気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ダイエット日が掴めない

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
6月7日今朝の観察は、バトルへ一触即発の状態から始まりました。
南入口から外回りで、南堀北岸を見ながら東堀へ向かう途中、新君の姿を見つけました。
様子が違うのでよく見ると、5mほどはなれた石垣にもう一羽居ます。雄君です。
新君は仁王立ち状態になり、雄君側へ距離を詰めます。雄君も少し寄って来て仁王立ちです。
お互いに「チリチリ」というような鳴き声を出しています。自己主張のお辞儀のような動作をしています。
雄君がツツジの植え込みに上がり、そこへ新君が向くと、内土手へ飛び上がって行きます。
新君が後を追いかけて二羽が内土手へ消えていきました。

新君仁王立ち

頭を突き出して

雄君も仁王立ち

距離が縮まる

東堀へ向かいましたが止り木3本には姿がありません。
毎月8日は神社の月例祭のため、準備に来られた方と立ち話と雨樋の掃除をお手伝いし、東歩道へ向かいました。
東コーナーへお嬢が現れ餌獲りをしました。
食べ終わると、止り木に向かって移動して行きます。

餌ゲット

餌打ち

自分用でした

止り木へ向かう

止り木でもダイビングゲットし、これも自分で食べました。
先ほど帰って来たのが午前の餌運びの最終だったのかもしれません。

止り木でお嬢

ゲット飛び上がり

自分用でした

 

ここまで見届け昼食休憩に帰宅しました。(11:45)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
午後2時半前に家を出て北堀を通過しようとすると、北隅のトウネズミモチの枝に新君が居ました。ここでの出会いは久し振りのような気がします。5分ほどすると南岸の高い枝へ飛び上がって行きました。
南岸の枝を探していると、お堀に飛び込んで来て、目の前の水面で水切りのような水浴びをして止り木に止まりました。これは雄君です。止り木から1度水浴びをすると直ぐに北隅からお堀を飛び出して行きました。

新君です

 

これは雄君

水浴びだけして

南岸の高い枝を探して、網周辺も探しましたが新君の姿は無く、東堀へ向かいました。
15:21 流れ込みの上の石垣に新君を発見しましたが、通行人が覗き込んだため近くの大きな榎の枝に飛び上がりました。

流れ込み上石垣

榎の高い枝へ

下を伺って

 

新君が南へ飛び去ったので、内歩道をセンダンの角まで行くと、コーナーにお嬢が居ます。
最近餌獲りに使い出した東歩道下の石垣に移動しダイビングしました。

コーナーでお嬢

東の石垣へ

真下の水面狙い

真下へダイビング

15:32 北のセンダンに新君がやって来て、様子を伺い流れ込みの上の石垣へ移動します。
この流れ込み周辺には大きな鯉が集まっているので、よく通行人の方が覗き込みます。
通行人が途切れているので、急いで撮ります。幸いしばらく余裕がありましたが、また覗き込みで今度ははるか南へ飛び出して行きました。

センダンで新君

流れ込みの上へ

内歩道から

横へ回り


東入口歩道から

そっと近寄り

 

 

その後新君の餌獲り光景や茂みで休憩している姿は見なくなり、ときたま鳴きながら東堀、南堀を通過して行くくらいです。
お嬢は、時々南堀に出かけますが、高い枝を中心に茂みで休憩することが多いようです。
大きなセンダンのあるコーナー付近でそれらの様子を見ていると、岡山からネットを見たという若い御夫妻が撮影に来られました。
機材は、α99(フルサイズ)+600㎜+3×テレコンのようです。
倉敷の「青扇友の会」HPの管理人さんでした。
東堀での動きが無くなったので、帰宅に合わせ北堀へ移動することにしました。
北堀に着いてしばらくして、東隅の止り木に幼鳥が現れました。
足元の止り木から中の止り木、北の網へと移動して行きます。

足元の止り木

西の止り木

北の網

網で休憩

網で休憩中に、雄君がやって来て幼鳥は網の元の支柱へ逃げました。
雄君は北堀方向へ飛び去り、幼鳥も南方向へ飛び去って行きました。

網で幼鳥

雄君が来た

 

 

北堀に移動した雄君は高い枝に止まっていましたが、それを撮っていると目の前に飛込みがあり、餌を咥えて足元側の石垣(南岸)に飛んで来たのは媛でした。
大きな獲物で、ちょうど西日が当る場所で餌打ちを始めました。
丁寧に何度も何度も餌打ちし、給餌スタイルで山へ飛んで行きました。

媛の餌処理

 

 

 


 

 

 

給餌スタイル

時間はあっという間に過ぎて18:40近くになっており、慌てて帰宅です。
昨日も、今日も餌運びをあまり見かけません。何時がダイエット日なのか掴みかねています。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<今日から要注意 | HOME | 二番子の準備も始まりました>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-06-10 Mon 20:31 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。