気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2013.07

201307011

7月14日以降の記事については現在整理中のためしばらくお待ち下さい。
ダイジェスト・速報版はYahooブログにて毎日更新しています。
 Yahooブログ「おやっさんのブログ」

御迷惑をおかけしておりますが、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

そろそろ孵化?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
7月12日
10:22 今日の出会いは句碑裏からのジュニアです。

句碑裏から

ジュニアです

 

 

茂みの中に廻って待機しているとお嬢がやって来ました。
やはりお嬢は気付くと直ぐに飛び出して行きました。

お嬢が来た

 

 

午前中は、見回り程度で一旦帰宅しました。

午後は茂みの対岸(内側歩道)からウォッチング開始です。
茂みのお気に入り枝にお嬢が止まっていました。(14:38)

唇枝でお嬢

センダン下Jr.

 

新君交替に来た

交替時間になったのか新君が止り木に帰ってきました。
お嬢が飛び立って行くのを見届けて、新君が水浴びを始めました。
飛び込みと飛び上がりの中間に日が当たっており、スポットライトのようです。

飛び上がり

着枝

飛び上がり

着枝


着枝

飛び出し

ブレーキ踏んだ

着枝後

水浴び後は、少し南にある定番枝へ移動して行きました。

水浴び終了

定番枝へ移動

定番枝で

 

午後4時過ぎ、最後の休憩時間になるんでしょう。お嬢が東堀に出てきました。

お嬢が止り木へ

まずは水浴び 

着地(枝)

枯れ枝群へ


枯れ枝群で

 

 

 

枯れ枝群で小休憩すると餌獲り活動です。
あちこちと場所を変えて餌を狙っています。

止り木へ

飛び出して

水浴び?

餌狙いでした


止り木から

定番枝上から

ついにエビ餌ゲット

呑み込んだ


止り木から

またエビゲット

もう終わり?

羽繕い


羽繕い

唇枝へ

羽繕い

やっと落ち着く


唇枝で休憩

 

 

 

休憩していても絶えず獲物は隙あらばの状態で狙っています。

獲物が居る

すかさずゲット

また休憩へ

 

休憩も終盤になりましたが、6時20分を過ぎても新君は現れません。

新君まだ?

来たかな?

いや違った

まだかな?

お嬢は待機の間に南角の柳の木からダイビングしてビッグサイズの餌をゲットしました。
少々てこずりながら宿直前の夕食にしました。

餌を見つけた

逃がした!

今度はデカイ

夕食追加

午後6時30分まで待ちましたが新君は交替に現れません。
人間も夕食時となりましたので帰宅することにしました。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

暑さの影響?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
7月11日
午後の前半は暑かったせいか、新君とジュニアの姿を見かけましたが、茂みの葉陰に入って動きの少ない状況でした。
お嬢が交替で出て来て夕食タイムになってからは、お嬢の動きはありましたが、ジュニアの姿を見かけませんでした。
午後6時前には予定通り新君とお嬢の交替シーンがありました。

14:06 今日の出会いは、お気に入り枝に居る新君とでした。

お気に入り枝で新君

同じ枝へジュニア

チョイと枝移動

シュロの枝へ

お嬢がお気に入り枝へやって来ました。
(写真のコメントは文字数の制限がありますので、この枝は通称の「唇枝」で呼びます)

唇枝へお嬢

 

 

 


 

 

 

止り木に移動

七夕プレゼントで設置した止り木も定着したようで、新君もお嬢も水浴びによく利用します。

止り木にスポット

 

 

 

止り木から茂みの南端にある枝に移動しました。
この枝は、ジュニアとお嬢がよく利用します。

茂み南端の枝

 

枝移りしてお尻だけ

止り木へ

長い時間姿を見せないことが多いお嬢ですが、今日は茂みの中を移動はしてもずっと居場所が判ります。

唇枝へ

 

 

 


珍しく高い枝へ

餌を咥えて唇枝へ

呑み込んだ

止り木へ


唇枝へ

 

 

 


 

 

大あくび?

 


 

またあくび?

 

枯れ枝群へ

枯れ枝群の中で待機していたお嬢が羽を震わせたと思ったら、流れ込み方向から鳴き声がして新君が帰って来て止り木に止まりました。(18:07)
お嬢と新君は何か会話をしているように見えます。(引継ぎ? 交替催促?)

