気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

安曇野「おひさま」ロケ地巡り

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】

NHK朝の連続ドラマ「おひさま」は今週で最終回を迎えます。
今安曇野は「おひさま」ブームで、主なロケ地は観光バスが停まりお客様が絶えません。
今日はその中で、「百白花」のある「大王ワサビ農場」と安曇野のわらぶき屋根と水車小屋
(最近では陽子一家がお弁当を広げていた場所)がある「国営アルプスあづみの公園」へ
コンデジ散歩に出かけました。
(ワサビ農場までは車、穂高駅前からはレンタサイクルです。)
自転車は、高低差133m片道約10㎞のほぼ直線です。所々写真を撮りながらのゆっくりサイク
リングです。(本当を言うと、だらだら登りのためゆっくりしか走れません。)
2箇所の「おひさま」ロケ地と道中の目についた様子を一挙にアップします。

安曇野富士(有明山2268m)

百白花(陽子の店)

百白花


百白花

百白花

百白花


百白花

万水(よろずい)川

水車小屋脇


彼岸花

道祖神

道祖神


水車小屋

水車小屋

万水(よろずい)川


流れとアキアカネ

りんご

赤蕎麦の花


赤蕎麦の花

赤蕎麦の花

安曇野富士(有明山2268m)


安曇野富士遠景

烏川橋付近で

ススキと蕎麦畑


蕎麦の花

蕎麦の実

水車小屋・茅葺民家


水車小屋・茅葺民家

道祖神・茅葺民家

陽が傾き


山陰に

遠景

蕎麦の実


あたりは蕎麦畑

蕎麦畑の向こうに

アキアカネの群れ逆光
スポンサーサイト

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<今日のコンデジ散歩 | HOME | コンデジ散歩とご当地かわせみ日記>>

この記事のコメント

おやっさん!ため息の出る写真ばかりです。
百白花、中は空っぽなので(撮影済み)ちょっと残念です、
万水川をぜひ撮影したいものです。
コスモスも安曇野富士を背景にスケールの大きい画像になりましたね。
すばらしい画像をありがとうございます。
2011-09-30 Fri 22:06 | URL | 蛍 #-[ 編集]
蛍さん!コメントありがとうございます。
安曇野は題材としてたくさんの素材がありますね。
川一つとっても、支流の小さな流れでも画になる場所がいっぱいあります。
これに四季が加わって天候も加わると一生かかっても撮りきれないフィールドです。
水車小屋、藁葺き民家、道祖神のあるセットもあたりはすべて蕎麦畑で、花の咲いている時期に
もう一度見てみたいロケーションです。
2011-09-30 Fri 22:56 | URL | おやっさん #-[ 編集]
道祖神(どうそじん)
我がふるさと(南予地方)ではあまり見かけない道祖神、意味が分からないので仲良し地蔵などと勝手に言っていましたが、悪霊の侵入を防ぐ村の神様、路傍の神様とは・・安曇野地方には特に多いそうですね。勉強になります。
赤そばは美味しいです。
良いとこばかり歩かれて、有意義な毎日、満点の休暇ですね。
2011-09-30 Fri 22:59 | URL | きんじろう #Xa2ifsrI[ 編集]
きんじろうさん!コメントありがとうございます。
安曇野は道祖神の宝庫です。
その中でも有名道祖神があり、道祖神めぐりコースがいくつもあります。
道祖神だけを探して巡っても一日では回りきれない数が存在します。
赤蕎麦(高嶺ルビー)は、愛媛では2箇所栽培されているところがありますね。
2011-09-30 Fri 23:21 | URL | おやっさん #-[ 編集]
おはようございます どうも歳をとると朝早くていけません 安曇野も好いですね~! 大王ワサビ園の道祖神なつかしいなー! 彼岸花の影きれいですね 昨日きんじろうさんが来宅し 「今おやっさんが一番好い思いしている」と言う話でした。
2011-10-01 Sat 06:37 | URL | S・りょうたろう #-[ 編集]
おはようございます!
大糸線にゆられ~てゆれ~て~ここは松本信州路
安曇野は安曇野は想い出ばかり~(蛍の大好きな原田ゆりの歌です。)
白蕎麦の咲く頃行ってみたいなぁ~
2011-10-01 Sat 06:44 | URL | 蛍 #-[ 編集]
S・りょうたろうさん!いつもコメントありがとうございます。
臼井吉見の小説『安曇野』によって有名になり、多くの観光客が集まる安曇野です。
豊で清らかな湧き水とアルプスを控えた田園風景が日本人の郷愁をそそるのかもしれません。
安曇野だけを題材にした著名写真集も数あることからも頷けます。
2011-10-01 Sat 18:45 | URL | おやっさん #-[ 編集]
蛍さん!今回は原田悠里シリーズでした。
①♪雨に煙った 御嶽山を じっと見上げる 女がひとり・・・ (木曽路の女)
②「安曇野」 一昨日は安曇野から大糸線に揺られて帰ってきました。
陽子と得子が出会った広い蕎麦畑が印象的でしたね。
あれは、大町の中山高原ですが、一昨日のロケ地周辺も一面蕎麦畑でしたから咲いたら画になると
思います。
2011-10-01 Sat 19:10 | URL | おやっさん #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。