギがあり、昨夕にはヒレンジャクの群れが様子見に来ていました。
新君もすでに見慣れない鳥が来ていることを知っているようで、敵かそうでないかは判らないままに、鳴き声には敏感に反応しているようでした。
気にはなっていましたが、今日は午後3時前にまっすぐ東へ向かいました。
神社前で、Bさん、TAKさん、MAさんの3人が居ました。
ヤドリギには二羽のヒレンジャクが来ていますが群れではありません。
3人に話を聞くと、今日は群れの数が少なかったようですが、カメラマンの数は増えていたようです。
それよりも、新君が今日も北に居て、今は所在が判らないとのことです。
そこで、外回りで南堀、西堀、北堀を丹念に見て回りましたが居ません。
南入口から南岸、北岸を見て東へ戻りましたがこれまた姿は有りません。
後一箇所思い当たる場所があり、流れ込み方面へ向かいました。
居ましたよ! 榎の下の石垣で水浴びをしています。
到着時には水浴びを終えて、南の排水口へ向かって飛んで行きました。

やっと排水口で

どこに居ても

夕刻ここへ帰る

土管へ移動

すっかりと東が生活拠点として定着しているようで、最遠の北堀まで出かけても必ず戻って来るようになった。
排水口から飛び出して歩道下の土管に移動して行きました。

土管で休憩

 

 

 

土管で10分ほど休憩し、北岸へ渡り餌獲り体勢の素振りです。
南岸から4人が構えていますが飛び込みそうでなかなか飛び込みません。
ストレッチをしたりしながら、こちらがしびれを切らすころやっと飛び込みましたが、失敗してコーナーを急カーブして北の止まり木へ移動し、そこで水浴び休憩です。

北岸へ移動

ストレッチ

羽繕い

やっと飛び込む


止まり木で水浴び

休憩

内側歩道へ回る

休憩中

止まり木からの移動先は東の噴水前コーナーで、ここからも飛び込みは行わず、大きなセンダンから高飛び込みをして餌を咥えて止まり木へ戻りました。
止まり木から一旦下の石垣へ下り、大きなセンダンの下の石垣へ移動して行きます。

コーナーへ移動

石標上で

これも休憩

飛び込まないまま


センダン枝からダイブ

止まり木で食餌

止まり木下石垣

センダン下へ

大きなセンダンの下の石垣でしばらく休み、茂みへと帰って行きました。

センダン下で

小休憩

 

この後茂みへ

茂みへ入ったのを確認後、Bさん、TAKさんは帰宅です。
MAさんと二人で茂み定番枝に居ることを確認し、もう餌獲りに出かけることもなさそうだと判断し帰宅しました。

定番枝で

 

 

 


黒い鯉が通過

赤い鯉も

鳥の鳴き声に反応

ゆりかごIN時間待


1月20日(日)はビデオクラブ行事のため終日不在です。
フィールド巡回をお休みします。


未分類 | コメント:5 | トラックバック:0 |

フィールドは大賑わい

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
1月18日 ヒレンジャクの飛来もあり午前中に出かけました。
北堀周辺には人影が無く、ヒレンジャクの群れも少数です。
外周りで南堀の西エリアへ回ると、ヤドリギの下で4名ほどカメラマンがおり、ヒレンジャクの群れがここに来ています。
昨日、今日の状況だと新君はきっと東エリアの中です。
南コーナー近くの梅ノ木に新君が居ました。その下の歩道にはNさんの姿があり狙っています。
やがて飛び降り大きな餌をゲットしました。

北岸梅ノ木で

ビッグサイズです

それでも呑み込む

西へ移動

移動先は県警前の松の木の下の石垣でしたが、ヒョイと落ちている松の枝に止まりました。
北岸へ回ってみましたが、新君は日陰でバックの日当りでシルエットぎみになります。

松の木の下石垣

落ちている松の枝

横から

スポット測光で

しばらく休憩し、南岸へ移動して餌獲り体勢です。
高い位置から飛び込んでゲットし、こちら(北岸)へ向かって飛んで来ます。
食餌をした後は、東へ帰って行きました。

枯れ枝で休憩中

南岸へ

北岸で食餌

背後から見ると

東では茂みの定番枝に帰り休憩しています。
しばらく近くで撮影させてもらいます。
アップでは瞳の中に周りの状況がきれいに写っています。

定番枝で

 

 

 


 

 

 

 

途中でKさんから電話があり、ヒレンジャクを撮りにお堀に向かうとのことです。
昼食時でもあり、南堀へ向かいました。
南堀では、堀の中央にあるフロート板へ時折ヒレンジャクが水を飲みに下りてくるのを皆さん待ち構えています。
内歩道にいたKさんがこちらにやって来ました。
昼食に帰るので、北の状況をみて連絡することで別れました。
その後は、先日付け記事のような状況になりました。
-------------- 午後のかわせみ ------------------------------------------------------------------
昼食後フィールド再訪しましたが、まずは北堀周辺に居たTAKさん、Kさんと会い、しばらくヒレンジャク撮影を行いましたが、Kさんの「ここまで来たら新君にも会って帰らねば」の言葉で東へ向かうことにしました。
茂みにはNさん、Uさんが居て定番枝には新君が休憩中です。
程なくKさんもやってきました。

定番枝で

羽繕い

羽を拡げて

羽繕い終了

羽繕いして休憩が終わると、定番枝の上に張り出している枝に飛び上がりました。
その後、南コーナーの石標へ移動して行きます。
飛び込みを期待しましたが飛び込まず、柳の枝へ飛び上がり、そこから珍しくホバリングを見せ、大島桜へ移動しました。
大島桜からダイビングし餌をゲットして食餌後、こんどは北の止まり木まで移動しました。

