気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

巣立ちに向けて

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
6月4日 北堀・東堀ともに静かな状況です。
この空白の時間を利用してお山の散策に出かけました。
一つには、巣穴のおおよその位置を知って、巣立ち日にどのようなルートで何処に連れ出してくるかを知っておくための目的がありました。
鳴き声を頼りに歩いてみましたが、結果的にはお山も静かでした。
山裾にはトキワツユクサが群生している場所が大きく2箇所あります。
■トキワツユクサ
 トキワツユクサ(常磐露草)はツユクサ科ムラサキツユクサ属の多年草です。
 南アメリカ原産。日本には昭和初期に観賞用として持ち込まれ、帰化植物として野生化しており、
 外来生物法により要注意外来生物に指定されています。
 二の丸登山道から若草口登山道にかけての城山裾に群生している場所があります。

トキワツユクサ

 

 

 

お山から東堀に帰り南堀の北岸を探してみると、県警前柳より西の石垣から飛び立つ姿がありました。
茂みに帰ってきたのはお嬢です。
止り木近くの待機場所で茂みの様子を見ていると、飛び出しがあり止り木に向かってきます。
これはチャンスとばかりに撮影です。
途中1度茂みに戻りましたが直ぐに戻って来て都合30分近く止り木に居ました。

県警前柳付近から

止り木のお嬢

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

止り木を飛び立って東のコーナーを回って姿を消しました。(13:12)
チョッと遅い昼食休憩に帰宅しました。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
午後の始動も幾分遅くなりました。
南歩道から外回りに県警前の柳付近まで来ると、松の木の下の石垣に姿がありました。
雄ですが、これは北の雄君のようです。正面位置までくると場所移動をします。
西へ移動したり、東へ移動したりしながら、最後には美術館の建物横あたりの内土手の空間を抜けて飛び去りました。

南堀北岸で雄君

場所移動

場所移動

飛び去り

茂みを素通りして内側の歩道まで回ると、止り木に居ました。お嬢です。
上から覗くとやはり飛び立ち茂みへ移動しました。
茂みのシュロの葉陰でしばらく休憩して東のコーナーへ移動し、またまた茂みへ帰って行きました。

止り木でお嬢

茂みのシュロ

東コーナーで

 

流れ込み方向から鳴き声がしたようなので向かうと、珍しい場所に新君が居ました。
公園の東入口の歩道下で、流れ込みの上にあたる部分です。
歩道からは40cm位しかありません。 体の半分だけ西日が当っています。

流れ込みの上

半分西日を受けて

 

 

流れ込みのオイルフェンス様のゴミ避けで囲まれた水面に飛び込みゲットして茂み方向へ飛んで行きました。
茂み対岸まで行くとお嬢はお気に入り枝にいましたが、高い枝へ移動してしまいました。
新君の姿は見えません。
帰宅を兼ねて北堀に着いてみると、南岸に幼鳥が居ました。
しばらく撮って移動して行ったトイレ横のグミを覗くと二羽居ます。
それも幼鳥が二羽です。細かい枝が多いのでモタモタとしている間に飛ばれてしまい証拠写真が撮れません。
18:30頃帰宅しました。

北堀南岸幼鳥

餌獲りも見せた

 

夕陽逆光


スポンサーサイト

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<東堀留守がちな意味は? | HOME | 東はそろそろ二番子準備?>>

この記事のコメント

お堀は、良い感じで賑わっていますね(^_^;)
こちら町中の川も郊外の川も、水不足で干上がってますが、
カワセミさん達、いま暫くお堀に居るのが無難です。
雨でも降って川が潤ってから、移動ですね。
果たしてカワセミにそれが分るかどうか(゚m゚*)プッ

川の大きな鯉は、干上がってカラスの餌食となってます。
痛々しいです、それに比べてお堀は天国ですよ。
多少のバトルが有ったとしてもね(^_-)-☆
2013-06-07 Fri 09:57 | URL | ベル #RQAQzjCA[ 編集]
ベルさんへ!
遅くなりました。5月以降にまとまった雨が降っていませんね。
お堀から出ていないおやっさんには想像以上です。
北はペアごと引っ越して来た感がありますが、新君の妹と思える媛がお堀の状況を知っていて、雄君を引っ張って来たのかも。
東の巣立ち直後にはまとまった雨が降るかもしれませんし、独り立ちの頃には川に水が戻ることを期待していますよ。
もう出るよ!

2013-06-08 Sat 01:26 | URL | おやっさん #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。