気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

親は隠れ上手?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

かわせみの親鳥は隠れ上手です。
というよりも、一定距離内に近づくと警戒心ゆえか飛び去ります。
東や北のフィールドでいえば、対岸からしか見えない場所や、表からは見えない茂みの中へ
隠れたり、休憩していることが多いようです。
対岸に居る場合だと、よくよく注意して見ないと分かりません。
おやっさんカメラ(ビデオ)の最望遠(35㍉換算 450㍉)では厳しい状況です。

7月30日東フィールドで

東対岸(肉眼では厳しい)

最短安全距離?

西対岸(肉眼では無理?)

対岸から探すには、肉眼では馴れないと無理で、双眼鏡のお世話になります。
真ん中の写真は、まだ近づけた部類で安全距離ではありません。

北のフィールドで
対岸で夕食後の水浴びが始まりました。
北は、東よりも対岸との距離が離れています。
あっさり目に4回で終わり、あとは身だしなみ毛繕いです。(これは入念!雌ですか?)

東1(幼鳥)

東1(幼鳥)

東1(幼鳥)

この距離だと、相手(かわせみ)にストレスを感じさせないと思います。
巣立ち直後の雛の場合は、至近距離から集団での観察も可能です。(ほんの4~5日)
おやっさんが巣立ちにこだわる理由もそこにあります。
巣立ち時期を知るためには、トリガーとなる抱卵開始が重要ポイントです。
抱卵期間19日、巣立ちは孵化後24日目はほぼ正確です。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<カワセミ観察笑える話(?) | HOME | かわせみ日記(7月29日)>>

この記事のコメント

連日の「翡翠」の観察 お疲れ様です 今日も暑かったようです 冷房の中では判りませんでした 「熱中症」にならない様に「熱中」して下さいませ・・・・
2011-07-31 Sun 20:43 | URL | S・りょうたろう #-[ 編集]
S・りょうたろうさん!コメントありがとうございます。
写真展もあと2日、ご来場者応対ご苦労様です。(熱のこもった解説付きですから)
木陰・ベンチ・トイレ・給水付きのスペシャルフィールドで「熱中」しています。
東も北も産卵・抱卵に入ったようで休憩期間になりました。
姿を確認するだけの1日2時間程度を「気の向くままに」です。
こんなに熱中したのは、「龍馬脱藩の道探訪」以来かな。
1度龍馬談議もしてみたいですね。
2011-07-31 Sun 22:13 | URL | おやっさん #-[ 編集]
「龍馬談義」楽しいですね りょうたろうは「龍馬命」ですから 楽しみにしています。
2011-07-31 Sun 22:32 | URL | S・りょうたろう #-[ 編集]
再コメントありがとうございます。
1/25000の地図と村上恒夫著「坂本龍馬脱藩の道を探る」片手に毎週車中泊しながら通った
こともありました。
高知・京都も数えきれない。 長くなります。また別途たのしみに。
2011-07-31 Sun 22:52 | URL | おやっさん #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。