定番枝の上へ移動

ここは珍しい

南コーナー石標へ

北岸で餌ゲット

南歩道からは距離があり、少し暗いですが水浴びの状況です。

北の止まり木

水浴び飛び上がり

飛びつき

着地

水浴びを済ませると、北のコーナー石標→白鳥小屋→センダンと移動して行きます。
センダンでは小休憩のようなので内側に向かいます。
途中で出合ったOさん、Nさん、Uさん、Kさんと一時は5人が並んで撮影でした。

石標で

白鳥小屋で

センダン枝へ

内側から

センダンから飛び出し南へ向かいましたが、茂み対岸や排水口にはいません。
時間は遅いですが、西エリアへ夕食に出かけたのかもしれません。
Nさんが西エリアをチェックしながら帰宅することで別れ、Uさんは夕日・石鎚を見に城山へ。
Kさんと二人で自転車・バイクを置いている句碑前まで引き返しました。
午後五時を回っているので、そろそろ帰って来てもいい頃だと思い排水口を見ると、新君居ました。
急いで帰り支度をしてバイクに跨ろうとしていたKさんを呼びに戻りました。
水浴びを始めるかと待ちましたが、対岸に群れで止まっているヒレンジャクが気になるようなそぶりです。
時折対岸を見上げて休憩しており、ヒレンジャクの群れがほぼ居なくなったのを見て、茂みを経由してゆりかごへ飛び込んで行きました。(17:25)(すでに水浴びは終わっていたようです。)

排水口に居た

対岸が気になる

水浴びしないの?

羽は濡れている?


真上からアップ

 

 

ゆりかごIN/17:25


未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ヒレンジャク・キレンジャク

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
1月17日午後の新君状況です。
東フィールドに着くとすでにUさん、Nさんが来ていました。
状況を聞いてみると、先にNさんが来たときには北堀に居て、網から南へ飛び去り行方が判らなくなったとのことです。 東へ帰って来ていないかと回って来たところで、茂みのチェックを終えたUさんと出会ったそうです。
それでは西エリアから探してみようと自転車に乗って出かけようとすると、「帰って来ているよ!」と言わんばかりに鳴き声がして排水口に止まっていました。

排水口で

北の止まり木へ

東コーナー石標へ

餌獲り水浴び後

石標から飛び、餌獲りと水浴びを済ませ、遥か南のコーナーを曲がって飛び去りました。
西のエリアへ餌獲りに向かったものと思い行ってみると、網に止まって餌を食べているところでした。

西の網で

何匹か食べた?

上空警戒しながら

まだ食べようか?


南岸へ移動

消化待ち?

落ち着いています

接近しても

やがて腹が落ち着いたのか東へ向かって帰って行きました。
排水口では3回ほどの水浴び後、羽繕いをしてゆりかごに入らずボートへ移動して行きます。

 

 

 

 

ボートから一旦ゆりかごに入ろうとしましたが、なぜか定番枝に戻ります。
定番枝ではしきりに上空を見上げています。そういえば今夕はからすが以上に多く上空を舞っています。
これらのカラスの群れが気になるのでしょうか?。

 

 

 

 

やがて上空が落ち着いたころを見計らってゆりかごINでした。(17:28)

------------- 1月18日 ヒレンジャク(南堀)--------------------------------------------------------
ヒレンジャクの出現情報から3日目 群れが分かれて南堀西エリアのヤドリギにもやって来ました。
時折様子を見ながら、お堀中央のフロート板に下りて来て水を飲んでいます。
これを撮るためにここにカメラが集中しています。
ヒレンジャクが居ることの確認連絡があり、Kさんもやって来ました。

南堀で

ヒレンジャク

ヤドリギから

フロート板が水場


ヤドリギの中で

実を食べて

様子を伺っている

 

------------- ヒレンジャク・キレンジャク(西堀北エリア) --------------------------------------------
西エリアの南岸からKさんと撮っていましたが、昼食に一旦帰ることにし、北の状況を見てKさんに連絡することにしました。
先行して北に回っていたTAKさんから、白鳥小屋の近くにあるフロート板でも水浴び光景が見られるとの事で、Kさんに連絡して落ち合いました。
ここにも群れがいて、何よりもキレンジャクが混じっていることが判りました。
ヒレンジャクとキレンジャクの違いは、尻尾の先が赤いか黄色いかの違いですが、数百の群れに数羽混じる程度の貴重な種です。

西堀北エリア

 

 

 


 

キレンジャク

キレンジャク

キレンジャク

-------------- ヒレンジャク 北堀東端------------------------------------------------------------
お二人を残して遅めの昼食に帰ろうと差し掛かった北堀の東端にあるヤドリギで「ヒィーヒィー」と言う鳴き声が聞こえてきて足止めされてしまいました。
こんな時は空腹も気にならないものですね。
ここの群れはほぼ休憩中で丸々として止まっています。

 

 

 

 


下を通る方注意!

見張り役?

休憩中?

 


--------------- その他の野鳥--------------------------------------------------------------------
昨日モデル撮影会をしたシロハラも落ち葉を掻き分けて餌を探しています。
相変わらずの人馴れ振りです。

ツグミ

シメ

シメ

シメ


今日も撮る?

