気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

移動エリアは限定

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
2月23日 今日の新君
TV放映後の土曜日です。
TVを見られてお堀に来られる方は午後が多いのと、見頃を迎えつつある梅見の方たちの邪魔にならないようにと思い、午後の時間帯だけにしました。
また、われわれお堀の常連さんたちは、通行人の邪魔にならないように、そして新君にストレスを与えないようにカメラをできるだけ低く構えるために三脚使用を自粛しています。
番組HPにもこのブログのアドレスが紹介されていますので、当ブログを見て来られる方もご協力をお願いします。

午後の訪問での出会いは、茂みで派手に羽繕い中でした。(水浴び後?)

 

 

 

 

今日は、その羽繕い後の行動(移動)を中心にお伝えします。
羽繕いが終わり休憩タイムかと思ったところにヒヨドリがやって来て、横のシュロに移動したのですがそこも追われる格好で、屋根付き排水口に逃げ込みました。
対岸へ回って確認中にTさんもいらっしゃいました。

屋根付き排水口へ

北のセンダンへ

茂みのシュロへ

再び排水口

排水口で10分ほど居て、茂み→大きなセンダン下→噴水前石標→北のセンダン→大きなセンダンの枝へと移動し、ダイビングゲットをして茂みへ戻ります。
茂みでは数回水浴びをし、新君枝で休憩モードに入りました。

茂みへ

大きなセンダン下

何かを警戒

噴水前石標へ


大きなセンダン枝

水浴び

水浴び

新君枝で

新君枝での休憩は比較的長いので覗きに回ります。
やはりここでは落ち着いて休憩しています(約10分間)

新君枝で

 

 

 


 

 

 

 

新君枝からの飛び出し先を対岸のNさんも談笑中で見失い、とりあえず対岸まで移動してみると、屋根付き排水口のボルトに止まっていました。(また屋根付き排水口の中に居た?)
そこを飛び出すと、大きなセンダン下へ移動し小休憩です。(約10分)

排水口ボルトで

大きなセンダン下

 休憩モード

 


大きなセンダン下

茂み対岸へ移動

茂み対岸で

 


茂み対岸で

 

大きなセンダン枝

ダイビング機会待ち

ダイビング後は北の止まり木へ移動し、近くの梅ノ木へ移動しました。
梅にはまだ花が咲いていませんが、東堀では唯一「梅カワ」が見られそうな枝です。
(梅に止まった足元にご注目ください。枝ではなく花芽のある小さなトゲのような枝です。)

北の止まり木

梅の枝へ

南の止まり木へ

夕食ゲット


北の止まり木へ

北の止まり木で

噴水前コーナへ

作業小屋のポールへ

最後の夕食仕上げは北の止まり木で二度行い茂みへ帰って行きました。
ゆりかごINは17:50でした。

北の止まり木へ

ゲット

さらに追加補食

ゆりかごIN

我が家の夕食門限も迫ってきているので帰宅することにしました。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<光の具合でこんなに違う | HOME | ぐるっとお堀はてんこもり>>

この記事のコメント

毎度、お疲れさまです。
新君の安住の地は東の茂み以外では、排水口になりましたか!
TV放映後のお客様は撮影者でしょうか、それとも単なる見物の方でしょうか、気になるところです。
(当方、写真展の声がかかり多忙ですぅ!)
2013-02-25 Mon 13:10 | URL | きんじろう #ZI1CdAN2[ 編集]
土、日は梅見を兼ねての見物客が多かったでしょうね
対応にも大童ですね
でもおやっさんだから苦にならずで・・・^m^
お堀に行かなない日にも慣れ(笑)おやっさんの記事で
新君の様子を楽しませていただいております
いつも有難うございます<(_ _)>
2013-02-25 Mon 14:20 | URL | umi #6o2kgvBQ[ 編集]
今日の新君は特別美男子に見えますね!
夕日が新君を照らしているのでしょうか?
私も放映後の嵐が心配でしたが、どうやら親衛隊のおかげで大丈夫のようですね!
早く元の静けさにもどりますように祈っております。
2013-02-25 Mon 22:04 | URL | 蛍 #-[ 編集]
> 毎度、お疲れさまです。
> 新君の安住の地は東の茂み以外では、排水口になりましたか!
> TV放映後のお客様は撮影者でしょうか、それとも単なる見物の方でしょうか、気になるところです。
> (当方、写真展の声がかかり多忙ですぅ!)
きんじろうさんへ!
茂みの定番枝は、水浴びが主目的に変わり、休憩は近くのシュロを利用するようになりました。
新君枝は相変わらずですが、何かの異変がある時は別の枝に退避場所を作りました。
籠の鳥は出入り口や止まっている場所が近くから見えるので敬遠し、対岸からしか見えない第3の排水口を利用しています。しかしここは入っても10~15分で出てきます。そういった対応能力は想像以上に高いです。

お客様の多く(ほとんどか)はかわせみが居ることを知らなかったり、知って居ても見つけられない方です。
そういう方には、生態や見方、お堀でのルール・マナーなどをお話しています。
撮影目的の方は数人でしたが、ストレスを与えない撮り方やあるがままの環境で撮ることをお話しています。
今日もある中央紙の記者から取材を受けましたが、かわせみや野鳥の棲める環境の大切さをお話しました。
2013-02-25 Mon 23:32 | URL | おやっさん #-[ 編集]
umiさんへ!
おっと!このまま引っ込みでしょうか?
Nさんも「umiさん居ないと寂しいね。それにしても長いねや」と言っておられましたよ。
皆が楽しめる記事を続けたいですね。
2013-02-25 Mon 23:36 | URL | おやっさん #-[ 編集]
>蛍さんへ!
かわせみの色は日中よりも朝や夕方の柔らかい光がきれいに見えますね。
朝だと濃いブルー、夕方は緑色(翡翠色)に見えます。
日中はテカテカ光って(水切りを良くする脂分のため)場合によっては白飛びします。
人出は多少多くても、声掛けや新君の姿見がほとんどで、春一番ではなく春風程度ですよ。
2013-02-25 Mon 23:45 | URL | おやっさん #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。