気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

独り立ちその後

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
東の二番子が独り立ちをして行き、静かになったフィールドで次のイベントは、西の二番子
の巣立ちです。
幼鳥の居なくなった北、西と見て回りましたが動きはまだ無いようです。
西の網に雄(西太)がやってきましたが、直ぐに気配を感じて北方向へ飛び去りました。
そして、東へ回ってみるとセンダンに若らしき姿があります。
近付いてみると、以外なことに幼鳥です。
短い嘴の先が白く、全体の浅黒い体の色をしています。
さらに、左足の指が白く、昨日まで北にいた二番子のうちの一羽です。
どうやら舞い戻って来たものと思われます。

西の雄網で

センダンに幼鳥

寛いでいます

二番子の一羽です


自分のエリアだと

ストレッチして

悠然と

落ち着いています

そして午後、再度東を訪れてみました。
茂みの中では、アオスジアゲハとナガサキアゲハが翅を休めています。
そして、幼鳥たちが止まっていた枝に、例の幼鳥の姿があります。
20分以上休んでいましたが飛び出し、南のコーナーへ止まるのが見えました。

アオスジアゲハ

アオスジアゲハ

ナガサキアゲハ♀

ナガサキアゲハ♀


茂みで幼鳥

南コーナーへ

コーナーで幼鳥

コーナーで


 

 

 

 

内側へ回ってみましたが、その時には既に南コーナーには姿がありませんでした。

一番子が10日目には全て居なくなって、北の幼鳥騒ぎがあり、その時二羽東の一番子らしき
姿があったのですが、西の巣立ちと重なり観察の中心が西へ移りました。
西の幼鳥が、バラけて餌獲り訓練が始まった頃、東に一羽幼鳥が居ることが判りました。
第4の幼鳥として観察していましたが、マドンナと一緒にしばしば見かけ、二番子の孵化が
間近い頃に南入口の柳の下でマドンナと一緒にいた時を最後に姿を消しました。
(6月10日付 せりふ入り記事)
このことと妙に重なります。
あくまでも想像ですが、次の子誕生が確実になるまでは、前の子を一羽手元に置き、家系を
絶やさない工夫をしているのかも知れません。
もし、次の子がだめだった場合にこの子と若でバトルがあり、世代交代もしくは追い出しに
なるのかもしれません。いずれにしても要観察ですね。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<飛行機を上から見る&チョウ | HOME | そして皆旅立ち>>

この記事のコメント

ふ~ん!興味深いおやっさんの解説、恐れ入りました。
子孫を残すために大変だね~
きれいな蝶々をありがとうございます。
2012-07-19 Thu 21:27 | URL | 蛍 #-[ 編集]
この子に若が追い出されるかもしれないって事ですよね?
そんなぁ~~~(カワセミにはカワセミの都合があるのかな~?)
でも若も縄張りを受け継いだんでしたね~
何だか世代交代の時期が近づいて来てるようで・・・
まだまだ若とマドンナの仲良しコンビ居てほしいです
おやっさんの読みが外れますように(*´pq`)
2012-07-19 Thu 23:16 | URL | umi #6o2kgvBQ[ 編集]
蛍さんへ!
参考になる記事や、資料はないのですが観察していてふとそんな風に思いました。
たかが「かわせみ」されど「かわせみ」で色々想像が膨らみます。
今日もマドンナと幼鳥が並んで流れ込み付近で夕食してました。
蝶も今の時期は、大型のアゲハ類や小型のシジミ類が多く見られますよ。
2012-07-19 Thu 23:25 | URL | おやっさん #-[ 編集]
umiさんへ!
いえいえこの子との世代交代はまず無いと思います。
家系を守る保険のようなもので、三番子が確実になれば、この子が出て行きますよ!
そして、三番子が独り立ちしたときに世代交代があるかどうかです。
今の状況をみていると、世代交代無くもう一年若とマドンナの時代がありそうにも思います。
(そうあって欲しいと思います。)
2012-07-19 Thu 23:36 | URL | おやっさん #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。