そわそわと

何か感じた

新君が止り木へ

鳴き合い

しばらく鳴き合い、お嬢が鳴きながら(行ってきます!?)流れ込み方向へ高く飛び上がって行きました。
新君は見送ったあと水浴びを済ませました。

お嬢を見送り

水浴び開始

 

 

水浴びを終えると羽繕いをして、南の柳の木へ食餌に出かけました。

 

羽繕い

 

羽繕い


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

かわせみの撒き餌行動

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
7月10日
人前になかなか姿を見せず、気をもませていたお嬢ですが、今日は元気な姿を見せてくれました。ジュニアは珍しくて面白い習性(?)を見せてくれました。

今日の出会いは、茂み定番枝の新君でした。
以前はこの枝で水浴びや休憩をすることが多く、先代の若も利用することが多かったので、その頃から「定番の枝」と呼んでいます。
ジュニアはセンダン下の止り木に居ました。

定番の枝で新君

 

センダン下止り木

ジュニアです

新君は枯れ枝群に居ましたが、二つの枝でできている止り木に移動して枝移り、さらには新君枝へ移動して茂みの上の方を気にしています。
最近茂みの中へカラスがよく入ります。それらを気にしているようです。

枯れ枝群で新君

止り木へ

枝移り

お気に入り枝へ


烏は居ないけど

羽繕い

 

 

声だけだったり、居ても警戒心が強くて直ぐに逃げてしまうお嬢ですが、今日は長い間茂みに居て姿を見ることができました。 お嬢の元気な姿に ホッ!

お嬢です

 

定番枝へ

止り木へ

止り木でのお嬢です。

止り木でお嬢

 

 

 

一旦ボート寄りの作業小屋の屋根に移動しましたが、すぐに止り木へ帰って来ました。

作業小屋屋根で

止り木へ戻る

止り木で

 


お気に入り枝へ

羽繕い

 

 

お嬢が茂みにいる時は、ジュニアは茂みから出て活動していることが多く、今日もセンダン下の止り木で休憩していました。

センダン下

止り木着地

 

歩道から

珍しくお嬢とジュニアが茂みに居る姿を見ることができました。
下の写真1枚目で、右のお気に入りにお嬢、左の枯れ枝群にジュニアが居るのが判ります。

二羽が見える

こちらお嬢

Jrは上の枝へ移動

作業小屋上の枝

午後3時頃の東堀でも、ジュニアが作業小屋上の枝に飛び込むのが見えました。
句碑裏まで向かいましたが、途中で茂みに飛び込むのを確認し茂みの中を探してみました。
ジュニアがよく利用するボート近くにある枝に姿がありました。

ジュニア得意の枝

 

 

向きを変えて

センダン下の石垣に移動して行ったのを確かめて、内側歩道へ向かいます。
センダン下石垣でジュニアが居ましたが、後の地面から木の葉を咥えて来ました。
何をするのかと思って見ていると、お堀に落とし行方を追っています。
今度は木の枝のようなゴミを咥えて来てまた水面に落としました。
一昨年(2011.09.08)の記事に書きましたが、これは「撒き餌」行動だと思います。
カワセミが撒き餌をすることは知られていますが、目の当たりにするのは久し振りです。

センダン下石垣で

枯葉を咥えて

行方を追う

またゴミを咥えて

石垣上のジュニアが茂み方向をじっと見ておりその先にはお嬢が定番の枝に止まっています。
お気に入りの枝に移動して来たお嬢がとった行動は・・・
5月23日に新君の「テニスボール」のような格好を撮りましたが、今日はお嬢が同じような格好をして枝に座り込みました。

ジュニア目線の先

定番枝でお嬢

お気に入り枝へ

お嬢がボール状に

茂みに戻ったジュニアもそれに近い格好をしました。 このポーズの意味は不明です。
止り木に移ったお嬢は水浴びを始めました。

ジュニアも丸く

お嬢が止り木へ

突入嘴だけ

水から脱出


飛び上がり

今度はジュニアが

飛び込み

飛び上がり

午後5時前になりました。
東堀は内土手の松の木などの樹木で日陰になるのが早く、ジュニアをシルエットで撮ってみました。
コーナー石垣からは茂みへ帰って行きます。 急いで茂みへ移動してみました。
今日の終了もジュニアです。
どうやらこのジュニアも新君と同じで、ネグラに収まるのが以外と早いのかもしれません。
茂みのお気に入りの枝でしばらく居ましたが、またまたセンダン下の止り木へ移動して行きました・

コーナーでジュニア

 

 

 


お気に入り枝Jr

今日は終わり?

