気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

かわせみに軍配!

梅雨入り・梅雨明けなどの気象情報の発表は、かなり広い区域(例えば四国地方・東海地方)
を管轄する気象台単位の発表となるため、四国はまだ梅雨明けが発表されていない。
おやっさんの体感(当てにならない)のスポット予報では「松山では梅雨明けした模様」と
発表してもいいような晴れ間と、気温、湿度の朝を迎えました。
 
 
【かわせみにしてやられた】
朝6時、巣穴の状況を観察に出かけました。
巣穴に近づくと、雛の鳴き声が聞こえます。
巣穴の中を赤外線ライトを使って観察すると雛の姿と、鳴き声が確認できる。
(ビデオカメラではナイトショットモード)
suanam.jpg
 6:35撮影          6:35撮影動画
しばらくの間、離れて観察しましたが親鳥飛来の様子はありません。
8時前になり、今日の巣立ちは空振り確実な様子なので一旦帰宅することにしました。

 午後、再度確認のためにフィールドへ。
 高い木の枝で休む両親を確認し、巣穴へ向かう。
 途中で、旧職場の後任者に会い、近くの喫茶店で休憩する。

16:10撮影巣穴
またまた異変! 巣穴下の排泄物が乾いているし、巣穴から鳴き声がせず無音状態!。
急いで赤外線ライトを当ててみると、巣穴の中がきれいになっている。
(朝の写真と見比べて見てください。雛との間の壁(?)も低くなっている。) 
その時、かなり下方の別場所で親鳥の声がした。
あわてて、巣穴から離れ遠くの木の陰から観察する。
その間2~3回「ツウィッピー!ツウィッピー!」の鳴き声がして、しばらくすると鳴きながら
フィールドの方へ飛び去った。
餌運びで巣穴へ来るときは、鳴くことは無く静かに風のように来るので、これも異変!。
しばらくすると、またしても飛んでくる鳴き声が聞こえ、先程と同じような状態になる。
このことが3回あり、2回目には親鳥の姿を確認したが、巣穴へは来ない。
もしや? 昼間の間に巣立ちして、先程鳴き声のした近くの木の枝に退避した?。
先程の親鳥飛来は、そこからフィールドへ誘い出しに来たのでは?
急いでフィールドに戻るが、雛どころか親鳥も確認できない。
北・西・南・東と声を探して姿を捜索するが確認できない。
東からは、巣穴下へ通じる道路沿いを注意深く捜索し、北へもどる。
北では、いつもの「スズメのお父さん」に出会い様子を聞くと「どう見ても雛の姿を
3:30頃見た。双眼鏡を取り出す間にいなくなった」とのこと。
立ち話をしている近くの木の枝に母親が魚を咥えて飛んで来た。
すると、その上の枝から1羽下りて来たかわせみが、ナ、なんと!雛です。
母親が咥えた餌を盛んにつついてもらっている。
kyuuji.jpg
やはり、今日巣立ちだったのです!。
今日は1羽しか確認できていません、今朝の巣穴では最低3羽は確認できています。
一体何羽の雛が巣立ちしたのでしょう?。
期待していた巣立ち風景の撮影は「日中は巣立ちは無いだろう」との思いを見事に裏切られ、
かわせみに軍配が上がり、一本取られた形となりました。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<一夜明けて | HOME | ノウゼンカズラ>>

この記事のコメント

なんとお言葉をかけて良いやら!
これまでの苦労は水の泡に・・・
でも、おやっさんの計算は正しかったのです。
巣穴を観察、こんな経験は誰もいないでしょう。
しばらく親子の給餌状況を観察できますね。
長い期間、本当にお疲れさまでございました。
三羽の雛が見られることを願っています。
2011-06-29 Wed 07:19 | URL | 蛍 #-[ 編集]
蛍さん!コメントありがとうございます。
巣立ちシーンこそ撮れませんでしたが、かわせみの習性や子育てプロセスを自分の目で見て
確かめてきました。
今回も雛は4羽のようです。
これから約1週間雛の成長していく過程が間近で見られます。
2011-06-29 Wed 21:18 | URL | おやっさん #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。