気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

新しいお客様

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
2月25日 今日の新君
今日も午前中からフィールド行きです。
平日ですから通行人は少ないようです。かわせみを探しているような方もいません。
東の南歩道でNさんと出会いました。
今朝も新君は北堀に居て東へ帰り、茂みの新君枝から句碑裏の枝へ移り、そこから南方向へ飛び姿を見失ったそうです。
西から見て来て姿は無かったので、最近よく利用する排水口が考えられるので、対岸へ回ります。
やはり屋根付き排水口の中の石垣に止まっていました。(ここだと10~15分の持久戦です)
やがて飛び出してくると、コーナーの柳に止まり、ダイビングして南の止まり木へ上がり、さらに茂みへ向かって飛んで行きました。 休憩場所を求めて枝移りをして、句碑裏の枝に落ち着きました。
南の止まり木近くの梅に、メジロの群れがやって来ているので、まずはメジロと遊びです。

屋根付き排水口で

柳の枝で

南の止まり木

梅にメジロの群れ


様子を見ながら

花蜜を

アクロバチックに

 

句碑裏では小さな枝が手前にありますが、比較的見通しのよい場所で休憩しています。
Nさんと撮っているところにTさんもやって来ました。

句碑裏から

日当り良好

見通し良好

新君枝下へ

新君枝下の水面に張り出した枝は、句碑裏からは見にくい場所にあるため、茂み方向から見てみることにしました。
その枝から飛び出した先は対岸の梅ノ木です。
梅カワといっても対岸だと距離があります。そこから飛び込んで下の石垣で食餌を済ませて茂みへ帰って来ましたが、直ぐに飛び出して行きました。
行き先は屋根付き排水口の中です。 またまた10分ほどの待機になりました。

新君枝下

 

対岸の梅へ

茂みへ帰る

屋根付き排水口からは大抵の場合一旦茂みへ帰ります。
今回も茂み定番の枝へ帰り、付近の枝を移りながら、最近休憩する場所に選んだシュロの枝に落ち着きました。

シュロの枝で

少し移動

後から

定番枝へ


再び新休憩場所へ

北岸止まり木へ

移動して北岸で

また移動

北岸を小移動しながら餌獲り活動が始まった。
農協会館前の定番石垣にやってきたがそこから飛び出し、南入口の橋を潜って南岸に止まったように見えたが、姿が無い。
北岸や西の網、桜下の竹竿まで見てみたが、3人の目をかいくぐってまかれてしまった。
昼時となったのでNさんは昼食帰宅へ、Tさんがお弁当買出しに行っている間に、ふと南岸を見ると白鳥の餌箱近くの南岸に姿が見える。
そこが対岸になる北岸のベンチでお弁当を食べることにする。
Tさんにご馳走になってしまった。
ちょうど新君が羽繕いをする時のように、一口食べては顔を上げて、新君の様子を見てまた食べる状態でした。

農協会館前南岸

ここは定番石

西エリア南岸で

通行人の足元40cm

お弁当が終わってもじっとしている状態なので、南歩道へ回りました。
しばらくすると、橋を潜って東へ向かいましたが、フェイントで橋の直ぐ東の南岸にいました。

西エリア南岸

休憩長かった

東エリア南岸

右側から

東堀へ移動して、見渡せる範囲は探してみましたが姿がありません。
しばらく南歩道から眺めていて、下の屋根付き排水口を見ていると飛び出し来てボルトに止まり、直ぐに対岸のコーナー石標へ移動し、桜の枝へと移って行きました。
桜の枝から一旦茂みに戻り、また北の止まり木へ移動して行きました。

南コーナー石標

 

 

桜へ

止まり木では餌を獲り、石垣で食餌して茂みへ戻りました。
水浴び状況も収めてTさんが帰宅されました。

シュロで

北の止まり木へ

ここからダイブ

茂みのシュロへ

茂みのシュロが見える神社の中で待機していると対岸にNさんの姿があり、A新聞の記者さんが話を聞きたいということなので、対岸へ向かおうとしたところ新君も飛び出し北岸へ移動して行きました。
それを追うように南歩道を西へ向かいました。
当然ながらNさんと記者さんも西へ向かいます。

