気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

何かがおかしい!

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
3月14日地元「愛媛新聞」の5面に大きく「カワセミ子育て木無残」として記事掲載がされました。
この木が伐採されたのは2月14日の朝ですが、この公園を利用する多くの方から「かわせみが居るのを楽しみにしていたのに伐採した理由が判らない。」や、印象的だったのは「喬木・常緑樹を簡単に切ってはいけません。この木はお城やお堀の歴史を知っておりここに居住権があったはずです。また小さな生き物の棲み処になっていた。誰かが言わねば管理する方は判っていない」との老婦人の言葉です。
2月18日に松山市の公園緑地課にメールで伐採理由を問いました。
回答書としてその理由を「見通しが悪くなっていたため、歩行者・自転車の方々のより安全な通行を図る目的で将来的なことも踏まえて伐採した。」また「事故等が起こってからでは遅いとよく言われる管理者としての立場」とありました。
現場状況をご存知の方や、通行された方ならお判りになると思いますが、歩道はカーブしており、該当樹木は車・バイクの場合も停止線より後方にあり、通行における見通しの悪さは理由になりません。
剪定ならまだしも、根元から伐採などの処置は公園緑地課のすることではありません。
また、理由を求めたメールに野鳥たちのこと、特に何代にも渉って子育て、ネグラとして利用してきたカワセミの存在についても書きましたが、その件については一切ありませんでした。
回答書の内容に、理由にならない現場の調査不足や管理・整備とは何なのかの疑問があり、詳細な現場状況や交通状況を記載して返信メールを送りました。(2/21)
これについては一切の回答がありません。
新聞記事の公園緑地課の回答に「カワセミの存在を知っている課員が居なかった」「情報があれば残したい木は残したい」とありますが、20年以上前からお堀にカワセミが居ることは市民の多くが知っており、毎日現場で歩道やお堀の清掃をしている担当の方がおり、公園緑地課として知らなかったは詭弁です。
また、「残したい木」は無くなってしまいました。
水上に張り出す常緑樹はこの木が最後です。
それは拠り所とする木が無くなったということです。
東堀に唯一その場所がありますが、これは国土交通省の管理下にあります。
今、東を縄張り拠点にしているカワセミがそうであるように、北で生まれたカワセミが、その場所に帰って来た時に棲む場所は無くなってしまいました。 
昨年のように、3ペアで11羽を育てた光景はもう見えなくなってしまいました。
この木を元に戻せなどと無茶なことはいいません。
仕事をする前にしっかりとした現状調査・現状把握をしなければ批判を受ける結果になりかねない。
またそのことに対する反省がないと同じ事を繰り返す。との警鐘を鳴らしたつもりです。
長文になりましたが、皆さんはどう思われますか?

この木が利用されていた時の写真をピックアップしてみました。
この木はカワセミにとって「森」ですから、暗くて枝かぶりのものが多いですがご覧下さい。

2011.05.14

2011.05.14

2011.06.30

2011.06.30


2011.06.30

2011.06.30

2011.06.30

2011.07.26


2011.07.26

2011.07.26

2011.08.26

2012.05.26


2012.05.27

2012.05.27

2012.05.31

2013.02.03


2013.02.05

2013.02.05

2013.02.06

2013.02.07
スポンサーサイト

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<行動パターンに変化 | HOME | 雨が降っても>>

この記事のコメント

ただいまです(^_-)-☆
お嬢はやっぱり戻って来ませんか(^_^;)
遠い空から、カップル誕生を祈ってたんですが(-。ー;)

役所の中で、責任の擦り合いをしている図が浮かんできます(笑)

せめてあの場所に、人の立ち入る事の出来ない自然に配慮した、営巣ブロックを作って欲しいわね。
あっ、そうなると、人が寄るからダメかぁ~(ToT)

う~ん、相手は、『転ばぬ先の杖』を理由にして来たか~(^^ゞ
あの場所でその心配をするなら、歩道をもう少し広げてたら済む事だったのでは、人が行き交う事が出来ない程、幅がない歩道なんて使いものにならないよね。
だからみんな、道路を歩いてるんだと思う(^^ゞ
2013-03-15 Fri 12:15 | URL | ベル #RQAQzjCA[ 編集]
新聞記者が行った時点でも言い訳だけでしたね。
私が直に行って話した中に
「城山公園に来ている鳥のことをもっと知ってほしい!」
と節にお願いしたのに、
「公園に来ている鳥を調べる」等のことは一切なし。

新聞記事によれば、「カワセミの存在を知っている課員がいなかった。・・・情報があれば安全を考慮した上で残せる木は残したい」とコメント有、

情報が無ければ、「ワシャ知らんから切る!」ことになりまする。

何を胡坐をかいているのだろうか!市民の癒しの場、希少価値のあるカワセミの安住の場、を奪っておいて待ちの姿勢とは何事か!腹が立ちますらい!

40年も経っている「トウネズミモチの木」、改めて現地に行って確認しましたが、堀の内に出入りする車は限られており、また、一旦停止場所でもあり、歩道があり、丸みを帯びた交差点であり、交通障害に何ら支障なし、剪定で十分と思いましたよ!

