気の向くままに

気の向くままに撮ってみた 気の向くままに載せてみた 気の向くままに書いてみた
                                                                      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

201310011

ブログご訪問いただきありがとうございます。
当ブログ内の画像は大きく見ていただくため、画像をポップアップ表示します。
2011年7月7日以降の記事をご覧いただく場合はサムネイル画像
にマウスポインタを乗せればポップアップします。

都合により記事更新が滞っています。
サブブログ
「おやっさんのブログ」で毎日のダイジェストをご覧下さい。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

2013.10.30今日のかわせみ

2013.10.30きょうのかわせみは静止画スライドショーでお届けします。
「新君」、幼鳥のデジタル画日記です。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

東堀に三羽が集結!

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
10月6日
昨日は終日雨のために久し振りにウォッチングをお休みしました。
幼鳥も居なくなって静かになったことも理由にあります。
そして今日はビデオクラブの撮影研修(松山城・堀の内公園一帯)で、3分間1本撮りに挑戦です。
ところが朝からお堀が賑やかだとの1報が入りました。
撮影に出かける時に通りかかった東堀で、朝から来ているmaさんの悲鳴です。
北堀に居た「お嬢」と幼鳥が、東堀までやって来て「新君」を交えて3羽が飛び交っています。
撮影・研修が終わった午後4時過ぎに東堀に駆けつけました。

どうやら1日中東堀を3羽が飛び交っていたようです。
到着時は「新君」が茂みの定番枝で休憩中でした。
幼鳥と「お嬢」は南堀方向へ出かけているようです。
茂みに「新君」だけならと近寄ってみました。

定番枝で新君

茂み入口から

定番枝に新君

もう気付いている

「お嬢」が幼鳥を追い掛け回しても、午前中は加わったものの「新君」はほとんど茂み周辺に居て「オレはここから動かんゾッ!」と決め込んでいたそうで、出かけても南堀の県警前あたりまでだったようです。

定番枝で

 

 

 

茂みから出て行きましたが、白鳥小屋の屋根で小休憩とストレッチの背伸びをして、見ているこちらの足元の石垣に飛んで来ました。

白鳥小屋で

 

 

背伸びだけ


東歩道下石垣へ

移動いらずの足元

 

 

ちょっと目を離してカメラ設定を見ているうちに「チャボン!」と音がして南へ飛び去る姿が見えました。
南コーナーを曲がったように見えましたが、排水口に止まっていました。
気付いたときもすぐ足元でした。
ほぼ真上から見る格好になりましたが、一時の頭髪が想像できないくらいに綺麗な頭になっています。

南排水口で

 

 

 


 

 

 

 

目の前を横切って「新君」の頭上の石垣から突き出た雑草に幼鳥が止まりましたが、直ぐに北へ飛び出して行きました。
それを追ってどこか足元に居たと思われるもう一羽が後を追います。
しばらくして「新君」も後を追って行きました。
先の二羽が茂みに戻ったようなので確認に行くと、枝と葉の間から一羽がかろうじて確認でき、もう一羽は南コーナーに居ます。
「新君」は流れ込み近くの止り木に居るとの連絡があったので、先に南堀に確認に向かいました。
南堀の中央辺りを西に向かう二羽の姿があり、県警前の柳あたりに止まったのですが行ってみた時には既に姿がありませんでした。
西エリアまで行ったかもしれません。
「新君」が居る流れ込み近くまで行ってみました。

姿だけ確認

南コーナー幼鳥?

流れ込み近くで

新君の定番位置に

「新君」のお決まり場所になっているこの止り木に止まると、通行人の方の目に止まりやすく、何人かのギャラリーができます。

流れ込み近く

ここでは長時間

 

 

「新君」ここでは30分近く居て、東の石垣経由で茂みへ帰って行きました。
石垣の「新君」を見ている前の白鳥小屋へ幼鳥がやって来ました。
白鳥小屋から飛び込み餌をゲットすると、センダン下の止り木で食餌をして、また白鳥小屋へ戻って来ましたが茂み方向に何かを見つけて飛んで行きました。

東石垣で新君

幼鳥が白鳥小屋へ

ゲットしました

再び白鳥小屋へ

午後6時前になっており、撮影には厳しい状態です。
今日はこれまでと撤収です。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

やはり幼鳥は

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
10月4日
お堀への行き帰りでは必ず通る北堀で、必ずチェックする場所になった北隅の止り木です。
後の石垣は遠くから見てもわかるくらいに白い糞跡がビッシリと付いています。
やはり今日も「お嬢」はその止り木に居ました。(14:20)
南岸へ移動してペリットを出し北の網に移動しました。
餌獲りしてしばらく休憩した後、南へ向かって低空を一直線に飛び去って行きました。

北隅でお嬢

南岸でペリット

北の網で

南へ飛び出し

東堀に着いてすぐ、北のセンダンに「新君」を発見しました。

柳の枝の間から

北のセンダンで

葉もかなり散った

羽根繕い

センダンから南の屋根付き排水口へ移動しました。
最近は、ちょくちょくこの排水口や、東隣の排水口に止まっているのを見かけます。

屋根付き排水口で

 

何かを警戒して

北岸へ飛び出し

排水口から北岸中央付近まで移動し、さらに南入口より東の南岸まで移動します。

北岸中央付近

西エリア南岸

東エリア南岸へ

 


 

 

 

 

本格的な餌獲りはせず、東の排水口まで戻りました。(ここでは一匹餌獲り)

東エリア南岸

休憩だけにここへ?

