気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

移動は長距離を頻繁に

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
4月12日 午前中に眼科の定期検診を受けたときに注した散瞳剤の影響が残っており、眩しい中でのフィールド行きでした。
北堀に着くと鳴き声が聞こえてきました。
方向と高さから、南岸の高い枝に居るはずなのですが確認できません。
やがて高い枝からダイビングして、南岸に上がる姿をやっと見つけることができましたが撮影はできません。
南岸から飛立ち、堀の外へ飛んで行きます。(鳴き声で確認)
昨日鳴き声が聞こえていた場所から少し離れた木立の中で鳴き声がしています。
その鳴き声がだんだん小さくなり遠ざかっていくようです。
北堀に帰ってしばらく待ちましたが、帰って来る気配がないので、鳴き声の遠ざかった方向の東堀へ廻って見ることにしました。
東堀について句碑裏から確認すると、やはり新君枝に帰っていました。

句碑裏から

逆光状態

横に回る

 

目が慣れるまで、新君の休憩時間を利用して静かに観察です。

休憩モード

 

 

 

休憩の場所替えのためか、作業小屋の方へフワリと飛びました。(ここでUさん到着)
Tさんからもお堀に来たとの連絡が入りました。

作業小屋横

対岸センダンへ

センダンで

茂み対岸へ

桜の下の止り木に移動しましたが、南の歩道から見ると桜の枝に飛び上がるように見えました。
内側の桜まで行って見ましたが居ません。
北堀を確認しに行ったUさんから、堀の外から帰り水浴びをしているとの連絡がありました。
北堀に着いた頃は既に移動しており、西堀の北エリアにある桜の枝からダイビングする姿があり、下の石垣で餌を咥え直して内土手に飛び上がり姿を消しました。
しばらくして北入口まで帰ると、そこに待機していたTさんが南岸に向かってカメラを構えており、その先には新君が居る。
南岸からセンダンのかなり高い枝に飛び上がり、ダイビングかと思うと、そのまま西のコーナーを回って飛び去りました。
5時前になっており、Tさんはここで帰宅です。

楠の下石垣

センダンの枝

かなり高い枝
 
 

東の茂みを覗くと新君枝に帰っていましたが、直ぐに作業小屋横のポールに移動します。
ここ最近は、このポールで長い休憩を取ることが多く、このブログでも毎日登場しているのでお判りいただけると思います。 ポール上での色々なポーズです。

小屋横ポールで

いつも内股

 

 


 

 

 

 

餌獲りが始まり、ポールから飛び込むと上がりは目の前のテストピースです。

テストピースで

 

 

西岸へ移動

小屋横からセンダン・柳のある東向き石垣に移動して行きました。
1度センダンの枝に飛び上がりましたが、流れ込み方向の石垣へ下りて小休憩モードです。

センダン下石垣

 

 

 

小休憩が終わると対岸(東歩道下)の石垣に一旦止まり、南方向へ勢いよく飛び出して行きました。
茂みをチェックし、外周りで帰宅することにしましたが、南堀・西堀・北堀に姿を見ることはできませんでした。
今日も移動は頻繁で、短時間のうちに北堀と東堀を移動しましたが、長時間休憩や塒は東堀と決めているようです。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ほぼ1日北堀で | HOME | 給餌スタイル相手はどこ?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。