気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

共感疲労?

今朝の新聞で「共感疲労」という言葉がありました。
今回の災害で、大勢の人がテレビに釘付けになっています。
その結果、中には、そうした報道をみるだけで、食事ものどが通らなくなる人もいます。
それが過ぎると、本人も病気になったりします。
これを、共感疲労と言うそうです。
DSC08210-1.jpg そんな中でも、被災地の子供たちの笑顔に逆に癒される
 こともあります。
 被災地の子供たちに送りたいようなブロンズ像を
 街中で見つけました。
共感疲労とまでははならないまでも、それに近い状態の人も多いと思います。
少しの癒しになればと、桜の情報を送ります。
【紅枝垂桜】 3月21日
DSC08212.jpg DSC08213.jpg DSC08216.jpg DSC08222.jpg
松山市本町5丁目の「大法寺」の境内に紅枝垂桜が咲きました。
エドヒガンの枝垂れ型の、花の色が濃いタイプです。
現在三分咲き程度です。
【染井吉野】 
近所にある気の早い染井吉野です。
DSC08229 (1) DSC08234.jpg 左・・・3月21日
 右・・・3月22日
 一日でこれくらいの違いがあります。
宇和島市では、3月20日に開花宣言がありましたが、松山気象台の標準木はまだ「蕾膨らむ」
状態で、花の色は見えますが開花宣言は予想の26日を越えるかも知れません。
ところが、松山城山公園に新しくできた「桜広場」に植えられた約50本の染井吉野の若木は
相当花が開いた木が10数本はあります。
DSC08238 (1)
DSC08248.jpg DSC08259.jpg DSC08265.jpg
【乳母桜(エドヒガン)】3月22日
DSC08287 (1)
松山市南江戸町5丁目の「大宝寺」にある松山市指定天然記念物です。
大宝寺本堂は国宝となっています。
小泉八雲がアメリカ・イギリスで出版された「怪談」に、この花にまつわる松山昔話を
紹介しています。
花は「エドヒガン」の枝垂れ型の、花の色が白い桜です。
例年なら満開時期を迎えていますが、二分~三分咲きというところでしょうか。
2日~3日後には見頃を迎えそうです。
DSC08274.jpg DSC08275.jpg DSC08277.jpg DSC08285 (2)
【小彼岸桜】乳母桜のある大宝寺の駐車場にある小彼岸桜が見頃となっています。
エドヒガンザクラとマメザクラの種間雑種と推定されています。
DSC08289.jpg DSC08292.jpg DSC08293.jpg DSC08295.jpg
スポンサーサイト

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<ソメイヨシノ開花宣言! | HOME | 知恵出し合えば>>

この記事のコメント

v-252
大宝寺の桜、白くてきれいですね。
でも、どこか寂しげです。
一度、見てみたいなぁ~
2011-03-23 Wed 21:26 | URL | 蛍 #-[ 編集]
> v-252
> 大宝寺の桜、白くてきれいですね。
> でも、どこか寂しげです。
> 一度、見てみたいなぁ~
コメントありがとうございます。
母乳のような白い花、花の形は乳房のよう
そんなところから「乳母桜」と呼ばれ、この桜には乳母と娘の物語が残っています。
どこか寂しさが漂ってくるのは、お訪ねいただければ謎解きができます。
2011-03-23 Wed 23:12 | URL | おやっさん #-[ 編集]
共感疲労!ですか!
私もその域に入っています。テレビ見たくない病・だけど見ないといけない病、震災関係・原発の泥沼化にはなぜか気分が悪くなります。

花を見ても綺麗な花と感じるまで時間がかかります。負けそうですが・・・
負けませんぞ!

紅枝枝垂れ桜はまだ見たことがありません。情報ありがとうございました。
2011-03-24 Thu 20:43 | URL | きんじろう #k0ktYPbw[ 編集]
> 共感疲労!ですか!
> 私もその域に入っています。テレビ見たくない病・だけど見ないといけない病、震災関係・原発の泥沼化にはなぜか気分が悪くなります。
>
> 花を見ても綺麗な花と感じるまで時間がかかります。負けそうですが・・・
> 負けませんぞ!
>
> 紅枝枝垂れ桜はまだ見たことがありません。情報ありがとうございました。
きんじろうさん!
コメントありがとうございます。
病は気からと申します。
気分を前向きに変えるには、自然と対峙して自然を謳歌することだと思います。
時まさに春、春は自然からの対処療法処方箋!
2011-03-25 Fri 10:02 | URL | おやっさん #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。