気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ジュニアが西の網周辺にいる時は?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
6月25日
午前11時前までの用があり出遅れ感の北堀で。顔見知りの散歩の方との会話。
「居ますか?」「いや今は姿がありませんね」「今朝9時前には、南の角の網で何回も飛び込んで魚も獲っていましたよ」「そうですかきっと幼鳥でしょうね」「そうですね。教えていただいたように黒かったです。」

最近のウォッチングコース(北堀→内歩道を南堀→南入口→外回りで東堀→句碑裏→東入口→内歩道でセンダン)を見て回ります。
東入口の流れ込みから見て、やっと石垣に姿を見つけました。(11:49)
北の柳に飛び上がって来たのを見るとジュニアでした。

北センダン下石垣

柳へ上がり

枝移り

さらに枝移り

柳から飛び出して茂みに飛んで行きます。
句碑裏から覗いて姿が見えないので、神社下まで下りました。
茂みの南端の枝にジュニアが居ましたが、奥の方から鳴き声がして飛び出しました。
止り木方向へ向かうジュニアを追いかけて、「チチチチッ!」というような鳴き声で一羽が飛び出し、二羽がお堀を旋回して、ジュニアはセンダン下の止り木へ、追いかけた一羽は南コーナーへ止まりました。
南コーナーへ止まったのはお嬢でした。

神社横ジュニア

南コーナーお嬢

お嬢

センダン下Jr.

南角に居たお嬢は、北岸の止り木に移動して飛び込みを始めました。
確認すると餌を咥えています。
続けて飛び込み、これも餌を咥えていました。

南角でお嬢

南止り木から

止り木へ

餌を咥えて


また飛び込み

弾丸スタイル

またゲット

飛び上がり

ジュニアはというと、止り木から姿を消しています。
お嬢に視線を戻すとお嬢の姿もありません。
句碑裏から茂みをチェックして二羽共に見つけられません。
12時半を過ぎたので一旦昼食に帰ることにし、外回りで西の網まで来るとジュニアが居ます。
当然ながら急いで内側に回ります。
しばらくは網で休憩状態で居ましたが、西堀を北へ向かって移動を始め、西入口の桜まで行くと、今度は南へ引き返し、網まで帰ると今度は思いっきり北へ向かって飛び去って行きました。

西網でジュニア

休憩モード

 

 


 

 

西入口桜

西入口桜


西堀の石垣で

 

 

網から飛び出し

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
午後の部
ウォッチングコースを辿って東堀に着きました。
大きなセンダン付近の内土手に剪定作業が入っています。
これはダメかもと思いつつセンダン下を見ると、大きなエンジン音の騒音の中で止り木にジュニアが居ました。

センダン下止り木

ジュニアです

休憩モードで

 

急に思い立ったように飛び出し、勢いよく東コーナーを曲がって飛んで行きました。
念のため石垣を見てみると、流れ込み方向の大きな榎の下あたりの石垣に居ます。
しばらくすると、内土手めがけて飛び上がり姿を消しました。(15:43)
南堀北岸か、西堀へ移動したと思われます。
帰って来る可能性もあるので、センダン付近で待機していると、東堀に現れたのはお嬢で、一旦ボートに止まりましたが直ぐに茂みに飛び込みました。
雨もパラツキ始めたので、西堀・北堀へ向かうため内歩道を歩きます。
西網周辺にも姿を見つけられず、西入口北の網までくると一羽。
これは雄君で、直ぐに内土手へ飛び込みました。
北堀も静かです。
もう一度西堀を外側から見てみようと北の角まで来ると、歩道の直ぐ下に幼鳥が居ます。
自転車に跨ったまままず一枚撮り、自転車を置きに戻ります。

東堀石垣で

大きな榎下です

西中央網で雄君

北堀隅歩道下幼鳥

北の幼鳥です。この子ははっきりと雌だと判る下嘴をしています。

北隅歩道下で

 

 

下嘴が赤い

撮影中にNさんも来られました。
しばらくは休憩していましたが、ここからは新止り木や南岸の止り木、榎、トウネズミモチの枝などを点々とよく動きます。

歩道下石垣

歩道下石垣

新止り木南

新止り木南


歩道下石垣

榎の枝

東端止り木

新止り木北


新止り木北

東端止り木

トウネズミモチ

トウネズミモチ


トウネズミモチ

トウネズミモチ

新止り木南

東端止り木

最後は中央の止り木から内側トイレ裏にある大きな樫の木の中に飛び込んで見えなくなりました。(17:50)
午後6時前には親の見回り飛来がありましたが、反応がありませんでした。
北堀で幼鳥を発見した午後4時半頃から、北の幼鳥の餌獲りシーンは一度もありませんでした。
自分で餌を獲れるのか、獲れるとしたら何処で何時頃獲っているのか今だ謎です。

今日一日の状況だけではまだ判断できませんが、
東のジュニアは居座りを決め込んでいるようです。
また、抱卵交替でお嬢が東堀に出てくる時間帯は、東堀を空けて西の網周辺で活動しているようです。
お嬢がお堀に居る時間帯(あくまで推測)
①午前9時前後まで ②昼前から午後2時前後 ③午後4時前後から午後6時前後
スポンサーサイト

未分類 | コメント:1 |
<<20130626雨後 | HOME | 北のジュニアが居なければ>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-06-27 Thu 19:20 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。