撤去には相当お金が要ったはず!どれほどかかったのだろうか、知りたくなりました。
公園緑地課は公園緑地化でないといけないと思いまする。
2013-03-15 Fri 22:20 | URL | きんじろう #WWdChl.s[ 編集]
「カワセミの存在を知っている課員が居なかった」
「情報があれば残したい木は残したい」

もしかしたらこの言い訳は事実かも知れませんね。
お役所って定期的に部署が異動するんですよね。
その時に知っている担当者から新人担当者に引継ぎが
されてなかったらこういう事態は繰り返すと思います。
それを防ぐためには???
うーん、これはお役所で何らかの対策をしてもらわないと。
2013-03-15 Fri 22:45 | URL | おいわさん #-[ 編集]
ベルさんへ!
お帰りなさい!休養できましたか?
それとも鳥撮りストレスが溜まった?これから爆発発散しましょう。(笑)

2月28日以来動向を観察していますが、お嬢が居つかない原因の一つにも伐採された木があるような気がします。
お嬢は現れても活動拠点は西堀と北堀だけです。現れた当日は一度だけ東へ行きましたが(ベルさんご存知)、後は西の網さえ越えません。
2回目現れた時はほとんど北堀で、夕方は西の桜周辺でした。
西・北で寝泊り、休憩する場所は伐採された木だけです。
こんな危険なところで棲めるかい! ですよね。
それでもかろうじて隠れ場所を構えたけれど(糞跡びっしりでした)居心地の悪い場所。

『転ばぬ先の杖』? 転ばないから無駄な杖なんですけどね。よほど足腰に自信が無いんでしょうね(笑)
お堀の清掃をしている少なくとも数名は課員じゃないのかな。 現場を知らないデスク丸出しです。
ま、今度ゆっくりお話しましょう。
2013-03-15 Fri 23:20 | URL | おやっさん #-[ 編集]
> 新聞記者が行った時点でも言い訳だけでしたね。
> 私が直に行って話した中に
> 「城山公園に来ている鳥のことをもっと知ってほしい!」
> と節にお願いしたのに、
> 「公園に来ている鳥を調べる」等のことは一切なし。
>
> 新聞記事によれば、「カワセミの存在を知っている課員がいなかった。・・・情報があれば安全を考慮した上で残せる木は残したい」とコメント有、
>
> 情報が無ければ、「ワシャ知らんから切る!」ことになりまする。
>
> 何を胡坐をかいているのだろうか!市民の癒しの場、希少価値のあるカワセミの安住の場、を奪っておいて待ちの姿勢とは何事か!腹が立ちますらい!
>
> 40年も経っている「トウネズミモチの木」、改めて現地に行って確認しましたが、堀の内に出入りする車は限られており、また、一旦停止場所でもあり、歩道があり、丸みを帯びた交差点であり、交通障害に何ら支障なし、剪定で十分と思いましたよ!
>
> 撤去には相当お金が要ったはず!どれほどかかったのだろうか、知りたくなりました。
> 公園緑地課は公園緑地化でないといけないと思いまする。
きんじろうさんへ!
「しまった!やりすぎた!」とは決して思っていないでしょうね。
野良生えの木たかが一本に目くじら立てるなでしょうね。
その裏に仕事のまずさや、金の(税金の)使い方のまずさが浮き彫りになっていることに気付いていないのでしょう。
今回はカワセミ絡みでトウネズミモチのことが問題視されていますが、花を含む景観を保つための植木であるはずの梅の木を花前にバッサリと剪定(剪定ではありませんね)してしまいました。
梅切らぬ馬鹿とはいいますが、それは適切な剪定をしないと花や実がきれいにつかないということで、その剪定時期は花後、それも梅は実を付けますから7月~9月が常識ではないでしょうか?
これが緑地課の仕事? です。

今回の件はまだ入口だと思っていますよ。
2013-03-15 Fri 23:38 | URL | おやっさん #-[ 編集]

おいわさんへ!
わたしは詭弁、言い逃れだと思っています。
毎日お堀の水面のゴミ清掃や歩道の清掃をしているのは課員ではないのでしょうか。
少なくとも数名は課員だと思います。
だとしたらなおさら仕事のまずさ浮き彫りですね。
市民の血税で動いている以上きちんとやってなんぼの世界だと思います。
「過ちて改めざるこれを過ちという」ですよね。
2013-03-15 Fri 23:50 | URL | おやっさん #-[ 編集]
こんばんは
今回の新聞報道は多くの人にカワセミがお堀にいると
言うことを知らせました。なので 今後市の方も黙って
見過ごす訳にはいかないでしょうから きちんとした
カワセミや野鳥のための活動をしてもらいたいですね。
2013-03-18 Mon 19:26 | URL | masa #SHLDkvn6[ 編集]
masaさんへ!
そうであればいいのですが、今までの対応を見ているとなかなか難しいですね。
堀の内公園の野鳥・野草図鑑や樹木の種類や名前のガイドブックくらいは作ってみんなに利用してもらうことぐらい考えないと市役所や県庁の前庭のような公園の値打ちがありませんね。
2013-03-20 Wed 02:12 | URL | おやっさん #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。