気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

気にはなるけれど

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
8月8日
今年も今朝孫ゼミが松本から飛んで来ました。一度に賑やかになった我が家です。
今年は巣立ち時期と重なって、そちらの方も気になります。
午前中に、孫たちが近くのショッピングセンターに出かけた間に、フィールド一回りをと出かけました。
東堀では北から南へ通過し、南堀へ飛び去る姿(お嬢?)を1度だけ見かけましたが後は静かです。
20分ほど待機後、帰宅のために北堀に立寄ります。
トウネズミモチのいつもの枝に「媛」が居ました。すぐに南岸へ移動です。
(Tさん、久し振りTakさんが来られていて一緒に)
石垣から餌をゲットし、運ぶかと思いましたが自分用ででした。
トウネズミモチへ戻ります。

北堀南岸で媛

ゲットした

餌を咥えて

自分で食べた


トウネズミモチで

南岸へ移動

また次を

小移動


南岸止り木

北の止り木

 

羽繕い

午後はサッカー遊びをせがまれましたが暑いので、午後5時からの約束で駆け足ウォッチングに出かけました。
東堀の茂み定番の枝に新君が帰ってきました。
軽い水浴び後、羽繕いをしています。 お気に入りの枝に替わって最近はこの枝で休憩することが多くなりました。

定番枝で

軽く水浴び

飛び上がって

羽繕い

水浴びよりも羽繕いを入念に行っています。

羽繕い

 

頭は足を使って

 

時おり下の水面を睨みながら、餌探しもぬかりはありませんが、向こう向きから上に飛び上がり、見えなくなりました。
次に現われたのは、センダン下の止り木でした。
茂みの中へ飛び込んでからのコースはいまだによく判らないところです。

水面睨み

向きを変えて

上を覗って

センダン下止り木

【お堀の珍事】
珍しいトンボに続いて今日は珍鳥です。
鳥自体は珍しくありませんが、居場所と時期から珍しい鳥です。
午前の東堀で、マガモの雄の近くで泳いでいました。
マガモの雄くんにお相手ができたのかと思い、証拠のペア写真を撮ろうと思いましたが、マガモの方が避けています。
茂みの間から見えた姿を撮って確認すると、マガモではありません。
目の大きさと眼の周囲から後頭にかけて白い筋模様があり「オシドリ」の雌です。
これは!と撮ろうと構えた時に大きく羽ばたき、大きなセンダンの高い枝へ飛び上がりました。
さらにそのままの高さで南方向へ飛び去りました。

オシドリ♀

 

愛媛県でもIダム、Kダム等で越冬時には群れを見ることができますが、真夏の街中のお堀ではまず見られない鳥です。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ビデオクラブ研修 | HOME | 元気な姿にホッ!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。