向きを変えて

センダン下へ


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

雌かわせみ達はいずこへ?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
7月9日
6日と8日のバトルは、追い出しのバトルだったのでしょうか。
今日は、一日中雌の幼鳥(ジュニア2、侵入若鳥)の姿を全く見かけませんでした。
雄の幼鳥(ジュニア1)だけは相変わらず茂みの留守番をして過ごしています。
午前中の出会いは、茂みの新君でした。
ジュニア1はセンダン下の止り木に居ます。

茂みで新君

お気に入り枝へ

センダン下止り木

向きを変えて

センダン下の止り木が見える内側歩道に廻り、背後から様子を伺って見ました。
やがて茂みのお気に入り枝に移動して行きました。
これも、茂みの記者席へ廻り、ジュニアの休憩模様を撮ってみました。

センダン下

ジュニア後姿

茂みへ移動

お気に入り枝で



こちらの様子を

ストレッチ

枝に座り込み

寛いでいます

午後の再訪時にもジュニアは茂みの枝で休憩中でした。
昨日までの余韻なのか、時々は茂みの中を伺っていますが他の幼鳥達の姿はありません。

茂みでジュニア

時々様子を

少し上の枝へ移動

お気に入り枝へ

新しい餌獲り訓練なのでしょうか?
今までは石垣や茂みの水面に近い枝から餌獲りをしていましたが、作業小屋上に張り出した高い枝から餌獲りを2回しました。(いずれも失敗)
お堀は低い位置から比較的簡単に餌獲りできますが、他の場所へ行くと色々な場所からの餌獲りも必要になってきます。もちろん高い場所からの飛び込みも。

作業小屋上の枝

ここから飛び込む

新君が茂みへ帰る

あたりを様子見


水面も見て

茂みの中も

対岸もチェック

定番枝へ

新君が飛び立った後のお気に入り枝の同じ位置にジュニアが止まっています。

Jr1お気に入り枝

 

新君定番枝で

止り木へ移動

ジュニアは茂みの中で枝移りして居場所を変えています。
対岸から見ると見えない場所や、見つけ難い場所が多いように思います。

シュロの葉陰でJr

 

見難い場所です

枯れ枝群の上


誰かが居ますか?

新君再び止り木へ

Jr1お気に入り枝

止り木へ

ジュニアが止り木で水浴びを始めました。

飛び出し

飛び上がり

着枝

濡れました


向きを変えて

羽繕い

羽拡げ羽繕い

ダンゴになって


止り木で休憩

ストレッチ

羽伸ばし

上にカラスが

止り木での休憩が少し長いようなので、茂みの記者席へ廻りました。
茂みに着いてもジュニアは相変わらず止り木に居ました。
しばらくここで様子を見させてもらいました。

止り木で

 

 

長い休憩


落ち着いて

こちらが気になる

でも悠然と

寛いでいます

こうして見ると、ジュニア1はまさしく「新君ジュニア」ですね。新君とそっくりです。

 

こちらが気になる

 

 

警戒心の薄い幼鳥というばかりではなく、こちらの存在に気が付いてもじっと撮らせてくれる人馴れした性格(?)も引き継いでいるようです。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

船上のバトル

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
7月8日

またまた今日もバトルあり。
朝から幼鳥が三羽飛び交ったり、茂みで休んだりで賑やかでした。

今日の出会いは、東歩道下の石垣で餌獲り中の幼鳥です。
新君が昨日プレゼントした止り木にいました。
ボートが係留された近くの茂みでジュニアⅠが座り込むように休憩しています。

東歩道下で餌獲り

茂み止り木で新君

ジュニア1

枝に座り込み


上を見上げて

近付いて

こちらジュニア2

ジュニア1枝移り

この時Tさんがセンダン下の石垣に幼鳥が二羽居ることを確認。
すると今日のお堀には幼鳥が三羽いることになります。
第3の幼鳥は若鳥の雌です。
北のセンダンに居たジュニア1が茂みに戻ると、茂みの中に若鳥が居て、嫌ったジュニアはボートの直ぐ上の小さな木の枝に逃げ込みました。
句碑裏から見た若鳥は、口を開けて暑そうに見えました。

北のセンダンで1

Jr1茂みへ

第3の幼鳥茂みで

ボートの直ぐ上


句碑裏から

センダン下でJr.1

若鳥が止り木に

 

