気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

巣立ち10日目(6月19日)

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
6月19日巣立ちから10日目です。
雨が予報されているので、午前中だけになるかもしれないと出かけました。
ジュニア達が独り立ちして行って、今回の一番子に一つの区切りが付き、今度は、入れ替わりに巣立ちしたであろう北の子達の捜索です。
ところがどっこい「ちょっと待った!」がかかる出来事がありました。

朝北堀に着くと北岸に幼鳥の姿がありました。
遠目で昨日のクロスケかと思いましたが、少し様子が違います。
南岸へ移動する飛びのスピードも違います。
仕草も既に餌を狙っているような動作です。

北堀北岸に幼鳥

南岸へ移動

榎の枝へ

再び南岸へ

そして決定的な違いが起こりました。
南岸東隅に飛んできた幼鳥が止り木から飛び込んで餌をゲットしました。
立て続けに2匹ものゲットです。
その後の行動からも、これは6月1日に北堀に現れた幼鳥のようです。

嘴で串刺しゲット

背中から

2匹目ゲット

向きを変えて


新北の止り木

 

北岸歩道下

榎の枝へ

幼鳥が飛び出し、内土手へ飛び上がって行きました。
しばらくすると親鳥が鳴きながら飛んで来て西角を曲がって行きました。
その時、土手下の大きな樫の木の中で2声、幼鳥の反応がありましたが、繁っているため姿が見つかりません。
とりあえず親鳥が飛び去った西側へ回ってみます。
慎重に耳を澄ませて西入口までをゆっくり探しましたが鳴き声が聞こえません。
西入口を越えて南の堀まで足を延ばして見ました。
昨年西の幼鳥を隠した場所も立寄りましたが見つかりません。
南堀の中程まで来たときに、対岸のバス停付近の石垣で何やら動いた気がしてよく見ると、幼鳥のようです。
急いで南岸の歩道へ回ると、何と昨日独り立ちして行ったと思った行動派の幼鳥です。
昨年、父親の新君が兄弟を連れて北堀から旅立っていった翌日に東堀に舞い戻って来て数日居たことを思い出しました。 親の血を引く・・・の行動ですか。

南堀西エリア南岸

行動派幼鳥です

特徴ストレッチ

餌獲り中?

網の北岸に近い部分に止まったので、北岸へ引き返します。
網からボートへ移り、網元で撮っている直ぐ横のコーナー石垣に寄って来ました。
至近距離のためズームも約28倍に押さえないと入りません。

網の上で

足元のボートで

西角石垣へ

至近距離です

今度は少しづつ北へ向かって移動を始めました。

新君デート石垣

デート桜

デート桜

西入口北石垣

西入り口を越えた中央の網で一休憩、餌獲りもしました。

中央の網

一休憩です

 

目の前で餌獲り

北の網までやって来ました。
幼鳥に気を取られていると、中央寄りに媛も居ます。
今度は雄君も北から飛んで来て、3羽が等間隔で並びました。
雄君が媛の方に近寄ります。今度は媛が動いて雄君と入れ替わります。
雄君が最初に飛び出し南方向へ向かい、ハゼの木辺りで止まりました。
続いて媛も同じような行動をします。 
残されたのは幼鳥だけですが、これも南へ大きく飛び去って行きました。
歩道のスロープ辺りまで行って見ましたが三羽共に姿はありません。
ポツリポツリとし始めましたので帰宅することにしました。

北の網で媛

岸寄りに幼鳥


雄君



雄君

雄君媛側へ

こんな位置関係


雄君

媛と幼鳥

雄君水浴び

幼鳥

雄君・姫が北の網に現れ、同じような方向に飛び去ったところを見ると、巣立ち幼鳥もこのエリアに隠しているかもしれません。
雄君が警戒心が強いだけに、東の幼鳥たちよりも上手く隠していそうです。
スポンサーサイト

未分類 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。