気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

花替わり

モッコウバラが満開を過ぎ、散り始めました。
替わりに同じフェンスに「テッセン(クレマチス)」が咲き始めました。
DSC09027.jpg DSC09028.jpg DSC09024.jpg
テッセンは蔓が針金(鉄線)のように強いことから付いた名前で、キンポウゲ科の蔓性多年草。
中国原産で、花は白または紫です。
「テッセン」は「クレマチス」の仲間で「テッセン」を「クレマチス」「クレマチス」を「テッセン」
と呼ぶこともあるが、本来、「テッセン」は中国原産種に限られるそうです。

堀の内公園内のクローバーも花期は長いのですが、最盛期はもうすぐです。
DSC90294.jpg DSC90297.jpg DSC90304.jpg
クローバーは、マメ科の植物で、葉は通常三葉。希に四、五および七葉のものがあります。
押し葉にしたときに葉が重ならず、きれいに見え、希にしか発見できないことから
「四葉のクローバー」は幸せ(四遇わせ)を呼ぶといわれ人気があります。
また、重要な蜜源植物であり、クローバーの蜂蜜は世界で最も生産量が多い。

堀の内の北入り口付近にある「ニセアカシア」が花を咲かせています。
DSC90306.jpg DSC09037.jpg DSC09035.jpg DSC09039.jpg
北米原産のマメ科の落葉高木で和名はハリエンジュ(針槐)。
日本には1873年に渡来しました。
用途は街路樹、公園樹、砂防・土止めに植栽されます。
このニセアカシアも、有用な蜜源植物で甘い花の香りを漂わせています。
花をホワイトリカーにつけた「アカシア酒」は花の芳香とともに精神をリラックスさせる
効果があります。
ただし、花以外は毒性があり新芽等を食用にすることは控えたほうがいいようです。 

【動画でお知らせ野鳥情報】
 野鳥情報は、下のサムネールをクリックしてください。
 20110504153420(1).jpg
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<緊急!白鳥情報 | HOME | 庚申庵のノダフジ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。