気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

北堀よりは東堀

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
4月19日 午後、北堀周辺、東堀周辺をチェックして回りました。
東堀は、ツツジの植え込みの雑草清掃中で、茂みにも居ないことから、先日巣穴掘りをしている様子を目撃した場所に行って見ました。
鳴き声も聞こえないのでしばらく待機していると、巣穴掘りをしていたときに止まっていた枝にチラリと姿が見えて直ぐ枝移りして見えなくなりました。(鳴き声も全然なかったことから雌か?)
20分程して今度は鳴き声がありました。
40mほど離れていますが、やっと木の間に姿が見えます。(依然として雌雄の区別は不能)
色や体型から新君のように見えます。
枝に止まったまま向きを変えて飛び去りました。
すると、少し離れた場所で2羽と思われる鳴き声がしばらくして、東堀方向へ木立の中を移動して消えていきました。
待機中に北堀到着の連絡があったUさんに、東堀方面へ向かった事を連絡してもう少し待機することにしました。

木立の中で

木の間から僅かに

30分近く経って、東堀に新君が現れたの連絡があり向かうことにしました。
以前に北堀のペアが巣穴を構えていた周辺が、子供達の遊び場になっていて、10人ほどが遊んでいます。
「コンニチハ! 何をしているんですか?」「鳥の写真を撮ったり、鳴き声を録音しているんだよ」
「ぼくもあの辺りの木に止まっていたかわせみの写真を撮ったことがある」「エッ!ほんとう?」
 で話を聞いてみると、以前にこの近くでかわせみの写真を撮ったと言います。
(具体的な木まで)
そこで「この辺りはかわせみが子育てに使う場所(巣)があるので、見かけたら静かにして、しばらくこの辺では遊ばないようにしてね」「うん、わかった。 みんな気をつけようぜ!」 
判ったかどうかは判りませんがいい子達ばっかりでした。

思わぬ時間を食ったので、急いで東堀へ直行しました。
茂みに着くと、新君枝に居ましたが、直ぐに飛び出して行きました。
それまでにも対岸の桜やコーナーなどを点々と移動して、同じ場所に長くは居なかったそうです。
東堀の北寄りを探してみると、流れ込み近くの雑草掃除が終わった石垣に居ました。
餌を探しているようで、東歩道下の石垣に移動して飛込み、餌を獲って対岸のセンダンに止まりました。
内側へ向かう途中に、餌を咥えて鳴きながら頭上を飛び越えて二の丸方向へ飛んで行きました。

流れ込み付近

久し振りの場所

東歩道下石垣

東歩道下石垣

帰ってくるのを待つことにして、そこへやって来たNさん、Uさんと3人で神社近くで待機しました。
25分程して、鳴きながら南コーナーに帰って来ました。

南コーナーへ帰る

南コーナーで

餌を獲りそう

 

コーナーで餌獲り態勢を見せますが飛び込まず、上の柳の枝に飛び上がりました。
しばらくは寛いで羽繕いのパフォーマンスを見せていました。

向きを変えて

柳の枝へ

羽繕いしたり

獲物探したり


 

羽繕い

羽を伸ばして

 


羽繕い

丁寧に

隅々まで

手入れします

やがて飛び込むか の姿勢を見せましたが、こちら側の歩道下土管へ移動して来ました。
夕陽を受けて翡翠色に輝いています。
ここでも飛び込みを見せず、柳に戻るように飛び出し、柳を抜けて北へ飛び去りました。

ボチボチ動く?

水面凝視

南歩道下土管へ

東石垣へ

東歩道下の石垣に居て飛び出し、対岸のコーナーへ移動すると、茂み対岸を経由して南を回り姿を消しました。

飛び出して

噴水前コーナー

 

 

午後6時を過ぎており、動くとブレた写真になりますが記録として残します。

少し動く

南へ向かって

茂み対岸で

飛び出して行った

18:10になっているので、今日は打ち切りとしました。
南堀、西堀、北堀を帰宅しながら探してみましたが石垣上はどこにも居ませんでした。
また高い枝に止まったのか、水面上から外れたコースで移動して行ったと思われます。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<雨予想なので短時間 | HOME | まだ落ち着かず>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。