新休憩場所

糞跡も付いた

北岸へ

さらに西へ

餌を獲りながら、かなり西まで移動した新君が東へ戻ったので北岸へ移動します。
橋の袂に自転車を止めて、ベンチへ向かおうとした頭上の松の枝に、小さな鳥が飛びまわっています。
見るとキクイタダキです。
Nさんと記者さんを待たせてしばらく撮影です。

北岸を移動

餌も獲り

何かが飛んだ

キクイタダキだ

小さくて動き回りますからなかなかうまく撮れません。
ましてや頭の菊などは意識しては撮れません。
二人を待たせてもとベンチへ向かい、キクイタダキの話をすると二人も興味ありで、また少しの間撮影です。
何とかキクイタダキだという証拠写真程度は撮れました。(リベンジしたいなあ)

わずかに菊が

何とか見える

松葉がね

邪魔ですね

一時間ほど話をして、Nさんと二人で向かった東堀では、北のセンダンの枝に姿がありました。
ダイビングゲットした後、茂みに帰り水浴びをしています。
水浴びと羽繕い後はオヤスミまでに時間があるため、南コーナーまで出かけて一匹食餌、さらに茂みに戻り定番枝から飛込みゲットし食餌を行い、水浴びをしないまま作業小屋方向へ向かいました。
Nさんが行った時は小屋横のポールでゲットし、茂みに戻ったそうです。
そろそろオヤスミタイムで、時間調整後にゆりかごINして行きました。(17:50)

センダン枝で

 

茂みで水浴び

南コーナーへ


定番枝で

時間調整中

カラスも帰る

ゆりかごIN

我が家の夕食門限(18:00)に向かってダッシュ帰宅です。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<一日一度は北堀へ | HOME | 光の具合でこんなに違う>>

この記事のコメント

当日はお付き合いいただきありがとうございました。
あれからキクイタダキとの出会いがあったようで良かったですね。
なんでもタイミングがいいとすんなり出会えて気持ちがスッとしますね。

あれっ、また今度は新聞社の取材でしたか!
連鎖反応?&Nさんとの繋がりかな?
連日大忙しですね、お疲れ様です。
2013-02-27 Wed 10:02 | URL | torako #TRcOFq4w[ 編集]
キクイタダキ、初めての小鳥ですねぇ!☆
梅カワ近し!ですね。

また、記者の接待、今度は何処に出演ですかぁ!
2013-02-27 Wed 10:20 | URL | きんじろう #3xblJ6LM[ 編集]
> 当日はお付き合いいただきありがとうございました。
> あれからキクイタダキとの出会いがあったようで良かったですね。
> なんでもタイミングがいいとすんなり出会えて気持ちがスッとしますね。
>
> あれっ、また今度は新聞社の取材でしたか!
> 連鎖反応?&Nさんとの繋がりかな?
> 連日大忙しですね、お疲れ様です。
torakoさんへ!
いえいえこちらこそお越しいただきご馳走になりました。
お堀では、はしりに1度見ただけで見たい撮りたいと思いつつ実現できなかったキクイタダキが、比較的低い頭上の松の枝に10数羽いました。記者さん待たせてこれは撮らねばでしたが、何様初体験でうまくは撮れませんでした。
なんとかそれと判るようなものをアップしました。

全国紙A社の地域版のようですが、お堀に訪ねて来られるのがおやっさんらしいでしょ(笑)
まだ具体的ではありませんので期待無きように。
2013-02-27 Wed 21:13 | URL | おやっさん #-[ 編集]
きんじろうさんへ!
キクイタダキは1度その姿を見ていたのですが、群れでは初見初撮りです。
頭に菊を頂いて、日本最小の野鳥と言われており、越冬のため飛来するそうですが今の時期に堀の内で見られるのは珍しいそうですよ。
ちょうじろうさんも1度いかがですか?
2013-02-27 Wed 21:24 | URL | おやっさん #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。