ボートにジュニア達が居るところへ、若鳥が仕掛けてきました。
狙われたのはジュニア2です。
身構えるジュニア2へ若鳥が飛び掛り、ジュニア2はたまらずボートの中へ。
ジュニア1は傍観者に回っています。あっという間の出来事でした。

Jr2が身構えた

羽を拡げて

若鳥が来た

ボートでぶつかり


両者羽拡げて

Jr1傍観

Jr2ボート中へ

残った若鳥

茂みのお気に入り枝では新君とジュニアが睨み合い(?)の様相ですが、これは何かを教えているのかもしれません。

茂みで睨み合い

Jr枝移り

新君の自己主張

Jrおとなしく

ジュニア同士なら何事も無いのですが、やはり若鳥は侵入者です。特にジュニア2とは仲がよくないようです。(雌同士ということもあるかも知れません。)
ジュニア1はよそ事のように離れて行動しています。

若鳥ペリット

Jrセンダン下へ

ジュニア2と若鳥

ジュニア1


Jr1お気に入り枝へ

新君お気に入り枝で

Jr1ボート上茂み

少し前に回る

ジュニア2も東堀での行動範囲が広がっています。

ボートでJr2

東歩道下石垣へ

茂みに戻る

お気に入り枝で

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

七夕プレゼント

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
7月7日

昨日とは打って変わって静かな東堀でした。
かわせみ達への七夕プレゼントがあります。

今日の出会いは、ボートにジュニアが止まっていましたが、茂みの南寄りのシュロの葉陰に入りました。
茂みのお気に入り枝には新君が休憩中でした。

ボートにジュニア

シュロの葉陰に

お気に入り枝新君



新君休憩中?

枝移り羽繕い

ジュニアも移動

新君ゆりかごの上

11:11 北の柳にも幼鳥がいました。ジュニア2のようです。

柳の枯れ枝

枝移りして

ジュニア2です

 

11:26 こちらはお気に入り枝に移動して来たジュニア1です。

ジュニア1

羽繕い

 

さて次ぎは?

お気に入りの枝からボートへ移りました。
幼鳥は好奇心旺盛です。
ボートの中を覗き込んだり、あたりをキョロキョロ見渡したりしています。
ボートは風で左右に動く観覧車です。

ジュニアボートへ

何かある?

ボートが風で動く

今度は枝へ?

ジュニアはよく動きます。
ボートに居たかと思うと茂みの枝に移ったり、南コーナーへ移動して餌獲りをしたり、東堀の環境にも慣れたようです。

ボート上茂みの枝

 

南コーナー付近

餌ゲット

まだ止まり場所は一定ではありませんが、親達がよく利用する「お気に入り枝」はジュニア達もよく利用します。カワセミ達にとって止まりやすい枝で寛げる場所なんでしょうね。

お気に入り枝で

 

 

 


 

ストレッチ羽伸し

背伸び

神社横で

13:32昼食後の茂みのお気に入り枝には新君が居ました。
ジュニア達は相変わらずお出かけで、センダン下の止り木に姿を見つけました。

新君です

センダン下止り木

石垣に移り

小刻みに移動


柳にも居ました

柳の枯れ枝で

茂みで

 

ジュニアが水浴びを始めました。
少し高い枝ですが、角度をつけたり、真下へ飛び込んだりしながら楽しんでいるようです。
(そんな風に見えました)

少々高いけど

思い切って飛込み

真上に上がる

今度は遠くへ


楽に飛び上がり

水面で跳ねて

飛び上がり

勇気を出して下へ


真上に飛び上がり

上手く着地

今度も真下へ

水切り羽繕い

近くのお気に入り枝では新君がジュニアの水浴び状況を眺めています。
もう一羽のジュニアの行方も気になるようです。

羽繕い

新君が見ている

 

もう一羽は?


