気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

行動範囲が広いとついつい

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
6月27日後半
昼食休憩のため帰宅途中の北堀で、北の幼鳥に引き止められました。
ちょうど餌獲りを始めたところでした。

センダンの枝で

新止り木北

新止り木南

南の榎で


南岸東端止り木

背後から

東端壁の枝

新止り木北

新しい北の止り木から大きな榎の枝に移り、南の内土手へ飛び去りました。(14:02)
遅い昼食になってしまいました。

午後は4時を過ぎての再開です。
北堀に姿が無いことから、内歩道を通り西堀へ向かいます。
西入口近くで、国道側歩道を北に向かう久し振りのUさんと出会います。
北・西・南・東をぐるりと回り、姿が無いことから北堀をもう1度見て帰ろうとしていたところでした。
北堀には姿が無かったことを告げて、再度東へ向かうことにしました。
内歩道を通り東堀に着くと、定番枝に姿があります。お嬢のようです。

定番枝で

羽繕いお嬢です

 

 

定番枝からこちらの頭上を越えて内土手に飛び込んで行きました。
しばらく待っても戻って来ず、ジュニアの姿も無いことから、西の網まで引き返しました。
網際から北岸を見ているとこちらに向かって飛んでくる姿があり、コーナーを曲がり北へ向かいました。
西堀の石垣を見ると遠くに姿があります。少し近寄って確認すると北の媛のようです。
これも、北へ飛び去りました。

西堀石垣

雌です

北の媛?

北へ飛び去り

西の網まで引き返すときに、かすかに鳴き声が聞こえた気がしてそっと網を覗くと成鳥が居ました。羽繕いをしています。画像で確認すると新君でした。
久し振りの近場での新君にUさんも感激です。

羽繕い成鳥

こちら見ている

新君です

 


 

 

 

 

新君が東へ飛び去ったので、帰宅も兼ねて内歩道を通り北堀へ向かいます。
北堀西角へ来ると鳴き声がして、それに応える鳴き声もありますが、三羽は居そうな声です。
しかも内土手の木立の中やお堀上空を飛び交う声や姿があります。
やっと一羽が国道側の石垣に止まりました。確認すると雄君のようです。
北の網にも姿があり、近付くと幼鳥でした。
これも後から画像での確認や姿から判断すると東のジュニアのようでした。

国道側石垣成鳥

雄君のようです

飛び出し

網に幼鳥

幼鳥が飛び去った後、成長が飛んできました。
当初は雄君かと思っていたのですが、これも帰宅して確認した画像から新君だと判りました。

網に成鳥が

雄君?

新君?

新君でした

一連の出来事をあくまでも想像ですが整理すると、
・西の網でいた新君が東へ帰るとジュニアが居ないので、北堀まで探しに出かけた。
・探している鳴き声や、応える鳴き声を抱卵交替で北堀に出てきていた雄君が聞きつけバトルになった。 というところでしょうか。
雄君の鳴き声に、北の幼鳥も反応して4羽で追いかけ合いをしていた可能性もあります。

スポンサーサイト

未分類 | コメント:2 |
<<そこにかわせみが居るから | HOME | 東のファミリー>>

この記事のコメント

4羽のカワセミが飛び交う姿見てみたかったですねーー
東の親子と北の親子の顔見せ(お見合い)のような
気もしなくはないのですが(笑)
2013-06-30 Sun 06:38 | URL | naka223 #SHLDkvn6[ 編集]
masaさんへ
お見合い?カワセミの世界では本人同士、それも圧倒的に多いのは雌の押しかけで、早くても秋以降です。
野生の世界では、人間ロマンとは違った厳しい現実がありますね。
今回の場合は、新君親子が北への侵入者で雄君親子の追い出しに遭ったが正解でしょうね。
新君側にすれば北は我がテリトリーで、雄君親子が侵入者でしょう。
2013-06-30 Sun 11:00 | URL | おやっさん #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。