気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

春の庚申庵まつり(連句興行)

例年庭園のノダフジが咲く頃に行われる、松山市史跡庭園「庚申庵」の春の庚申庵祭りが
4月23日・24日に行われ、23日に行われた「連句興行」のビデオ撮りに行ってきました。
心配された天気も、10時から始まった連句興行の半ば頃には、小雨があがり陽がさすように
なりました。
DSC08887 (1) 庭園には、満開の白フジや牡丹、つつじなど四季の花が咲いています。
DSC08881.jpgDSC08882.jpgDSC08883.jpg
DSC08884.jpgDSC08885.jpgDSC08886.jpg
そんな中で、リアルタイムで連句を巻きながら、庵の中の様子を映像中継しながら
解説が行われていきました。
DSC08867.jpg 20110423120152(1).jpg DSC08876.jpg
20110423111447(1).jpg 20110423111632(1).jpg DSC08872.jpg

【連句】
連句(れんく)とは、俳諧の連歌のことです。
五七五の句の後に七七の句を交互に付けていき、三十六句(歌仙)、五十句(五十韻)、
百句(百韻)等よりなっている、句による連想ゲームのようなものです。
当日は十八句による半歌仙で行われました。
複数人が集まって座を形成し(当日は5人)、捌き(取り纏め)と連中(座の参加者)が詠んだ
句の中から1句を選び、その句に対して同様に次の句を詠んでいきます。
俳句に比べてルールが複雑です。
季語はもちろんですが、例えば、「月の定座」「花の定座」といって五句目と十三句目には
「月」、十七句目には「花」を詠むなどです。
結びの句(半歌仙だと十八句目)は、挙句(あげく)といい、「挙句の果て」の語源です。
当日の連句興行作品は「NPO法人 GCM庚申庵倶楽部」のブログ記事をご覧ください。
  ブログ記事はここ
スポンサーサイト

未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<バラが咲いた | HOME | 初夏に向かって>>

この記事のコメント

おやっさんも連句に参加されているのですか?
レベルが高そう!
2011-04-24 Sun 22:43 | URL | きんじろう #dv8rAKuE[ 編集]
> おやっさんも連句に参加されているのですか?
> レベルが高そう!
お早いご訪問とコメントありがとうございます。
職場の先輩で、ビデオクラブ同人のご夫婦が参加されており私はビデオ記録係りです。
何年かビデオ撮りしながら解説を聞いていますが、「門前の小僧」の域さえも達する
ことができません。
歌人にも佳人にもなれない全くの凡人です。
2011-04-24 Sun 22:57 | URL | おやっさん #-[ 編集]
v-22
にわか俳句を月3句詠むのに苦労している蛍です。
なんだかむずかしそうですね!
超ベテランぞろいなのでしょう。
それを撮影されるおやっさんも超ベテラン!
勉強になりました。
藤、ぼたんの花、きれいですね!
2011-04-25 Mon 23:20 | URL | 蛍 #-[ 編集]
蛍さん
コメントありがとうございます。
連句は、俳句と違って細かいルールがあってむつかしそうです。
私の役目は、場の状況と解説の様子をビデオ記録するだけで、
解説者の解説内容を聞きながら分かったような気分になっているだけです。
世の中いろいろな分野があってなかなかむつかしい!
2011-04-26 Tue 00:14 | URL | おやっさん #-[ 編集]
俳句を続けていたなら連句の世界に首を突っ込んでいたかも?・・退職で途切れました。後は独りでNHK俳句王国で楽しんでいました。

おやっさん きょうはわがままに付き合っていただきありがとうございました。
あの会場は広くて、撮影には苦労しますね。東端隅で待っていれば良いカモ!
2011-04-26 Tue 21:36 | URL | きんじろう #TaGPJVW2[ 編集]
> 俳句を続けていたなら連句の世界に首を突っ込んでいたかも?・・退職で途切れました。後は独りでNHK俳句王国で楽しんでいました。
 庚申庵では、勉強会もやっています。
 ご紹介しますよ。
>
おやっさん きょうはわがままに付き合っていただきありがとうございました。
> あの会場は広くて、撮影には苦労しますね。東端隅で待っていれば良いカモ!
コメントありがとうございます。
100mプールのスタンドは、現在のところ観客は見かけませんのでじっくり観覧できます。
ここは、スタート台からのバサロスタートよりむしろ高飛び込みと飛び板飛び込みが名物に
なりそうです。
2011-04-27 Wed 14:11 | URL | おやっさん #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。