おや あそこかい

新君ストレッチ

 

 

この枝は七夕プレゼントの止り木です。
早速ジュニアが止まりました。ここなら枝かぶりもありません。

新止り木

飛び込んでみる

餌もいそうです

早速ゲット

茂みのお気に入り枝に夕陽のスポットライトが当たりました。
七夕プレゼントの止り木も見えます。
止り木は、お気に入り枝や定番の枝より少し低めです。
二番子の飛び込み練習にいかがでしょうか?
午後から広がった青空を見ていると、梅雨明け間近の予感があります。

 


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

2013.07.06No.1 ジュニア達

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
7月6日
昨日の幼鳥はジュニアⅡでした。やっぱり帰って来てたんですね。
幼鳥が二羽いるとよくよく見ないと見分けが付きません。
多少の体格の違いや、雄・雌の違いが頼りです。
幼鳥たちの活発な動きをご覧下さい。

茂みの幼鳥

茂み対岸で

移動して行く

止り木で


止り木から

石垣に居ると

見つけ難い

センダン下で


茂みの新君

親はすぐ判る

お気に入り枝で

羽繕い


茂みで餌ゲット

 

センダン下止り木

 


ボートの上の枝

 

北のセンダン下

 


北のセンダンで

幼鳥ツーショット

柳の枝で

南の桜で

センダンに続いて、南の桜で幼鳥のツーショットが見られました。

幼鳥ツーショット

下ジュニアⅠ

上ジュニアⅡ

ジュニアⅠ

ジュニアⅡは飛び去りましたが、ジュニアⅠが残ってモデルを務めてくれました。

左ジュニアⅡ

ジュニアⅠ

 

 


 

 

 

 

ジュニアⅠはセンダン下の止り木でも人馴れしたモデル振りを見せてくれました。

センダン下止り木

 

 

向きを変えて背中


 

 

近くの石垣へ

 


石垣で

 

飛び込み姿勢

飛び込まず

10分ほどセンダン下の止り木、石垣で休憩後東の歩道下石垣へ移動して行きました。
石垣を移動して飛び込みも見せましたが、餌を獲ったかどうかの確認は、距離があるためできません。
ジュニアⅠは茂みに帰ってお気に入り枝に止まりましたが、そこには先にジュニアⅡが止まっていました。
またジュニア達のツーショットです。

東歩道下石垣

場所移動

ツーショット

ジュニアⅠ


ジュニア達

ジュニアⅡ

ジュニアⅠ

ツーショット


ジュニアⅠ移動

ジュニアⅡ

にわかに暗くなってきました。(14:53)
にわか雨確実の予感があり、撤収して公園内の東屋に退避しました。
10分ほどして南西方向から真っ黒な雲が空を覆ってきて、やがて土砂降りの雨となりました。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

雨宿り後に

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
7月6日No.2
約1時間の雨宿りの後、東堀に戻りました。
茂み対岸にジュニアⅡらしき姿がありましたが、茂みに向かって飛び出し、しばらくして止り木に飛んでくる姿があります。
止り木上の歩道から見るとジュニアⅡです。

茂み対岸で

ジュニアⅠ?

止り木へ幼鳥が

先程よりスリム


 

 

ジュニアⅡです

歩道から

止り木からまた茂みに帰って行きます。
ジュニアⅡは茂みの南寄りのシュロから飛び込み餌をゲットしてお気に入りの枝に帰りました。

ジュニアⅡ

ジュニアⅠ

餌ゲット

ジュニアⅡ

ジュニアⅡが餌を咥えているところへ新君がやって来ました。
ここだけ見ると、給餌風景のように見えますがジュニアが自分で獲った餌です。

 

 

 

 

ジュニアⅡが餌を咥えているところに別の幼鳥がやって来たためにジュニアⅡはボートへ移動して行きます。
茂みが賑やかになりました。幼鳥が三羽居て、新君が加わり4羽の姿があります。

誰かが来た

雌の幼鳥です

新君を見ている

新君は別の枝


新君と侵入者?

お互いけん制

 

お互い様子伺い


両者が羽拡げて

威嚇鳴き合い

両者背伸び

今にも飛びかかり


新たに誰かが

ジュニアが加勢

侵入者に向かう

侵入者タジタジ


ボートから傍観

場所を変えて

 

追っ払った

ジュニアⅠは落ち着いてボートで水浴びを始めました。

 

 

 

 

新君も寛いでいましたが、また侵入者が寄って来た。
これも新君が追い払い。

新君一休み

羽繕いして

また侵入者

ジュニアが追払い


もう来ない?

もう来ない?