シロハラ

落ち葉が邪魔

相変わらず悠然と


未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

1.17寒い日に

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
1995年1月17日 当時徳島に単身赴任中で、未明にふと目が覚めた。
時計に目をやると午前5時40分だった。「変な時間に目が覚めたな」と思いつつ眠りに入ろうとした時にドシン!と突き上げるような振動があり、慌ててうつ伏せになった体が浮き上がるほどの揺れがあり、振動が長く続いた。
経験したことのないような大きな地震だったのが「阪神淡路大震災」です。
あれからはや18年が経過しましたが、被害の大きさと、復興の早さには目を見張るものがありました。
一昨年の3.11には東北大震災が起こりましたが、こちらは原発事故がからんでいるとはいえまだガレキの山があちこちに残ったままで、目に見える復興が進んでいないようです。
一日も復興の早からんことを祈るばかりです。

今朝は、昨日の「ヒレンジャク」の様子見もあり午前中に出かけました。
早くも情報を知ったYさんMさんペアが来ており、TAKさんも来ています。
そんな中で、北堀に新君が来ているとの情報で、新君ウォッチングに早変わりです。
お堀に引き返すと、北岸で水浴びをして、茂みに飛び込む姿がありました。

出会いは北の茂み

翡翠色に輝いて

朝は日当りが良い

枝も少ない


通行人も気が付く

それでも悠然と

石垣に下りて

エビ餌狙い


消化待ち?

ペリットが

ペリット出す

ペリットの行方


榎に飛び上がり

南岸へ

歩道すぐ下

後から


いどうしようか?

Nさん止まり木へ

ここから狙う

この後ゲット


茂み前

北歩道から

こちらへ挨拶

ここからも飛込み


再び止まり木から

今度は魚餌

水浴び羽繕い

飛び去って行った


----------------------------- ヒレンジャク ---------------------------------------------
土手のヤドリギから離れて電線で集団休憩しています。
TAKさんと移動先を追ってみると

電線に集団で

ここに20羽以上

水のみ場があった

付近の桜で


桜の枝で

辺りを伺い

飛立つ

銀杏の枝で

水のみと水浴び場が数箇所あって、通行人等から見え難い場所を選んで数羽づつ水浴びや水飲みをしているようです。 付近の桜の枝や銀杏の枝で辺りの様子を伺っています。

 

 

 

 


------------------------- シロハラモデル撮影会 ------------------------------------------
北口の公園広場(臨時駐車場)に楠があり、その下でガサゴソと落ち葉をかき分けて餌獲りをしている「シロハラ」がいます。
落ちている木の実を拾って食べています。
このシロハラはバカが付くくらいに警戒心が薄く、近寄っても逃げません。
そこで、TAKさんとモデル撮影会よろしく撮ってみました。
2~3mまで近寄ると直ぐ上の枝に止まりましたが、これも近寄っても平気です。
地面にいるよりも、お立ち台に立っているようで撮りやすい。

地面で餌拾い

低い枝に止まる

近寄り

顔のドアップ

----------------------------------- シメ -----------------------------------------------
ヒレンジャクの水のみ場を探していると、シメとツグミの姿がありました。
ツグミは草の陰に隠れましたが、シメは二羽で水を飲んだり、地面をつついて餌をさがしているようです。

シメです

 

 

二羽いました


午後はかわせみ目的ででかけましたが、記事欄の関係で別途掲載します。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

ヒレンジャクが現れた

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
1月16日 遅めの昼食を取ろうとしていたときに一本の電話がありました。
TAKさんからで「ヒレンジャクの群れが現れました!」というものです。
一昨年の今頃、北堀のヤドリギがある木に止まっていた珍しい鳥を見て、それが「ヒレンジャク」だと知って以来です。(昨年は気にしていましたが見ることはできませんでした。)
3時前に現地に着いてみると、TAKさんとTOさんが居ました。
頭上のヤドリギにたくさん群れています。
曇り空がバックで見上げる高い枝にいるので、シルエット気味ですが何とか証拠写真にと収めました。

ヒレンジャク

尖った冠羽

尻尾が赤い

ヤドリギに群れて


ヤドリギの実が餌

実が無数にある

 

黒い過眼線が判る

さて、今日のかわせみです。
ヒレンジャクをひと時観察して東へ向かいました。
今日の出会いは排水口のボルトでした。

排水口ボルトで

 

 

対岸石標へ移動

今日はよく動きます。
石標からコーナー石垣に降りましたが、すぐに西へ向かって飛んで行きました。
一通り茂みや句碑裏などを見たあと西へ向かおうとした時にUさんがやって来ました。
「TOさん、TAKさんとも会ったが、西エリアで鳴き声が聞こえたようです。」との情報です。
折り返して先行したUさんからの情報で西の網に居ることが判りました。

コーナーから西へ

西の網で

結構早い夕食

竹竿でも餌獲り

西の網でUさん、TOさん、TAKさんと並んで新君撮影会です。
途中で桜下の竹竿へ移動し、そこでも餌獲りをして休憩中なので内側に回ってみました。

竹竿で休憩中

 

 

 

竹竿から、北岸→南岸(3人の足元)→北岸桜→東へと足早に移動して行きました。
南入口でTAKさんは帰宅です。
東では排水口へ帰っていました。

北岸中央付近

北岸桜の枝で

東排水口

排水口で

排水口から茂みへ飛び込んで行きます。(定番枝で水浴び後、お気に入り枝近くへ移動)
茂みでは比較的長めに休憩を取り(約15分)、対岸へ移動して行きました。
対岸への移動前にTOさん帰宅です。

お気に入り枝付近

休憩モードです

 

 


 

 

 

南コーナー石標

内側へ回って見ましたが石垣上にはすでに姿が無くなっていましたが、しばらく探して、南コーナーの石標の上に居るのが判りました。
ここから飛び込んで餌を咥えたまま定番枝に戻り水浴びをし、ボートへ移動していきました。
ボートからは2~3分ほどで排水口へ移動しました。

