気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

サービス満点No.2
















【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
8月26日 No2
茂みに戻った幼鳥を対岸から観察していると、こちらへ向かって飛んで来て近くの止り木に止まりました。

茂みの幼鳥

止り木へ来た!

止り木で

背中も見せて

近くで顔見世すると、ボートへ戻って行きました。
ボートから白鳥小屋の屋根、さらには東コーナーと移動しまた茂みへ帰って行きました。

ボートへ

ボートが動く

白鳥小屋から

東コーナーへ

茂みに戻った幼鳥が枯れ枝群に止まっていると、少し高い枝に新君が獲物咥えてやって来ました。
そのまま定番枝の上の葉陰に飛び込みました。
幼鳥も追いかけていったのですが、新君が現れたときに餌は咥えていません。
幼鳥に給餌したのか、自分で食餌したのかは不明です。

枯れ枝群で幼鳥

新君餌を咥えて

ビッグサイズです

どちらが食べた?

幼鳥は出てきませんが「新君」は遠出はせず、新止り木→止り木→枯れ枝群→お気に入り枝→枯れ枝群→お気に入り枝→北の柳→新止り木と移動をして過ごしています。

新止り木

止り木

枯れ枝群

唇枝


枯れ枝群

唇枝

北の柳

新止り木

新止り木から南堀方向へ飛び出したので、外回りで南堀へ回ってみました。
南岸の石垣に居た「新君」は茂みへ戻りました。
神社下まで下りてみると、茂みの中に幼鳥が見えます。
こちら側のよく見える枝へ出てきましたが、定番枝あたりへ移動して行きました。

南岸石垣で新君

止り木へ戻る

神社横幼鳥

目の前へ来た

茂みを覗いてみると、定番枝に幼鳥がいます。落ち着いて寛いでいるようでじっくりと観させてもらいました。その時の様子をたっぷりと。

定番枝で幼鳥

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

1度新君がやってきたようで反応があり、茂みの南端方向へ移動して行きました。
茂みの入口付近から木の間のわずかな空間から見える場所に止まっていました。

 

 

 

 


 

 

 

 

おなかが満たされているのかマッタリと休憩していましたが、止り木へ移動しました。
キョロキョロとし始め、何かを見たのか対岸の止り木へ向かって飛んで行きます。

止り木で

 

 

何かが見えた?

対岸の桜あたりに新君が来たのかもしれません。

【No.3へ】←クリック             【No.1へ戻る】←クリック
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<サービス満点No.1 | HOME | サービス満点No.3>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。