お前は強い

 

ジュニアⅠは対岸へ移動し夕食狙いです。

 

 

 

 

侵入者は完全に居なくなった訳ではありません。
帰宅時にも茂みを出入りする姿は4羽のようでした。
未分類 | コメント:0 |

スリムな幼鳥は誰?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
7月5日
午前11時から午後2時までの間に奥道後で行われた、JA関係のある会の総会に出席していたためお堀訪問は午後4時前となりました。
東の茂みからウォッチング開始でした。
お気に入りの枝に幼鳥が居たのですが、こちらの姿に感づいた途端にボートへ移動しました。

ボートから姿が見えなくなったので探していると、センダン下の止り木に姿がありましたが、これは成鳥で新君でした。 ちょうどNさんが歩道のベンチに居たので、合図を送り撮影しようとすると、茂みに向かって飛び、すぐにセンダン付近から内土手に飛び上がって行きました。(ちょうど交替時間だった?)

センダン下内歩道に付くと、足元の石垣にいたであろうと思われる一羽が茂みの中へ飛び込んで行きました。
茂みの対岸へ回ると、定番枝の上の葉陰から定番枝に幼鳥が下りて来ました。ジュニア?
でも、ボートの時といいなんだかスリムに見えます。


ボートで幼鳥

センダン下で新君

定番枝で幼鳥

スリムですね

お気に入り枝の近くの枝に移動しました。
さらにボートに移った姿を見ても、やはりジュニアではないように思えます。
お気に入りの枝に移動し振り返った嘴を見ると、どうやら雌のようです。

お気に入り枝近く

ボートへ

お気に入り枝へ

シュロの葉陰で

センダン下の止り木に移動して行きました。
歩道から見る幼鳥は、顔やスリムな体格、警戒心の強さからみるとジュニアではありませんね。
ではでは何処の子なんでしょう。 雌だと北の幼鳥ですが、それだけでは決められないし・・・
嵐に見舞われて、ジュニア2が戻って来た?(成長度合いは合いますね。茂みでの止まり場所も)
昨日からこの子だったとしたらジュニアはどこにいるんでしょう?

センダン下止り木

少しアップ

歩道から後姿

やはりスリム


向きを変えた

 

 

 

 今日、昨日共に観察時間が短いので何とも結論付けはできません。
本当に今期は頭を悩まさせてくれますね。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

嵐を乗り越えて

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
7月4日
ここ数日、北の幼鳥が独り立ちして行ってから「かわせみを見かけません」という声をよく聞くようになりました。
東も北も現在抱卵中ですから、ペアが見られるのは1/2になっていますし、元々警戒心が強くて人前に姿を現さない北の雄君、東のお嬢を考えると確率はもっと下がります。
その他には北の出戻り幼鳥は、食餌時間帯以外はほとんど姿を見せない状況です。
東のジュニアは一番出会いやすい存在で、ここ最近の行動範囲は東堀に限定されています。
茂みにいることが多く、食餌は対岸やセンダン下の石垣で済ませています。

巣立ちしてから約1ヶ月経ちましたから、野生の習性が身に付き警戒心も出てきました。
茂みでもふだんはこの程度が精一杯の距離です。
茂みで今年も「オオホシオナガバチ」に出会いました。
産卵管が非常に長い珍しい蜂です。

内歩道から

茂み側から

お気に入り枝

オオホシオナガバチ

食餌タイム等で石垣に出ている場合も、対岸の止り木を避けています。
ここ2~3日居る場所は対岸北隅やセンダン下の石垣が多いようです。
しかし、幼鳥のために色が黒いので余程注意して見ないと見落としてしまいます。
下の4枚は、大きなセンダン下の石垣に居ますが、実際このとき歩道のベンチにNさんの姿を見かけましたが気付いておられないようでした。

 

 

 

 

茂みの対岸も、北寄りにいると、ツツジの植え込みに隠れ内歩道からは見づらく、東歩道からだとなおさらです。ちょっとした動きがあればやっと判るくらいです。
対岸の止り木も最近は避けており、餌獲り、水浴びも石垣から行っていることが多いです。

茂み対岸北寄り

移動羽ばたき

やっと見えた

止り木避けて


餌獲り

水浴び

飛び上がりも

石垣へ

茂みにいる時は対岸の歩道から見れば動きがよく判ります。
ただし距離があり、アップの写真は望めません。

茂みで新君

お気に入り枝

ストレッチ

ストレッチ背伸び

お気に入り枝や定番の枝はよく判りますが、その他の場所もよく利用する場所を覚えると比較的見つけやすいです。

お気に入り枝で

また羽伸ばし

 