南コーナー石標

定番枝で水浴び

ボートで

排水口へ

排水口で軽く水浴び後定番枝へ移動しました。
ここでも軽く水浴びをして、今日は早めのゆりかごINです。(17:08)
足の状態だけですが、枝に止まった時、すこし体を沈め座り込んだ時、オヤスミ体勢になって完全に体を沈めた時が判ります。

定番枝で時間調整

止まった直後

すこし沈み込み

完全オヤスミ体勢


未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

新鮮で輝いていた

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
1月15日
たった3日ウォッチングを休んだだけですが、フィールドに着いてみると何か新鮮な感じがします。
とりあえず茂みを見ましたが姿はありません。
句碑裏に回って茂みを覗いていると、流れ込み方向からNさんがやって来ました。
「先ほどまでセンダン下の石垣に居たが、近くまで行ったら居なくなっていた。もうそろそろ帰るので途中で発見したら連絡します。」で別れた。
内側歩道から内堀の石垣を見ながら南のコーナーに差し掛かった時に「県警前の北岸に居ますよ」のNさんからの連絡があり向かった。
内歩道から姿が確認できる場所で休憩している。

出会いは県警前北

植え込みの間から

遠めに横から

上から

しばらくすると南岸のリングまで移動して行った。

リング左から

リングで

右上から

 

リングから、再び北岸の柳の下へ移動して行く。
夕食前の消化待ち休憩のようなので、北岸へ再度回ってみる。

北岸柳の下へ移動

西日が当たり

翡翠色に光る

時折水面を見て


ゆったり休憩

 

 

 


羽繕いして

 

ストレッチもした

そろそろ動く?

一旦南岸の農協会館前まで移動し、そろそろキョロキョロと餌獲りの体勢に入ったようです。
しかし、本格的にはまだ動かず、辺りを眺めたり、上空を見ています。

農協会館前南岸

水面を見たり

対岸を見たり

遠くを見たり


 

 

対岸の木を見上げ

何を見ている?

やがて橋を潜って西エリアへ移動して餌獲りを始めました。

西エリア南岸で

狙っています

後にペリットが

素早く呑み込み

今度は北岸へ移動して餌獲りですが、折角獲った餌を飛び上がりの時に落とす失態がありました。(見たよ!)

それっ!

見事ゲット!

アレッ!

落としちゃった!

照れかごまかしなのか、小さな止まり木(お堀に倒れ込んでいます)から水浴びをして、「見られた?」と言わんばかりに、しばらくじっとこちらを見ています。(ハハハ!)

水浴び飛び上がり

よっこらしょ!

ほっ!

あらっ見てた!

夕食タイムを迎えているので、餌獲りの邪魔をしないようにこの場を離れ、東へ向かいました。

--------------------------------- 夕日を見に二の丸へ -----------------------------------
ふと見上げた西の空の夕やけ雲がきれいだったので、二の丸へ上がってみた。
ちょうど松山空港上空を陸側へ離陸上昇中、そして東(右)への旋回に入った航空機が見えた。

伊予灘を上昇

右旋回中

機体が光る

松山上空通過

西の空には薄い筋状の雲が広がりきれいに夕やけています。

薄雲夕やけ

JALCITYに夕日

17:08

空には三日月


17:10

17:10

17:11

17:15

太陽の下にはさらに雲が見える。
海岸での夕日狙いの人たちにはどう見えているんでしょう? ダルマ夕日は見えたかな?

水平線は見えない

下方には雲

17:17

間もなく日の入り

夕日が沈んだので、お堀の排水口付近まで帰ると、ちょうど西から帰って来る新君の姿があり、排水口に止まりました。(しばらくして、友人宅からの帰りのUさんが、新君を追っかけてやって来ました。)
ここで水浴びを2~3度し、ゆりかご入りの時間調整です。
17:31ゆりかごINして行きました。

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

三連休にフィールド離れて

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
12日(土)、13日(日)、14日(祝)の三連休にかわせみウォチングを休んで別の遊びをしていました。
お正月から予定をしていたのですが、海の魚との遊びです。
1月12日
名古屋からの客人(甥)を迎えに松山空港へ出かけました。
到着までの間に送迎デッキへ上がると、右端のエプロンに全日空のB-787が駐機しています。
これは、前日東京から松山への飛行中に、操縦席の窓ガラスにヒビが入り、折り返しの飛行を欠航して松山での修理を行っているものでした。
その影響で、全日空系の小型機の駐機スポットに変更がでているようです。
大阪から到着したQ400も、普段はJAL系小型機が使用する左端のスポットに駐機しました。
ボーディングブリッジを使う大型機はJAL,ANA共に通常通りです。

ANA B-787

ANA B-787

ANA Q400大阪から

東京行きANA B-777

名古屋中部からのANA Q400エコボンが着陸しました。
これはどこに駐機するのでしょう。

名古屋から到着

Q400通称エコボン

 

 

いつもより中央寄りのエプロンに駐機しました。(搭乗口でいうとCとBの間です。)

夕食後、8時前に津島町の南楽園近くの渡船屋まで出かけました。
三連休で釣り客も多く、午前6時10分の出船時間まで仮眠を取るための早い目の出発です。
高速道路の南予延伸で随分と楽に釣行できるようになりました。
到着時は満天の星で風も無く気温もあまり寒くありません。

