気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

北と東を行ったり来たり

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
5月18日 午前中に新君タイムを狙って出かけた北堀には居ないようなので、東堀へ向かいました。
東堀にはN-Tさんが居て、Maさんからの伝言があり、9時頃には交替があったとのことです。
東堀の要所をチェックして、北堀に引き返しました。
北堀に着くとYさんが居て、南岸の水辺に近い枝に雄カワが居て撮ったが、どこかへ飛んで行ったとのことです。
そんな立ち話をしていると、目の前の水面に飛込みがありました。
近くの石垣に飛び上がった姿を見ると新君です。(10:31)
北岸に移動して、すぐに南岸の止り木に移動し、水浴びをすると西のコーナーを曲がりました。
西角から注意深く覗いてみると、角から少し先の草の陰にいましたが、網へ移動して行きます。
網から南の石垣へ移動したので、歩道のスロープ横から見ていると内土手に飛び込んで行きました。(10:53)

北堀南岸の石垣

北岸へ移動

止り木で水浴び

西角南の石垣で


北の網で

さらに南へ

南側から見る

スロープ歩道下

普段なら交替時間なので、お嬢が現れるなら東堀です。
11:13東堀の噴水前コーナーにお嬢が現れました。
コーナーで餌獲りと水浴びをして茂みに移動し、羽繕いをすると南堀方向へ飛び出して行きました。(11:23)
交替で出てきたばかりなので、待機してみましたが帰って来ません。

 

 

 

 

昼食のための帰宅途中に北堀を覗くと、西の止り木に姿があります。(12:16)
西の角に回ってみるとN-Tさんが撮影中でした。居たのは新君でした。
新君なら少し近付くことができるので、ポジション移動して撮影です。
15分程して榎の高い枝に飛び上がり、内土手へ飛び込んで行きました。

西止り木に姿が

西角から

新君です

休憩中のようです


止り木で

 

 

榎の枝へ上がる

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
午後北堀を覗き東堀まで行きましたが姿無しのため、北堀へ戻ります。
内土手上のヤマガラの巣の様子を覗き、東端に2~3日で咲き揃ったノイバラを撮ってみます。

ノイバラ

ほぼ満開

秋にはジョビ男が

 

Uさん、Nさんが相次いでやって来ました。
土手の上から見ると北岸に姿があります。土手を下りて確認すると北堀の雌カワです。
途中で南岸へ1度移動して餌獲りをしましたが、ほとんどを北岸で過ごします。
北の雌は餌獲りとその消化休憩以外はほとんど北堀に出てきません。
時々東堀に現れると、お嬢と鉢合せすることが多く、バトルになります。
今回も、20分ほどして内土手に飛び込んで行きました。

北堀北岸に姿が

雌カワです

 

 


 

 

南岸で食餌

 

東堀に着くと止り木にお嬢が居ました。
北堀の雌とほぼ同時刻に現れていたかも知れません。
コーナーへ移動して行きましたが、ダイビングを見せず南堀方向へ飛びます。
南堀の北岸を確認すると、県警前柳より西の北岸に居ましたが、目の前に浮かび上がったカワウを見て内土手に飛び込みました。
センダン近くの内歩道で待機していると、北方向から帰ってきてボートと茂みの枝から水浴びをして止り木に移動しました。
しかしこれも直ぐに飛び出して茂みに飛び込んだようですが、Nさん確認では姿がありませんでした。

止り木にお嬢

コーナーへ移動

 

南堀北岸で


ボートへ帰る

水浴び

止り木へ

外側から確認に向かったUさんから、西堀に姿があるとの連絡で向かいます。
既に飛び立った後で、そのまま北堀に向かいます。
外側からのUさん合図で、北の網から少し南の枯れ枝が落ちてできた止り木に居ることが判りました。
覗いて確認すると、これは北の雌です。
そこから飛び立ち、トイレ横のグミの木に止まったようなのですが、Uさん、Nさんの確認では姿を消していました。

北の網近くで

お嬢さんです

 

 

先に東堀に戻ったUさんからの連絡で、流れ込み側の西石垣にいるとのことです。
石垣上に居たのは雄ですが新君ではないようです。
止り木に止まっても近付けば飛び出すし、南堀の北岸へ移動しても遠くからでないと撮れません。
南堀から止り木に帰って来た時に、上の歩道からかろうじて一枚撮れましたがそれで精一杯です。
警戒心はお嬢並です。 でもこれが普通だとは思います。
コーナー横の石垣から白鳥小屋に移動し、流れ込み側センダン下から飛び立って行きました。
彼は何処の子だったのでしょう。北の雄なら初めてだし、迷いの餌獲りだったのでしょうか。

東堀流れ込みから

止り木へ

南堀北岸で

西へ移動


 

 

 

 
スポンサーサイト

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<雨の中の見回りにバトル | HOME | 新君はいずこで休憩?>>

この記事のコメント

今日もおつかれさまでした。だいぶサイバーショット
の感覚に慣れてきました。ところで、お嬢の名前は
如何致しましょう。やはり北のお嬢でしょうかーーー

雄カワセミもなかなかの強者のようですね。北の
お嬢が帰ってきたのならあの子もと思いましたが
すぐに逃げるのなら違いますよね。
2013-05-19 Sun 19:35 | URL | masa #SHLDkvn6[ 編集]
masaさんへ!
北のペアも落ち着けばネーミングも必要かも(笑)
さしずめ雄(ゆう)と媛(ひめ)なんてね(笑) 純と蛍じゃパクリだし問題あるかも
近親ペアはありえないと思いますよ。
2013-05-21 Tue 00:10 | URL | おやっさん #-[ 編集]
いえいえ、この東にきた雄が第三の雄カワセミ
だったらです。
2013-05-21 Tue 16:27 | URL | Masa #SHLDkvn6[ 編集]
masaさんへ!
なるほどね! でもお嬢並みに警戒心バリバリのオスでした。
迷いの餌獲りかもしれません
2013-05-21 Tue 18:01 | URL | おやっさん #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。