ジュニアです

東堀で最近よく見かける代表的な場所です。

お気に入り枝

センダン下石垣

定番枝

シュロの葉陰で

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

台風並み風雨に雷大荒れの天気

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
7月3日
午後は台風並みの雨と風に雷も加わった最悪の天候でした。
一時は止みましたが、突然土砂降りの雨が降り、異常とも思える天候でした。
しかし予報ではまだまだ明日にかけてかなりの雨が降りそうです。

午前中は蒸し暑く、晴れ間があり2時間弱の間にお堀へ出動しました。
今日も東堀のジュニア中心の動きです。
到着した内歩道から見ていると、茂みの中を移動して葉陰から北方向へ飛び出す姿がありました。
センダン付近を探しましたが見当らず、茂みの中で約1時間ほど待ちましたが帰って来ません。対岸で動きがあったように思い見てみますが肉眼では無理なようです。
ズームいっぱいに丹念に探してみると、やっと石垣上に姿を見つけました。

茂み対岸石垣で

小移動

北隅方向へ

また移動

じっと目を凝らして見ていると、小さな移動で羽ばたきをすると存在が判ります。

また移動

ゲット

背景に融けて

見落としそう


お気に入り枝

内側から

止り木に新君

茂みへ

雲行きが怪しいので、とりあえず早めの昼食帰宅をすることにし、午後は様子を見て判断することにしました。
結果は、記事最初のような状況で、とてもじゃないが・・・でいた。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

茂みの留守番

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
7月2日
北堀、西堀、南堀と姿を見ないまま東堀に到着しました。
そして、結果的にそうなったのですが、ほぼ1日東堀に張り付いていました。
12:04 東堀の茂み前を通過して行った姿があり、神社下から南堀止り木に止まっているところを確認すると新君でした。 
その後南岸の石垣を餌獲りしながら西の方へ移動して行きました。(帰って来ず抱卵交替?)
対岸へ廻ると茂みの定番枝にジュニアが居ました。
茂みの中で移動をして、お気に入りの枝や近くの枝へ止まり飛び出して行きました。

南堀北岸新君

定番枝ジュニア

お気に入り枝へ

お気に入り枝で


 

 

ボート上の枝

飛び出し

飛び出した先は東のコーナーでした。
コーナーでは飛び込みもせず、茂みの対岸石垣へ移動します。

東コーナーで

物色中

 

飛び出し

止り木までは来ないので、そっと石垣を覗いてみました。
石垣でもしきりに水面を覗き込んでいましたが、茂みへ帰って行きお気に入り枝へ止まります。
餌獲りの時間帯に入っているので茂みの中でもじっとしていません。
お気に入り枝、水辺のシュロの葉陰、茂み南端の枝へ移動し、またお気に入りの枝へ帰ります。

茂み対岸石垣

ちょいと羽繕い

狙ってはみるが

茂みへ戻る


お気に入り枝

シュロの葉陰

茂み南端

 

お気に入りの枝では一休みしているようなので、茂みへ向かってみました。
到着時はまだお気に入りの枝に止まっていましたが、雨がポツリポツリと降り出しました。

お気に入り枝

ちょっと休憩

内側から

雨が降り出した

約1時間神社で雨宿り休憩をしながら、窓からお堀の動きを眺めていました。
雨で中断後、流れ込みから見ると北のセンダン下の石垣にジュニアが居ました。
東のコーナーを回ったようなのでセンダン下まで行きましたが居ません。
南堀まで行き北岸を見ると、大島桜の下辺りに居ましたが成鳥のようです。
そこを飛び立ちこちらに向かって来ましたが、途中で内土手に飛び込みました。
センダン下まで戻ると、東コーナーに成鳥の雄がいます。
新君や雄君ではなくもっと若そうです。
茂みに飛び込み、お気に入り枝から上の枝の葉陰に入りました。

センダン下石垣

東コーナー若鳥

茂みへ

さらに葉陰に

お気に入り枝で盛んに上を見上げて、さらに上の葉陰に飛び上がりましたが、「チチチチッ!」という鳴き声と共に飛び出し東のコーナーへ戻りました。
東のコーナーから南堀方向へ飛び出したとき、茂みの中からそれに向かうように飛び出して来て、桜の枝に止まる一羽の姿があります。ジュニアでした。
先ほど鳴き声をあげながら飛び出したのは、茂みに既にいたジュニアの追い出しに遭ったようです。
茂みの前を通過するのを見てジュニアがさらに追撃したような状況でした。

東コーナー若鳥

白鳥が行く

魚が無数に跳ねる

追撃ジュニア桜で

桜から茂みに戻ったジュニアは、水辺に垂れ下がったシュロの枝で餌獲りをして休憩していましたが、さらに奥へ入り姿が見えなくなりました。(18:09)

シュロで見張り?