1月13日
出船6時10分というと日の出前ですが、釣り場の御五神島(おいつかみ)の磯割り抽選場に着く頃には日の出を迎えました。

後方竹が島

磯へ向かう

朝焼けです

早くも磯上がりが

三連休とあって渡船数も多くMAXの13隻はいたものと思われます。
(我々が乗った船が抽選場に着いた時には、すでに抽選を済ませ何隻かは釣り場に向かっていました)
甥と二人で磯上がりしたのは「大バエ」で、東の端です。
磯上がりしてしばらくして満潮を迎えましたが、その直後にウキを一気に消しこむ鋭い当たりがあり、強烈な引きが伝わって来ました。
釣りをする人ならわかりますが、ハリス2.5号、竿1.5号のグレ用の比較的細仕掛けです。
最初の獲物でもあり、かなり強い引きに慎重に対応して姿を現したのは60㎝近い真鯛でした。(実寸59㎝)
その後、甥の最初の獲物は43㎝のグレ、おやっさんも同寸のグレを釣り上げました。
後にはアイゴ42㎝も交じります。

寝床の磯群

日の出

最初はマダイ

甥にも当たり


甥のグレ

おやっさんヒット

おやっさんグレ

当日の釣果

納竿予定の午後2時より一時間前くらいから雨がパラツキ始め、早めに仕舞い準備をして切り上げました。
最後の雨以外は、風も無く、したがって波も無く、寒さも感じないこの時期としては上々の釣り日和でした。

1月14日
獲物調理(刺身・塩焼き・煮つけ・アラダキ)と釣り道具・防寒着等の整理と片付けが午後まで続き、
4時45分松山発名古屋中部行きで帰る甥を見送り三連休終了でした。


未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

自重ぎみに

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
【すずめのおしゃべり】
とある「コイン精米機」の屋根や、周りの電線で雀たちが餌を待っています。
人影が無くなった後、こぼれた米粒を拾って食べるためです。
いつも精米後に、床にこぼれた米粒をほうきで掃きだしてやると集まってきます。

 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


1月10日 少しまだ風邪が残っているので、自重気味に出発を抑えて16:30頃に東へ到着です。
当然ながら、NさんUさんは到着しています。
南コーナーに居て、南岸へ向かって飛んで来たそうですが、そこら辺には姿がありません。
南岸を中心に南入口まで徒歩で向かいましたが居ません。(茂みへ帰っていました。)
今日は、この茂みの二つの枝が中心となりました。

定番枝で

背中ばかりです

スポット測光で目

右向きは目が陰に


さりとて背中では

やはり暗い

頭のアップや

背中を撮って


また右ですか

そう!左見て!

これなら何とか

目が入る

定番枝からお気に入り枝へ移動しましたが、約30分間移動が無く、ほとんど同じ画ばかりです。

お気に入り枝へ

位置変えが無い

仕草を追う

アップしても


動きが無いと

背景が同じ

上を見ても

左を見ても

茂みのお気に入り枝から飛び出しコーナーへ向かいました。
時間も遅く、西エリアへの餌獲り遠征は無いようです。
コーナーで水浴びを済ませると、排水口へ移動し、コーナーでの水浴びが少なかったのか、茂みの定番枝へ移動して再び水浴びです。
定番枝で時間調整の休憩をしたあと、ゆりかごINして行きました。(17:19)

お気に入り枝で

コーナーで水浴び

排水口へ

ゆりかごIN

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |

こりゃいかん風邪だわい

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
1月9日 一昨日から鼻声になり、どうやら風邪をひたらしい。
熱はないようだが、鼻づまりがひどいし咳もたまに出る。
今日はやめようかと思ったが、やはり気になりついついと・・・
早めに切り上げるつもりが、結局はゆりかごINまで。
遅いフィールド到着で、すでにNさん、Uさんが茂み定番枝にいる新君を撮影中でした。
しかし、これをあせっていたのか不用意に飛ばしてしまい、新君枝へ。
そこからも、作業小屋横の茂みに飛び込んで見失ってしまった。
約40分後、やっと見つけたのは、屋根付き排水口のボルトでした。

新君枝で

ボルトで発見

ボルトで

手摺の間から

ボルトから対岸コーナーへ移動し、石標に飛び上がったので、ダイビングを期待して待っていたが、新君の目の前をアオサギが通過したので、慌てて北の新止まり木へ移動していった。
しかし、そこから2回目の行方不明となってしまった。
やがて手分けして探した15分後、西エリア南岸に居ることが判った。

コーナーへ移動

石標へ飛び上がり

石標で

新北の止まり木

時間的にいっても夕食タイム最後の時間帯です。

西エリア南岸で

 

 

ビッグサイズ確保

餌を獲り終わると東へ一直線に帰って行く。
東の排水口へ帰って水浴びかと思ったら、もう一匹餌を獲り咥えたまま定番枝へ飛んで行った。
定番枝で水浴びをし、ゆりかごへ飛び込んだが、まだ少し早かったのかまた定番枝へ戻る。
ここで時間調整(?)し再びゆりかごIN(17:28)でした。

排水口へ帰った

一匹追加

茂み定番枝で

時間調整中

目の前にかわせみを見ると、直ぐには帰れないのがこの病の特徴ですが、自分の体調を考えて少しは自重しなくてはと反省しきりです。
未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |

ゲストも加えて8輪

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
1月8日
午後1時頃に一本の電話。「フィールドにお邪魔していますよ!」 Bさんからでした。
昼食がまだだったので、急いで食事を済ませフィールドへ向かいました。
到着すると茂みへ向かうところで、Nさんも来ていました。
茂みでは、いつもとは違う場所に新君がいます。
向こう向きで横からの光を浴びて背中が光っています。
「そちらに向くと目が入らないよ」「左向いて!」とモデル撮影会が始まりました。

背中が光って

白飛びしそう

そうそう左向きね

右なら顔上げて

途中で枝移りをしましたが、約30分の間ここに居ました。

 

