気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

待ち遠しくて

ここにきて、ぐっと春らしい陽気になりました。
平和通 紅白の梅も満開を迎えています。
DSC07856.jpg DSC07859.jpg
 動画あります。
  Youtubeへ


そうなると、待ち遠しいのはサクラの便りです。
サクラほど日本人の心を捉え、愛着心を持たせる花はないと思います。
日本には、10種類のサクラがが自生しているとされており、これらが自然交配したり、
サクラに魅せられた先人が育成したりして、現在では600種以上もの品種が確認され
ています。
愛媛ゆかりや、発祥としては原木のある「椿寒桜」、「陽光」、「薄墨桜」(イヨウスズミ)
があります。
サクラ前線の基準になっているのは、「染井吉野(そめいよしの)」ですが、
新品種として登場したのは明治維新前後と比較的歴史の浅い品種です。
(沖縄ではカンヒザクラ、北海道ではチシマザクラ、北海道東部ではチシマザクラの開花が
基準となっています。)

さて、今日は東雲神社参道脇にある「寒緋桜」が開花しているのが確認できました。
DSC07869.jpg DSC07868.jpg DSC07865.jpg
遠目に見て、木全体に花の色が確認できますから、この陽気だと2~3日もすればかなりな
花が開きそうです。
もう一つの桜「椿寒桜」もつぼみは大きく膨らんでおり、これも2~3日で開花がみられそう
です。参道入り口に1本と、少し上がった駐車場に2本あります。
DSC07861.jpg DSC07862.jpg DSC07876.jpg
同じ種類の木でもこんなに大違い!
DSC07883.jpg DSC07884.jpg DSC07885.jpg
DSC07881.jpg DSC07878.jpg DSC07879.jpg
この桜は「十六日桜」といい、旧正月の16日頃に咲くといわれる桜です。
真冬に病父に「桜が見たい」と言われた孝行息子が桜に祈ったら咲いた。
という故事にちなんで名づけられた桜で小泉八雲が紹介し全国的に有名になった桜です。
上3枚は「龍穏寺」の境内で、花は一輪・二輪と残っていますが、散ってしまっています。
事務所のある石材会社の事務員さんは「年末から正月がきれいだった。」とのこと。
下は、孝行息子の「吉平屋敷跡」の十六日桜です。
戦災で枯死し、天徳寺から株分けした古木も枯れたので、実生を育てたものですが、
本来の早咲き特性を失ってきているそうで、まだ、つぼみ硬しです。
水仙が下から「早くお咲き!」と呼びかけているようです。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<チョッと寄り道 | HOME | 夕日も朝日も「雲隠れ」がお上手!>>

この記事のコメント

v-252
うれしい季節の花便りありがとうございます。
中々、行こうと思っても足が向きません。
ここで拝見させていただき春を感じています。
2011-02-23 Wed 07:31 | URL | 蛍 #-[ 編集]
椿寒桜はまだ見たことがありません。
2、3日後に行ってみようかな!
2011-02-23 Wed 20:12 | URL | きんじろう #Jm5lOkGU[ 編集]
> v-252
> うれしい季節の花便りありがとうございます。
> 中々、行こうと思っても足が向きません。
> ここで拝見させていただき春を感じています。
コメントありがとうございます。
本当に花の季節はすぐそこです。
花が咲けば、自然と心も弾む、足も動く!
春はそんな癒しの季節です。
2011-02-23 Wed 21:28 | URL | おやっさん #-[ 編集]
> 椿寒桜はまだ見たことがありません。
> 2、3日後に行ってみようかな!
コメントありがとうございます。
「椿寒桜」は椿神社に原木がある愛媛の桜です。
市内あちこちの、神社やお寺にたくさんあります。
ブログ等で開花情報等お知らせしますので、是非シャッター押しにお出かけください。
2011-02-23 Wed 21:33 | URL | おやっさん #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。