石垣際を狙って

 

この後ゲット

ジュニアはほとんどの時間茂みにいて、まるで留守番をしているようでした。
巣立ち間もない頃に北堀に居た年上の幼鳥に突っかかっていったことを思い出し、縄張り意識の強さを感じました。 新君の跡継ぎ第一人者かもしれませんね。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

だんだん静かに

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
7月1日
東堀茂みの対岸に着いてみると、茂みのお気に入り枝に二羽の姿が見えます。
一羽は新君、そしてもう一羽はジュニアです。

お気に入り枝新君

新君

こちらはジュニア

一段上に上がった

新君、ジュニアのコンビなので茂みまで近付くことにしましたが、既に交替時間が近付いているのか、新君はセンダン下の止り木に移動して、茂みにはジュニアだけが残っていました。

センダン下止り木

新君

この後交替へ

茂みでジュニア

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
午後の部
新聞に載ったKさんの写真を見て来られた方が、北堀で昼前から2時間以上待っているが居ないとのお話です。
巣立ちしてきた雛は、1週間程度は石垣など目に見える場所で親からの給餌を待ったり、餌獲りの練習などをしているので直ぐに見つけることができます。
その雛たちも既にお堀を離れて新天地を求めて出て行った後は、親達が抱卵中でもあり出会える確率が減り、見つけることが難しい時期に入ります。
そんな話をしていると、南岸の中央止り木に姿を現しました。 幼鳥です。
止り木から飛び立ち、トイレ横のグミの木へ移動して行きました。
行ってみると、どうも例の出戻り幼鳥のようです。

南岸中央止り木

グミの中で

出戻り幼鳥

 


洗面所窓から

 

 

西堀新止り木へ


新止り木で

歩道から

 

 

止り木から内土手に飛び上がり姿を消しました。
西のコーナーへ戻り北堀を見て、北の網を見ると姿があります。
近付いてみると、先ほどの出戻り幼鳥ではありません。東のジュニアのようです。

北の網で

ジュニアです

 

 


 

 

 

 

北の網に居たジュニアは真っ直ぐ南の方へ飛び去って行きました。
飛び去った方向へ向かい西堀のデート桜に居るのを見つけましたが、南のコーナーをショートカットして飛び去りました。
東堀まで行きましたが、戻っていません。
約一時間後、uさんが南堀北岸にいるジュニアを発見したとの連絡で向かいます。

北の網ジュニア

 

西堀デート桜

南堀北岸ジュニア


餌獲りモード

格好は一人前

睨んでは

場所移動


フェイント

なかなか

飛び込まない

西の網で

ジュニアは北岸で餌獲り中でしたが、カメラ設定確認中の目を離した隙に姿を見失いました。
帰りがけの西の網へ一羽飛んで来ました。幼鳥でしたが確認する前にすぐ東へ飛び去りました。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

雨の日は出会いがなくて

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
6月30日
溜まり込んだ写真やブログの整理をしているうちに雨が降り出しました。
行こうかやめようかと悩んだ挙句、午後4時過ぎに出かけました。
ほとんど立ち止まることなく北堀を見て、東堀へ向かいました。
内歩道から対岸の茂みを見ると、枯葉の間に何か動いたようでファインダーを覗くと・・・

新君です

おやっ嘴に泥が

よく見せてよ

向こうを向いた


羽繕いすると

落ちたかな?

また向こう向き

東歩道下石垣へ

東の石垣に移動しました。 
茂みの対岸からの撮影ですから遠くて小さいですが、画面の中央付近に居ます。
この後ちょっとした隙に姿を見失ってしまいました。

前回抱卵中のお嬢、昨日の雄君、そして今日の新君と嘴に土を付けているのを見かけましたが,新しい巣穴堀とは思えず、使用中巣穴の補修や拡張をしているものと思われます。

ジュニアは県警前の北岸に姿を見つけましたが、止まり場所を探してフラフラと、途中の大島桜を経由して、南角の柳の中段へ飛び込み姿が見えなくなってしまいました。(画像なし)
  翡翠ヲ隠ス柳ノ茂リカナ・・・ 正岡子規
北のペア、幼鳥も雨宿り中なのか姿を見かけませんでした。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。