 

 

 


枝を変って

木漏れ日状態

表情いいのに

かろうじて目が

そろそろ夕食活動開始の時間です。
茂みから飛び出したあと、また行方がわからなくなり、Bさんが帰り支度を始めた頃Uさんが到着です。
久し振りの話が弾んで居る間に捜索してみると、北岸中央付近にある柳の下で姿を発見しました。
少し離れた南岸へ飛んで来て石垣へ止まります。その後→南の止まり木→茂みへ戻りました。

柳の下で

南岸石垣

手摺の間から

頭を出して撮影


ペリット出した

南の止まり木

茂み定番枝へ

定番枝で


上の段から下へ

最下段枝で

 

 


新君枝へ移動

新君枝で

 

 

茂みでは32~33分休憩し、南コーナーへ移動して行きます。

新君枝から

コーナーへ

 

石標へ飛び上がり


餌獲りor水浴び?

 

飛び込むか

やめた

石標に上がると通常はダイビングを見せるのですが、再び西への移動をはじめ、遥かに飛び去っていきました。
Bさんは大幅なタイムオーバーになり急いで帰宅されました。
やはりかわせみを目の前にするとなかなか帰れませんよね。(ゴメンねBさん!By 新君)

今度は西へ

飛び去った

西エリア南岸で

最後の餌獲り


ここのはビッグ

3匹目も

少しお腹に

収まるのを待って


ぼちぼち

帰ろうか

排水口へ帰る

時間調整

ゆりかごIN17:23でした。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

一日遅れの古新聞

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
1月7日 今日も午前中と午後の二回ウォッチングに出かけました。
午前最初の出会いは「籠の鳥」でしたが、ここから茂みとの往復が2回ありました。
2回目の茂みに入ったころにNさんがやって来ました。
Nさんは早くから来ていたようで、西エリアに居て西岸の石垣から公園内へ飛込み姿を消したそうで、東へ帰っていないかと思い探しに戻ったそうです。
そんな話をしていると、茂みから飛び出して行きました。
行方を探してみると、南岸の石垣に居るのを発見しました。
これも直ぐに北岸に移動し、西へ移動しながら餌獲り活動をしているようです。

籠の鳥

南岸石垣で発見

北岸へ移動

西へ向かって移動

北岸のかなり西で餌獲りを始めたところで距離を置いて観察してみました。

北岸で

物色中

石垣際でゲット

餌獲り続きます

----------------------- ここから午後の部 -------------------------------------------------------
午後早めに出かけ、歩道上から茂みを見ると、定番枝に姿が見えます。
茂み入口にはNさんの自転車があり、定番枝の新君を撮っていました。
午後の休憩タイムに入っているようで、定番枝で約10分、移動した新君枝で約20分休憩することになりました。

定番枝で

プルプルッ身震い

羽が乱れて

落ち着きました


記者席から定番枝

上を見上げて

新君枝へ移動

一番落ち着くようで


ゆったり休憩

木漏れ日ですが

太陽が当ると

翡翠色です


 

 

 

 


凛々しくなった

アリガトッ!

照れるよテヘヘッ

いや澄ましとこッ

茂みでの休憩終盤近くにUさんもやって来ました。
茂みでの休憩約30分からやっと動き出して対岸の止まり木に止まったのですが、作業小屋の傍の高い木に飛び込んで居場所が判らなくなりました。
約30分後に居場所を発見したときは、飛び込んだ木の蔦が茂る間の枝でした。
そこから茂み対岸へ戻り→茂み(定番枝)→茂み対岸止まり木→排水口→南歩道下土管と目まぐるしく移動して行きます。どうやら餌場を求めて移動しているようです。

北の止まり木

作業小屋横の木で

蔦の間から

茂み対岸へ


茂み対岸で

茂み定番枝へ

定番枝で

次ぎはどこへ


北の止まり木へ

止まり木で

排水口へ移動

土管へ

土管の上で小休止です。
この移動の間に、銀輪部隊が追いつくまでに何匹かの餌は食べたようです。

土管で小休止

 

 

 

土管から飛び出すと対面の南の止まり木に止まりました。
しかし、ここでは餌を獲らずに思いっきり西へ向かって飛んで行きました。
時刻はすでに5時前です。
西のエリア南岸でビッグサイズの餌を数匹慌てて食べると東へ帰って行きました。

南の止まり木

西エリア南岸で

 

 

我々が東へ着く頃には水浴びを終えたのか、排水口で休憩しています。(時間調整?)
排水口から直接ゆりかごへ飛び込んで行きました。(17:20)

排水口で

休憩中

時間待ち?

ゆりかごIN


----------------------- 今日(8日)のお客様(メジロ) ----------------------------------------------
今日のお客様は駐車場側植え込みに居たメジロです。
アベリアの小さな枝の間に居るので枝かぶりですが、かわいい表情が見てとれます。

メジロ

 

 

 

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

七草

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロは春の七草で、今日7日はそれらを入れた七草粥をその一年の無病息災を願って食べる習慣が古くからあります。
お正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われています。
七草を少しわかりやすくいうと、セリ・ペンペングサ・ハハコグサ・ハコベ(ヒヨコグサ)・ホトケノザ・カブ・ダイコンとなります。やはり七草名で呼ぶほうが効能がありそうに聞こえますね。

さて、今日のかわせみは昨日の午後の部です。
結論から言うと、昨日のウォッチングでは、東堀の狭い範囲で終日行動していたようで、午後の部もオヤスミ前の水浴びと、1度だけ対岸へ餌獲りに出ただけで茂みの中で居ました。

定番枝で

 

 

 


 

 