南排水口へ移動

排水口で餌獲り

排水口から北方向に飛び出して行き、センダンか柳に止まったようです。
東歩道から見ると、北のセンダンに止まっています。

北センダンで

東歩道から

内歩道へ移動

北センダンで


長い休憩

 

 

 

センダンで30分程居て、下の石垣に下りました。
どうやら夕食タイムに入ったようです。
一旦茂みに戻り、屋根付き排水口を経由して北岸の中央付近で餌獲りです。

羽根繕い

ストレッチ

北センダン下石垣

 


茂みの止り木

屋根付き排水口

北岸へ

北岸で

一連の移動の途中や居場所に追いつくまでに食餌をしたのか、北岸では2匹を獲っただけで、薄暗くなり始めた茂みに帰って行きました。

帰宅途中の西の空が真っ赤に焼けています。
反対の東の空に浮かんだ雲もピンク色に染まっています。
マンション最上階まで直行して撮影した夕やけ空です。

 

 

 

 



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

幼鳥は?

【この記事内の画像はマウスポインタを乗せるとポップアップします】
10月3日
今日の出会いは北堀で「お嬢」を発見し、しばらく撮らせてもらう。
南岸、北岸を移動しながら餌獲りモードです。
最後はやはり北隅の定番の止り木へ戻ります。(歩道から見難い隠れ家的な場所です。)
「お嬢」も目の周りなど生え替りが進んでいます。        

南岸止り木

東止り木(南)

北岸で餌獲り

北岸移動


北岸で

北隅定番位置

 

生え替りが見える

南入口から見ると、北岸に「新君」が居ました。
「新君」もちょうど昼食タイムで餌獲りをしています。

南堀北岸で

ダイビングへ

さらにダイビング

2回目ゲット

石垣で食餌が終わると東へ向かって帰って行きます。
東堀ではボートに幼鳥、お気に入り枝近くの枝(通称ブランコ)に「新君」がいます。
幼鳥はボート上を移動して餌を狙っています。ここで主に狙うのはエビです。

ボートに幼鳥

ブランコに新君

幼鳥餌狙い

北へ飛び立ち

柳、センダン、流れ込み、東岸石垣と見て回りましたが、幼鳥の姿は見つかりません。
流れ込みまで戻ったとき、どうやら流れ込み近くの石垣に居たようで飛び出し、方向を変えて北側駐車場を飛び越えて二の丸方向へ飛んで行きました。
これが幼鳥を見た最後で、午後からは幼鳥の姿を見かけませんでした。
ひょっとすると、連日のバトル結果でお堀を後にしたかも知れません。

昼食に帰宅する途中の北堀では、定番の枝に「お嬢」が居て、ちょうどペリットを出すところでした。

北堀でお嬢

ペリットを出す

ペリットを出す

スッキリ

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
午後の再訪では茂みのブランコに「新君」が居て、飛び出し後は北のセンダン、センダン下止り木、茂みといどうして過ごしています。

ブランコで

風に羽毛が

北のセンダン

センダン下止り木


羽根繕い

 

 

何かに警戒

茂みに帰った「新君」を残し、南堀を西コーナーまで見て回りました。
途中には幼鳥の姿も無く、西コーナーまで行くと、北方向から飛んで来てコーナーを曲がり東へ飛び去る姿がありました。
目で追いかけ、南堀北岸の桜に飛び込むのを確認して近付いて見ました。
桜に止まっていたのは「お嬢」でした。
運悪く通行人があり一旦南入口の柳付近まで飛び、直ぐに引き返してきました。
またしても通行人が近付き、今度は西のコーナーを曲がって行きます。
かなり北側からコーナーを見ると竹竿に止まっていましたが、直ぐ飛び出して勢いよく北方向へ飛び去りました。
西入口まで確認に行きましたが、たぶん北堀まで帰って行ったものと思われます。

桜でお嬢

 

2回目も同じ枝

西角の竹竿で

東堀へ戻ってみると午後4時半近くになりますが、「新君」はまだ茂みの止り木で休憩中です。
しかし、直ぐに移動を開始して夕食モードになったようです。
屋根付き排水口で物色していましたが、西へ向かって飛んで行きます。
南の入口まで行くと、南岸の石垣に居ました。

茂み止り木で

屋根付き排水口へ

西エリア南岸で

目の周り生え変り


南岸で

東エリア北岸へ

夕陽に映えます

小休止

見ていないときに餌獲りをしたのか、東へ向かって帰って行きます。
茂みの止り木から、幼鳥が利用していた北のセンダン下止り木を経由して、また南堀へ移動しました。
南堀の県警前より東よりの北岸で佇んでいます。
東堀に帰ってからの「新君」の様子を見ていると、幼鳥が居なくなり静かになりましたが、どこか寂しそうにもみえました。

茂みの止り木で

北センダン下で

南堀北岸で

物憂げに

幼鳥はお堀を後にしたかもしれませんが、また舞い戻りや、今は自分の住処を求めて移動している幼鳥もおおいですから、新たな幼鳥が現われる可能性も十分ありそうです。
そのたびに、テリトリーを守る「新君」の行動が見物です。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。