気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

05.06(午前の部) また新たに

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
5月6日(午前の部)午前一番の交替後にお堀に出てきた新君をウォッチングしようと、午前9時半頃に出かけて行きました。
北堀の内歩道入口で久し振りの知人に会い、挨拶をして立ち話をしているとお堀の外から飛び込んで来て、水面上で旋回して南歩道から張り出したハゼの木の枝に止まるかわせみの姿がありました。
そっと近付きながら見てみると雄ですが、新君とは何かが違うように思います。
というより、鳴かずにお堀に現れたことや、言葉では表し難い直感的なものから新君ではない気がしました。
とりあえずは姿を撮影して見ます。
かなり近寄ると、枝から飛び出して、北岸の石垣に止まりました。
東側歩道に回り撮影を続けてみました。
北岸に移動して7分ほど経ったとき、「ピーッ!ピーッ!」と鋭い鳴き声がしてお堀の外から別のかわせみが現れ、直ぐ近くに飛び降りました。
北岸に居た一羽が直ぐに飛び立ち、お堀の北側に飛び出して合同庁舎前を山の方へ飛び去って行きました。
その後の比較のために多めの画像をアップします。

南岸ハゼの木

新君?

いや何か違う

北岸へ移動


北岸で

 

 

 


 

 

 

飛び出し

こちらは後から鳴きながら出てきた雄かわせみです。
北岸石垣から榎の枝に飛び上がったところをじっくりと横から、前からと見てみます。
こちらは新君で間違いないようです。
少し内股で止まるところ、胸の色や模様、顔つきとなんといっても爪が特徴です。

榎の枝で

 

 

これは新君


 

 

 

 

榎の枝から飛び出してトイレ下の石垣へ飛び出して行きました。
この場所も新君の止まり場所で、手洗いの窓からも覗くことができました。
新君以外ならこれ程の近寄りや、窓から覗くことは無理です。

トイレ下石垣へ

 

 

 


 

 

 

 

トイレ下から東南隅の止り木へ移動しましたが、通行人があり直ぐ西側の止り木に位置替えしました。
ここも新君以外は歩道から近すぎて、とても止まる場所ではありません。
餌を獲ったり羽繕いをしており、手前の土手に咲いたツツジを絡めて撮ってみました。

南岸止り木で

 

 

 


止り木こちら向き

 

 

 


ツツジとコラボ

 

 

 


ツツジ大きく

 

 

 


 

 

 

石垣へ移動

止り木から石垣へ移動し、南岸ハゼ、西よりの落ちた枝の止り木を経由して、西角で見ている目の前を通過して網にも止まらず南へ飛び去り、はるか楠を越えた辺りで内土手に飛び上がって行きました。(10:27)

東堀へ帰ったと予測して東堀の茂みへ向かいました。
案の定お気に入り枝で羽繕いをしています。(10:38)

お気に入り枝で

 
 

 


お気に入り枝から

対岸へ

止り木で食餌

止り木で

止り木から南へ飛び出し、南コーナーを大きく回って姿が見えなくなりました。
南堀北岸を南歩道からチェックしながら昼食帰宅しました。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<05.06(午後の部) | HOME | 交替に行き違いも>>

この記事のコメント

おはようございます!
雄カワセミが出現したということで また夢が
膨らんでしまいます。残りの二羽のうちの
仲の良かった1羽だったらいいなと思ったのですが 
しっかり新君が追い出してしまったのですね。ぽっ
ちゃり感が新君に似てるかなと思ったのですが。
2013-05-07 Tue 07:34 | URL | masa #SHLDkvn6[ 編集]
参考までに新君の兄弟たちです。大きい写真の
一番上の子が新君です

http://naka223.blog.fc2.com/blog-entry-1017.html
2013-05-07 Tue 07:54 | URL | masa #SHLDkvn6[ 編集]
最近、新参のカワセミがやってきますね。
伐採せずモチの木が残っていれば、住み着くのが容易だと思います。
身を隠す茂みが無いので、争うことになるのでしょうね。プンプン!v-412
2013-05-07 Tue 11:09 | URL | きんじろう #N1OuB2Es[ 編集]
masaさんへ
長い間お堀を独り占めにして来た新君です。
たぶんお堀全体を自分の縄張りだと意識しているかもしれませんね。
そして今はやっと自分の子育て時期に入っていますから警戒心が強く、邪魔をされたくないとも思っているかもしれません。
一旦別々に縄張りを構えると、そこは兄弟であっても雄と雄の感覚しかないのかもしれません。
いずれにしても、人間感覚での判断や感情とは異なった、かわせみ世界の世界観があるのだと思います。
あくまでもおやっさんの独断・想像に過ぎませんが。
2013-05-07 Tue 21:28 | URL | おやっさん #-[ 編集]
masaさんへ!
去年の今頃なのに、懐かしいですね。
いつの間にか、かわせみの年の取り方がうつってしまったのかな(笑)
2013-05-07 Tue 21:31 | URL | おやっさん #-[ 編集]
きんじろうさんへ!
返す返すもあの木の伐採は残念です。
少なからず新君の婚活、特に外から来た雌が安心して定着しなかったことにも影響を及ぼしていると思っています。
「どうしても切らざるを得なかったという理由が他にある」との怪情報が最近あって、役所の対応に疑心暗鬼です。
2013-05-07 Tue 21:37 | URL | おやっさん #-[ 編集]
おはようございます!
先日はお疲れさまでした!!サイバーショットの
調整もありがとうございます!!そういえば新君は
まだ1歳にもなってないんですよね。鳥たちは短い
一生を種の繁殖のために頑張ってるんですね。
2013-05-08 Wed 07:16 | URL | masa #SHLDkvn6[ 編集]
masaさんへ!
かわせみの寿命は平均2年といわれていますね。
とすると、一生で一回の繁殖期しかありませんから必死なんですよ。
年の取り方は人間と一緒らしいですから、大雑把な計算ですが10日で1歳になります。
約3歳で巣立ちし、4歳で独り立ちして旅立って行きます。
新君は30歳~40歳の間ですから働き盛り、男盛りですね。(笑)
2013-05-08 Wed 12:58 | URL | おやっさん #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。