 

 


ペリット向こうへ

 

 

 


 

 

お気に入り枝へ

 


 

 

コーナーで水浴び

 

オマケ画像というより「本日(7日)のお客様」は、今年は目白押しのメジロと最後の締めにシメです。

 

 

 

 


榎の実を咥えて

 

 

締めはやはりシメ

場所移動が少ない分、同じような画像になってしまいましたが、ご覧いただきありがとうございました。

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

思い立ったら吉日でほぼ一日

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
昨日の堀の内銀輪部隊の話の中で、Nさんの「飛び物」の話から、光が充分な昼前の食餌タイム前後を1度撮ってみようということになり、午前中(11:00頃~13:30)と午後(16:00前~17:20)のほぼ一日をフィールドで過ごしました。
撮影枚数407枚と動画17本(7分41秒)でした。
記事面の関係から、まずは午前の部からです。

お気に入り枝で

 

 

 

お気に入りの枝から1度内側の枝に移動しましたが、すぐに対岸の石垣へ移動し、内側に回るころには桜の枝に上がっていました。
それも直ぐに飛び出し、作業小屋上の高い枝を経由して、大きなセンダンの枝に止まりました。
そこから大ダイビングをしてゲットし、北のステージ横の石垣へ移動して食餌をすると、また茂みへ帰って行きました。

センダンの枝で

茂み対岸で

 

 


対岸から定番枝

新君枝を対岸から

新君枝で

 

時折日が当るときれいな翡翠色に見えます。
やはり夕方の濃い青と違って見違えるような色をしています。(色に見えます。)

新君枝で休憩

 

 

 


 

 

 

 

新君枝で休憩後に飛び出した先は、また対岸でそこもすぐ大きなセンダン下のコーナー付近へ移動しました。

センダン下石垣へ

センダン下石垣で

 

 

センダン下でも餌獲りをし、北のステージで食餌と水浴びをして、排水口で籠の鳥になりました。

センダン下

 

北ステージで

尻尾広げて

籠の中から飛び出しかと見ていると、内側へ飛込み餌を獲って食べています。
籠から出ると、お決まりの定番枝へ向かいます。

籠の鳥状態

定番枝へ

定番枝で

新君枝へ

定番枝も長くは居らず、新君枝に移動しさらに茂み奥の上の枝に移動して休憩です。
ここで一旦昼食のために帰宅することにしましたが、帰りの句碑裏から覗いてみると、そこからは後姿が丸見えの近い枝でした。

新君枝で

翡翠色です

さらに茂み奥へ

句碑裏から

午前中の締めは、オマケの「シメ」です。
茂み入口に小鳥が一羽だけ飛んで来て、近くの枝にとまりました。
枝の間から嘴が見えた時は「イカル」かと思いましたが、エプロン姿のシメでした。

シメ

横顔

前から

ピン甘ですが


午後の部は、別記事とします。
今日は、西どころか南堀にも出ず、流れ込み方面にも行かずの行動範囲でした。
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

少し餌場が変わりつつあるのか?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
今日の出会いは茂みの定番枝でした。
南歩道から見ると、定番枝に姿があり向かうと先客が2名いました。
Nさんと、久し振りTAKさんです。 
TAKさんと新年の挨拶を交わして、Nさんからは今日の情報仕入です。
定番枝へ来て約20分だそうで、見てもそろそろ動き出す気配を感じます。

定番枝で

キョロキョロ始め

 

 


ペリットを出し

 

 

羽繕い

飛び出した先は、対岸に向かい桜の枝でしたが、直ぐに北へ(鳴き声で)飛びました。
しばらくすると、かなり西方向で鳴き声がします。
北岸を見てみると、中央県警前付近の松の木の下辺りにいました。(ここでUさん合流)
昨日、今日とこの辺りで餌獲りをしています。

北岸で

餌獲り

西へ中移動

背後から

農協会館対岸付近に居て餌獲りと水浴びをすると、橋を潜って西エリアへ入りました。
南入口の橋からみると、かなり西(バス停付近)で水浴びをしているのが見えます。
それも途中から西へ向かって飛び、網を越えたように見えました。
網の元まで行って見ると、北岸コーナーの桜の下竹竿に居ます。
内側に回り、竹竿を確認です。 竹竿からは一旦北側の石垣に移動しましたが、南へ向かいコーナーを曲がりました。
北岸を確認すると、網付近の石垣に居り、さらに東の小さな止まり木へ移動しました。

西で水浴び

桜下竹竿で

内側から

網近くの北岸で

この止まり木は、歩道から近く人通りに馴れているのか、妙に近寄って撮影させてもらえます。

止まり木で

夕日を受けて

 

 

止まり木からは、南岸へ向かわず餌を獲りながら東へ移動を繰り返し、橋を潜って農協会館前南岸へ。
ここも直ぐに飛び東へ飛び去りました。
ちょうど橋の上からカメラを構えていたので追ってみると、県警前噴水辺りの南岸へ止まったようでした。
辺りを探してみましたが姿がありません。

止まり木東石垣

 

 

 

1度東へ戻りましたが帰っていそうにないので、再度西へ戻る途中の北岸柳の下に居ます。
内側に回って見ましたが、まだ夕食が不足しているようで、橋を潜って西エリアの南岸へ移動します。
西エリア南岸でビッグサイズを2匹追加し、東へ帰って行きました。

柳の下で

南岸へ

補食活動

ビッグサイズです

東の排水口上に着いたときは、最後の水浴びを済ませ、定番枝へ移動して行きます。
ここで上空のカラスの群れを眺めたりしながら時間調整(?)しゆりかごへ飛び込みました。
ゆりかごINは17:20でした。

