気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

二番子の準備も始まりました

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
6月6日二番子の準備も着々のようです。
謎に包まれた新君・お嬢のペアですが、今日は決定的な証拠も・・・
道順の関係でまずは北堀を覗くのですが、最近は新君の姿もなく静かです。
東堀でまず出会うのはお嬢です。茂みのお気に入り枝に止まっていました。
最近行動範囲が広がり、南堀の南岸にも出かけます。
今朝も南歩道下にある土管へ移動して行きました。
土管からは止まり所を探しながら南岸沿いに移動し、最後は北岸のかなり西まで移動して行きました。

東堀茂みでお嬢

南堀南岸の土管へ

土管でお嬢

北岸のかなり西で

東堀でも、東歩道下の石垣やセンダン横の柳からの餌獲り姿も見られます。
休憩場所やダイビングの足場として茂みの高い枝を利用することも定着しています。

東歩道下石垣

センダン横柳で

センダン下止り木

 


また東の石垣へ

足場不安定

茂みの高い枝

定番になった枝

以前は、茂みの枝からや対岸の止り木で水浴びすることが多かったのですが、ボートから水浴びする光景も見られます。
今朝も、雛への餌運びをして帰ってくるとボートで水浴びを始めました。

 

 

 

 

水浴びを終えて、茂みのお気に入り枝で休憩しているところへ新君がやって来ました。
見ると、小さな餌を咥えており、餌打ちをしました。
撮影画像を確認している間に餌を渡したらしく、交尾が始まりました。
謎が多いこのペアは、最初の求愛給餌も撮れませんでしたが、枝かぶりにはなりますが貴重な証拠写真です。
一番子の巣立ちがまだなのに二番子の準備が始まっています。

新君が来た

交尾です

枯葉に隠れて

 

交尾の後、お嬢はそのままお気に入りの枝でじっとしており、新君は高い枝に飛び上がり羽繕い等をしていました。

茂みの高い枝

お嬢お気に入り枝

羽繕い

 

(この後Tさんが来られ、東歩道側に居る時、夕日のOさんからTさんに電話があり一旦北堀へ向かいました。
Tさん、Oさんと再び東堀に戻りましたが、茂みに居るお嬢は枝移りはするもののそこから出てきません。
そこで茂みに向かい覗いてみると鋭く察知して南へ飛び出し、南のコーナーに止まりました。)
南コーナーで水面を睨んでいましたがすぐに北へ向かって飛んで行きます。
東のコーナーあたりを探すと、柳に止まっています。
柳からダイビングし、餌をゲットしてコーナーで餌打ちをし、一旦茂みまで帰って咥え直して雛へ運んでいきました。

南コーナーで

北の柳で

ここから飛び込み

餌ゲット

しばらく東歩道や句碑裏で待機してみましたが帰って来ません。
お昼の時間になったので、北堀を見て帰宅することにしました。
北堀に着くと、歩道に近い止り木に幼鳥が居ました。

北堀に幼鳥が居た

 

 

 

幼鳥が内土手に飛び上がった後、入れ替わるように鳴きながら外から帰って来てそのまま水面を跳ね中央の止り木に止まりました。
ツツジの植え込みの剪定があったばかりなので、止り木が少し高いことと合わせ、歩道から撮ることが可能です。
見れば雄君で、羽繕いを始めました。

止り木に雄君

羽繕い中です

 

 


 

 

頭カイカイ

乱れちゃった

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
午後の東堀は鳴き声を聞いたり、飛んでいる姿は見られるのですが、落ち着いて止まっている時間や餌獲りがなかなか見られませんでした。従って画像枚数も少ないです。

ボートでお嬢

 

北の柳で

鳩と睨めっこ

夕方の帰宅時にトイレ横のグミの木を見ると幼鳥が居ました。
グミの木は、小さな枝が無数にあるのでピントが合い難いのですが、止まった位置が比較的小枝の少ない場所だったので手前のランタナと絡めて撮ってみました。
一旦飛び込みをして飛び上がった枝が小枝の無い枝だったので、夕陽に照らされて幼鳥ながら綺麗に輝いていました。

グミに幼鳥

ランタナと

小枝が無い

夕陽に映える

グミから飛び出すとあみに止まり、餌獲りや休憩を行ったあと、南へ飛んで行ってしまいました。

北の網で

幼鳥です

餌ゲット

 

スポンサーサイト

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ダイエット日が掴めない | HOME | 東堀留守がちな意味は?>>

この記事のコメント

もう二番子の準備ですか~
野生界では子孫を残す本能でしょうかね~?
一生懸命、雛に餌を運んでお嬢&新君も大変なこっちゃ!
雛っこさんも元気に巣立ちしてほしいですね!
2013-06-09 Sun 20:54 | URL | 蛍 #-[ 編集]
蛍さんへ!
またまたコメント遅れで申し訳ありません。
10日に北堀に二羽の幼鳥が現れました。
どうやら新君ジュニアのようなのですが、なぜ北堀に?です。
北のペアの姿が見えないし、お嬢は東堀中心だし・・・謎だらけ解明中です。
2013-06-12 Wed 01:38 | URL | おやっさん #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。