気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ノウゼンカズラ

民家の塀からハッとするような橙色の花を覗かせて咲く「ノウゼンカズラ」の花。
「夏が来たな!」と思わせる花の一つだと思います。
このノウゼンカズラ(凌霄花)はノウゼンカズラ科のつる性木本。
夏から秋にかけ橙色あるいは赤色の大きな美しい花をつけ、庭などでよく栽培されます。


原産は中国ですが、日本への渡来は意外と古く、10世紀前半とされています。
花言葉は、「栄光」「名声」「名誉」「光栄」「華のある人生」「豊富な愛情」「名誉な女性」
「愛らしい」「女性らしい」とたくさんあります。
 アメリカ合衆国南東部原産のアメリカノウゼンカズラもあり、
 これはノウゼンかずらの花より花が長く赤橙色をしている。
 花の形がラッパに似ていることから英語では「トランペット・
 フラワー」と呼ばれる。
 大きな下向きの花をつける「トランペットフラワー」は別物。

【かわせみ便り】
25日 ビデオクラブ例会のため朝のうちにフィールドへ。
   ♂のえさ運びを確認した。♀はフィールドで休憩中。
26日 午後来客予定のため、午前中に確認のためフィールドへ。
   前日と同様に♂がえさ運びするのを確認。
   ♀は相変わらず水浴びと、フィールド内移動のみ。(短時間観察のためか)

午後の来客が退散した後、巣立ち前の確認のために巣穴へ直接向かう。
様子が違う! 巣穴下の排泄物が乾きかけており、巣穴周辺も幾分乾いているように見える。
巣穴に近づいても、鳴き声が聞こえず、耳を近づけても静まり返っている。
おかしい! しばらく(1時間半ほど)巣穴近くの物陰で観察してみるが、親鳥の飛来が無い。
巣立ちは考えられないし、悪い状況だけが浮かんで来る。
午後6時前には帰宅したが、どうにも気になって寝つきが悪い。

27日(本日)
 6時前にフィールドに着いた。親鳥が巣穴方向へ飛び去る後姿を目撃する。
 急いで、巣穴へ向かう。フィールドへ帰る親鳥(♂)とすれ違った。
 巣穴へ着いて状況確認をすると、鳴き声が聞こえる!(気が抜けるほどの安堵感!)
 昨日の状況は何だったのだろうか? 雛が完全に寝ていたのだろうか?
 ン!それとも昨日が孵化後21日目で、餌の数が減ったので排泄物も少なく、雛も熟睡(?)
 逆算してみると、思い当たる節が無いわけではない。
 すると、巣立ち日は計算通りにいくと6月29日になる。
 いずれにしても、明日、明後日は気が抜けない。

午後からもフィールドと巣穴を観察に出かけた。
巣穴では元通り元気な鳴き声がしており、親鳥が餌を運んで来たのも2回確認できた。
フィールドでは数日前と同じ風景が戻ってきた。   
スポンサーサイト

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<かわせみに軍配! | HOME | X-DAY間近?>>

この記事のコメント

明朝の予定は?っと気になっておやっさんのブログへと、う!途中、読みながらドキッとしながら・・・最後にホッ! あぁ~おやっさんのご心配も無理はありませんねぇ~
ブログを読んだだけでこの胸騒ぎ、一晩眠れなかったのでは?
お疲れさまでした。
ホッとしている蛍です。
2011-06-27 Mon 23:04 | URL | 蛍 #-[ 編集]
> 明朝の予定は?っと気になっておやっさんのブログへと、う!途中、読みながらドキッとしながら・・・最後にホッ! あぁ~おやっさんのご心配も無理はありませんねぇ~
> ブログを読んだだけでこの胸騒ぎ、一晩眠れなかったのでは?
> お疲れさまでした。
> ホッとしている蛍です。
蛍さん!お早いコメントありがとうございます。
明日も6時頃にはフィールドへ
ほんとに昨日は寝つきが悪かった。
記事には書きませんでしたが、前日に巣穴からは相当離れた場所ですが、ニョロを見たものですから。
巣穴はニョロが襲えない場所に上手に作っているんですが、やはり気になって・・・ でした。
2011-06-27 Mon 23:41 | URL | おやっさん #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。