オヤスミ前水浴び

定番枝で

上空烏の群れ

時間調整中


未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

今日のかわせみ全移動場所

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
帰省中の孫達は午前中にママさんと「初夢きっぷ」を利用して郊外のショッピングセンターへ出かけました。
午後からはお兄ちゃんが少々熱っぽいので、外出を控えて今日もお昼寝タイムとなりました。
暇となったジィジは、2時半頃からフィールド行きです。
東の屋根付き排水口に新君は居ました。
ここは、屋根の部分が邪魔となって、上半身しか見えません。
全体が見える、神社の方へ回りかけた時に鳴き声がして姿がなくなりました。
少し茂みや近辺を探して見ましたが見失ってしまいました。
そこへNさんもやって来て、流れ込み周辺、茂みの対岸まで探してみました。
今日のウォッチングは、全移動場所での新君を撮影順にお届けします。
----------------------- 出会いは屋根付き排水口 -------------------------------

 

 

 

 

------------------------ 茂みに餌を咥えて帰って来ました ------------------------
行方を見失って探していた対岸から見ると、定番枝に姿があり、すぐに上に飛び上がりました。先行して茂みまで戻っていたNさんによると、餌を咥えて帰って来て食餌と水浴びをして上の枝に上がったそうです。

対岸から

枝の間で

 

 

----------------------- 茂み対岸の石垣へ -----------------------------------

 

 

 

 

----------------------- 大きなセンダン下のコーナー付近へ ----------------------

 

 

 

 

----------------------- 東向きのセンダンの枝へ -------------------------------

 

 

 

 

------------------------ 噴水前コーナーへ そして石標へ -----------------------
センダンから飛び込んで餌を獲り、上がりはコーナー付近でした。
食餌後すぐに石標へあがりしばらく休憩です。

 

 

 

 

----------------------- 流れ込み近くの石垣窪みへ -----------------------------

 

 

 

 

----------------------- センダン→北の止まり木→大きなセンダン下→新君枝 -----------

 

 

 

 


 

 

 

 

----------------------- 北岸で餌獲り ----------------------------------------
南の止まり木よりかなり西の北岸で餌獲りを始めました。
途中でペリットを出したりしながら25分ほどここで餌獲り活動でした。

 

 

 

 

----------------------- 西へ向かう途中でいつもの南岸 ------------------------- 

 

 

 

 


 

 

 

 

------------------------ 最後はやはり西エリアの南岸で ------------------------
南入り口に近い南岸でかなり大きめサイズの餌ばかり獲り、西の網まで行かずに東へ帰って行きました。
餌獲り活動等の動きは例によってブレブレのためここから動画多用で撮影となりました。

 

 

 

 

東では排水口で水浴びし、17:20ゆりかごINでした。

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

誰もがカメラマン

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
孫達がやって来ると、電車に乗ることが日課のようになります。
お正月の時期には、伊予鉄道の「初夢きっぷ」があり、今年は「125周年記念初夢きっぷ」として発売されました。
伊予鉄道電車全線・伊予鉄バス松山近郊600円区間内は1月1日~6日まで乗り放題、坊ちゃん列車1回・高島屋大観覧車1回の特典付きです。(大人1000円 こども500円)
今日はこれを利用して、市内電車で松山市駅→くるりん乗車→堀の内公園でサッカー遊び→市内電車で道後温泉→坊ちゃん列車で古町へと遊んできました。
孫達は、持たせてあるコンデジを交替で使って「撮り鉄」もどきに変身です。

くるりんから

松山城狙って

弟くんは

眼下の坊ちゃん列車


梅に蕾が

茂みでは新君

14連だこ

風向きが変わって


電車で道後へ

弟くん撮影

弟くん撮影

弟くん撮影

----------------------------------------------------------------------------------
午後3時から孫達の目的はテレビでの「高校サッカー」観戦です。
石川星陵-青森山田の前半戦が終了して、ジィジは抜け出し「かわせみ」ウォッチングに出かけました。
東の茂み前にNさんの自転車があり、定番の枝に新君の姿がありました。
キョロキョロし始め、枝移りした頃にUさんもやってきました。
堀の内銀輪部隊勢ぞろいでの初撮りです。
そろそろ夕食タイムです。
その後新君は、対岸の止まり木の重しの石の上→センダンの枝からダイビングゲット→止まり木と移動しましたが、3人の目を盗んで姿を消しました。
でもこの時間帯ならほぼ行き先は判っています。
先行して行ったNさんが、農協会館前あたりの石垣に居るのを発見しました。

定番枝で

 

 

 


お気に入り枝へ

 

 

 


対岸止まり木元へ

大きな石に

センダンへ

ここからダイブ


止まり木で食餌

東エリア南岸で

夕食前消化待ち

 

西エリア南岸へ移動した新君を橋の上から撮影していると、カメラを持った3人組の若い男女の方が気付き参加です。さらに3人の女性の通行人が携帯やコンデジで撮影始めました。
最初は新君も堂々としていましたが、我々が近付いて撮影しているのを見て、携帯・コンデジ組が真上から近付いたために移動を繰り返し、最後は西の網まで移動して行きました。

 

 

 

 


 

 

 

 

網へ移動してしまうと、気が付けば堀の内銀輪部隊だけになっていました。
しかしもうすでに5時前になっており、ブレの多い画像ばかりです。
網から飛び出したところでNさんも帰宅しました。
その後、南岸でビッグサイズの一匹を追加して東へ帰って行きました。
東でのゆりかごINは17:20でした。

南岸から

網へ移動

 

 


網の平均サイズ

 

ビッグサイズゲット

 

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。