気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

からす

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
「からす」といってもあの黒い烏(カラス)のお話ではありません。
お堀のまわりには色々な野鳥が棲んでおり、今はそれぞれがそれぞれの場所で巣をつくり、
おおかたの鳥達に雛が誕生し、巣立ちが次々とありました。
それらのヒナ達が巣立った後には、主の居なくなった巣が残されています。
空の巣、からすです。 ある鳥の巣は始終空だともいう人がいます。(オヤジギャグですよ)
そのシジュウカラの巣です。
電気の引込み用のポールに巣造りをして、雛が孵りました。

シジュウカラ

カワラヒワが見学

シジュウカラ親鳥

 


 

 

 

 

6月8日の夕方、親鳥が近くを飛び回り、巣の中から雛の鳴き声が盛んにしていましたが、
翌日からは姿がなくなりました。 6月9日の朝には巣立ちしていったものと思われ、
それこそ、始終空になってしまいました。
こちら(下)は、6月3日に巣穴から2羽の雛が顔を覗かせていた「コゲラ」の巣穴です。
今日(11日)には、近くに巣の主かどうかはわかりませんがチョロチョロしている姿があり
ましたが、6月4日以降は空巣(からす)になっています。
最後の写真は、別枝の空になったコゲラの巣穴です。

コゲラがいます

コゲラと巣穴

枯れ枝に穴が

別枝の空の巣

もちろん、かわせみの一番子たちの巣穴も空になっています。
二番子はそれぞれ別の場所に巣穴を構えて抱卵中です。

【今日のかわせみ】2012.06.11
今日も飽きもせず「マドンナ」です。
背景や周りの写り込んだ物からお分かりいただけると思いますが、4日ほど同じ場所です。
かわせみは、広いフィールドの中でも、時間帯や特定の好みの場所さえ掴めれば容易に出会
える鳥だともいえます。(個体によって好みの場所は違います。)

南岸で

南岸右横から1

南岸右横から2

南岸右横から3


南岸左横から1

南岸左横から2

南岸左横から3

南岸左横から1


アップで1

アップで2

アップで3

アップで4


定番石垣で1

定番石垣で2

定番石垣で3

定番石垣で4

南岸雨の中で

南岸雨の中で

南岸雨の中で

尻尾付近に水玉
スポンサーサイト

未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<雨に咲く | HOME | 夕方のひととき>>

この記事のコメント

ダジャレのカラスのお話、おもしろかったでぇ~す!
そうかぁ~マドンナにゆっくり会えるのも後少しなんですねぇ~
心はいつもお堀に向いているんですが行動力がありません(殴)
せっかく購入した新兵器をもっと使わなくちゃぁ~
一番子の巣穴をどうして二番子にも使わずにしんどい思いして新しく作るのでしょうか?
やはり危険を避ける為?
2012-06-12 Tue 09:19 | URL | 蛍 #-[ 編集]
アハハハ!(*'-')σ*'-'*) ツンツン 
タイトルを見てウン?カラスも撮ったのかしら?って。
お堀には色んな鳥さんが居るんですね~
その巣を見つけられるおやっさんも凄いです

マドンナ休憩時間が長いですね
一時の貴重な時間を楽しむかのように
とろい私でも撮らせてもらえました(^-^)
雛が孵ると忙しくなりますからね~
2012-06-12 Tue 10:30 | URL | umi #6o2kgvBQ[ 編集]
う~ん
カワセミの御守だけと思ったら、よそ様にも目が向いていたわけですなぁ!
始終空の意味はよ~くわかりましたが、その前期にはそれぞれ世継の営みがあったわけで、お堀全体を見れば、貴重な残された自然林の域を感じます。
おやっさんの広い視野に改めて☆☆ですらい!
2012-06-12 Tue 10:37 | URL | きんじろう #XyR99jF6[ 編集]
>蛍さんへ!
たぶんに巣穴の構造によると思われます。
(ツバメのような)オープンな巣であれば、雛の排泄物は巣の外に向かって排出し、巣の清潔さを
保てます。
かわせみは1m近くも穴を掘り巣穴をつくります。
かわせみの排泄物は、お尻を明るい方に向けて飛ばすようですが、せいぜい15cm~20cm程度です。
また、ご存知のようにペリットも吐き出します。
雛が誕生して23日程はそういう生活状況ですから、かわせみの巣穴は想像以上に不衛生なんですよ。
親が、餌運びや抱卵交替して巣穴からでてくると、まず水浴びするのもそんな理由があるようです。
巣立ちが始まる頃には、次の子のための巣穴がほぼ出来上がっている必要があるので、今使っている
巣穴以外に構えることになるようです。
その時は、去年やそれ以前の物をリニューアルして使う場合もあるようです。
2012-06-12 Tue 19:58 | URL | おやっさん #-[ 編集]
umiさんへ!
今回紹介のからすは、みつけたのはお堀に集まったブロ友さんがほとんどです。
ですから、礼儀とでもいいますか、雛が居る間は記事アップしませんでした。
そのほか、札の辻トイレの屋根裏にシジュウカラや東の茂みに、ヤマガラ、コゲラなども巣造りを
していました。カラス(鳥の)の巣もたくさんあります。
カラスの巣はクリーニング屋さんのようなのもあります。(意味判るかな?)

昼間は、時間が多少前後したり短い場合がありますが、宿直前のマドンナを狙えば確実で、長いです。
あとは場所さえ知っておけば、バッチグー!
昼間若が出てくるのは2回で、観察に出かける時間帯が意識しないと合いませんし動く範囲が広いです。

2012-06-12 Tue 20:26 | URL | おやっさん #-[ 編集]
きんじろうさんへ!
記事アップはしていませんがその他に、ヤマガラの給餌や、例のメジロのほのぼの寄り添いなど目に入り
ます。
堀の外周りの道路側街灯は、全てといっていいほどスズメのお家です。
街中の大きな緑は裏から見れば色々なものが見えてきますね。
ですが、よく見ると宿り木や桜のテング巣病、幹の空洞化も目立ちます。
2012-06-12 Tue 20:44 | URL | おやっさん #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。